地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オーストラリアの主要都市の人口と各州まとめ!留学や観光におすすめの場所は?

オーストラリアの都市には首都特別地域の他、クイーンズランド州、ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州、タスマニア州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、ノーザン・テリトリーがあります。これらオーストラリアの各州と、主要都市についてまとめました。

オーストラリアの各主要都市について知ろう!見出し

日本の約21倍にもおよぶ、広大な敷地を持つオーストラリア。オーストラリアには首都特別地域の他、クイーンズランド州、ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州、タスマニア州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、そしてノーザン・テリトリーがあります。これらオーストラリアの各州と、主要都市についてまとめました。

オーストラリアの主要都市1:ケアンズ見出し

「ケアンズ(Cairns)」は、クイーンズランド州に位置している都市で二番目に大きな州として知られています。クイーンズランド州内には南回帰線が走っており、温帯から熱帯性気候までをカバーしています。ケアンズは、世界遺産グレート・バリア・リーフのリゾート島への玄関口としても知られており、旅行で訪れた観光客が多く集まる都市です。

ケアンズの人口は約15万8000人で、都市圏は急速に拡張しています。大自然の宝庫であるケアンズでは、ゆったりとした穏やかな時間が流れ、日頃の疲れを癒してくれます。現実離れした空間でリラックスしたい方におすすめの旅行先です。またケインズでは、コアラやカンガルーなどの希少な動物たちや熱帯雨林などを身近に感じることができるのも魅力。

オーストラリア・ケアンズのおすすめ観光スポットまとめ!気候は熱帯? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリア・ケアンズのおすすめ観光スポットまとめ!気候は熱帯? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリア・クイーンズランド州北部のケアンズは、熱帯気候を持つリゾートタウンであり大自然の宝庫。ゆったりとした時間が流れ、日頃の疲れを癒したい方にぴったりです。そんなオーストラリア・ケアンズの、おすすめの観光名所や必見のツアー情報をまとめてご紹介します。

オーストラリアの主要都市2:ブリスベン見出し

オーストラリア第三の都市である「ブリスベン(Brisbane)」もクイーンズランド州に属してます。1988年に開催された万博をきっかけに、急速に発展しました。他の州と比べてクイーンズランド州は地方への分散化が進んでおり、クイーンズランド州の州都であるブリスベンへの人口集中は比較的少ないのが特徴です。ブリスベンの人口は約186万人です。

ブリスベンは政治や経済、ビジネスの中心地となる都市です。そのため、ブリスベンの街には主要行政機関のほか、高層ビルなどが立ち並んでいます。一方では緑豊かな公園や街の中心部を流れるブリスベン川などもあり、穏やかな雰囲気も持ち合わせています。都市と自然が共存しており過ごしやすく、観光はもちろん留学先としてもおすすめです。

オーストラリアブリスベンの観光スポットおすすめ厳選10! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアブリスベンの観光スポットおすすめ厳選10! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シドニーやメルボルンに続くオーストラリア第三の都市「ブリスベン」。過ごしやすい街として知られ、旅行先や留学先として大人気です。比較的治安もよく、旅行客に嬉しい観光スポットも満載。オーストラリア・ブリスベンのおすすめ観光スポットを10ヶ所厳選してご紹介します。

オーストラリアの主要都市3:ゴールドコースト見出し

「ゴールドコースト(Gold Coast)」も同じくクイーンズランド州に属しており、州都であるブリスベンから南へ約80キロのところに位置している都市です。ゴールドコーストでは、南北に約42キロにもおよぶ美しい砂浜の海岸線が続いています。国際的な有名ホテルやホリデー・アパートメントなどが立ち並んでおり、世界中から多くの旅行者が集まります。

ゴールドコーストは天候に恵まれているエリアで、年間晴天率がなんと300日以上。オーストラリアを代表する国際級リゾートとして有名です。ゴールドコーストは日本人の間での認知度も高く、オーストラリアの中でも大人気の旅行地です。都市周辺にはテーマパークや渓谷、熱帯雨林などの観光資源に溢れています。人口は、約49万8000人です。

オーストラリアの主要都市4:シドニー見出し

続いて、ニュー・サウス・ウェールズ州に属する「シドニー(Sydney)」。オーストラリアの南東部に位置しているニュー・サウス・ウェールズ州は、シドニーを軸に多彩なビジネスが展開されています。シドニーはニュー・サウス・ウェールズ州の州都であり、南半球最大の国際都市として知られています。2000年のオリンピックによりさらに知名度がアップしました。

シドニーには、有名な「ザ・ロックス」や「ダーリング・ハーバー」、世界三代美港と呼ばれる「シドニー湾」、オーストラリアのランドマーク的存在ともいえる「オペラハウス」など、とにかく見どころが豊富です。オーストラリアの見どころがぎゅっと凝縮されたシドニーは特に初めての方にはおすすめの観光地です。シドニーの人口は、約434万人です。

シドニーのオペラハウスは観光に外せない!ツアーでも大人気の魅力は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シドニーのオペラハウスは観光に外せない!ツアーでも大人気の魅力は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界遺産にも登録されているオペラハウスは、オーストラリアそしてシドニーを代表する建築物です。オーストラリア旅行そしてシドニー観光では見逃すことができないオペラハウスは、必ず訪れてほしいスポットです。ツアーでも大人気のオペラハウスの魅力をご紹介します。

オーストラリアの主要都市5:メルボルン見出し

オーストラリア第二の都市である「メルボルン(Melbourne)」は、ビクトリア州に属しています。メルボルンは金融機関の中心地であるとともに、ファッションの流行発信地でもあるお洒落な都市としても知られています。また、「世界一住みやすい街」とも言われており、観光地も多く旅行はもちろんのこと、留学先としても人気の高い都市なんです。

近代的な大都市であるシドニーに比べると、メルボルンは比較的のんびりとしていて過ごしやすい印象を感じます。街中に歴史的な建物や文化が残されており、目で楽しむこともできる都市です。メルボルンでは、美しく芸術的で楽しい街並みはもちろん、最高級のコーヒーを楽しめたり、絶景を眺めることもできます。メルボルンの人口は約381万人です。

オーストラリア・メルボルンの魅力とは?留学やワーホリにも大人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリア・メルボルンの魅力とは?留学やワーホリにも大人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアの「メルボルン」という都市を知っていますか?実はこのメルボルンという街「世界一住みやすい街」と言われているんです。留学先やワーホリ先としても大人気。そんなオーストラリア・メルボルンの魅力や観光スポット、気候などについて詳しくご紹介します。

オーストラリアの主要都市6:ホバート見出し

オーストラリアの南に位置するタスマニア州に属しているのが「ホバート(Hobart)」という都市です。タスマニア州はオーストラリアで最も小さな州であり、ホバートはそんなタスマニア州の州都になります。ホバートの街にはオーストラリアで二番目に古い歴史があり、かつての植民地時代の名残を感じることができる都市です。人口は約21万人です。

ホバートでは、砂岩造りの倉庫群である「サラマンカ・プレイス」で、捕鯨が盛んだった頃の名残を感じることができます。現在では、ホバートも姿を変えており、ギャラリーやレストランなどが集まるお洒落なスポットとなりました。ホバートで毎週土曜日に開かれるサラマンカ・マーケットもおすすめです。多くの人で賑わっており楽しめます。

オーストラリアの主要都市7:アデレード見出し

オーストラリア第五の都市である「アデレード(Adelaide)」は、オーストラリア中央南部にある南オーストラリア州に属している都市です。アデレードの街中には、石造りでクラシックな歴史的建造物が点在しています。アデレードは計画都市として建設され、1840年に国内初の自治体となった歴史を持ちます。人口は約117万人で、州の7割が集中しています。

アデレードの街では、中心にトレンズ川が流れています。北はノース・アデレードと呼ばれ、南はシティと呼ばれています。アデレードはオーストラリアワインの産地として有名な街でもあり、お酒好きの方には特におすすめです。歴史スポットの他、海と丘のあいだにあるアデレードの街には緑豊かな自然が溢れ、見応えのある観光スポットも豊富です。

オーストラリアの主要都市8:パース見出し

オーストラリア西部にあり、オーストラリア大陸の3分の1を占める、国内最大の州が西オーストラリア州です。リゾート地や珍しい動植物など観光資源が多い、そんな西オーストラリア州の州都であるのが「パース(Perth)」という都市です。パースは1829年にイギリスの植民地となったことから、都市の歴史が始まりました。パースの人口は156万人です。

パースはスワン川に面して開けた街です。パースの街には高層ビルと共に、開拓時代の名残を残す歴史的建造物が点在しています。また緑豊かな自然も多く、パースの街中には自然たっぷりの公園があり、街の雰囲気を明るくしています。パースの近郊にはかわいい建物が立ち並ぶ港町「フリーマントル」もあり、世界中から多くの観光客が集まります。

オーストラリアの主要都市9:ダーウィン見出し

オーストラリアの中央北部に位置し、オーストラリア大陸の約6分の1を占めているのがノーザン・テリトリーです。ノーザン・テリトリーは、1911年に連邦政府の直轄下に置かれるまでのあいだ、南オーストラリア州によって行政が統括されていました。そんなノーザン・テリトリーの州都が「ダーウィン(Darwin)」という都市です。

ダーウィンは、ノーザン・テリトリーの最北部に位置する港町です。その立地から、インドネシアやパプア・ニューギニアなど、アジア方面と深い繋がりを持っています。ダーウィンの人口は約12万人で、オーストラリアの象徴ともいえる世界遺産「ウルル(エアーズ・ロック)」や「カカドゥ国立公園」など、魅力的な観光スポットも満載です。

留学も観光も!オーストラリアの主要都市に行こう見出し

いかがでしたでしょうか。オーストラリアの各州と主要都市、そして人口などの基本情報をまとめてご紹介しました。都市ごとにそれぞれが異なる魅力を持っており、旅行に向いている観光地化した街、のびのびと勉強できる留学に向いている街などがあることが分かりました。観光なのか留学なのか、目的に合わせて渡航先を検討してみてくださいね。

投稿日: 2017年8月5日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote