地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オーストラリア・メルボルンの魅力とは?留学やワーホリにも大人気!

オーストラリアの「メルボルン」という都市を知っていますか?実はこのメルボルンという街「世界一住みやすい街」と言われているんです。留学先やワーホリ先としても大人気。そんなオーストラリア・メルボルンの魅力や観光スポット、気候などについて詳しくご紹介します。

世界一住みやすい街「メルボルン」の魅力を知ろう見出し

オーストラリアの都市「メルボルン」を知っていますか?オーストラリア旅行といえば、シドニーやケアンズなどの観光地が挙げられますが、実はこのメルボルンという街「世界一住みやすい街」と言われているんです。旅行先だけでなく留学先やワーホリ先としても人気なメルボルン。メルボルンの魅力や観光スポット、気候を詳しくご紹介します。

オーストラリアの都市「メルボルン」とは?見出し

メルボルンは、オーストラリアのビクトリア州の州都です。オセアニア有数の世界都市としても知られています。人口は、2010年時点で約408万人であり、シドニーに次いで第2位となっています。近代的な大都市であるシドニーと比べると、メルボルンはのんびりとして過ごしやすい印象です。また、街中に歴史的な建物や文化が多く残されています。

メルボルンは「世界一住みやすい街」と言われている都市なんです。街中にはイギリス風の建造物が多く残されており、ヨーロッパ調の雰囲気を感じられます。おそんな洒落な街を見てみたいと、世界中から多くの旅行客が集まります。旅行はもちろん、留学やワーホリでも大人気。世界中から愛される街、メルボルンの魅力を詳しくまとめてみました。

オーストラリア・メルボルンは芸術の街見出し

メルボルンといえば「芸術の街」として知られています。街のストリートにはパフォーマンスを披露する人々がいたり、壁にアートが描かれているストリートなども。メルボルンの街を歩いているだけでも芸術を感じ、楽しむことができるんです。世界中の芸術好き、アート好きが集まるのはもちろんのこと、多くの観光客がその芸術を見に訪れます。

メルボルンの至るところで見かけることができるストリートアートですが、特に観光客に人気なのが「hosier lane」というストリート。ストリート一面にアートが描かれているんです。つい写真を撮りたくなるような光景がそこには広がっています。また、実際に壁にアートを描く人を見れる可能性もあるんです。メルボルン観光の際は必見です。

オーストラリア・メルボルンは美しい街並みが魅力見出し

メルボルンは、美しい街並みもその魅力の一つです。ヨーロッパの影響を強く受けたメルボルンは、街中に素敵な建物が溢れているんです。それはまるでヨーロッパに来たかのように錯覚させられるほど。お洒落で可愛い街並みは、見ているだけでも訪れる人々をわくわくさせてくれます。メルボルンを旅行する際は、カメラを手放せないでしょう。

中でも必見なのが「フリンダースストリート駅(Flinders Street Station)」。メルボルンの全ての路線の中心となっている主要の駅で、メルボルンのランドマーク的存在ともいえます。フリンダースストリート駅は1854年に完成した歴史ある駅ですが、そのお洒落な風貌からはとても駅だとは想像できません。この駅は一見の価値ありです。

オーストラリア・メルボルンでは最高級のコーヒーが楽しめる見出し

メルボルンといえば、コーヒー。かつてヨーロッパの影響を強く受けたメルボルンには、街の至るところにカフェが存在しています。そんなコーヒー文化で育ったメルボルンの人々は、コーヒーの舌が肥えています。メルボルン旅行の際は、この街の本当に美味しいコーヒーをぜひ堪能してみてくださいね。街にはお洒落なカフェも盛りだくさんです。

メルボルンの最高級コーヒーが楽しめるカフェで、特におすすめなのが「ホープタウン・ティールームズ(Hopetoun Tea Rooms)」です。日本のように行列を作る文化がないメルボルンで、唯一行列ができるといわれるのがこちらのカフェなんです。店内には、美味しいコーヒーと甘いケーキで女子会を楽しむメルボルンの人々で溢れています。

オーストラリア・メルボルンには絶景スポットが多数見出し

メルボルンの魅力は街中だけにあるわけじゃないんです。メルボルンの中心街から少し離れると、いくつもの絶景スポットが存在するんです。その中でも特におすすめなのが「グレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)」。「世界一美しい道」と呼ばれ有名なスポットです。メルボルンを訪れる人が必ず行くといっても過言ではありません。

「フィリップ島(Phillip Island)」も同じくおすすめです。フィリップ島では、可愛らしいペンギンの姿を眺めることができるんです。ここで会えるペンギンは、フェアリーペンギンという体長30センチほどのミニサイズ。愛らしいその姿を自然体のまま目にすることができるという貴重なスポットなんです。フィリップ島観光は現地ツアーがおすすめ。

オーストラリア・メルボルンでは頻繁にフェスが楽しめる見出し

メルボルンの人々はお祭りが大好き。メルボルンの街では、頻繁にフェスが開かれています。メルボルンの人々は残業知らずで、正社員であれば年に一か月もの長期休暇もあるんだとか。そのため平日でもお構いなしに多くの人々で賑わいます。メルボルンを訪れたらフェスは必見です。メルボルンの夜を思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

メルボルンのナイトマーケットも必見です。ナイトマーケットは夏季限定で毎週水曜日に行われる屋外市場です。「クイーンビクトリアマーケット」は南半球最大規模で、約600店ものお店が並びます。多国籍な人々が集まるだけあって、そこで味わえる食べ物も国際色が溢れています。メルボルンの活気溢れるナイトマーケットを堪能しましょう。

オーストラリア・メルボルンは留学先として大人気見出し

このように魅力がたくさん詰まったメルボルンは、旅行だけではなく留学先としても大人気の都市なんです。人口の4分の1が移民であるという多国籍なメルボルン。その数なんと世界140ヶ国以上。多国籍文化と異国情緒が漂うメルボルンでは、文化や習慣を尊重しあう風潮があるため、移民はもちろん留学生も非常に住みやすい街なのです。

また、メルボルンは「教育の街」としても知られています。語学学校、専門学校、大学、大学院など、全ての教育機関において、その質とレベルが高いことで有名です。このようにメルボルンは教育レベルや教育意識が大変高い街で、せっかくの留学生活を遊びだけで終わらせたくないという向上心の高い留学生には最適の留学先だといえるのです。

オーストラリア・メルボルンはワーホリにもおすすめ見出し

メルボルンは、ワーホリ期間の滞在先としても大人気の都市なんです。留学生がメルボルンを留学先に選ぶ理由と同じく、その人気の大きな理由は外国人の住みやすさにあるでしょう。人口の4分の1が移民であるため、アジア人も多く安心できる雰囲気が漂っています。また多国籍都市なだけあって、ワーホリ向けの仕事が多いのも人気の理由です。

メルボルンでは比較的簡単にワーホリの仕事を見つけることができるのも魅力の一つです。日本人経営のお店もたくさんあるので、英語に自信がない方でも安心して始めることができます。またワーホリの「ホリデー」を十分に楽しむことができるのもメルボルンの良さですよね。上記のようなメルボルンの見どころをワーホリ中に満喫できるんです。

オーストラリア・メルボルンの気候は?見出し

では、「世界一住みやすい街」といわれるメルボルンの気候はどうなっているのでしょうか。メルボルンの気候は、温帯性気候に属しています。温帯性気候とは、日本のように四季がはっきりしている気候で、四季折々の魅力を楽しむことができます。特にメルボルンは変わりやすい気候が特徴的で、「一日の中に四季がある」とも言われるほどです。

メルボルンの気候は、昼夜の気温差が大きいのが特徴の一つでもあります。日中30度を超えるような真夏日でも、夜になるとぐっと気温が下がるので、常に一枚軽く羽織れる上着を持っておくといいでしょう。ただこれは湿度の低さによる肌寒さで、冬でも気温はマイナスにはなりません。メルボルンは南半球なので、日本とは季節が逆になります。

魅力溢れる街オーストラリア・メルボルンに行こう見出し

いかがでしたか?「世界一住みやすい街」と言われるオーストラリアの都市、メルボルンの魅力や観光スポット、気候など、メルボルンについて詳しくご紹介しました。魅力たっぷりのメルボルンは旅行先にはもちろん、留学やワーホリを検討している方にもおすすめです。世界一住みやすい街と言われる素敵な街の魅力をぜひ味わってみてください。

もっとオーストラリアの情報を知りたいアナタへ!

グリーン島への行き方や楽しみ方!シュノーケリングやダイビングもおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
グリーン島への行き方や楽しみ方!シュノーケリングやダイビングもおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアのグリーン島は、世界遺産であるグレートバリアリーフの玄関口になる島です。グリーン島は、ケアンズからも高速船でわずか50分ほどで到着することができ、ケアンズからも近いためツアー客も多い島です。グリーン島の行き方やアクティビティツアーをご紹介します。
オーストラリアの動物たち!ウォンバットやクオッカの固有種も多数! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリアの動物たち!ウォンバットやクオッカの固有種も多数! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアは国土が世界第6位の広大な面積を持つ国です。そして、そこに生息する動植物は、8、9割が固有種です。見たこともない珍しい動物がたくさんいます。オーストラリアに行けば、これら珍しくて、かわいい動物たちと親しく交わることができるのです。
グレートバリアリーフ!ダイビングツアーがおすすめのオーストラリア世界遺産! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
グレートバリアリーフ!ダイビングツアーがおすすめのオーストラリア世界遺産! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
グレートバリアリーフは、世界遺産にも登録されている世界最大のサンゴ礁です。ダイバー憧れのダイビングスポットとして人気があります。最ケアンズから日帰りツアーでダイビングを楽しむことができます。そこで観光地としても有名なグレートバリアリーフをご紹介します。
投稿日: 2017年7月21日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote