地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

下呂温泉で混浴できる施設!水着はOK?美人の湯と言われる名湯に入浴!

日本三大名湯のひとつに数えられ、美人の湯としても名高い下呂温泉には、カップルや家族連れに嬉しい混浴風呂が点在しています。今回は、水着着用可能な混浴露天風呂や、露天風呂付き客室がある施設など、下呂温泉で気軽に混浴が楽しめる施設をご紹介します。

下呂温泉で混浴できる施設はある?見出し

日本三大名湯のひとつである下呂温泉は美人の湯として知られており、特に女性から人気を集めています。そんな下呂温泉には、気軽に混浴を楽しめる施設が多数あります。今回は、水着着用可能な混浴風呂や、露天風呂付き客室を備えた温泉旅館など、デートや家族旅行で利用できる混浴可能な施設をピックアップしました。

下呂温泉で混浴できる施設1:小川屋見出し

まずご紹介するのが、下呂温泉中心部エリアでは最大級の規模を誇る「小川屋」です。日本情緒たっぷりでリラックス効果抜群の畳風呂や、デザイナーが手掛けたスタイリッシュな客室など多様なおもてなし空間が用意されています。人気の畳風呂は男女別浴となっていますが、貸切風呂や露天風呂付き客室で混浴を楽しむことができます。

貸切風呂は、日帰りプランが用意されています。値段が手頃なので、気軽に利用することができます。貸切風呂には黒御影石を使用した「硯湯」と檜風呂「絣湯」の2種類があり、どちらも源泉かけ流しの本格的な温泉です。窓からは飛騨川の流れや自然の木々を臨めるようになっており、季節感を味わいながら湯あみを楽しむことができます。

住所:下呂市湯之島570

下呂温泉で混浴できる施設2:木曽屋見出し

下呂市の中心地にある「木曽屋」は、昭和の時代の面影を残した懐かしい雰囲気の温泉旅館です。こちらでも露天風呂付き客室が用意されており、プライベートなひとときを過ごすことができます。館内はバリアフリーなので、妊婦さんでも安心して宿泊することができます。また、ベビーベッドが完備されており、子連れ旅行にも対応してもらえるので、家族旅行でも利用しやすい宿です。

木曽屋で特に人気を集めているのが、バラ風呂です。自家バラ園で育てたバラの中から、当日の朝に摘んだばかりの新鮮な花を温泉に浮かべています。美しいバラの香りで優雅な気分に浸れるだけでなく、リラックス効果や女性ホルモンの活性化も期待できます。バラ風呂は女性湯限定のサービスとなっていますが、宿泊の折りにはぜひ入浴したい、見目麗しい美人の湯です。

住所:下呂市森971-1

下呂温泉で混浴できる施設3:水明館見出し

「水明館」は、飛泉閣・山水閣・臨川閣の3つの宿泊棟と、離れの青嵐荘から成る、大型の温泉旅館です。意趣異なる3ヶ所の大浴場での湯めぐりを楽しめることと、すべての客室の内湯に天然温泉が引かれているのが魅力です。大浴場は男女別浴ですが、貸切風呂や露天風呂付き客室を利用すれば混浴も可能です。特に、1階客室に野天風呂を備えた青嵐荘で過ごす上質な時間が、人気を誇っています。

貸切風呂は3種類あり、純和風の檜風呂・レトロな陶器風呂・おしゃれな西洋風呂とすべて異なるテイストです。好きな雰囲気の貸切風呂で楽しむ美人の湯では、リラックスしたひとときを過ごすことができます。また、まるで美術館のように芸術品が並ぶ館内や、ロビーから臨める滝の流れや鯉が泳ぐ池も「見ているだけで癒される」と評判です。

住所:下呂市幸田1268

下呂温泉で混浴できる施設4:旅館御岳見出し

下呂市中心部から少し離れた御嶽山の近く、標高1800mの場所にある秘湯が「旅館御岳」です。口径31センチの望遠鏡を備えた展望台があり、天気が良い日には露天風呂からも満天の星空を楽しめるという、自然豊かな旅館です。男女別の大浴場・露天風呂と、混浴の渓谷露天風呂があり、いずれも宿泊・日帰り共に利用することができます。

断崖絶壁の階段を上ったところにある渓谷露天風呂は、秘境感満点の混浴風呂です。自然に囲まれた渓谷露天風呂は、冬になれば一面の銀世界の中での入浴も可能です。こちらの渓谷露天風呂では、男女共にバスタオルを巻くか水着を着用しての入浴がルールとなっています。ただし、泉質によって水着が変色するおそれがあるので、水着を着用される方は注意が必要です。

住所:下呂市小坂町落合唐谷2376-1

下呂温泉で混浴できる施設5:水鳳園見出し

「懐石宿水鳳園」は、下呂温泉街から少し離れた高台の上にあります。本館・別館の露天風呂付き客室は各部屋ごとに浴槽の材質・デザインが異なるので、好みの客室を選べるのが嬉しいところです。別館には個室料亭もあり、プライベート感を重視した滞在を希望されている方からの人気を集めています。A5等級の飛騨牛や地元産の食材を使った懐石料理も、人気のひとつです。

本館・別館共に貸切風呂も用意されているので、そちらを利用することも可能です。本館に新設された貸切風呂「睦美の湯」はマイクロバブルのお風呂で、マイナスイオン効果でリラックスして入浴できるかと思います。男女別の露天風呂も景色抜群と評判で、高台の地の利を生かして下呂富士や下呂の街並みを眺めながら入浴することができます。

住所:下呂市森2519-1

下呂温泉で混浴できる施設6:紗々羅見出し

「紗々羅」は、「紗々羅館」と「森山館」、離れ「ゆらり」の3つから構成されています。アンティーク風のロビーや古民家風の談話室をはじめとしたレトロでおしゃれな内装やレトロな調度品がかわいらしいと女性から人気を集めている宿です。全44室の客室のうち20室が露天風呂付き客室となっており、すべて源泉を利用しています。

露天風呂付き客室以外にも、「貸切露天岩風呂」と樹齢700年の木の根で作った「貸切露天ねっこ風呂」の2種類の貸切風呂があります。いずれも雰囲気抜群で、身も心も美しくなれそうな、まさに美人の湯です。貸切風呂があるエリア「ささらSPA」にはエステコーナーや岩盤浴もあります。2人用の貸切岩盤浴は、カップルや夫婦に人気です。

住所:下呂市森1412-1

下呂温泉で混浴できる施設7:山形屋見出し

「山形屋」は江戸末期の創業で、日本三大名湯のひとつとして古くから栄えてきた下呂温泉でも指折りの老舗旅館です。山形屋がある湯之島地区は下呂温泉発祥の地とも言われており、現在も多くの旅館が軒を並べる人気エリアです。全室が飛騨川と飛騨の山々に面した山形屋では、露天風呂付き客室や貸切風呂を利用すれば、混浴を楽しむことが可能です。

貸切風呂の日帰り入浴のみの利用はできませんが、日帰り入浴とランチがセットになった「日帰り昼食プラン」が用意されています。日帰り昼食プランは、松花堂弁当が付いた「かおり膳プラン」と、懐石料理付きの「ゆあそびプラン」の2種類から選ぶことが可能です。日帰りでも、まるで温泉旅館に宿泊したかのような満足感が味わえます。

住所:下呂市湯之島260-1

下呂温泉で混浴できる施設8:月のあかり見出し

「離れの宿月あかり」は、その名の通りすべての客室が離れにあり、プライベートな空間を楽しむことができる施設です。客室には露天風呂や内湯・足湯が完備されており、シャワーも含めてすべてが天然温泉です。人目を気にせず、リラックスして過ごすことができるのが人気です。別料金で、館内の貸切露天風呂や貸切岩盤浴を利用することもできます。

月のあかりでは、食事も個室の料亭で頂くことができるので、大切な方や家族とのプライベートな滞在をしたい方にお勧めの宿です。別館にある「さるぼぼ七福神社」には足湯などもあり、館内散策も楽しめます。隣接する姉妹館「下呂ロイヤルホテル雅亭」も利用可能なので、大浴場にも入りたいという方は姉妹館での入浴が可能です。

住所:下呂市湯之島758-15

下呂温泉で混浴できる施設9:みやこ見出し

下呂市中心部から少し離れた場所にある「こころをなでる静寂みやこ」は、その名の通り自然音のみをBGMにした静かな環境で、下呂の名湯をゆったりと楽しむことができる宿です。アンティークの調度品やモダンスタイルの建築が、特に女性から人気です。部屋ごとにコンセプトが異なる離れは、すべて露天風呂付き客室となっています。

露天風呂付き客室の他にも、貸切風呂で混浴を楽しむことが可能です。中庭にある信楽焼陶製風呂は、無料で利用することができます。夜には満天の星空を見上げながら湯あみができる、絶好のロケーションが人気です。貸切風呂は他に、ヨモギなどの薬草を調合した薬湯風呂「庭園風の岩風呂」もあります。こちらのお湯は温泉ではありなせんが、薬湯での美人効果が期待できます。

住所:下呂市森2505

下呂温泉で混浴できる施設10:噴泉池見出し

「噴泉池」は、飛騨川の河原にある露天風呂です。下呂温泉の名湯に24時間無料で入浴できるとあって、下呂温泉名物として知られています。旅館のようなおもてなしは期待できませんが、散策の途中にふらりと立ち寄るには楽しい場所です。男女共に水着着用が必須ですが、脱衣所などはありませんので事前に着用して行くことをお勧めします。

無料の施設ではありますが泉質の良さは他の有料施設と同様で、名湯を手軽に楽しめるのが魅力です。美人の湯と呼ばれるなめらかなお湯で、湯上がりにはすべすべお肌になることができるかと思います。下呂温泉の名湯を無料で楽しめるとあって、観光客のみならず地元の人からも愛されている施設です。昼間は人目が気になるという方には、夜の入浴がおすすめです。

住所:下呂市幸田(下呂駅から徒歩3分)

下呂温泉で混浴を楽しもう見出し

いかがでしたか。下呂温泉には、露天風呂付き客室や貸切風呂を完備した旅館が多いだけでなく、水着を着用して入浴できる混浴施設が何ヶ所もあります。いずれも「名湯」「美人の湯」と評される泉質で、入浴後はすべすべ肌を実感できるかと思います。ぜひ、お好みの施設で大切な人とのくつろぎの時間を過ごしてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年10月3日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote