地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

上野スカイブリッジのアクセス方法・料金・駐車場は?紅葉スポットに最適

群馬県上野村にある歩行者専用のつり橋「上野スカイブリッジ」を知っていますか?観光地として人気を集めるこの「上野スカイブリッジ」は大自然に囲まれた絶景スポットでもあり、秋には紅葉を鑑賞することも!今回は「上野スカイブリッジ」について詳しくご紹介します。

「上野スカイブリッジ」とは?見出し

『上野スカイブリッジ』は群馬県上野村川和にある歩行者専用のつり橋です。「川和自然公園」と「まほーばの森」を結ぶ長さ225mの上野スカイブリッジは日本有数の規模のつり橋の一つでもあります。また、高さ90mの上野スカイブリッジからは美しい山々の景観と集落を眺望でき、まるで空中散歩しているかのような感覚を楽しむことができる人気観光地です。

『上野スカイブリッジ』はしっかりとした作りになっているので、大人数で渡らない限りは揺れることはほとんどありません。また上野スカイブリッジの床は基本的に下が見えないような作りになっていますが、一部網のようになっている場所があり、ここから真下を眺められるようになっています。

「上野スカイブリッジ」にはシャボン玉の演出も:interrobang:︎見出し

大自然に囲まれた高さ90mの『上野スカイブリッジ』ではなんと「シャボン玉」が舞う演出があるんです!このシャボン玉の演出は4月~11月の土日祝(夏休み期間の7月20日~8月31日は毎日)の10:00〜15:30まで30分おきに行われます。上野村の大自然とシャボン玉の舞う光景はとても幻想的な風景を作り出します。

山々を背にシャボン玉が舞う光景はこの上ない美しさ!幻想的でメルヘンチックなこの光景は常に多くの人々を魅了します。

「上野スカイブリッジ」アクセス方法見出し

群馬県上野村の『上野スカイブリッジ』へのアクセスは車やバイクを利用することをおすすめします。アクセス方法は、上信越自動車道下仁田ICより上野村方面へ約40分でアクセスできます。また、関越自動車道本庄児玉ICより神流町方面へ約80分でアクセスすることも可能です。

『上野スカイブリッジ』へは公共交通機関を利用してアクセスすることも可能です。公共交通機関を利用の場合は、JR高崎線新町駅から日本中央バスかんながわ号上野村行きで1時間50分、上野小学校前下車でそこから徒歩約50分でアクセスすることができます。

「上野スカイブリッジ」営業時間は?見出し

『上野スカイブリッジ』の営業時間は3月〜10月までは8:30~17:15まで、冬季の11月〜2月までは9:00〜17:00までです。また年中無休で営業しています。上野スカイブリッジは日が落ちてからは渡れませんのでご注意ください。

「上野スカイブリッジ」の料金は?見出し

『上野スカイブリッジ』の料金は1往復1人100円で渡ることができます。ワンコインというリーズナブルな料金で上野スカイブリッジの渡橋を楽しむことができるのは嬉しいポイントです。支払い方法は入口に設置してあるポスト型の箱に渡橋料金100円を入れるだけで完了です!

ポスト型の箱の中には上野スカイブリッジ記念パスポートが入っており、そのパスポートにスタンプが押せるようになっています。この記念スタンプの設置場所は、川和自然公園エリアの「不二洞案内所(売店)」とまほーばの森エリアの「まほーばの森案内所」の計2箇所です。2箇所それぞれでデザインが異なるので、記念パスポートを2枚持って行くことをおすすめします。

「上野スカイブリッジ」駐車場はある?見出し

『上野スカイブリッジ』に車やバイクで訪れた際に気になるのが駐車場の有無です。しかしご安心ください!上野スカイブリッジ付近には計9箇所の駐車場が用意されているんです。まずは「川和自然公園エリア」の駐車場です。売店とスカイブリッジの間に3ヶ所、売店裏手に1ヶ所駐車場があり、利用料金は無料です。

次に「まほーばの森エリア」の駐車場です。レストラン周辺や上野スカイブリッジ前に合計5ヶ所の駐車場があり、こちらも利用料金は無料です。敷地が広いため大型車でも駐車可能なのが嬉しいポイントです。

「上野スカイブリッジ」で紅葉を楽しもう!見出し

群馬県上野村の大自然に囲まれた『上野スカイブリッジ』は紅葉スポットとしても人気のある観光地です。赤や黄色に染まった木々の葉が山々を覆い尽くした美しい絶景を高さ90mのところから眺望すれば、非日常世界に誘ってくれるでしょう。

『上野スカイブリッジ』の紅葉の見頃は10月中旬〜11月下旬頃です。眼下には上野村の雄大な大自然が美しく秋色に色づいた光景が広がります。どこまでも続く紅葉を上から見下ろす経験ができるのも上野スカイブリッジならではです。

燃えるように染まった紅葉へと吸い込まれるように続く上野スカイブリッジ。秋ならではの幻想的なこの光景を見に、一度は訪れたいスポットです。

「上野スカイブリッジ」で四季を楽しもう!見出し

『上野スカイブリッジ』から見る紅葉は感動的な美しさですが、秋の紅葉だけが見所ではありません!群馬県上野村の大自然は四季によって様々な表情を見せ観光客を楽しませてくれます。例えばこちらの緑が美しい写真は、5月初旬の上野スカイブリッジです。新緑に染まった大自然の中にいれば思いっきりリフレッシュすることができますね。

こちらも5月初旬の写真です。花を咲かせた木々がなんとも可愛らしいこの光景は、春から初夏への移り変わりの時期ならではです。

こちらは冬の『上野スカイブリッジ』です。雪化粧をかぶった上野村の大自然はまた一味違った美しさで人々を魅了します。ちょっと寒いけれど行く価値ありの光景です!

「上野スカイブリッジ」の夜も格別な美しさ!見出し

日が落ちてからのお楽しみと言えば、そう、満天の星で覆われた夜空です!空気の澄んだ大自然の中の上野村だからこそ見ることのできる美しい夜空は、とってもロマンチックな光景です。ぜひ時間を忘れて星空の美しさに見とれてみてください!

「上野スカイブリッジ」周辺にも魅力的な場所がたくさん!見出し

群馬県上野村が誇る観光地は『上野スカイブリッジ』だけではありません!上野スカイブリッジの周辺には関東一の鍾乳洞や家族で楽しめるキャンプ場、宿泊施設もあるんです!そこでここからは上野スカイブリッジ周辺の魅力的なスポットをご紹介していきます。

「上野スカイブリッジ」川和自然公園エリア見出し

関東一の鍾乳洞!不二洞

『上野スカイブリッジ』周辺の川和自然公園エリアに位置する「不二洞」は、関東一の規模を誇る群馬自慢の鍾乳洞です。鍾乳洞内の延長は2.2kmで1周約40分かかるこの不二洞。洞内には自然が作り出した様々な造形美を見ることができ、幻想的な世界が永遠と広がります。洞内には照明や階段が整備されているので、鍾乳洞初心者の方でも楽しむことができます。

群馬県の天然記念物に指定されている観光洞「不二洞」は、今から約1200年前に村人がこの大福寿山のあたりに住み着いていた猿に近づいて発見された歴史ある鍾乳洞です。かつては修行の場としても利用されていたことから、洞内45箇所には仏にちなんだ名称が付けられています。

「不二洞」の入洞料金は大人800円・小中学生500円です。営業時間は8:30~17:30、冬季は10:00~15:00までで年中無休で営業しています。ただし、気象条件などにより臨時休業になる場合もあるので、事前に問い合わせてみると確実です。

「上野スカイブリッジ」まほーばの森エリア見出し

『上野スカイブリッジ』の東岸にある森林公園「まほーばの森」は、キャンプ場やコテージ、レストランなどが設備されたファミリーリゾートです。アウトドア初心者から上級者まで楽しむことができるリゾート「まほーばの森」で、上野村の大自然を思いっきり満喫しちゃいましょう!

「まほーばの森」オートキャンプ場ではデイキャンプから本格的なキャンプまで楽しむことができます。ペット同伴、車、オートバイなどの乗り入れも可能です。1区画3,500円から利用でき、近隣との距離が保てるような仕組みになっているのも嬉しいポイントです。キャンプの醍醐味バーベキューももちろん楽しむことができますよ!

「まほーばの森」には各棟にキッチンやバス、トイレ、寝具などが装備された快適な森の中のコテージもあります。自然と一体化したようなウッド調のコテージは優しい温もりで包まれており、体の内側からリフレッシュすることができます。コテージの広さは4人用と8人用の2種類あり、ご家族や友人同士で過ごすのにぴったりです。

コテージの宿泊料金は、4人用(1棟)平日17,280円、特別日19,440円です。8人用(1棟)の場合は平日27,000円、特別日31,320円で宿泊することができます。

「上野スカイブリッジ」へ一生の思い出を作りに行こう!見出し

いかがでしたか?群馬県上野村が誇る大自然に囲まれた『上野スカイブリッジ』は素敵な魅力が満載ですよね。高さ90mから眺める絶景はもちろんのこと、ちょっとしたスリリングな体験を楽しむことができるのも行く価値ありの理由の一つです。ぜひ、友人やご家族、カップルで一生の思い出を作りに『上野スカイブリッジ』へ足を運んでみてください!

投稿日: 2017年3月28日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote