竹筒飯は台湾の屋台で人気のB級グルメ!味や食べられる店舗は?

2018年11月13日 (2019年9月1日最終更新)

皆さんは台湾で人気のグルメで有名な竹筒飯(ツートンファン)をご存知ですか?竹筒飯は、台湾の原住民料理として昔から食べられている料理です。日本人にも馴染みのある味付けで、旅行者にも人気があります。今回はこの美味しいグルメを楽しめる場所などをご紹介していきます!

目次

  1. 台湾グルメの竹筒飯とは?
  2. 台湾グルメの竹筒飯は原住民料理!
  3. 台湾の竹筒飯は人気のB級グルメ!
  4. 台湾の竹筒飯は竹を開けた時がたまらない!
  5. 台湾グルメの竹筒飯はイノシシの肉が入ってる?
  6. 台湾の竹筒飯で人気の店舗は「頼董台東特産」
  7. 台湾グルメの竹筒飯はどこで食べられる?
  8. 屋台で竹筒飯を食べるなら饒河街観光夜市がおすすめ!
  9. 台湾の竹筒飯を鳥来で食べよう!
  10. 台湾の竹筒飯は店舗によって味がまちまち!
  11. 日本で開催される台湾フェスで竹筒飯が食べられる事も!
  12. 台湾の人気グルメが自分でも作れる?
  13. 台湾の人気グルメ竹筒飯は青竹で作る!
  14. 台湾グルメの竹筒飯はバーベキューでもおすすめ!
  15. 台湾に行ったら竹筒飯を楽しもう!

台湾グルメの竹筒飯とは?

台湾でグルメを味わう場合、屋台へ足を運ぶことも多いでしょう。そんな時よく目にするグルメが「竹筒飯」です。こちらの竹筒飯は、B級グルメとして味も日本人好みで人気があります。そして、竹筒飯はとても美味しく、竹に入った姿が興味をそそります。今回はその美味しいと多くの方から人気がある竹筒飯を食べられる屋台や店舗などをご紹介します!

台湾グルメの竹筒飯は原住民料理!

台湾の色々な店舗や屋台で人気のグルメ「竹筒飯」は、台湾原住民の知恵から生まれた伝統的な料理です。

竹に入れられた米や具材が、竹で蒸されることによって旨味を倍増させます。竹の香りと食材のハーモニーがたまりません。

もちろん、炊飯鍋の代わりに竹を使用しているので、おこわではなく、白米だけを炊く場合もあります。

しかし現在ではどこの店舗も屋台も竹筒飯といえば、米の他に野菜や肉が入れられたおこわが主流になっています。

薄味で味付けされたおこわは、主食としても美味しいのでおすすめですが、少し小腹がすいた時のおやつにもおすすめの美味しいグルメです。

台湾の原住民は、日本と非常に深いかかわりを持っています。それは昔、日本が台湾を統一していた時代があったからです。

そのため、原住民の人達は日本語を話せる方が少なくありません。若い方はそうでも有りませんが、原住民で年配の方は、公用語を台湾語と日本語の両方で使う方もいる程です。

台湾には親日家の方が沢山のいますので、訪れた事がない方は、ぜひ一度訪れてみてください。みんな親切で食事も美味しいのできっと楽しめるでしょう。

台湾の竹筒飯は人気のB級グルメ!

台湾で人気の竹筒飯は、台湾グルメといってもB級グルメにカテゴライズされるかもしれません。

高級な店舗で出されることもありますが、屋台などで目にすることが多く「安くて美味しい」という、身近なグルメです。

世の中にはB級グルメと呼ばれる美味しい食べ物は沢山ありますが、台湾は竹筒飯の他にも沢山のB級グルメがあります。

台湾へ遊びに行った際には、様々な屋台や店舗を回って美味しいグルメを堪能してください。その中でも竹筒飯はおすすめのB級グルメです。

台湾の竹筒飯は竹を開けた時がたまらない!

台湾の竹筒飯は、温かくても冷めても美味しい食べ物ですが、特におすすめなのは、やはり炊きたての竹筒飯です。

竹筒飯を屋台などの店舗で購入した場合、食べやすい様にその場で店員さんが竹を半分に割ってくれます。

そして、その竹筒飯が炊きたてだった場合は、割れた竹の間から炊きたてのおこわの湯気が溢れ出てくるのです。

その湯気を目の当たりにすると、美味しい匂いが漂ってくるので、例えお腹が空いていなかったとしても食欲がでてきてしまいます。

もしも屋台の近くを歩いていて、他の人が竹筒飯を持って歩いていたら、食べてみたくなってしまう衝動にかられてしまいそうです。

台湾グルメの竹筒飯はイノシシの肉が入ってる?

台湾で人気のグルメ「竹筒飯」は、様々な具材で作られています。その中にはキノコや野菜の他に、肉が入っている事が一般的です。

そして竹筒飯に使用されている肉の種類ですが、鹿やウサギ、イノシシといった肉を使用する事も珍しくありません。

しかし、珍しくないとはいっても、全ての店舗がそういった肉を使用しているわけではなく、使われる食材は店舗や屋台によって違います。

現在の竹筒飯では、豚肉や鶏肉が使われている事が多いようです。あまり変わった食材や肉が得意ではない方は、鶏肉などの日本人に馴染みのある食材を使った竹筒飯を食べてみるといいでしょう。

台湾の竹筒飯で人気の店舗は「頼董台東特産」

台湾で本場の美味しいグルメを味わいたい方は「頼董台東特産」という店舗の竹筒飯がおすすめです。

頼董台東特産はオーナーが原住民の方で、そのオーナー自身が幼い頃から食べて慣れ親しんだ美味しい原住民料理を提供しています。

頼董台東特産は数ある屋台の中でも異彩を放っている、まさに老舗といった雰囲気のある店舗です。

そしてこちらの店舗は屋台営業とは言っても、簡単ではありますが、座って食べる事ができる場所も用意されています。

食べ歩きよりもゆっくり座って竹筒飯を味わいたい方にもおすすめの店舗です。ぜひゆっくりと美味しい本場のグルメを味わってみて下さい。

頼董台東特産の看板には、イノシシの絵や竹筒の絵が書いてあるので、きっと分かりやすいでしょう。そして何より雰囲気が他の店舗とは異彩を放っていますので、一目みて気付けるはずです。

住所 台湾台北市饒河街162號

台湾グルメの竹筒飯はどこで食べられる?

台湾に人気グルメ「竹筒飯」は、台湾の観光地「台北」では、そこらじゅうの店舗で食べられる、と言った感じではありません。

しかし、台北であまりみない竹筒飯が、台湾以外の中国や韓国、日本などのアジア諸国でも似たようなメニューが見られます。

台湾へ訪れる機会があったら、レストランなどへ足を運ぶよりも、屋台などに訪れてみた方が竹筒飯を食べられる確率があがります。

もしもどうしても竹筒飯を食べてみたいと言う方は、より確実な屋台へ足を運んでみるのが一番のおすすめです。

頼董台東特産が出店している屋台には、沢山の店舗で竹筒飯を販売しています。ぜひそちらの屋台に訪れてみてください。きっと気に入った竹筒飯を見つける事ができるでしょう。

Original台湾の夜は屋台グルメで決まり!おすすめの食べ歩きメニューまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人の人気の旅行先である台湾では、観光はもちろんですが、グルメを楽しみに旅行に行く方も多い...

屋台で竹筒飯を食べるなら饒河街観光夜市がおすすめ!

台湾でおすすめの屋台といえば「饒河街観光夜市」という、多くの屋台が立ち並ぶ夜市で、あの人気の頼董台東特産も出店している屋台市です。

饒河街観光夜市は、台湾のきらびやかなイメージをぎゅっと凝縮したような雰囲気で、訪れるだけで気分が高揚してしまいます。

真っ赤な門にネオンが装飾されるお正月などの時期に訪れると、普段よりもさらに豪華絢爛に装飾されていて、より楽しむ事ができるでしょう。

その豪華絢爛な門を潜ると、目の前には数々の屋台がずらっと立ち並びます。一体どこの店舗で竹筒飯を食べたらいいかわからなくなってしまいます。

そんな時には、色々な店舗の竹筒飯を食べ比べるのがいいでしょう。1人で訪れる場合は、沢山は食べる事が出来ませんが、グループで行くと少しずつシェアして様々なら味を楽しめるのでおすすめです。

Original饒河街夜市のおすすめグルメまとめ!定番料理からスイーツまで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の饒河街夜市のおすすめグルメをご紹介します。饒河街夜市には人気の定番グルメから、ちょっと...

台湾の竹筒飯を鳥来で食べよう!

実は、台湾には沢山の温泉があり、その中でも特に日本にそっくりな場所があるのです。それは「鳥来」と呼ばれる地域で、人気の温泉郷でもあります。

鳥来は、人気の観光地「台北」から路線バスに乗って約1時間半ほどで行くことが出来る日帰り温泉地で、風情のある場所です。

台北は、都会的な雰囲気が有りますが、こちらの鳥来はとても自然が豊かで、いるだけでリラックス出来るような雰囲気を持つ素敵な温泉郷です。

そして、この鳥来の周辺には、タイヤル族という民族が住んでいる事でも知られています。タイヤル族の人々はとても友好的で、そしてとてもおしゃれです。

もしもそのタイヤル族の文化をもっと楽しみたいという方は、酋長文化村という場所へ訪れてみると面白いかも知れません。

タイヤル族の中でも、年配の人々は日本語を話せる方も多く居ます。それは台湾が日本に統一されていた時代の名残でもあります。

タイアル族の人々は、日本語を話せるばかりではなく、食事も日本と似ている食事をしています。そしてこのタイアル族が住む鳥来でも竹筒飯を食べる事ができるのです。

タイヤル族の食事は、竹筒飯とみそ汁など、日本人に馴染みの深い食事内容です。一度鳥来へ訪れてみると、面白いかもしれません。ぜひここでも美味しい竹筒飯を食べてみて下さい。

台湾の竹筒飯は店舗によって味がまちまち!

そして、台湾の美味しいグルメとして人気の竹筒飯ですが、お店によっては、当たり外れがあるのも否めません。

もちろんその当たり外れは、個人の味の好みにもよって大きく変化しますので、誰かが「美味しい!」といっても必ず自分も気にいるとは限りません。

しかし、逆もまた然りで、多くの人が美味しくないと感じる場合でも、自分の好みとはあっている場合がありますので、実際に食べてみない事には分からないでしょう。

お店によって、使用している食材も違いますし、味付けももちろん違います。同じような食材を使っていても、それぞれの個性が楽しめるのも面白い点でしょう。

日本で開催される台湾フェスで竹筒飯が食べられる事も!

台湾の伝統的な原住民料理の竹筒飯ですが、わざわざ台湾にいかなくても、日本にいながらにして食べることが出来る場所も有ります。

日本でも、海外の食文化が注目されていて、近年ではタイ料理や台湾料理などをメインとしたフェスティバルが開催されることも珍しくありません。

その台湾料理がメインで行われるフェスティバルなどに足を運んでみると、竹筒飯と出会うことが出来る確立が上がります。

もちろん、その時の出店店舗のメニューにもよるでしょうから、100%食べることが出来るとは断言出来ませんが、目にする確立は高いでしょう。

実際に2018年6月に上野公園で開催された台湾フェスティバルというイベントでは、竹筒飯を販売しているお店がありました。

もしも日本で竹筒飯を食べてみたいという方は、こう言ったイベントなどに足を運んでみるといいかもしれません。台湾で食べる竹筒飯とはちょっと違うかも知れませんが、美味しい物を食べる事ができるでしょう。

台湾の人気グルメが自分でも作れる?

また、どうしても食べてみたいと言う方は、自分で作ってしまうという手も有ります。材料は自分の好きな食材と竹です。

まず竹筒飯に必要な竹を用意する事からはじまります。竹は、ガス台や炊き台にあうような長さの物を用意すると使い易いでしょう。

そして、その竹を切るのにも多少のコツが必要です。竹筒の節を利用して使いますので、長さを調節する場合も節を意識して切ってください。

そして、お米や食材、水を投入する穴をつくるのですが、こちらもただ真っ直ぐに切ってしまうと蓋が外しづらくなってしまいますので、多少内側に刃を入れるようにするといいでしょう。

そしてその作った竹筒に、ご飯などの食材を入れて行くのですが、火にかけている間、焦げなどが気になってしまうと竹の蓋を開けたくなってしまうでしょう。

しかし、そこであけてしまうと、お米に芯が残ってしまって美味しく出来上がりませんので、どんなに開けたいとうずうずしても、30分間は我慢して下さい。

もしも、間違って節を切り落としてしまった場合は、アルミで完全に蓋をすると上手に竹筒飯を作ることが出来るでしょう。

ですから、万が一間違って切り落としてしまっても、その竹を捨てずに利用してみて下さい。そして出来たら竹を割って、頬張って食べましょう。

台湾の人気グルメ竹筒飯は青竹で作る!

竹筒飯をつくるにあたり、大切なことがもうひとつあります。それは「必ず青竹を使用する」と言う事です。もしも乾燥している竹を見つけても使用してはいけません。

それはなぜかと言うと、乾燥している竹をしてしまうと、火にかけた時に燃えてしまうからです。水分が無い竹では、竹筒飯は作れないので注意してください。

竹筒飯に使用する竹は、みずみずしい青い竹がおすすめです。新鮮な青い竹なら、竹のいい香りも楽しめますし、美味しく竹筒飯を作ることが出来ます。

田舎暮らしの方ですと、竹林を探す事は難しくありません。竹の生命力はすごいですから、少し歩けば竹を見つけることが出来るのではないでしょうか。

しかし、もしそれが他人の家の土地の竹林なのであれば、持ち主に許可を取ってから使う分の竹をもらうのがおすすめです。

おそらく所有地に竹が生えている場合、よっぽどの美しい竹林でない限り、竹をくれないということはないでしょう。しかし、他人の敷地の物を勝手に取るのは犯罪になりますので、勝手に判断せずに持ち主さんに許可を取ってからにしてください。

台湾グルメの竹筒飯はバーベキューでもおすすめ!

竹筒飯は、屋外で行うバーベキューなどに非常に適しています。バーベキューを行う時に、多くの場合、炭火を使用するでしょう。

その炭火を利用して竹筒飯を作ると、雰囲気もありますし美味しいご飯が炊けるのでおすすめです。見た目もゴージャスになるのでみんな喜ぶでしょう。

何も知らずにバーベキューで竹筒飯を出されたら感動してしまうかも知れません。一人ひとつの竹筒飯をさりげなく出すというのも、素敵なサプライズでしょう。

しかも竹筒を使用すれば、鍋や皿を汚さずに済みますので、そういった面でもおすすめの調理法かもしれません。美味しくて、しかもエコロジーな竹筒飯は、アウトドア派の方にもぜひ作ってみてもらいたいメニューです。アウトドアで食べる竹筒飯は、格別に美味しいに違いありません。

台湾に行ったら竹筒飯を楽しもう!

台湾には沢山のグルメが町中に溢れています。しかし、竹筒飯はそう多くでは見られないかもしれません。もし台湾を旅行中に竹筒飯を見かけたら、迷わずに食べてみてください。きっと美味しいと感じる筈です。もしも苦手な味つけだった場合は、他の竹筒飯にチャレンジして下さい。いろいろな味付けがありますから、きっと好みの物を見つけられます!

関連記事

2215.thumb
この記事のライター
小鉄
関東出身の旅行好き。おしゃれな物も好きだけど、面白いものや面白い事がもっと好き。食べるのが大好きで海が好き。動物が好き。私の大好きな事や面白い事を皆さんにご紹介していきたいです

台湾の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

台湾の新着のまとめ