桃狩りを関東で楽しめるスポット7選!食べ放題もある人気農園も紹介!

2019年5月29日 (2019年9月1日最終更新)

初夏から夏にかけておいしいフルーツである桃狩りは、人気の観光プランの一つですが、関東近郊にも桃狩りが楽しめる農園はあります。そこで関東周辺で桃狩りをやっている農園を、それぞれのおすすめポイントも含めていくつか紹介しましょう。

目次

  1. 旬の桃狩りを楽しみたい
  2. 1:関東で桃狩りできる人気スポット「陣平農園」【群馬県】
  3. 2:関東で桃狩りできる人気スポット「こまき園」【栃木県】
  4. 3:関東で桃狩りできる人気スポット「中蒔田 富田農園」【埼玉県】
  5. 4:関東で桃狩りできる人気スポット「果実庭」【群馬県】
  6. 5:関東で桃狩りできる人気スポット「佐野観光農園 アグリタウン」【栃木県】
  7. 6:関東で桃狩りできる人気スポット「みなかみフルーツランド モギトーレ」【群馬県】
  8. 7:関東で桃狩りできる人気スポット「果実の里 原田農園」【群馬県】
  9. 食べ放題ができる農園など関東で桃狩りできる人気スポットをご紹介しました

旬の桃狩りを楽しみたい

新鮮な果物を自分で収穫してその場でいただくことができるフルーツ狩りは、誰もが楽しめる人気のイベントです。中には食べ放題などもあり、心ゆくまで楽しんだという方も多いでしょう。これからの季節におすすめな桃狩りを関東で楽しめる農園について、おすすめポイントやアクセスなどを紹介します。

1:関東で桃狩りできる人気スポット「陣平農園」【群馬県】

最初に紹介する桃狩りがおすすめの農園は「陣平農園」です。陣平農園が開園したのは1933年のことで、陣平農園がある群馬県吾妻郡では一番古い果樹園と言われています。草津温泉や四万温泉での一休みを兼ねて行くのも便利で、多くの観光客が訪れる農園でもあります。

おすすめする理由

陣平農園は歴史が古く、植えられている植物の種類が多いため、桃狩りはもちろん、りんご、栗、ブルーベリー、プラムとさまざまな果物を楽しむことができます。さらに果物のほかジャムやジュースの産直販売も行っているため、お土産も期待できます。

さらにうれしいのは、陣平農園の食べ放題です。桃の品種も多いので、長く桃狩りを楽しむことができるのですが、食べ放題の時間が他の農園に比べて長いため、ゆっくりとおいしそうな桃を吟味して味わうこともできるのです。

開園期間・営業時間・料金

「陣平農園」の桃狩りができるのは6月下旬から9月上旬までとなっています。ただ、多数の来園者が集中するともぎ頃の桃が足りなくなる可能性があるということで、基本的には予約制となっています。予約は当日でも、またキャンセルも可能なので、必ず予約するようにしましょう。

営業時間は10時から17時ごろまでとなります。料金は中学生以上が1200円なのですが、予約していないと100円高い1300円となってしまいます。4歳から小学生までは800円となります。この料金でなんと50分園内の桃が食べ放題となるのです。

50分ということで、ゆっくりと食べ放題を楽しむことができますが、さらに1キロ800円で持ち帰りもできます。ですから食べ放題を楽しんで残った分を持ち帰って家で楽しむということもできるのです。

アクセス

「陣平農園」は群馬県吾妻郡中之条町にあります。車でアクセスする場合、最寄りICは関越自動車道「渋川」ICとなります。降りたら国道353号線で中之条、四万温泉方面に向かい、中之条市街地に入ります。園内に駐車場があるので、そちらに車を停めることになります。

一方、公共交通機関でアクセスする場合は、最寄り駅はJR吾妻線の「中之条」駅となります。遠方からの方は上越、北陸新幹線の「高崎」駅で乗り継ぐとよいでしょう。駅からはタクシーなど利用で10分ほどです。

2:関東で桃狩りできる人気スポット「こまき園」【栃木県】

「こまき園」は桃のほかにさくらんぼやマンゴーの摘み取り体験ができる人気の農園です。アクセスも比較的よく、関東各地から行きやすいこともあって、毎年多くの方が桃狩りなどでこの農園を訪れているそうです。その中でも特に、桃狩りに関する情報を中心に紹介します。

おすすめする理由

「こまき園」の桃狩りは7月中旬から下旬に始まります。こまき園では約8種類の桃狩りが楽しめ、それぞれの違いを食べ比べることもできるのが人気の秘密です。特に「あまとう」は小ぶりですが、甘みが強く、一番人気ですし、最高で一個570グラムにもなる桃などもあります。

また、こまき園の場合はいわゆる食べ放題と摘み取りの2つのコースがあります。食べ放題はその名の通り時間制限の中で食べられるだけ食べるものですし、摘み取りは摘んだ分を購入するものです。

開園期間・営業時間・料金

「こまき園」の桃狩りの開園期間は7月下旬から8月中旬くらいとなります。毎日できるというわけではないそうなので、日程が決まったら確認することをおすすめします。時間は午前が10時から12時、午後が14時から17時、受付はそれぞれ30分前までとなります。

先ほど紹介したように、「こまき園」の桃狩りには2つのコースがあります。食べ放題のコースは40分間で小学生以上は1500円、3歳以上は1000円です。一方摘み取りのコースは時間無制限で無料ですが、摘んだ桃はすべて1キロ870円で購入することになります。

アクセス

次に「こまき園」へのアクセスです。こまき園に行くのには車でのアクセスが便利です。こまき園は栃木県宇都宮市にあり、車の場合は東北自動車道「宇都宮」ICから3分ほどと近いです。駐車場は約40台無料で停めることができます。

公共交通機関を利用する場合の最寄駅はJR「宇都宮」駅です。東北新幹線も停まる駅なのですが、駅からは車で30分ほどかかるため、ちょっと移動に時間がかかります。

3:関東で桃狩りできる人気スポット「中蒔田 富田農園」【埼玉県】

「中蒔田 富田農園」は特にいちご狩りが人気の農園で、メディアなどでもよく取り上げられています。他では作っていない品種のいちごなどもあり、さらにはバリアフリーの畑もあるため、子どもから大人までだれでも楽しむことができるという点が特に人気となっています。

おすすめする理由

「中蒔田 富田農園」はなんといってもいちご狩りなどで多くの観光客の方が来る農園であり、バリアフリー対策がなされているところがおすすめポイントです。つまり小さな子どもやお年寄りが一緒でも果物狩りが楽しめるという点にあります。ヒールなどはちょっとおすすめできませんが、家族連れには特におすすめです。

開園期間・営業時間・料金

「中蒔田 富田農園」の桃狩りは7月上旬から8月下旬ごろまでがシーズンとなります。年によって桃の時期がどうかということもありますので、行く前に確認することをおすすめします。営業時間は9時から15時ごろまでとなります。

料金ですが、こちらの農園は基本的には桃狩りをして箱に詰めて持ち帰るということになります。箱のサイズが2種類あり、大箱なら8個から12個で2400円、小箱はその半分程度が入り、1200円となります。

アクセス

「中蒔田 富田農園」は埼玉県秩父市にあり、アクセスが便利という点でもおすすめの農園です。その理由は皆野寄居バイパスの延長に伴って、農園の上にICができたためです。つまりこの「秩父蒔田」ICが最寄りとなります。料金所を過ぎてトンネルを抜けてそのまま直進すると1分程度でアクセスできます。

公共交通機関を利用する場合は、最寄り駅は西武秩父線の「西武秩父」駅です。駅からは小鹿野車庫行もしくは栗尾行のバスに乗り、20分ほどで「中蒔田」バス停で下車すると、ここからも徒歩で1分程度で農園に行くことができます。

96cea184 f1ef 4ea5 9166 96387000002b関東でイチゴ狩りのおすすめは?人気の食べ放題や予約不要のスポットなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
冬から春にかけての味覚狩りと言えばイチゴ狩り。関東にはイチゴ狩りが楽しめるイチゴ園がたくさん...

4:関東で桃狩りできる人気スポット「果実庭」【群馬県】

「果実庭」はその農園の名前が示す通り、約9000坪の広さがある農園にさまざまな果物が実っています。りんごに桃にさくらんぼと、初夏から冬の初めごろまで果物狩りを楽しむことができるため、こちらも多くの観光客が訪れる農園の一つです。アクセスがよいのも魅力です。

おすすめする理由

「果実庭」は減農薬などの厳しい基準をクリアした群馬県認定のエコファーマーで、広大な農園で約7種類の桃狩りを楽しむことができます。桃狩りが楽しめるのは7月上旬から8月下旬ごろで、なかにはメロンのような果肉でみずみずしい「なつき」などがあり、特に人気となっています。

桃狩りのコースは2つあります。Aコースは園内で桃を1つ食べ、その他に2つ持ち帰ることができるコースで、Eコースはいわゆる食べ放題のコースです。どちらで楽しむか考えてみるとよいでしょう。

開園期間・営業時間・料金

「果実庭」はさまざまな果物が獲れますが、桃狩りは先ほども述べたように7月上旬から8月下旬が時期となります。営業時間は8時40分から17時までですが、入園最終受付は16時なので、ここまでには農園に行く必要があります。

料金はAコースが860円、Eコースは30分食べ放題で1500円となります。また、小学生以下を対象にしたお子様限定コースというコースがあり、こちらは1個食べてお持ち帰りなしで320円とさらにお得になります。

アクセス

次に「果実庭」へのアクセスを紹介します。果実庭は群馬県沼田市にあり、車がもちろん便利なのですが、公共交通機関を利用してアクセスするのも比較的便利です。

まず、車の場合は、関越自動車道の「沼田」ICが最寄りとなります。ここから国道120号を片品、日光方面に進んでいくとアクセスできます。公共交通機関の場合はJR上越線「沼田」駅から川場方面行きのバスに乗り30分ほどの「下組」バス停で下車するか、上越新幹線の「上毛高原」駅からタクシーで20分ほどです。

5:関東で桃狩りできる人気スポット「佐野観光農園 アグリタウン」【栃木県】

「佐野観光農園アグリタウン」は年間約6万人の入園者数を誇るという、栃木県内では最大級といっていいいちご狩り施設として知られています。桃狩りのほかにブルーベリー狩りも楽しめ、さらに地粉を使った手打ちそばや佐野ラーメンか楽しめるレストランなども併設されています。

おすすめする理由

「佐野観光農園アグリタウン」には10種類以上の桃が栽培されています。そのため開園期間が比較的長く、同じ時期に収穫期を迎える桃を食べ比べることもできるというメリットがあります。桃狩りの時期は年によって違いがあり、予約が優先となるので、行く予定がある方は確認の上予約をおすすめします。

開園期間・営業時間・料金

「佐野観光農園アグリタウン」で桃狩りができるのは2019年の場合は6月29日から8月18日までとなっています。年によって違いはありますが、だいたい6月末から8月中旬と考えてよいでしょう。

営業時間ですが、アグリタウンの場合は受付をした後で、桃の農園に移動し、そこで桃狩りをすることになります。その受付時間は10時、11時30分、13時30分、15時です。受付の後移動が必要なので、5分前までに受付を済ませておきましょう。

料金は30分食べ放題で小学生以上が1500円、3歳以上小学生未満が400円です。なおいちご狩りクラブ会員の方は100円安くなります。持ち帰りは100グラム100円で、50グラム単位の量り売りとなります。

アクセス

「佐野観光農園アグリタウン」は栃木県佐野市にあります。車でアクセスする場合は東北自動車道「佐野藤岡」ICが最寄りとなり、そこから足利方面に5キロほど進んだところにあります。約5分でアクセスできます。

公共交通機関を利用する場合は東武鉄道佐野線の「佐野市」駅、JR両毛線の「佐野」駅が最寄りとなります。駅からはいずれもタクシーでのアクセスとなり、佐野市駅からは5分ほど、佐野駅からは10分ほどです。ただ、桃狩りの場合は桃園までの移動に車が必要なので、こちらを使う場合は確認したほうがよいでしょう。

6:関東で桃狩りできる人気スポット「みなかみフルーツランド モギトーレ」【群馬県】

「みなかみフルーツランドモギトーレ」は2018年7月にオープンした「フルーツ総合エンターティンメント施設」です。約6.5万平方メートルの広大な敷地があり、年間を通じいろいろなフルーツを栽培し、桃のほかいちご、さくらんぼ、ブルーベリーなど人気の果物狩りが楽しめます。

おすすめする理由

「みなかみフルーツランドモギトーレ」の桃狩りは3種類の桃を収穫することができます。時期は8月上旬から中旬と短めなのですが、桃の中で最もおいしいと言われる滝の沢ゴールドなど珍しい種類もあるので、そのあたりを楽しみに来る方も多いようです。

また、こちらの農園では、桃狩りだけを楽しむのではなく、いくつかのコースがあります。食べ放題コースだけではなく、収穫と持ち帰りができる基本コースのほか桃狩りとバーベキューやスイーツがセットになったコースもあるので、好みのものを選ぶことができます。

開園期間・営業時間・料金

「みなかみフルーツランドモギトーレ」は一年を通じでフルーツ狩りが楽しめますが、今述べたように桃狩りの期間は8月上旬から中旬となります。この時期の営業時間は10時から17時ですが、余裕を持って受付をしたほうがよいでしょう。

次に料金は、試食と2個収穫の基本コースが700円、30分食べ放題コースが大人1500円、子どもが1100円となります。これにバーベキューとジェラートがついたバーベキューコースは2050円、スイーツとドリンクがついたスイーツコースは1300円です。

アクセス

「みなかみフルーツランドモギトーレ」は群馬県利根郡みなかみ町にあります。車の場合は関越自動車道の「月夜野」ICが最寄りとなり、そこから国道17号を利用して15分ほどでアクセスできます。

公共交通機関を利用する場合は、上越新幹線の「上毛高原」駅が最寄りとなります。駅からはバスもしくはタクシーでのアクセスとなります。バスの場合は猿ヶ京線に乗り「今宿」で降りますが、バス停から徒歩で15分ほどかかるため、タクシーの方が無難かもしれません。

7:関東で桃狩りできる人気スポット「果実の里 原田農園」【群馬県】

「果実の里 原田農園」はさまざまな農産物を収穫する体験ができることで人気です。フルーツではいちご、さくらんぽ、桃、ブルーべリー、ぶどう、りんごなどがあるほか、野菜になんときのこ狩りまで楽しむことができます。そのため関東近郊から多くの観光客が訪れます。

おすすめする理由

「原田農園」の桃狩りは7月中旬から9月上旬に楽しむことができます。約10種類の桃があり、時期に応じて最もおいしい桃が収穫できます。酸味が少なくみずみずしい「日川白鳳」やジューシーな「黄金桃」などが特に人気です。

また、原田農園には桃狩りと食事のセットプランがあります。桃狩り体験に食事と自家製スイーツ、ドリンクがつくプランと、バーベキュー、パフェづくり体験に自家製スイーツ、ドリンクがつくプランがあり、家族連れなどに特におすすめです。

開園期間・営業時間・料金

「原田農園」の桃狩りは、今述べたように7月中旬から9月上旬となります。やっているかどうかは確認してから行きましょう。営業時間は9時から16時で、16時が最終入園時間となります。

桃狩りのコースは2つあります。1つは畑で1個を試食し、2個をもぎ取り体験するもので、こちらは800円となります。もう1つは30分の食べ放題のコースで、館内に皿盛りにしてある桃を自分で剥いて食べ、その他に2個をもぎ取り体験します。こちらは1500円となります。

アクセス

次に「果実の里原田農園」へのアクセスです。農園は群馬県沼田市にあります。まず車の場合は関越自動車道「沼田」ICが最寄りとなります。ここから国道120号線を2分ほど走ると到着となります。

公共交通機関を利用する場合、新幹線と在来線の2つの方法があります。在来線の方が近く、JR上越線「沼田」駅で下車し、そこから川場循環線のバスに乗り「下組」で下車するとすぐのところに農園があります。

新幹線の場合は上越新幹線の「上毛高原」駅が最寄りとなります。駅からは鎌田・戸倉スキー場・鳩待峠行のバスに乗り「土橋」バス停で下車します。バス停からは徒歩で4分ほどです。

20170118                                    8 群馬のイチゴ狩りおすすめランキング!人気の施設・口コミも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
群馬県でイチゴ狩りの出来るスポットを、ランキング形式で10か所ご紹介します。これからイチゴ狩...

食べ放題ができる農園など関東で桃狩りできる人気スポットをご紹介しました

高級な桃を自分の手で収穫できる桃狩りは、初夏から夏にかけてのおすすめの楽しみです。食べ放題があるところや、バーベキューやスイーツを一緒に楽しめる農園もあり、しかも比較的アクセスがよく気軽に日帰りができるところも多くあります。ぜひ桃狩りで楽しい一日をお過ごしください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
よしぷー

関東地方の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

関東地方の新着のまとめ