地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

高岡市観光の見どころはココ!歴史的な魅力も!おすすめスポット穴場情報!

富山県高岡市は、加賀藩・前田利長が築城した高岡城を中心に古くから発展した歴史のある観光です。前田家ゆかりの神社、万葉歌人・大伴家持ゆかりの土地や、ドラえもんのキャラクターであふれるギャラリーなど、高岡市の観光スポットは数え切れません。

富山県高岡市の魅力見出し

富山県高岡市は、万葉歌人である大伴家持が京から赴任した際に詠んだ歌などでも知られる通り、自然と絶景にあふれた観光都市です。古くは神話の時代に創建されたという神社から、新しくは現代の代表的な漫画「ドラえもん」まで、高岡市の魅力を定番から穴場まで集めてみます。

【高岡市観光の見どころ】①瑞龍寺 見出し

富山県高岡市にある瑞龍寺(ずいりゅうじ)は、加賀藩2代藩主・前田利長によって金沢に創建された、織田信長・信忠などのために追善菩薩で、創建時は宝円寺と呼ばれていました。利長が隠居して高岡城に移り、死後に菩提寺として3代当主前田利常によって現在の場所に建立されました。

延享3年(1746年)の火災で伽羅の半分が焼失してしまい、現在の山門は文政元年3年(1820年)に建てられたものです。仏殿は正保2年(1645年)に建てられ、積雪対策と言われる鉛製の瓦ぶきです。前田利長の位牌を安置する法堂にはトイレの神様である烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)が祀られています。三門・仏殿・法堂は、富山県に存在する唯一の国宝です。

【高岡市観光の見どころ】②高岡大仏 見出し

富山県高岡市の大佛寺にある高岡大仏は、奈良・鎌倉にならぶ日本三大大仏として人気の歴史観光スポットです。源義勝によって約5mの木造大仏が二上山の山麓に建立されたのが起源で、その後、前田利家によって現在の場所に移転されましたが、のちに焼失しています。

明治33年(1900年)の高岡大火延享2年(1745年)に再建された大仏が焼失したのち、明治40年(1907年)に高岡銅器の技術によって、26年の歳月をかけて完成しました。昭和8年(1933年)に歌人・与謝野晶子が高岡を訪れた際にその魅力を「鎌倉大仏より一段と美男」と言ったそうです。

【高岡市観光の見どころ】③藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー見出し

富山県高岡市は、「ドラえもん」「キテレツ大百科」など、日本を代表する漫画の作者である藤子・F・不二雄先生が育った地としても知られています。藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーは、代表作であるドラえもんのキャラクターや展示などを誇る、高岡市でも人気の観光スポットです。

まず、「どこでもドア」のゲートをくぐると展示室になっています。藤子・F・不二雄先生の手作りの幻燈機を再現し、高岡市の昭和初期の風景や、先生自身の写真などの映像が、先生のナレーション入りで流されています。

先生が14歳の時に制作した手作り冊子「妖怪島」の本文前ページの展示や、原画と出版物の比較、高岡の伝統産業である「高岡銅器」で製作したドラえもんの銅像などが展示されています。自由に作品を読むことが出来るライブラリースペースも完備しているので、漫画好きにはおすすめの魅力ある観光スポットです。

【高岡市観光の見どころ】④ドラえもんの散歩道 見出し

富山県の高岡駅の前にあるウィング・ウィング高岡広場には、「万葉の杜」広場から移転されたドラえもんのキャラクターの銅像が並ぶ「ドラえもんの散歩道」があり、観光客の人気を集めています。ドラえもん、のび太くん、ジャイアンなどの主要キャラクターがならぶ場所は、絶好のフォトスポットです。

【高岡市観光の見どころ】⑤赤丸浅井神社見出し

富山県高岡市にある赤丸浅井神社は清水寺の東の山麓に位置しています。創建年代は不明ですが、康保4年(967年)の法令集「延喜式」にも名前が登場し、建立は養老元年(717年)とされ、長い歴史を持つ神社です。参道には古い樹齢の杉並木が続き、社殿と本殿があります。境内の大けやきは、樹齢1200年ともいわれる県指定天然記念物で、富山県内で最も大きな幹回りを持ちます。

【高岡市観光の見どころ】⑥高岡城跡 見出し

富山県高岡市にある高岡城は、加賀藩二代藩主・前田利長によって建城された平山城で、日本百名城の一つにも選ばれています。二上山にあった守山城の城主だった利家は、隠居すると同時に富山城に移りました。その後、富山城は大火のために焼失し、関野と呼ばれていた場所に新し城を築城しました。

利長は、「詩経」の一節からそこを「高岡」と名付けたといわれます。元和元年(1615年)には一国一城令によって城は廃城されていまいますが、3代藩主・前田利常は利長の意を継いで城郭の基礎を残しました。現在では城跡は「高岡古城公園」として、日本さくら名所百選にも選ばれた観光名所になっています。

【高岡市観光の見どころ】⑦二上山万葉ライン見出し

二上山万葉ラインは、国定公園二上山の山腹、山頂の山並みをめぐる、全長約8㎞のドライブコースで、立山連峰から能登半島までの絶景を楽しむことができます。二上山は、古代から信仰の対象になった山で、万葉歌人、大伴家持も詠っています。

万葉ライン沿いの御前下駐車場からは、二上山の山頂に続く遊歩道があります。途中、「悪王子社」と、山頂に「日吉社(ひえしゃ)」があり、創建年代ははっきりとは分かっていませんが、平安末期という説もあります。二上山万葉ラインの道路沿いには、守山城跡・平和観音像・大伴家持像・平和の鐘・万葉植物園など、魅力的な観光スポットが点在してます。ちなみに、冬の間は積雪・凍結のために閉鎖されます。

【高岡市観光の見どころ】⑧高岡市万葉歴史館見出し

富山県の「高岡市万葉歴史館」は、万葉集の編者であり代表的歌人でもある大伴家持が政務を執ったという国庁跡の近くに建てられました。万葉の魅力を映像や音を駆使した展示物で紹介しており、万葉研究に欠かせない豊富な文献を収蔵しています。平安末期から室町初期までの万葉集写本の断簡など、万葉ファンには必見の穴場スポットです。

【高岡市観光の見どころ】⑨大伴家持像見出し

高岡駅の駅前には、右手に筆を持ち静かに遠くを見つめる表情をした、若き日の大伴家持の銅像が建っています。天平18年(746年)から越中国主として5年間を過ごした大伴家持は、この地で220余首を詠みました。「玉くしげ二上山に鳴く鳥の声の恋しき時は来にけり」と、二上山も詠んでいます。

【高岡市観光の見どころ】⑩義経岩見出し

富山県高岡市の雨晴海岸には「義経岩」(「雨晴岩」とも呼ばれます)とともに義経伝説が残ります。文治3年(1187年)に源義経と武蔵坊弁慶が山伏姿で奥州平泉に向かう途中で雨が降り出したので、弁慶が岩を持ち上げてその陰で雨宿りをしたと言われています。義経岩の頂上には義経神社が祀ってあり、歴史好きは訪れておきたい穴場観光スポットです。

【高岡市観光の見どころ】⑪雨晴海岸見出し

富山県高岡市の北部にある雨晴海岸(あまはらしかいがん)は能登半島国定公園に含まれる、高岡市でも随一のおすすめ絶景スポットです。晴れた日には、富山湾の向こうに3000m級の立山連峰を見ることができ、日本の渚百選にも選ばれています。ちなみに海上から3000m級の山が見えるのは、雨晴海岸を含めて世界で3ヶ所しかないそうです。

【高岡市観光の見どころ】⑫ 武田家住宅見出し

富山県高岡市にある「武田家住宅」は、安永年間(1772~1780)に建てられたと言われる、肝煎り(庄屋)の民家です。武田家は、武田信玄の弟・逍遙軒信綱の子孫と伝えられ、代々大田村(現在の高岡市大田)の肝煎りだった農家です。200年前の建築にもかかわらず、建築当時の形式がよく保存されているため、国の重要文化財に指定されています。

武田家には古文書や地図などが現在も多く収蔵されていて、内部の「ひろま」で屋敷図などが展示されています。明治以降には、山岡鉄舟や横山大観なども訪れており、作品を残しています。建築面積443㎡と、大規模な建築物です。

【高岡市観光の穴場】①おとぎの森公園 見出し

富山県高岡市の「おとぎの森公園」は、「自然と遊び、自然に学び、友と触れ合う」をテーマに作られた公園で、ドラえもんのキャラクターたちがいることでも穴場観光スポットとして知られています。ドラえもんに出てくる「空き地」が公園内にあり、漫画に登場する土管もあり、おすすめのフォトスポットです。

【高岡市観光の穴場】②絵筆塔見出し

富山県高岡市の高岡古城公園の動物園の中にある「絵筆塔」は、平成元年(1989年)に、手塚治虫・永井豪・さいとうたかを・やなせたかし・小島功など、154名の漫画家の「カッパの絵」を集めて、高岡銅器協同組合がブロンズで製造したモニュメントで、漫画好きには見逃せない穴場スポットです。

富山県高岡市は歴史スポットが魅力見出し

富山県高岡市は、とにかく歴史スポットがおすすめです。もちろんドラえもんや現代美術も素晴らしい魅力がありますが、古い歴史を持った神社仏閣が、自然あふれる高岡市の背景の中にすっきりと納まっています。大伴家持が魅せられたという、大昔の高岡市を想像しながら散策すると、さらに歴史が身近に感じられるかと思います。

松本城観光と駐車場情報!国宝天守閣と城下町のおすすめを満喫しよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
松本城観光と駐車場情報!国宝天守閣と城下町のおすすめを満喫しよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
国宝天守閣と松本城の観光スポットや、駐車場情報を徹底紹介!五重の天守は国内に2か所しか現存しておらず、国宝松本城は一度は訪れるべき貴重な場所です。周辺の城下町にもおすすめ観光スポットが満載。駐車場完備でアクセスも便利な松本城に是非訪れてみてください。
名古屋の神社で御朱印集め!有名なパワースポットを巡り心身を清めよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
名古屋の神社で御朱印集め!有名なパワースポットを巡り心身を清めよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
名古屋には、パワースポットとしても有名な神社が数多くあります。神社や仏閣を巡って、最近大流行中の御朱印集めなどしてみてはいかがでしょうか?名古屋の人気神社や仏閣でエネルギーを蓄えて、身も心もリフレッシュしてみてくださいね。
投稿日: 2017年5月6日最終更新日: 2020年9月6日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote