出町ろろろは出町柳の人気店!リーズナブルで美味しいおばんざいを頂こう!

出町ろろろは出町柳の人気店!リーズナブルで美味しいおばんざいを頂こう!

京都の「出町ろろろ」は出町柳にある、美味しいおばんざいが食べられる店として人気です。京野菜やおばんざいといった、京都らしいメニューを楽しみたい方のために、出町ろろろのメニューや人気の秘密、アクセス方法や店舗情報などについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.出町ろろろは出町柳の人気和食店!
  2. 2.おばんざいとはどういう料理?
  3. 3.出町ろろろってどんなお店?
  4. 4.出町ろろろのメニュー紹介
  5. 5.出町ろろろの店舗情報
  6. 6.出町ろろろで美味しいおばんざいを味わおう!

出町ろろろは出町柳の人気和食店!

Photo by ddio.tw

京都に来たらランチなどで美味しいおばんざいを食べたいという方は多いでしょう。近年おばんざいが人気なっていることもあり、おばんざいを出す店は多くありますが、その中でも人気なのが出町柳にある「出町ろろろ」です。出町ろろろの美味しいおばんざいの秘密について紹介していきましょう。

リーズナブルで美味しいおばんざいランチが味わえる!

Photo by konohana.

京都にはおばんざいをメインにしたお店がいくつもありますが、出町ろろろが人気なのは、リーズナブルに美味しいおばんざいが楽しめるところにあります。出町柳周辺は観光客も多いところなので、美味しいおばんざいがリーズナブルに食べられるお店はかなりのニーズが期待できます。

そこで、出町ろろろで人気のおばんざいのランチがどのようなものなのか、どのあたりが人気の秘密なのかについて紹介していきましょう。

おばんざいとはどういう料理?

Photo by jetalone

ところで、よく京都のグルメで「おばんざい」と言いますが、おばんざいとはどのような料理のことなのでしょうか。おばんざいというのは「お番菜」「お番菜」などと書き、京都の一般家庭の惣菜という意味の言葉です。

いわゆる「京料理」と違い、家庭料理として作られているものを指すことが多く、「炊いたん」といわれる薄味の煮物などあが挙げられます。

薄味で煮物ということからヘルシーな料理というイメージが強いことから、近年ではおばんざいを看板メニューにする店が増えてきており、京野菜を使うことでさらに京都らしいメニューにしているところも多いです。

下鴨神社(京都)で人気のランチ店15選!おばんざいや和食が絶品のお店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
下鴨神社(京都)で人気のランチ店15選!おばんざいや和食が絶品のお店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
京都の下鴨神社周辺には、おしゃれなカフェから京都らしいおばんざいを食べることができる店など、沢山のランチスポットがあります。用途や行く相手に合わせて、ランチスポットを選ぶことができます。下鴨神社で人気のランチ店15選をご紹介します。

出町ろろろってどんなお店?

このように、京都のおばんざいは観光客に人気のメニューとして人気が高まっているのですが、出町柳の「出町ろろろ」はその中でも有名なお店として知られています。では、出町ろろろの料理はどんなところが人気のポイントなのでしょうか。次にその魅力について紹介しましょう。

地元大原の無農薬野菜をたっぷり味わえるおばんざい

Photo by imgdive

出町柳の「出町ろろろ」の人気ポイントの一つが、さまざまな京野菜が味わえる点にあります。京野菜の中には現在では全国どこのスーパーでも手軽に手に入るものもありますが、やはり京都で食べるとより雰囲気が感じられます。

特に出町ろろろでは、有名な京都の大原で作られた京野菜をたっぷりと使っています。大原は若狭街道の中継地点として知られ、その昔には「大原女」が薪炭や茶などを売りにきたことで知られています。豊かな自然が残っている地であり、その豊かな自然ではぐくまれた美味しい無農薬野菜が食べられるのです。

町家を改装した風情のあるおしゃれな店舗

出町ろろろは出町柳の有名なお店ですが、実際に行くと一瞬どこなのかわからない方もいるかもしれません。出町ろろろは普通の町家を改造してお店にしているため、その風情が外観にも内装にも感じられ、よい雰囲気で食事をすることができるのです。

店内に入るとカウンターとテーブル席が2つくらいと、決して広い店ではないのですが、いつもたくさんのお客さんが訪れていて、平日でも満席になることが多いのだそうです。木がたっぷり使われた落ち着いた雰囲気もまた、料理を美味しく彩ってくれます。

店名や箸置き・器にも「ろ」がたくさん

お店の名前が「出町ろろろ」と「ろ」が付く名前であるせいか、店内には「ろ」がたくさんあります。お店の前にあるメニューにも「ろろろ」と「ろ」が並び、なんと箸置きも「ろ」です。箸に巻かれた紙にも「ろ」があるなど、あちこちに「ろ」があります。

SNS映えを狙う方の中には、箸置きを並べて「ろろろ」を作って写真におさめる方も多いそうです。お料理が美味しいのはもちろんですが、こんな遊び心があふれるところも楽しめそうです。

平日でも予約がおすすめの人気店

Photo bybrookerollinger

「出町ろろろ」がある出町柳は、乗り物のアクセスもよく、観光地も近くにあるため、平日でも多くの観光客が訪れる場所です。加えて京野菜で作ったおばんざいをリーズナブルに楽しむことができるということで、とても混雑するお店でもあります。

ですから、出町ろろろでランチを計画している方は予約をしていくことをおすすめします。実際、予約で満席になることもよくあることなので、ぜひしっかり予約して来店するようにしましょう。

出町ろろろの口コミ・評判

Photo bykaboompics

では、「出町ろろろ」の口コミや評判はどのような感じなのでしょうか。口コミを見ていくと、やはり人気のお店だけあり、高評価が目立ちます。

特にさまざまなおばんざいを食べられることを魅力と感じる方は多く、美味しいものを少しずつ食べたいという方にはおすすめのお店だということがわかります。それでいながら値段がリーズナブルなのも魅力で、気軽に行くことができるという方が多いです。

一方で、予約せずに行って入れなかった経験があり、次に予約してようやく行けたという口コミもあるので、やはり確実に食べるためには予約をして行くことが必須のお店と考えていいでしょう。

出町ろろろのメニュー紹介

次に、出町柳の「出町ろろろ」でいただくことができるメニューについて紹介します。実は出町ろろろのメニューはそれほど多くないのですが、品数が多いことでさまざまなものが少しずつ食べられるようなメニューになっています。そこで、出町ろろろで食べることができるメニューをすべて紹介します。

出町ろろろのランチメニュー①:1日20食限定「ろろろ弁当」

出町ろろろで多くの方が選ぶメニューが「ろろろ弁当」です。これは1日20食限定のメニューで、二段になった木箱に豆皿に乗ったおばんざいが並ぶというものです。

一段目の木箱には煮びたしやあえもの、揚げ物などのおばんざいが豆皿に乗せられて8品並びます。そして二段目にはおばんざい2品と釜で炊いたおこげつきのごはんが並んでいます。

使われている食材そのものは特に奇をてらったものではありませんが、新鮮な食材の魅力を十分に引き出しており、料理好きの方には新たな発想にもつながりそうなメニューです。これがリーズナブルに楽しめるのですから、ぜひとも一度食べてみたいところです。

出町ろろろのランチメニュー②:予約限定「ミニ懐石」

「出町ろろろ」のランチのもう一品のメニューが「ミニ懐石」です。こちらのほうは要予約ということになっているのですが、先ほどのろろろ弁当にお造りや甘味などがついたメニューとなっています。

ろろろ弁当と同様に、豆皿にさまざまなおばんざいが並べられており、それにお造りなどがつくということで、より高級感があるメニューです。先ほどのろろろ弁当よりも値段的には高いのですが、ランチにちょっと贅沢して美味しいものが食べたいという時にはこちらもおすすめです。

出町ろろろの夜の会席料理

「出町ろろろ」の夜のメニューは会席料理一品です。大原の無農薬野菜を中心に使ったメニューが揃っているのですが、そこから何品か選んで自分でメニューを作るという方法になっています。

会席は3品、5品、7品、9品のなかから選べます。メニューの種類は9種類なので、9品だとすべてのメニューが入り、あとは自分で必要なものを組み合わせていく形です。1品500円という計算になるので、和食としての値段もとてもリーズナブルということがわかります。

出町ろろろの店舗情報

Photo by Keiichiro Shikano

それでは次に「出町ろろろ」の店舗情報について紹介しましょう。出町ろろろはお店の名前からも想像がつくように、京都の出町柳にあります。出町柳周辺は観光スポットも多いので、出町柳そのものは聞いたことがある方も多いでしょう。営業時間とアクセス方法について確認していきます。

営業時間・定休日

「出町ろろろ」の営業時間は火曜日、水曜日、木曜日が11時から16時まで、金曜日、土曜日、日曜日が11時から13時30分のランチ営業と18時から20時30分のディナー営業となります。火曜日から木曜日まではランチのみの営業と考えてよいでしょう。

次に定休日ですが、毎週月曜日と第二、第四日曜日となっています。先ほども述べたように、出町ろろろは基本的に予約をしていくのがおすすめのお店なので、予約の段階で時間や定休日は確認できるでしょう。

予約方法

Photo byvalentin_b90

そうなると気になるのが「出町ろろろ」の予約方法です。出町ろろろの予約は電話ですることができるのですが、実はこちらのお店はご夫婦でやっているお店だそうで、営業時間に電話をしてもなかなか出られないのだそうです。

そのため、予約する場合は午前中にするのがおすすめです。11時くらいであれば問題なく電話を取ってもらえる可能性が高いので、このあたりがいいでしょう。なお、とにかく予約が埋まりやすいので、土日に行く予定の方はとにかく早めに予約することをおすすめします。

アクセス

Photo by : : Ys [waiz] : :

次にアクセスです。出町ろろろの住所は京都市上京区今出川通寺町東入一真町となっています。最寄り駅は京阪電車の「出町柳」駅です。京阪、もしくは観光地などから叡山電車を使ってくる方は出町柳駅が乗り換え駅なので、どちらにしても大丈夫でしょう。駅からは徒歩で5分ちょっとで到着します。

一方、出町柳駅は京都駅から直接行くことはできないので、バスを利用してアクセスすることもできます。バスの場合は「葵橋西詰」が最寄りとなり、バス停からは徒歩で2分ほどです。京都駅のほか四条河原町などからも一本でアクセスできます。

住所 京都府京都市上京区今出川通寺町東入一真町67-1
電話番号 075-213-2772

出町ろろろで美味しいおばんざいを味わおう!

Photo by nobu3withfoxy

「出町ろろろ」は京都らしい美味しいおばんざいがたっぷり堪能できるということで人気が高いお店です。京都に行ったなら本場の京野菜を美味しく食べたいという方にはぜひおすすめです。人気のお店なので、ぜひ早めに予約をして、出町ろろろのおばんざいの味を楽しんでみてください。

よしぷー
ライター

よしぷー

青森出身、京都在住の歴女です。歴史が感じられる場所を旅するのが好きで、寺社巡りや博物館巡りを楽しんでいます。

関連記事

人気記事ランキング