地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

すき家の中盛と大盛の違いは?肉の量・ご飯の量についても徹底比較!

すき家には沢山の丼ものメニューがあります。代表的なノーマルな牛丼をはじめ、丼ものシリーズの中盛と大盛の違いは何なのでしょうか。肉の量やご飯の量など中盛と大盛を徹底比較します。ダイエットにおすすめのすき家のメニューや、カロリー、値段も要チェックです。

すき家の中盛&大盛の違い・カロリーを調査!見出し

Photo bytakedahrs

皆さんはすき家の牛丼を食べたことがあるでしょうか。美味しそうな牛丼のコマーシャルを見たことがあるという方はきっと少なくないことでしょう。

そんなすき家には、定番のノーマルな牛丼以外にも沢山の丼ものメニューがあります。そして、そのすべての丼ものメニューに中盛と大盛が存在しています。

すき家の丼ものシリーズの中盛と大盛の違いはどこにあるのでしょうか。また、カロリーや値段はどうなっているのでしょうか。すき家の中盛と大盛の違いを徹底検証します。

すき家好きの方はもちろん、まだ食べたことがないけど気になっているという方はぜひチェックしてください。ダイエット向けのメニューもご紹介です。

すき家の牛丼:中盛の値段&カロリーを解説見出し

すき家の丼ものシリーズにはどのメニューもご飯の量とお肉などの具材の量が違う5種類がラインナップされています。

「ミニ」、「並盛」、「中盛」、「大盛」、「特盛」、「メガ」という5種類の中で、中盛と大盛は特に人気のある2種類です。そんなすき家の人気の種類の中の中盛メニューの料金とカロリーについて詳しくご紹介します。

すき家の中盛:料金

Photo bynattanan23

すき家の中盛の牛丼は、並盛の牛丼400円から150円高い550円で販売されている人気のメニューです。

丼ものシリーズの中盛には700円のメニューが多い中、ほくほくのフライドにんにくとガーリックと唐辛子を合わせたと特製フレークをかけた「にんにくファイヤー牛丼」は670円で食べることができるおすすめメニューです。

すき家の3種類のチーズが牛肉に絡んでさらに濃厚な美味しさになる「とろ~り3種のチーズ牛丼」は、中盛メニューの中では最も高めの730円で、にんにくファイヤーにマヨネーズがプラスされた「マヨにんにくファイヤー牛丼」は720円と中盛の中では2番目に高い値段のメニューです。

すき家メニューの中盛の値段について、定番のメニュー10種類を比べてみましょう。以下、人気の定番メニューの中盛値段を一覧表にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

中盛メニューと値段

  • 牛丼 550円
  • キムチ牛丼 700円
  • ねぎ玉牛丼 700円
  • とろ~り3種のチーズ丼 730円
  • おろしポン酢牛丼 700円
  • 高菜明太マヨ牛丼 700円
  • わさび山かけ牛丼 700円
  • かつぶしオクラ牛丼 700円
  • にんにくファイヤー牛丼 670円
  • マヨにんにくファイヤー牛丼 720円

すき家の中盛:カロリー

Photo bystevepb

次に、すき家の定番10種類の中盛メニューのカロリーを比べてみます。シンプルな牛丼中盛は、798キロカロリーですが、700キロカロリー台のメニューは、牛丼のみで、他の中盛メニューはすべて800~900キロカロリー台の高カロリーになっています。

特に「とろ~り3種のチーズ牛丼」は976キロカロリーと1000キロカロリーに近い高カロリーなメニュー。チーズ好きにはたまらないメニューですが、カロリーを気にする方は避けたいメニューです。

卵がプラスされた「ねぎ玉牛丼」と、マヨネーズがプラスされた「高菜明太マヨ牛丼」も900キロカロリー台を超えています。逆に牛丼の次に低カロリーなメニューは「おろしポン酢牛丼」の819キロカロリーです。ダイエット中の方はノーマルな牛丼か「おろしポン酢牛丼」がおすすめです。

以下に、すき家の丼ものシリーズの中盛10種のカロリーを一覧表にしたのでチェックしてみてください。

中盛メニューのカロリー

  • 牛丼 798kcal
  • キムチ牛丼 826kcal
  • ねぎ玉牛丼 909kcal
  • とろ~り3種のチーズ牛丼 976kcal
  • おろしポン酢牛丼 819kcal
  • 高菜明太マヨ牛丼 901kcal
  • わさび山かけ牛丼 845kcal
  • かつぶしオクラ牛丼 829kcal
  • にんにくファイヤー牛丼 885kcal
  • マヨにんにくファイヤー牛丼 885kcal

すき家の中盛:特徴

すき家の中盛は並盛と比べるとご飯の量が少なく、具材の量が多いという嬉しい種類で、具材の量は並盛の1.4倍、ご飯の量は0.9倍です。大盛と比べると、具材の量は大盛りの1.9倍、ご飯の量は0.65倍です。程よいご飯の量で具材をたっぷり味わいたいという方には中盛がおすすめです。

すき家の中盛の値段とエネルギーを比較してみると、値段当たりのカロリーが最も高い、高コスパのメニューは定番の牛丼ということになります。より安い値段でできるだけエネルギーを摂取したい方はぜひ牛丼がおすすめです。

すき家の朝メニュー定番!朝のおすすめ・人気の定食一覧や時間を紹介!のイメージ
すき家の朝メニュー定番!朝のおすすめ・人気の定食一覧や時間を紹介!
全国に数多くの店舗数をもつ「すき家」といえば牛丼というイメージですが、朝の時間帯には限定で食べることができる朝メニューも豊富にございます。すき家で食べることができるおすすめの朝メニューや、朝食が食べれる時間帯などをご紹介いたします。
すき家メニューの持ち帰り一覧!テイクアウトNG商品の情報も!のイメージ
すき家メニューの持ち帰り一覧!テイクアウトNG商品の情報も!
各地に支店がある「すき家」の持ち帰りメニューの一覧と、テイクアウトNGメニューの一覧をご紹介します。通常のレギュラーメニューの中から、持ち帰り可能なものとNGのものをご紹介しますので、「すき家」でお持ち帰りする際の参考にしてください。

すき家の牛丼:大盛の値段&カロリーを解説見出し

すき家のメニューをたっぷり食べてしっかりお腹を満たしたいという場合は、中盛よりも大盛がおすすめです。体力勝負の仕事でスタミナをつけたい方にぴったりのすき家の大盛メニューの値段とカロリーについて詳しくご紹介しましょう。

すき家の大盛:料金

Photo bykschneider2991

すき家の丼ものシリーズにはすべてのメニューに大盛があります。すき家の大盛の定番メニューの値段はどうなっているのでしょうか。以下すき家の大盛メニュー10種類の値段を一覧表にしたので、ぜひチェックしてみてください。

大盛メニューの値段

  • 牛丼 550円
  • キムチ牛丼 700円
  • ねぎ玉牛丼 700円
  • とろ~り3種のチーズ丼 730円
  • おろしポン酢牛丼 700円
  • 高菜明太マヨ牛丼 700円
  • わさび山かけ牛丼 700円
  • かつぶしオクラ牛丼 700円
  • にんにくファイヤー牛丼 670円
  • マヨにんにくファイヤー牛丼 720円

すき家の大盛:カロリー

フリー写真素材ぱくたそ

人気のあるすき家メニューの大盛のカロリーはどうなっているのでしょうか。気になるすき家の大盛メニュー10種類のカロリーを比較してみましょう。以下大盛メニューのカロリーを一覧表にしたのでチェックしてみてください。

大盛メニューのカロリー

  • 牛丼 966kcal
  • キムチ牛丼 944kcal
  • ねぎ玉牛丼 1076kcal
  • とろ~り3種のチーズ丼 1144kcal
  • おろしポン酢牛丼 987kcal
  • 高菜明太マヨ牛丼 1069kcal
  • わさび山かけ牛丼 1013kcal
  • かつぶしオクラ牛丼 996kcal
  • にんにくファイヤー牛丼 1053kcal
  • マヨにんにくファイヤー牛丼 1163kcal

すき家の大盛:特徴

すき家の大盛メニューの中で、最もカロリーの高い「マヨにんにくファイヤー牛丼」の大盛は、中盛の「マヨにんにくファイヤー牛丼」の1.16倍のカロリー、大盛メニューの中で最も低いカロリーの牛丼は、中盛の1.21倍のカロリーです。

すき家の丼ものシリーズ10種類の大盛メニューの中で値段あたりのカロリーが最も高いコスパの良い大盛メニューは牛丼で、次いで「にんにくファイヤー丼」となっています。

すき家のおすすめメニューやトッピング紹介!組み合わせで作れる食べ方色々!のイメージ
すき家のおすすめメニューやトッピング紹介!組み合わせで作れる食べ方色々!
すき家イコール牛丼屋というのは昔のことで、今や牛丼の他にはすき焼き、豚丼、カレー、海鮮丼、定食、朝食、子供メニューからデザートに至るまで豊富なメニューが目白押しでおすすめです。すき家のおすすめメニューやトッピング、組み合わせで楽しめる食べ方などをご紹介します。
すき家の裏メニュー!無料サービスやトッピング組み合わせで美味しくアレンジ!のイメージ
すき家の裏メニュー!無料サービスやトッピング組み合わせで美味しくアレンジ!
全国的にも人気のある牛丼チェーン店「すき家」。すき家には、通常メニューの他にあまり知られていない裏メニューや、美味しいトッピングアレンジなどがたくさんあります。ここでは、すき家で1度は食べてみたいと思えるようなトッピングアレンジ牛丼や裏メニューをご紹介します。

すき家の中盛と大盛はご飯&お肉の量が違う!見出し

Photo by Kanesue

ここまで、すき家の丼ものシリーズの中盛と大盛の値段とカロリーについてみてきましたが、すき家の丼もの中盛と大盛りの違いはどこにあるのでしょう。詳しく比べてみていきます。また、ダイエット向けなのはどんなメニューの何盛なのでしょう。そちらもチェックです。

ご飯の量

フリー写真素材ぱくたそ

すき家の丼ものメニューの中で、ちょっと紛らわしい並盛と中盛のご飯の量とお肉の量は先にご紹介しましたが、中盛と大盛のご飯の量の違いはどうなっているのでしょう。

定番のすき家の牛丼で比較すると、中盛牛丼のご飯の量は235g、大盛牛丼のご飯の量は360gです。すき家の大盛牛丼のご飯の量は中盛牛丼のご飯の量の約1.5倍になっています。

お肉の量

Photo by iyoupapa

同様にすき家の中盛と大盛のお肉の量も比較してみましょう。中盛牛丼のお肉の量は135g、大盛牛丼のお肉の量は120gです。すき家の牛丼の場合、大盛の方が中盛よりもお肉の量が少なく、約5分の4の量になっています。

つまり、すき家の牛丼は、中盛の方が大盛よりもお肉の量が多く、ご飯の量が少ないということになります。

すき家でダイエットにおすすめのメニュー

ダイエット中には炭水化物が少なく、タンパク質の多いすき家の牛丼中盛は嬉しいメニューですが、すき家には、さらにダイエットに適したご飯の代わりに豆腐とサラダを使用したヘルシーな牛丼もあります。

炭水化物量とカロリーが低く、タンパク質量が高いライトシリーズは、通常メニューと同じものがミニ、並盛、大盛の3種類で展開されています。

ミニ、並、大盛と量が増えるにつれ、カロリーは90~100キロカロリーずつ、タンパク質は4~5gずつ、脂質は3~6gずつ増えていますが、大盛同士で比べると、ライトは通常メニューの約7割のカロリーです。

すき家のバランスもとれているカロリー低めのライトシリーズは、ダイエットだけでなく、筋トレの後にもぜひおすすめです。特に「牛丼ライト」はしっかりタンパク質が摂取でき、カロリーも抑えられているダイエットに最高のメニューです。

参考までに、8種類のライトメニュー大盛のカロリーと値段を一覧表にします。ライトメニューの大盛は、お肉の量が「大盛」になります。

糖質を控えてスタミナをしっかりつけたい方もぜひチェックしてダイエットや筋トレ後のメニューに取り入れてみてください。

ライトメニューお肉大盛のカロリーと値段

  • 牛丼ライト 515kcal/580円
  • キムチ牛丼ライト 537kcal/730円
  • ねぎ玉牛丼ライト 620kcal/730円
  • とろ~り3種のチーズ牛丼ライト 687kcal/760円
  • おろしポン酢牛丼ライト 536kcal/730円
  • 高菜明太マヨ牛丼ライト 612kcal/730円
  • わさび山かけ牛丼ライト 556kcal/730円
  • かつぶしオクラ牛丼ライト 540kcal/730円

値段は変わりなし

Photo by iyoupapa

すき家では、定番の10種類のメニューのうち、どのメニューにおいても、中盛の方が大盛よりもお肉の量が多く、ご飯の量が少ないという特徴があります。

そんな中盛と大盛のカロリーは大盛りの方が高くなっていますが、値段は中盛も大盛も同じです。値段当たりのカロリーを考えると、圧倒的にコスパの良さは大盛にあると言えます。

しかし、ダイエットや筋トレなどをしている方にとっては、カロリーよりも気になるのがタンパク質や脂質、炭水化物の量です。

それらの量は、すべてのメニューにおいて、タンパク質量が、中盛よりも大盛の方が1~3gほど、炭水化物が40~50gほど多くなっており、逆に脂質は中盛よりも大盛の方が3~4gほど少なくなっています。

Photo by Kossy@FINEDAYS

つまり、脂質やカロリーを減らし、タンパク質を多く摂取したいダイエット中の人には、大盛りよりも中盛がおすすめということになります。値段は中盛も大盛も違いがないため、すき家では、自分の状態に合わせて自由に中盛か大盛かを選びやすくなっているということになります。

並盛の冷凍レトルトも

ちなみに、すき家では冷凍のレトルトパックも販売しています。Amazonなどの通販サイトで購入できるすき家のレトルトパックは「並盛135g」と表記されています。これは、汁の量も併せて135gということで、実際の肉の量は並盛の85gということのようです。

口コミでも高い評価を得ているすき家の冷凍レトルトは、ほぼお店の味と変わらない、忙しい時にとても便利、とにかく美味しいなど、とても人気です。通常5個パックで購入すると1パック当たり338円という値段になり、これはお店で食べるよりもご飯分だけちょっとお得といったところです。

まとめ買いすれば1パック259円ほどになります。牛丼の並盛は店舗では400円ですから、だいぶお得になり、こちらもおすすめです。カロリーは229キロカロリーで、お店のライトシリーズを真似て豆腐と合わせたり、野菜と組み合わせればダイエット中にもとても便利です。

すき家のキング牛丼はまだ注文できる?持ち帰りも含めファン必読の情報を紹介!のイメージ
すき家のキング牛丼はまだ注文できる?持ち帰りも含めファン必読の情報を紹介!
2009年にすき家で期間限定発売された、キング牛丼。裏メニューとして、キング牛丼を今でも頼む事が出来ると言います。すき家には、その他にもメニューには書かれていない裏メニューがあります。キング牛丼とはどんなメニューなのか、他の裏メニューもご紹介します。
すき家のつゆだくは上がある!寒い日には裏メニューを使った雑炊状態の牛丼を!のイメージ
すき家のつゆだくは上がある!寒い日には裏メニューを使った雑炊状態の牛丼を!
すき家は、全国各地でグルメな牛丼を楽しめる有名チェーン店。みんなが大好きなすき家のつゆだく牛丼は、豊富なサイズ展開と多彩なトッピングが人気です。実は、すき家には、つゆだくの上を行く裏メニューがあります!今回は、お持ち帰りにもおすすめのすき家の牛丼に迫ります!

持ち帰ると量が減るって本当?見出し

すき家には、デリバリーやテイクアウトのサービスもあります。店舗で食べられない場合でも美味しいすき家のメニューを満喫することができます。そんな場合、店舗で食べるメニューとテイクアウトメニューにご飯やお肉の量などの違いはあるのでしょうか。

規定の量で提供されているので代わりはない

すき家のメニューのテイクアウトやデリバリーの量は、お店で食べる量と全く違いはありません。すべてのメニューでご飯の量とお肉の量は決められていて、しっかりと計って提供されているため、どこで食べてもすき家のメニューのカロリーと料金は同じです。

しかし、口コミでは、テイクアウトの量が少ないような気がするといったものが多く見受けられます。きちんと計量して作られているすき家のメニューですが、テイクアウト用の器はプラスチック製で、形もお店の丼ぶり型とは違いがあるため、少なく感じるということがあるようです。

容器の深さなどによって、少なく感じたり多く感じたりということは多いあり得ること。もし、疑問に思った方は、一度テイクアウトした牛丼を計測してみると良いかもしれません。

すき家の中盛と大盛をうまく使い分けよう!見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

いかがでしたでしょうか。すき家は、中盛と大盛がご飯の量とお肉の量に違いがありながら、同じ値段で販売されている良心的なお店です。

ダイエットや筋トレなどをしている方は、ぜひタンパク質や脂質の量などを考慮し、中盛を大盛りをうまく使い分けて美味しい牛丼を楽しんでみてはいかがでしょう。

投稿日: 2022年11月22日最終更新日: 2022年11月22日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote