飯能にムーミン谷があった!ムーミンパークとは?紅葉も楽しめる!

2017年5月16日 (2020年9月6日最終更新)

埼玉県飯能市にある「あけぼの子どもの森公園」は、ムーミン暮らしている世界は北欧フィンランドをイメージしたもの。フィンランドへ旅行するのは大変でも、埼玉県飯能市なら訪れやすいのでは?2019年には宮沢湖畔にムーミンパークもオープン予定。

目次

  1. 飯能市とムーミン
  2. 飯能市あけぼの子どもの森公園ってどんなところ?
  3. ムーミンって何?
  4. ムーミンのお屋敷
  5. スナフキンの小屋
  6. ムーミン谷の妖精たち
  7. 地元飯能市の木材を使用した森の家
  8. 飯能市ムーミン谷へのアクセス
  9. お弁当を持参
  10. 埼玉県飯能市の新しいテーマパーク
  11. 飯能市ムーミンパークの場所とアクセス
  12. 飯能市紅葉スポット
  13. 飯能市ムーミン谷の帰りに寄りたいお勧めカフェ
  14. 飯能市ムーミンパークとムーミン谷

飯能市とムーミン

13285511 1532845180355211 186928406 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
textisan

フィンランド生まれの人気キャラクターといえばムーミンですよね。ここ飯能市は四季折々の風景が豊かで、街全体がムーミンの世界を演出しています。実際飯能市には「ムーミン童話」をモチーフにしたあけぼの子どもの森公園があり、通称「ムーミン谷」と呼ばれています。今回は飯能市のムーミン谷の魅力と紅葉スポット紹介します。

飯能市あけぼの子どもの森公園ってどんなところ?

18298356 1368763859858705 9204394066727403520 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
upfield_photography

埼玉県飯能市にある「あけぼの子どもの森公園」は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンさんの「ムーミン童話」の世界をモチーフにした公園です。しかしテーマパークではありません。一番の魅力は自分の力で生み出す冒険が楽しめるところ。そういえば、ムーミンの登場キャラクター達は心から自由と冒険を愛していましたよね。

ムーミンって何?

18445006 449973268679457 82491147636703232 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
usako64

ムーミンは一見カバに似ていますがカバではなくて、ムーミントロールという森の妖精なのです。1943年「ガルム」という雑誌の風刺画に描かれていた初期のムーミンは耳と尻尾がなくどちらかというと気味の悪い姿でした。現在のような大きな鼻とピンとたった耳、ポッコリとしたお腹、そして太く短い手足という姿で描かれたのは、5年後の1948年頃になってからです。

ムーミンのお屋敷

まるでキノコのおばけ様なお屋敷です。中には「キノコ食べられちゃったの」と表現する子もいるようです。外観だけでは無く、内部も魅力的で、妖精が住んで居るかのような台所や居間・暖炉があったり、隠し部屋のようなところもあったりと、どこでも好きなように登ったり降りたり、かくれんぼしたりと本当に自由に過ごせる空間です。

スナフキンの小屋

18161099 122576424961118 8196852021064630272 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
noricopin

ムーミンのお屋敷から少し離れた小川にひっそりとたたずむ小さな水浴び場です。子供達は小川で、森で好奇心でいっぱいになりながら自分だけの遊びを見つけていきます。どんどん世界を広げていく子供たちの姿はなんとなくたくましく見えてとてもほほえましいです。園内はにプレイリーダーが常駐し、遊び方をレクチャーしてくれるから安心です。

ムーミン谷の妖精たち

18444555 266576187140058 8621259871548866560 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
haaaya316

ムーミン谷のあちらこちらで妖精たちがお出迎えをしていて、子ども劇場の屋根やベンチから子供たちを見守っています。ベンチに座ったら妖精たちのささやきもきこえるかもしれませんね。よくよく探すとリスやキノコもかくれています。

地元飯能市の木材を使用した森の家

13774799 514258098768513 1460781288 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
cha_hang0321vs

埼玉県飯能市産西川材のヒノキ丸太を用いた思議な形をした2階建で、建物壁が波打つ美しいフォルムが特徴です。内部ももちろん全てヒノキで作られています。中は資料館になっていて、トーベ・ヤンソンさんの資料を展示しているほか、2階には図書室があり、ムーミン谷の世界観を堪能できます。

飯能市ムーミン谷へのアクセス

あけぼの子どもの森公園の最寄駅は、西武池袋線「元加治駅」です。駅からは徒歩で20分ほどかかるので、車でのアクセスが便利です。車の場合は、圏央道狭山日高ICから県道195号経由で約20分。または圏央道入間ICから約20分。駐車場は隣接する市民体育館・ホッケー場・市民球場と共用で、約250台置けます。駐車場の料金は無料です。

お弁当を持参

11371968 369753633222856 156104369 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ryo.817.glad

ムーミン谷は妖精の国です。レストランやカフェなどのお店はありません。青空輝く晴れの日には、是非、お弁当を持って家族みんなでピクニックランチで楽しんではいかがでしょうか。あなたのお気に入りの場所を見付けてみて下さい。

埼玉県飯能市の新しいテーマパーク

2019年にグランドオープンを目指している埼玉県飯能市にできるムーミンパーク「メッツァ」は、リゾート、レジャー施設などのさまざまな要素が融合した公園です。北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰ることができる場所を目指した施設で、フィンランド語で「森」を意味するMetsä(メッツァ)と名付けられました。

メッツアビレッジ

2018年秋開業予定で、心の豊かさにつながる北欧のライフスタイルを体験できるエリアです。自然を身近に感じることができる施設やアクティビティがあり、入場は無料です。また、新鮮な地元野菜や工芸品などを購入できるマーケットや、フィンランド発祥のサウナを併設した宿泊施設、グランピング施設の設置が計画されています。

ムーミンバレーパーク

18580363 432414723788573 6491580611042476032 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ryu_art328

2019年春グランドオープン予定で、ムーミン一家とその仲間たちに出会うことができます。 ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋、ムーミンの魅力がぎっしり詰まったムーミンパークです。

飯能市ムーミンパークの場所とアクセス

ムーミンパークは埼玉県飯能市にある宮沢湖畔に建設されます。宮沢湖は飯能市の中心部から3キロ異常離れており、交通アクセスの悪さが課題です。現在のところ、バスや鉄道などの公共交通機関が全くないため、車かタクシーを利用するしかありませんが、ムーミンパークが建設されれば、シャトルバスなどは出るかもしれません。

飯能市紅葉スポット

18513159 418043771907471 6571693162840981504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
jiaoshan_

埼玉県飯能市には紅葉の絶景スポットが数多くあります。家族で楽しめるムーミン谷に、ハイキングデートにぴったりな宮沢湖畔や鳥居観音、ドライブやツーリングに最適な有間渓谷等と、目的に合わせた楽しみ方ができます。

ムーミン谷

紅葉の季節は家族で自然を楽しむにもよいシーズンになります。親子で季節を感じるのは、生活の中で大事なことです。最近は子供も多忙なため、ゆっくりと季節を感じる機会も少なくなりました。ムーミン谷と言われるあけぼの子どもの森公園は家族連れの方はもちろん幅広い年齢層から人気がある公園です。

宮沢湖畔

宮沢湖ハイキングコースは奥武蔵自然歩道のひとつで、1週2.5キロの周遊コースです。秋にはたくさんの観光客が紅葉狩りにおとずれます。ムーミンテーマパーク「メッツァ」建設に伴い、平成28年6月1日より宮沢湖周回道路への立ち入りができなくなりました。テーマパーク完成まで通行できません。ご注意ください。

鳥居観音

15057265 391233861207861 3650153492095434752 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
minmingp

埼玉百選にも選ばれ、西遊記でお馴染みの「玄奘三蔵法師霊骨」が祀られています。山内各所には、開祖平沼彌太郎氏(雅号・平沼桐工)が30年以上の歳月をかけて築いた建造物があり、山の美しい紅葉と合わせた絶景がを楽しむことができます。10月下旬から11月中旬にかけて見頃を迎えます。

有間渓谷

15099529 1110136822426598 1428592073535127552 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ken6613217

名栗湖は秩父市と飯能市の間に位置する名栗地区にあるダム湖です。秋の紅葉も美しく、色とりどりに染まった木々が湖面に映る様子はとてもすばらしく絵画のようです。そんな名栗湖上流にある有間渓谷沿いは、澄んだ水の流れと美しい紅葉が織りなす絶景を堪能できる散策スポットです。

飯能市ムーミン谷の帰りに寄りたいお勧めカフェ

カフェアンドレストランホットポット

ムーミン谷で思う存分遊んだあとは、近くのカフェでランチはいかがですか。あけぼの子ども森林公園の近くにあり、店内はカントリー調でとても雰囲気漂うカフェです。お勧めはやはり、手作りのチーズケーキです。上にのっているフルーツのほどよい酸味と相まって絶品のおいしさです。ぜひ食べてみてほしい一品です。

ターニップ

飯能市有間ダムを過ぎて、秩父方面へいく県道を進んでいくと、県道沿いの山側のちょっと高いところにあります。ここは眺めがよく外にカフェテラスもあります。お勧めは焼きカレー。ボリュームがあって、家庭の味のするやさしいカレーでチーズがよく合います。特に寒い冬にはおすすめです。

やまね食堂

名栗川上流にある一軒家を改装したカフェです。この地域のコミュニティーの拠点として作られたそうなので、ご近所の方々が、出来る事を持ち寄って、お店が運営されているため、金土日だけの営業となっています。ですから、山菜の天ぷらや手打ちうどんなど、カフェっぽくないメニューもあります。

飯能市ムーミンパークとムーミン谷

2018年秋、ムーミンの世界をそのまま体験できるテーマパーク「metsä (メッツァ) 」が飯能市宮沢湖に開園すると発表されました。本国フィンランドにしかないこのテーマパークが日本にできるなんて、ムーミンファンはもちろん、ムーミンファンならずとも楽しみですよね。

18580688 1531718510194886 1219096221809901568 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
bluebellsblue

「メッツア」は3つの指針に基づい設計されています。すなわち「五感を刺激する」「人それぞれの答えがある」「積み重ねが意味を持つ」です。普段の生活からでは感じにくい学びや気づき楽しさの体験をコンセプトにしています。

また、6つの体験価値が得られます。すなわち、想像・研究・挑戦・創造・共有・解放です。「訪れた方それぞれが本質的な豊かさをみつけていただけるように」をコンセプトにしています。

「ムーミン谷」の自然の中で気軽にムーミンの世界観に触れることができ、ムーミン作品のテーマの1つでもある「自然の共生」、そしてムーミンの棲む自然あふれるムーミン谷の世界を「メッツア」で体現できます。ムーミン谷とムーミンパークは全く別のものですが、都内から1時間以内で来られる抜群立地の飯能市のムーミンと仲間たちに会いに行ってはいかがでしょうか。

Acf9abb32ea3477890140c391c334071 ll埼玉県の観光地一挙紹介!観光スポットランキングTOP25! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
埼玉県を観光するならここに行こう!商・工業が盛んな埼玉県ですが、実は観光スポットが満載な観光...
145363606672096427180 dsc00494久喜の提灯祭り!2017年の日程・時間・見どころは?屋台情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
埼玉県久喜市で行われる久喜の提灯祭りは別名天王様とも呼ばれるお祭りで、昼間は神話などから題材...
P5埼玉のプールで遊ぼう!屋内プールあり!人気・穴場スポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
埼玉には博物館や、アリーナ、山やお寺などたくさんの観光スポットがあります。その中でも埼玉県に...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
HEISHI NATSUE

埼玉県の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

埼玉県の新着のまとめ