地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

熊野古道の宿泊はここ!おすすめの宿・温泉・ゲストハウスなどをご紹介!

熊野古道とは熊野三山へと通じる参詣道の総称になっており、道は三重県、奈良県、和歌山県、大阪府に跨っております。宿泊は1日の疲れを癒すためには大切です。熊野古道にはどんな宿泊施設があるのでしょうか。宿や温泉、ゲストハウスなどご紹介します。

熊野古道の宿泊ならここにしよう見出し

熊野古道に訪れた際におすすめの宿泊施設はどこなのでしょうか。宿をとることは1日の旅疲れを癒すためにもとても大切ですし、思い出の一つにもなります。ですので今回は熊野古道でおすすめの宿泊施設についてご紹介していきます。宿や温泉、ゲストハウスなどをお探しの際にはぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

和歌山の宿泊はここ!人気のおすすめ宿や安く泊まれる施設をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
和歌山の宿泊はここ!人気のおすすめ宿や安く泊まれる施設をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
和歌山でおすすめの宿泊先はいったいどこなのでしょうか?今回は和歌山にあるおすすめ宿や安く泊まれる施設などをご紹介していきたいと思いますので、旅行や出張などで和歌山を訪れた際に宿泊でお悩みのときには、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
和歌山の日帰り温泉・秘湯特集!人気の施設から洞窟温泉まで一挙ご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
和歌山の日帰り温泉・秘湯特集!人気の施設から洞窟温泉まで一挙ご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山・川・海と大自然に恵まれた和歌山県。そしてもう一つ!大自然からの恵みと言えば温泉です。日帰りで気軽に行ける温泉から秘湯と呼ばれる温泉までたくさんの温泉があります。そこで今回は和歌山の日帰り温泉施設から秘湯温泉まで人気の温泉を一挙にご紹介いたします!

熊野古道おすすめの宿泊先1:女神の湯/アイリスパーク見出し

熊野古道中辺路の中間点にありますキャンプ場のご紹介です。民宿プランなどもありますのでお手頃な価格で宿泊することのできる宿としても、利用することができるようになっております。奥熊野温泉女神の湯もキャンプ場の入場料や民宿プランの宿泊料に含まれておりますので、無料で温泉を楽しむこともできるようになっております。

キャンプ場をご利用の方は、Wi-Fiを利用することのできる、バンガローや別棟とテントで宿泊するスペースとわかれておりお好みに合わせて選ぶことが可能です。民宿プランには素泊まりや2食付きプランなどがございますので、そちらもご利用シーンに合わせて選ぶことが可能になっている便利な人気の宿泊施設になっております。

住所:和歌山県田辺市中辺路町近露128-1
電話番号:0739-65-0410

女神の湯 アイリスパーク

住所:
和歌山県田辺市中辺路町近露128-1
アクセス:
車/阪神高速、阪和道~南紀田辺IC~R42を南下。R311号に入り中辺路近露方面へ。 車以外/JRくろしお特急で紀伊田辺駅下車。駅よりバスにて観音寺前下車
料金の目安:
4,500円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 12:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:
和歌山キャンプ場特集!無料で泊まれる所・コテージ・温泉がある場所などご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
和歌山キャンプ場特集!無料で泊まれる所・コテージ・温泉がある場所などご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
和歌山に遊びに行くと皆さん何をされますか?和歌山はおすすめなキャンプ場たくさんあります。海水浴やアドベンチャーワールドの際に、ぜひ和歌山のキャンプ場を利用してみてください。自然豊かな和歌山を実感できる旅になりますよ。海に山に川に温泉がある所をご紹介いたします。

熊野古道おすすめの宿泊先2:冨士屋見出し

自然の山々と湧き出る温泉に囲まれた温泉宿のご紹介です。こちらの温泉宿では、川湯温泉を満喫していただくことが可能になっております。江戸時代初期より知られるとされる歴史ある温泉と、おいしい料理、そして和を基調としたぬくもり溢れる客室で、旅の疲れを癒すだけでなく、よい思い出をつくることができる温泉宿になっております。

河川を掘ることで湧き出るとされる温泉は全国でも珍しく、そんな河川が目の前にあるこちらの温泉宿の温泉はもちろん天然温泉になっております。貸切り露天風呂や仙人風呂などさまざまなお風呂が用意されており、貸切りのお風呂ではプライベートな空間で温泉を満喫することが可能になっている人気の温泉宿です。

住所:和歌山県田辺市本宮町川湯1452
電話番号:0735-42-0007

川湯温泉 冨士屋

住所:
和歌山県田辺市本宮町川湯1452
アクセス:
車/阪神高速・阪和高速・海南湯浅自動車道~南紀田辺IC~国道42号線・311号線経由で約60キロメートル 車以外/JRきのくに線田辺駅下車 タクシーで60分
料金の目安:
14,580円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:
熊野古道おすすめのコース特集!人気の温泉施設や観光名所などもご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
熊野古道おすすめのコース特集!人気の温泉施設や観光名所などもご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
和歌山県は有名な世界遺産がたくさんあります。熊野参詣道として2004年に世界遺産をして登録された熊野古道が国内観光客だけでなく海外からの観光客で年間を通してたくさん訪れます。熊野古道のおすすめコースと人気の温泉施設等の観光名所コースをご紹介したいと思います。

熊野古道おすすめの宿泊先3:山水館/川湯みどりや見出し

日帰りで温泉を楽しむこともできる、温泉宿のご紹介です。川湯温泉を楽しむことのできるこちらの宿は露天風呂では四季折々の熊野の景色を眺めながら入浴することが可能ですし、大浴場では“大塔川”などを眺めながら入浴することが可能になっております。日帰り温泉を楽しみたい方は大人800円で温泉を満喫することが可能になっております。

また冬季限定ではありますが、仙人風呂へのアクセスも徒歩7分と便利です。お料理は地元産にこだわった食材を料理人が熟練の技でもてなしてくださります。またハーフバイキングにも人気が集まっております。客室にも貸切り露天風呂のついたタイプなどもございますのでゆったりとお風呂を満喫することも可能です。

住所:和歌山県田辺市本宮町川湯13
電話番号:0735-42-1011

山水館 川湯みどりや

住所:
和歌山県田辺市本宮町川湯13
アクセス:
車/阪和自動車道から海南湯浅御坊自動車道~南紀田辺IC~R42・311号線にて本宮町へ 車以外/JR紀勢本線 紀伊田辺駅下車 バスで90分 川湯温泉下車
料金の目安:
6,500円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

熊野古道おすすめの宿泊先4:あづまや見出し

木造純和風の素朴な真心のおもてなしと湯の峰温泉を堪能することができる、温泉宿のご紹介です。“温泉の力を感じる”と評判のこちらの温泉の泉質は含硫黄、ナトリウム、炭酸水素塩、塩化物泉となっており、とても高い人気を誇っています。加水なしの源泉をさまして浸かる、源泉100パーセントのさまし湯や家族風呂なども用意されております。

家族風呂は先着順にはなりますが、無料で貸切り風呂を使用できるようになっており、日本庭園を専門とする京都大学教授が設計された露天風呂は景色も抜群になっております。

また木の香りを充分に楽しむことのできる槙風呂も高い人気を誇っています。洗練された癒しのひとときをぜひ“あづまや”で満喫されてみてはいかがでしょうか。

住所:和歌山県田辺市本宮町湯峯122
電話番号:0735-42-0012

旅館あづまや

住所:
和歌山県田辺市本宮町湯峯122
アクセス:
車以外/JR紀伊田辺駅下車、バス、タクシーで約90分。
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 13:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

熊野古道おすすめの宿泊先5:湯の峯荘見出し

食材にこだわり、素材そのものの味を活かしたお料理と温泉が人気の温泉宿のご紹介です。温泉では大浴場や露天風呂とは別に無料で楽しむことのできる、貸切り家族風呂が2つ用意されております。また宿泊客のみなさまは容器を持参された場合、お湯をお持ち帰りしていただくこともできる人気の温泉宿になっております。

源泉かけ流しの温泉はもちろんのこと、お料理もおいしいと高い人気を得ています。会席料理はもちろんのことさまざまなコースが用意されておりますので、お好きなコースをお選びいただけます。また館内にはカラオケや卓球、ミニビリヤードなどを楽しむことのできるスペースもございますので、ぜひ利用されてみてください。

住所:和歌山県田辺市本宮町下湯川437
電話番号:0735-42-1111

湯の峯荘

住所:
和歌山県田辺市本宮町下湯川437
アクセス:
車/阪和道・海南湯浅道路を経由、湯浅御坊道路へ~紀勢道・上富田IC~国道42号線経由で国道311号を本宮方面へ 車以外/JR紀伊田辺駅から龍神バス(本宮大社前行)下湯峰で下車
料金の目安:
10,800円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

熊野古道おすすめの宿泊先6:ホテルささゆり見出し

西日本最大級とも言われている大露天風呂のある温泉宿のご紹介です。こちらの温泉宿では渡瀬(わたらせ)温泉を満喫していただくことができます。また西日本最大級とされる露天風呂はもちろんのこと、源泉かけ流しの貸切り露天風呂などにも人気が集まっております。また熊野古道への無料送迎も嬉しいポイントです。

また季節にあわせて蛍の季節にはホタル見学などのイベントも数々行っております。また2食付きプランも復活しましたので、温泉とあわせてお料理も充分に満喫することができるようになりました。またバリアフリーな館内は車椅子などでお越しの際にも便利です。サイクリングの貸し出しなどもありますので宿と熊野古道を満喫してください。

住所:和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1
電話番号:0735-42-1185

わたらせ温泉ホテルささゆり

住所:
和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1
アクセス:
車/阪神高速より阪和自動車道へ~阪和自動車道 上富田IC~国道42号・311号経由でICより約70分 車以外/JRきのくに線紀伊田辺駅より本宮大社行きバスで約90分
料金の目安:
9,720円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

熊野古道おすすめの宿泊先7:ステイ・モア見出し

泊食分離プランが人気のバンガローのご紹介です。泊食分離プランとは、宿泊はバンガローで、夕食をかめや旅館にていただくことができるプランです。また事前予約が必要になりますが、食器などの貸し出しもありますので、バンガロー内で炊事することも可能です。また温浴施設のクアハウス熊野本宮を利用することができます。

クアハウス熊野本宮では、渡瀬温泉を楽しむことができるようになっておりまして、気泡浴や打たせ湯などそのほかにも数種類用意されておりますので、さまざまな入浴方法を楽しむことが可能になっております。大人620円とお安い価格設定も人気のポイントになっております。アウトドア気分と温泉をぜひ楽しんでみてください。

住所:和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1
電話番号:0735-42-1777

熊野古道おすすめの宿泊先8:熊野本宮ゲストハウスOmoya見出し

熊野川を見下ろす高台にあるゲストハウスのご紹介です。一棟貸切りでご利用していただくことができる“ゲストハウス”ですので、ご友人や家族などでのイベントの際などの利用にたいへんおすすめです。また熊野本宮大社より車で約10分とアクセスもたいへん便利なおすすめのゲストハウスになっております。

また山の中にあるこちらのゲストハウスですが、珍しいことに360度視界が広がり、四季折々の変化する山と川と空の景色を一望することができるようになっております。熊野古道をグループなどで訪れた際にはぜひゲストハウスでお客様だけの思い出に残るひとときを満喫されてみてはいかがでしょうか。

住所:和歌山県田辺市本宮町高山1289

熊野古道おすすめの宿泊先9:てんつくゲストハウス見出し

熊野の地を訪れる旅人の拠点ともいえるゲストハウスのご紹介です。周辺には飲食店なども多数ありますのでとても便利です。またお風呂やキッチンや洗濯機などは全て完備されており、長期滞在することも可能です。リーズナブルな価格で宿泊することができる、こちらのゲストハウスはとても高い人気を誇っています。

昔ながらの日本家屋は落ち着きのある雰囲気になっておりまして、とても居心地のいい空間になっております。また熊野にはたくさんの観光スポットや温泉施設がございますのでその拠点としてもたいへん便利になっております。また無料で自転車などの貸し出しも行っていますので観光をより便利にしてくれます。

住所:和歌山県田辺市湊948
電話番号:0739-24-7660

てんつくゲストハウス

住所:
和歌山県田辺市湊948
アクセス:
車/阪和自動車道~南紀田辺IC~田辺市内方面へ約5分 車以外/新大阪より特急電車で約2時間。高速バス大阪駅より約3時間。
料金の目安:
2,900円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

熊野古道での宿泊を楽しもう見出し

今回は熊野古道を満喫するための宿泊施設についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。気になる宿やゲストハウスがあったのではないでしょうか。ご紹介してきましたようにおすすめの施設がたくさんあります。観光やアウトドアなどさまざまな楽しみ方ができる熊野古道と一緒に宿やゲストハウスも楽しんでみてください。

投稿日: 2017年6月11日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote