地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

大豊町の温泉施設情報!高知が誇る樹齢3000年の杉の大杉あり!

高知県の四国山地の中心部にある大豊町(おおとよちょう)は、吉野川が町の中心を流れ、山に囲まれた自然豊かな町です。大豊町には「樹齢3000年の杉の大杉」があり、観光スポットや温泉地も近くにあります。そこで、大豊町の温泉情報を中心に観光スポットなどをご紹介します。

大豊町の温泉施設情報!見出し

大豊町は高知県中心部にあり、火山も活断層も無い土地です。そのため、ホテルや旅館はありますが、町内に天然温泉がありません。車で約40分程の高知市内に出るか、大豊町から北西に車で一時間強ほど行った、徳島県三好市には温泉施設が充実しています。その中で特にオススメの温泉施設をご紹介します。

様々なイベントがある天然温泉 高知ぽかぽか温泉見出し

「高知ぽかぽか温泉」ではリーズナブルな価格で、お風呂やサウナ、天然療養泉の露天風呂など12種類のお風呂が楽しめます。施設にはボディケアなどのリラクゼーション設備もあります。3月3日は露天風呂が桃の湯に変わるなど、季節ごとに色々なお風呂が楽しめます。

当施設の内風呂にはエステバスや全身浮き上がりマッサージなどもあり、サウナは塩サウナと高温サウナが楽しめます。また、ボディケアルーム「ボディケアこころ」には、個室もあり、お子様連れの方も気兼ねなく利用することが出来ます。

料金は大人(中学生以上)690円とリーズナブルで、入浴回数券(9枚綴りで5,500円)を利用すれば、さらにお得になります。

高知ぽかぽか温泉へのアクセスは、高知ICから近く、JR土讃線「高知駅」よりタクシーで約5分という立地ですので、観光で疲れたら、気軽にこちらの温泉で疲れを癒すことが出来ます。軽食コーナーもありますので、安心です。

高知初!湧出した天然温泉の高知三翠園温泉 湯殿・水哉閣見出し

本格温泉施設の「湯殿 水哉閣」は、清流鏡川と筆山の絶景のロケーションのあります。 露天風呂やサウナもある、本格的温泉施設で、様々なお部屋があります。落ち着いたスタンダードな和室や琉球畳やシモンズベッドを使用した和ローベッドツイン、広々とした特別室も和洋の2種類があります。

このホテルは「第15代土佐藩主山内容堂公」の下屋敷跡に建っていて、「山内家下屋敷跡長屋」が国の重要文化財になっており、山内家ゆかりの品が展示されています。また、日本庭園には、推定樹齢600年の椋の木などがあり、施設内だけでも見どころが満載です。

食事は皿鉢料理や懐石料理が堪能でき、朝食はバイキングで、契約農家からの新鮮な野菜や高知の伝統家庭料理などが楽しめます。小学校低学年のお子様のメニューも、食べやすい大きさで出してくれます。洋食では「高知産の和牛」がオススメです。

「三翠園」へのアクセスは、高知自動車道高知ICから車で15分、高知市の中心「高知城」からは徒歩7分の距離です。観光にも便利な場所ですので、土佐の歴史巡りをした後は、こちらの温泉が便利です。

祖谷渓谷の絶景が素敵な渓谷の隠れ宿 祖谷美人(いやびじん)見出し

「渓谷の隠れ宿 祖谷美人」は、祖谷渓谷にある温泉宿です。昭和50年に清流が近いという土地がらから、始めは手打ちそば屋を開店しました。それから祖谷に来た人たちにゆっくりしてもらおうと、8室+離れの宿をオープンしたお宿です。

こちらのお宿の自慢は全室露天風呂付きなので、ゆったりのんびりと温泉を堪能できます。食事は地元産をふんだんに使った川魚や野菜料理を中心に、囲炉裏で鍋や炭火焼も楽しめます。食事の最後はやはりお宿自慢の「祖谷そば」はいかがですか?

このお宿には、大浴場がなく、檜風呂の部屋が4室、陶器風呂の部屋が3室です。檜風呂のお部屋には マッサージチェアが完備してありますので、リラックスして過ごせます。入浴中でも、他のお部屋から騒音は一切聞こえませんのでとても静かです。

昔ながらの囲炉裏や掘りこたつが全室にあり、 食事も掘り炬燵で、祖谷の名物などを堪能できます。

冬は祖谷渓谷の雪景色が絶景で「雪見風呂」が楽しめるかも知れません。紅葉の時期も人気があります。「祖谷美人」へのアクセスは大豊町から国道32号で約40分です。

日本三大秘境の景観が楽しめる和の宿ホテル祖谷温泉見出し

「和の宿ホテル祖谷温泉」は、徳島県三好市で1番目に人気の宿泊施設です。大豊町からは少し離れていますが、忙しい毎日から解放されて、少しでも自然の中で過ごしていただきたいので, ご紹介します。

「和の宿ホテル祖谷温泉」では、源泉かけ流しの露天風呂へはケーブルカーで移動します。露天風呂までの約5分間はゆっくりと景色を眺めながら下っていきます。ケーブルカーで下った先にある露天風呂は、日帰り入浴も出来ます。

「和の宿ホテル祖谷温泉」の泉質はとろみのある泉質で炭酸泉です。ぬるめのお湯なので、長風呂をしても湯あたりする心配がありません。ネットの口コミでは、料理も好評で、特におもてなしが最高という声もありました。

大雪の翌日だったので車で行くのは少し大変でしたが、とても歓迎していただけたので嬉しかったです。 露天風呂付きのお部屋が空いてるとのことでグレードアップしていただいのですが、広い!清潔感がある!マッサージ機がある!アメニティが可愛い!露天風呂が最高!で、とても良いお部屋でした。 ケーブルカーで行く露天風呂も楽しかったです(^ ^)

食事は地産野菜や、祖谷名物メゴやアユなどが絶品です。懐石料理から鍋料理まで楽しめます。人気ナンバー1のメニューは「阿波牛」「鹿肉ロースト」「あめご姿造り」の会席料理です。朝食は体に優しいメニューで、和食と洋食がありお好みで選べます。

「祖谷温泉」へのアクセスは大豊ICから国道32号線で約70分です。大豊からは少し時間がかかりますが、露天風呂を是非体験していただきたくてご紹介しました。

大豊町から近く、景観が自慢の宿峡谷の湯宿大歩危峡まんなか見出し

「峡谷の湯宿大歩危峡まんなか」は秘境大歩危峡の渓流沿いの温泉郷にある湯宿です。吉野川の綺麗な景観と露天風呂からは、四季折々の大歩危峡の景色が眺められます。

露天風呂はテラス風になっていて、岩盤浴と貸切風呂も利用できます。ネットでも「赤ちゃん用品の消耗品なども無料で、大人用のお風呂用品などの備品が揃っていて助かりました」との投稿がありました。料理も美味しく、施設はとてもキレイと高評価です。

お食事は、この地ならではの旬の食材を使用した山の幸や川の幸が中心なので、女性にもとても好評です。季節を感じられるお膳や、「お美姫鍋」がオススメです。

お宿周辺の四季折々の自然を眺めながら、大歩危峡の自然を満喫できます。遊覧船に乗って、国の天然記念物に指定された含礫片岩(がんれきへんがん)を見物することができます。お宿のアクセスは大豊町からは16.0kmの距離です。

秘境ならではの静寂な空間が自慢のホテル 秘境の湯 見出し

「秘境の湯」の目の前に流れている祖谷川には、断崖絶壁の渓谷「祖谷渓」があり、上流には日本三奇橋の一つである「かずら橋」が架かっています。平氏一族が追っ手の進入を防ぐために、シラクチカズラで編んだといわれる吊り橋です。「秘境の湯」はかずら橋まで車で5分の場所にあります。

一面ガラス張りの大浴場からは、祖谷渓谷が見渡せます。露天風呂の造りがとても趣があります。食事は囲炉裏懐石や祖谷そば、川魚のあめごなど、四国の地酒を飲みながら、郷土料理が堪能できます。

景色と温泉が素晴らしく、一度行ってみる価値は、あると思いました。かずら橋を渡って みたかったのですが、あいにく天気が悪く雨でちょっとこわかったので渡りませんでした。 できれば夏に行かれた方が良いと思います。食事も色々と準備されていておいしかったです。

「秘境の湯」へのアクセスは大歩危駅からタクシで15分、徳島自動車道井川池田ICから車50分、大豊ICから約40分です。

四季折々の自然が堪能できる、大歩危温泉 サンリバー大歩危‎見出し

「大歩危温泉 サンリバー大歩危(おぼけ)」は、剣山国定公園内の「大歩危」「小歩危」にある温泉施設です。客室からは小歩危峡とともに、一年中四季折々の自然の眺望が楽しめます。

「サンリバー大歩危」には露天風呂付き和室を始め、様々なお部屋がありますが、鉄道写真家の方がプロデュースした鉄道客室「ムーンライト大歩危」は鉄道ファンの方の専用の和室です。

客室からは「吉野川第二橋梁(きょうりょう)を、窓側に設置された2人用座席から眺められるように、設置されています。食事は地元の素材を活かした野菜や川魚を堪能できます。夏は鮎、冬はあめごなどがオススメです。

「サンリバー大歩危」へのアクセスは、鉄道は「大歩危駅」より送迎バスで約30分。車は徳島道「井川池田IC」より約30分です。

大豊町に行ったら、大人気のひばり食堂で腹ごなししよう!見出し

「ひばり食堂」は、国道32号線をはさんで大豊町役場の向かいにある食堂です。精肉店がやっているお店だけあって、大人気のカツ丼もお肉がやわらかくサクサクです。多い日にはこの大豊町の食堂に300人ものお客さんが訪れるそうです。

「ひばり食堂」の特徴は、普通サイズの丼ものが大盛りなところです。大盛りの上には、皿鉢に盛られる超デカ盛りがあり、カツ丼ならご飯が6合、カツがなんと500g、卵10個以上使用しているそうです。

ここのカツは大きいだけではなくて、ダシがよく効いていて、少し甘めでとても美味しいと評判です。まさに「デカ盛りの聖地」ですね?

「ひばり食堂」の名前の由来は、昭和22年頃、大豊町に仕事で来ていた美空ひばりさんが、大豊町でバス転落事故に遭った際、大豊町の人々に助けてもらったということでゆかりの地になり、「ひばり食堂」と付けられたそうです。

「ひばり食堂」は特に丼もの好きの男性には嬉しいお店ですね?「ひばり食堂」へのアクセスは、電車ならJR四国土讃線の大杉駅より徒歩5分、車では高知自動車道の大豊ICより車で2分です。

大豊町のオススメ観光スポットは?見出し

自然豊かな大豊町には吉野川の支流、奥大田渓谷や梶ヶ森県立自然公園やキャンプ場もあります。ここではその他のオススメの観光スポットをご紹介します。

大豊町でアクティブにラフティング!見出し

ラフティングのメッカである大豊町を流れる吉野川では、ラフティングが盛んです。ラフティングは「8人乗りのゴムボートに、ガイドが1人同乗して激流下りをするスポーツです。途中、ボートがひっくり返ってもトレーニングされたガイドたちがしっかりサポートしてくれますので、初心者でも安心して楽しめます。

吉野川には数十Kmの間に、日本でも有数の激流ポイントがあり、自然の中でスリルと壮快感が体感できます。ここでしか味わえないラフティングの醍醐味が味わえます。

ボートに乗る際は、ウェットスーツの下に水着を着用します。下着でも大丈夫なようです。泳げない人もライフジャケットを着用するので心配いりません。怪我のないように楽しんで下さいね?

大豊町でラフティングするには?

「ハッピーラフト」のラフティングツアーでは、1日ラフティング、半日ラフティングがあり、お子さんも参加できるファミリーツアーもあります。ラフティングの他に「キャニオニング」も体験できます。「キャニオニング」とは自分の身体で自然の渓谷を下るスポーツです。ウォータースライダーやロープを使ったものもあります。

ハッピーラフトではネット予約も受け付けています。詳細はホームページかハッピーラフト(TEL 0887-75-0500)までお問い合わせください。

大豊町の特別天然記念物、樹齢3000年の杉の大杉!見出し

大豊町の八坂神社境内にある2株の杉は、推定樹齢3000年といわれている巨木で、昭和27年に国の特別天然記念物に指定されました。南大杉と北大杉と呼ばれる2株が根元で合着しているので、夫婦杉とも呼ばれています。

昔、美空ひばりさんが、大豊町でバス事故に遭い九死に一生を得ました。その後、大豊町の「杉の大杉」に「日本一の歌手になれるように・・・」と願をかけました。14歳の時に、当時お世話になった方々への挨拶をかねて大豊町を再訪し、日本一の誓いも新たに「杉の大杉」に参拝しました。

大豊町では、その業績を称え、いつまでも人々の胸に残るようにと、平成5年5月に杉の大杉のすぐ隣に「大杉の苑」を整備し、遺影碑と歌碑を建立しました。

道の駅大杉で車を止めて、日本一の大杉まではそこから徒歩ですぐなので散策がてらに足を運んでみて下さい。お土産屋、食事処、観光案内所もあり、一息つけるスポットです。

大豊町で自然を満喫し、温泉でリフレッシュしてみませんか?見出し

大豊町では大自然の中、登山やキャンプ、ラフティングが体験できます。観光に疲れたら癒しの温泉に足を運んで、身体もリフレッシュしてみませんか?また、大豊町名物「ひばり食堂」にも是非足を運んでみて下さい。

高知県の観光スポットランキング!おすすめのモデルコース!グルメ情報あり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高知県の観光スポットランキング!おすすめのモデルコース!グルメ情報あり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知県は自然豊かな観光スポットが目白押しです。もちろん、土佐の郷土料理やB級グルメも美味しいものぞろい。実はあまり知られていない高知の人気観光ランキングスポットはもちろん、子供から大人まで満喫できる魅力いっぱいのスポットとグルメ情報満載でお届けします!
投稿日: 2017年3月3日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote