地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

男鹿水族館GAOの魅力!ホッキョクグマやアザラシが人気!料金は?

秋田にある男鹿水族館GAOの魅力をご紹介いたします。どんな生き物がいるのか、入館料金はいくらなのか、どんな施設なのか、男鹿水族館GAOについて詳しくお伝えいたします。小さなお子さんからお年寄りの方まで楽しめる施設だと思います。

男鹿水族館GAOとは?見出し

秋田県男鹿市にある水族館が「男鹿水族館」です。通称「男鹿水族館GAO」といいます。指定管理者制度により、第三セクターの株式会社男鹿水族館が管理・運営しています。開業前には「釣りバカ日誌」での撮影が行われていたこともあり、その評判で開業した当初はとても混雑したそうです。東北地方の日本海側では唯一、ホッキョクグマがいる水族館です。

男鹿水族館GAOの営業時間・料金見出し

営業時間

営業時間は時期によって異なるので注意が必要です。3月から10月の間は、9時から17時となっています。ゴールデンウィーク期間(5月3日、4日、5日)とお盆休み期間(8月14日、15日、16日)は7時から18時までやっています。11月から2月の間は、9時から16時までとなっています。

入館料金

入館料金は大人1100円、小・中学生400円となっています。福祉料金としては、大人600円、小・中学生200円です。その際は障害者手帳・療育手帳を提示してください。その他、団体割引や年間パスポートなどの料金も設定されています。

男鹿水族館GAOの館内の様子見出し

館内は1階~3階の建物になっています。1階はエントランスがあり、主にレストランやショップがあります。2階、3階に生き物たちが集まっていて、その中でも2階にたくさんの生き物たちが待ってます。館内は全館バリアフリーなので小さなお子さんやお年寄りの方でも、安心して楽しめます。

また、授乳室もあり、車いすやベビーカーの貸し出しも行っています。館内はエレベーターが設置されているので楽々と移動できるので安心してください。また、剥製のホッキョクグマと写真を撮るのも人気です。思い出の一つとして記念に1枚いかがですか?

男鹿水族館GAOにはどんな生き物がいるの?見出し

男鹿水族館GAOは、男鹿半島の海際に建っているので絶好のロケーションと綺麗な海水を生かし、男鹿の海を中心に国内外の代表的な生き物とその環境を体感することができます。男鹿水族館GAOには400種1万もの生き物がいます。その中から少しだけご紹介いたします。

まずは、お子さんからの人気のあるペンギンやアザラシ、ホッキョクグマがいます。そして、日本の海水魚やアマゾンの生き物、秋田の川の生き物まで、他にも様々な生き物がたくさんいるので、ぜひ会いに行ってみてください。

男鹿水族館GAOの人気の生き物は?見出し

アザラシ

「ゴマフアザラシ」という種類のアザラシがいます。体全体に黒い斑紋があり、このことからゴマ(胡麻)フ(斑)アザラシと名付けられたそうです。オホーツク海からベーリング海を中心に生息していて、日本近海でも目撃例があります。

新生児は白い毛におおわれています。そんなアザラシは小さなお子さんからもとても人気で賢いのが特徴です。水族館ではよくアザラシのショーなどがあると思います。芸達者なアザラシなんです。愛くるしい表情も人気の理由の一つではないでしょうか。

ホッキョクグマ

ホッキョクグマは陸上最大の肉食獣です。男鹿水族館GAOでは、オスの「豪太」とメスの「クルミ」を飼育展示しています。2012年にはメスのクルミが初めての出産をし、名前は多数の応募の中から「ミルク」に決定したそうです。約2年間クルミは精一杯子育てをし、ミルクは2014年に釧路動物園へ移動しました。

ホッキョクグマはオスとメスの体格差があり、オスは体長3m、体重600kgから700kgあります。メスは体長2m、体重は300kgになります。野生のホッキョクグマは出産・子育てをする際、雪に穴を掘り、その中で生活します。子グマが歩けるようになるまで母グマは何も食べず子育てをするそうです。

そんなホッキョクグマの豪太とクルミは男鹿水族館GAOの看板でもあり、みんなから愛されています。ホッキョクグマは普通の熊とは違い、色が白いのでとても新鮮に感じられます。水族館や動物園でも、なかなか見ることのできない動物なので男鹿水族館GAOに行った際には、ぜひ思う存分見てください!

男鹿水族館GAOの楽しいイベント!見出し

男鹿水族館GAOには、生き物と触れ合えたり、エサやりの時間にはエサを食べる様子を見ることができたり、動物のショーを見ることができたり、子どもたちも飽きずに楽しめるイベントが盛りだくさんです!月ごとに内容は変わりますが、どの月も楽しそうなイベントを開催しています。男鹿水族館GAOに来たからには、イベントに参加してみるのも思い出になると思います!

月によって内容が異なるので、一部だけ紹介したいと思います。例えばエサやりのイベントはペンギンやアシカ、アザラシ、ホッキョクグマののエサやりの様子を見ることができます。それぞれ、時間は決まっているのでチェックしてから行きましょう!ただ、スタッフがエサやりをするのではなく、その動物の特徴などを解説しながらエサを与えています。

中でも、人気のエサやりが土日祝日のみの「魚っちダイブ」というエサやりです。こちらはダイバーが大水槽の中に潜り、生き物たちにエサを与えます。ダイバーの話す声も聞こえるので、外と水中での会話の中で水槽の生き物たちを紹介していきます。

男鹿水族館GAOはどんなシーンにも最適!見出し

男鹿水族館GAOはデートスポットにも最適です。カップルで行ったら、大水槽の魚は春~夏の男鹿の海を再現しているので、見惚れてしまいます。そして、水族館というと少し暗めで水槽が明るく、結構雰囲気も良いと思います!また、ショップでデートの思い出にお揃いでグッズをお土産として買ったりするのも素敵です。

男鹿水族館GAOには隠れたパワースポットもあるんです。その名も「ペンギン社」です。このペンギン社は、ペンギンはほぼパートナーを生涯変えることがないことから、「良縁」や「縁結び」にご利益があるといわれています。男鹿水族館GAOに行って、このペンギン社で願掛けをすればきっと良いご縁にも恵まれるのではないでしょうか!

男鹿水族館GAOのレストラン&ショップ見出し

レストラン フルット

男鹿の海を眺めながら食事ができるレストラン「フルット」があります。フルットとはイタリア語で「波」を意味しています。その名の通り、海際に建つ水族館のレストランなので景色は海が一面に広がっています。春から秋は透き通るような海の青さを、冬は日本海の荒波と浪の花を見ながらの食事がおすすめです。

お料理には男鹿や秋田の季節の幸をふんだんに使用したメニューを取り揃えています。中でも「しょっつる焼きそば」は人気があります。「しょっつる」とは日本海でとれたハタハタと塩だけで作られる秋田の伝統的な発酵調味料のことです。秋田ならではのメニューになっているので訪れた際にはぜひ食べてみてください。レストランは入館料なしで利用できます。

ミュージアムショップ

ショップでは、お土産としても最適な商品が多数揃っています。男鹿水族館GAOの可愛い動物たちのぬいぐるみや、水族館のオリジナルグッズなど販売しています。自分用のお土産に、お友だち用のお土産にいかがですか?男鹿水族館GAOにいる魚のストラップや、小さなお子さん向けに洋服なども販売しています。

また、このようなヌードルも販売しているので、友だちや会社の仲間などに小分けして渡すお土産に最適だと思います。グッズはちょっとっていう方にも、食べられるお土産ならハズレなしです。きっと嬉しいはずです!

また、売店では男鹿の天然塩入りソフトクリームを販売しています。その名も「豪太ソフト」です。暑い夏にはよく売れるそうです。ちょっぴり塩の味が効いていて夏バテ効果もありそうです!甘じょっぱいソフトクリームをぜひ食べてみてください。

男鹿水族館GAOへのアクセス方法見出し

男鹿水族館GAOまでのアクセス方法をご紹介いたします。電車でのアクセスはJR男鹿線「羽立駅」で降り、駅前から路線バス(男鹿北線)に乗ってください。約1時間ほどで到着いたします。また、路線バスのない時間帯はタクシーで行きましょう。タクシーだと約30分程で到着いたします。

車で来られる方は秋田方面から来る場合「なまはげライン経由」と「門前経由」の2つのルートがあります。道路案内看板の「男鹿水族館GAO」または「男鹿温泉郷」「戸賀」方面へ進んでください。

なまはげライン経由は、比較的道路が直線で道幅が広く、早く着きたい方におすすめです。門前経由は、海岸線を走るルートです。観光ポイントも多数あります!なまはげラインよりも時間はかかりますが、のんびり景色を楽しみたい方にはおすすめルートです!

男鹿水族館GAOへ行ってみよう!見出し

いかがでしたか?たくさんの魅力が詰まった男鹿水族館GAOにご家族で、友だち同士で、カップルで、ご夫婦で行かれてみてはいかがですか?可愛い動物からちょっと変わった珍しい生き物まで、様々な生き物が待っています。

入館料金も安く、食事のできるレストランもあるので休憩しながらのんびりと周ると良いと思います。また、ショップにはお子さんが好きそうなグッズがたくさんあります。ご自宅用のお土産として買って行くのもいいのではないでしょうか。また、お孫さんへのお土産にも最適なものがたくさん売っています。秋田の水族館ならではの魅力がぎゅっと詰まった男鹿水族館GAOへぜひ行ってみてください!

投稿日: 2017年3月6日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote