地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

秋田『玉川温泉』の湯治の効能がすごい!日帰りで楽しめる!観光に!

『玉川温泉』秋田県にあるこの温泉は、古くから効能が高く、湯治の場として愛されてきました。近年、この温泉にがん治療の効果があると話題になり、さらに口コミを集めるようになり、遠方の肩も足を運ぶようになっています。今回は、そんな秋田県玉川温泉をご紹介します!

秋田県玉川温泉の歴史見出し

秋田県にある玉川温泉は、1680(延宝8)年に地元のマタギ(東北・北海道地方の猟師のことを指します)が発見したと言われています。その際、鹿が傷を癒していたので、「鹿湯」としてマタギたちが使うようになったのが始まりだとか。

本格的に温泉地として開発されるようになったのは、1900年代になってからのことです。五代目、関直右衛門という方が湯治に利用し、その効能の高さを知ったため、そこにホテルを建設することとなりました。それが1932年の出来事です。

1934年に名称が「玉川温泉」に変更されることになり、現在まで愛されるようになっています。そう考えると玉川温泉は、約300年以上もの歴史を持つとともに、古くから愛され続けている秋田の名湯と言えるでしょうか。

名湯として知られるとともに多くの宿泊施設が周辺に建設されるようになり、また乳頭温泉などその他の温泉街も生まれるようになった秋田県。そういった点でも日帰り温泉や宿泊でじっくり体を癒す湯治など、幅広い分野で人を集める観光地となっているのが現在の秋田県玉川温泉です。

岩盤浴発祥の地!「秋田県玉川温泉」見出し

実はこの秋田県玉川温泉ですが、岩盤浴の発祥の地として知られています。玉川温泉では、そこら中に蒸気の噴出する岩場があり、周辺の大地を温めています。その岩を使って体を温めるために、たくさんの小屋が立てられています。玉川温泉の源泉が流れる十和田八幡平国立公園は、国立公園のため手を加えることができず、小屋もこじんまりとしたものですが、一度体験してみると意外と落ち着けるようです。

玉川温泉の源泉が流れる十和田八幡平国立公園は、国立公園のため手を加えることができず、小屋もこじんまりとしたものですが、一度体験してみると意外と落ち着けるようです。

温泉の地熱によって温められた岩盤から発せられるマイナスイオンや遠赤外線によって体を温め、様々な効果を得ようとしたのが、岩盤浴の始まりだと言われています。実際に、その岩盤浴の効果によって、多くの人がけがや病気が軽くなったという体験をしています。そういった評判から日帰り・長期滞在など多くの入浴者で賑わっています。

秋田県玉川温泉の泉質は?見出し

玉川温泉源泉は大噴(おおぶけ)という湧出口から湧き出ています。その泉質は、非常に強い酸性です。塩酸を主成分としていてそのpH値は1.05!ちなみにこの数値は日本で一番低い数値です(pH値は0に近づくほど強い酸)。

この源泉ですが、毎分約9000リットルもの源泉を湧き出しています。この湯量ですが、なんと単一の湧き出し口からでる温泉量としては日本一なんです。

そういった日本一を誇る湯量なので、湯の花も大量です。玉川温泉の下流には湯の花採取のために桶を設置した特別な採取場もあるぐらいです。

『大噴」(おおぶけ)の下流側には湯の花を採取する桶が置かれているのでご利用いただけます。

秋田県玉川温泉の効能とは?見出し

玉川温泉の効能として「高血圧症」「動脈硬化症」「婦人病」「神経痛」「皮膚病」「喘息」などがよく言われています。ですが、それ以外の病気・ケガにも効果があると言われていて、いわゆる「万病に効く湯」として多くの湯治客でにぎわっています。

どうしてこういった効能があるのかといえば、泉質の説明の際にお伝えした通り、この玉川温泉の源泉は非常に強い酸性を示しているからだと言われています。肌や神経に酸性の刺激を与え、そこから回復しようとする力を利用して、より体を元気にするような力があるようです。また、この玉川温泉は海抜740mの立地にあります。高地にあるため、体への負担が少ないことも理由に挙げられています。

1つ注意していただきたいのは、玉川温泉に入れば確実に治療ができるとは限らないという点です。あくまで、個人差があり、確実に完治できるとは断言できるものではありません。ただ、こうして多くの湯治客が訪れていることを考えれば、それだけ効果が出ている人が多いと言えるかもしれません。

玉川温泉水が原因の玉川毒水!?見出し

酸性が強いため効能が高く、湯治場として多くの人が訪れる秋田県玉川温泉ですが、その酸性の強さが理由でかつては田畑を荒らし、魚を殺してしまう毒水としても扱われていました。玉川が流れ込む流域では作物の生育が悪く、水質改善をしようと古くから人々が努力してきました。

その被害は、秋田県の観光地としても知られる田沢湖にもおよび、クニマスを始めとした多くの魚類が死滅しました。その後も水質改善努力が続けられています。ちなみに死滅したと言われたクニマスですが、2010年に偶然発見され、その後、さらに生存が確認されるようになっています。

がんに効能?秋田県玉川温泉の秘密とは?見出し

こういった皮膚病や神経症に効果があると言われ、古くから湯治場として人気のあった秋田県玉川温泉ですが、近年では、がん治療に効果があると言われています。そのがん治療の効果の高さが口コミによって広がり、テレビなどのメディアにも登場するようになり、よりたくさんの人が集まるようになっています。

ですが、どうしてそういうがん治療の効果があると言われるようになったのでしょうか?それがこの北投石(ほくとうせき)と言われる特殊な岩石に理由があるみたいなんです。この北投石ですが、なんと世界的に珍しい鉱石で台湾と秋田県の玉川温泉でしか発見できていません。この鉱石は温泉の沈殿物が集まり固まったものです。そのため、ここ玉川温泉の大地のほとんどが、この北投石でできています。実はこの鉱石にはラジウムを含有していて、放射線を有しています。その放射線によって天然の放射線治療が行われているのではないか?と言われていて、研究が続けられています。

そのため近くに宿を取って毎日岩盤浴を行う日帰りの湯治客を多く見かけることができます。放射線測定器を持ち、放射線を感じられる場所を探し、岩盤浴をする方も増えています。それだけがんという病気が多くの人を苦しめていることは間違いありません。

秋田県玉川温泉ががん治療に効果がある理由見出し

玉川温泉固有の鉱石の「北投石」。この北投石ですが、放射線を発していることがわかっています。その微弱な放射線を体に浴びることで、がんに効果があると言われていますが、どうして効果があるのでしょうか。実はそこには放射線ホルミシス効果が関係してます。

ただし、この効果に関してですがいまだに研究段階にあり、効果が確実に出るとは立証できていない段階です。あくまでそういった効能がある可能性があるというものです。実際に、玉川温泉でも効能としてがん治療については明記されていません。けれど、実際に多くの人からがんに効果があったと言われているのも事実です。つらいがんや難病の闘病生活から気分を変えて、じっくりと気分を変えて治療を行えるという点では、たしかに魅力的なのではないかと思います。ですが、温泉の効能を過信せずに通院も欠かさずに行い、きちんと治療を行っていくようにしましょう。

北投石パワーを身近に体感するには?見出し

こういった効能があると言われているため、この北投石はブレスレットなどの装飾品としても人気が高まっています。玉川温泉に行くには距離が……とためらってしまう方も、この石を身に付けておけば効能を得られるかもしれません。

乳白色の光沢のある独特の鉱石です。健康効果を求めつつファッションとしてもなかなかのアクセサリーになっています。日常的に北投石のパワーを手に入れるのにお手軽で便利ですよ。

秋田県玉川温泉で岩盤浴をするための準備見出し

がん治療・難病治療にも効果があると言われている玉川温泉での岩盤浴ですが、その場に行けば岩盤浴を楽しめるというわけではありません。日帰りだからといって気楽に行ってなにもできずに帰ってるようなことがないようにご注意ください。

岩盤浴が可能な自然研究路脇岩盤一帯は、文字通り岩盤がむき出しの地形です。そのため、直接その場に寝転がるのはつらいものがあります。なのでござやビニールシートなど、地面に敷くものが必要です。また、地熱を効率的に体に当てるために、毛布など、体を上から覆うものがあるとよりいいでしょう。枕にできるようなバスタオルなども準備できれば持っていきましょう。

また、岩盤浴は汗をかきます。そのため汗をかいてもいい服装をしていくほうがいいでしょう。急こう配な場所も多いので動きやすさもポイントです。

秋田玉川温泉そば宿泊施設1見出し

しっかりと湯治をしたいなら「玉川温泉」

玉川温泉すぐそばにある宿泊施設「玉川温泉」。こちらは岩盤浴だけでなく、源泉をそのまま使った入浴施設もあり、玉川温泉の効能をそのまま体で感じることができる宿泊施設になっています。日帰りの湯治だけでなく、入浴や食事を含めた長期療養を考えている方は、こちらをおすすめします。

より温泉の効果を高めるために全室禁煙になっています。『皆様に元気で健康になっていただきたい』という思いをモットーに食事や宿泊施設にも健康を大切にした取り組みを行っています。

【アクセス】 田沢湖畔より車45分、東北自動車道盛岡ICより100分 ※玉川温泉へのアクセスは秋田新幹線田沢湖駅前より八幡平頂上行きバスで玉川温泉下車(約80分)

秋田玉川温泉そば宿泊施設2見出し

快適に玉川温泉を堪能!「新玉川温泉」

同じ玉川温泉を堪能できる宿泊施設ですが、こちらは「新」がつくだけに、より施設が充実しています。WIFIや電子機器の使用が可能でカフェなどの施設もありますので、もしそういったものを快適に操作したい方はこちらを利用することをおすすめします。

こちらも玉川温泉の源泉を使った入浴施設を完備していますし、全室禁煙と快適な宿泊生活を送れると思います。また看護師が常駐していて入浴相談ができるなど、細かい気配りが充実しています。

【アクセス】 田沢湖畔より車45分、東北自動車道盛岡ICより100分 ※玉川温泉へのアクセスは秋田新幹線田沢湖駅前より八幡平頂上行きバスで玉川温泉下車(約80分)

岩盤浴を楽しみたいなら日帰りがおすすめ見出し

実際に玉川温泉で湯治をしたいとなった場合、気を付けないといけない点がいくつかあります。1つ目は、こちらの玉川温泉ですが、予約を取りづらいということです。

湯治を求めて多くの方が、ここ秋田県玉川温泉を訪れています。宿泊施設がありますが、そちらは長期滞在をする方で予約がいっぱいになっていることが多いのです。そのためなかなか予約が取れないことも多いです。

また泉質が強酸性の温泉なので、当然、蒸気も強い酸性を含んでいます。そのため、貴金属や電子機器が故障する可能性があるみたいです。実際に玉川温泉のホームページには以下の注意がなされています。

現代社会において、携帯電話やパソコンなどの電子機器が使えない時間が長期間まで続くのは非常にストレスを感じる方も多いのではないでしょうか。なので玉川温泉から少し離れた場所にある宿泊施設に泊まり、日帰りで玉川温泉に通うことをおすすめします。日帰りならばゆったりと岩盤浴と周辺の観光を同時に楽しめますよ。

秋田県内日帰りおすすめ宿泊施設1見出し

田沢湖を見下ろす「ホテルグランド天空」

こちらのお宿の一番の魅力と言えば、もちろん田沢湖を一望できる絶景です。雄大なブナ林と田沢湖を視界いっぱいに収めることができ、周りに人工物がほとんど見えないこともおすすめできるポイントです。絶景を堪能し、その上、美味しいご飯まで頂けます。最高の贅沢かもしれませんね。

すぐそばが田沢湖なので、スキーといったレジャー施設もすぐそばにあるので、湯治というよりあくまで旅行の一環として玉川温泉を日帰りで楽しむことができます。アクセス方法は田沢湖駅前から乳頭温泉行きのバスに乗って約30分です。

秋田県内日帰りおすすめ宿泊施設2見出し

アットホームな雰囲気「ゆぽぽ山荘」

夫婦で経営されている小さなお宿ですが、その分、細かな気配りが行き届いているのが印象的です。人が多く、温泉に入るというよりも治療を受けにいくという面が強い玉川温泉。岩盤浴を体験し病気を癒した後に、こういったアットホームなお宿に泊まってじっくりと心を癒すような、そんな体験をすることができますよ。

こちらの施設は、こじんまりとした夫婦経営ならではの温かなサービスも魅力の1つです。ゆったりのんびりしつつ、強酸性の特別な玉川温泉を堪能してみてください。田沢湖駅前から乳頭温泉行きバスに乗って約30分の好立地です。チェックインしてそのまままずは乳頭温泉に行ってみるのもいいかもしれませんね。

秋田県玉川温泉の魅力とは見出し

玉川温泉はがん治療・難病治療といった点からも注目を集め、多くの湯治客が集まる名湯としての一面が強い場所です。そういう点では他の温泉より癒しを求める人が多く訪れる地といえるかもしれません。

周辺の豊かな自然や温泉で体と心を癒し、そして新たな自分になってもう一度人生を楽しむ出発地、それが秋田県玉川温泉の一番の魅力ではないでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2017年3月6日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote