地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

世界遺産「平泉」を観光で巡る!おすすめモデルコースを紹介!所要時間は?

平泉はユネスコの世界文化遺産に登録され、それを機に国内外から多くの観光客が訪れています。今回は世界遺産となった理由や観光スポットとそれらを効率的に回るおすすめ観光モデルコースなどをご紹介します。世界遺産「平泉」をじっくり堪能してみませんか。

世界文化遺産「平泉」とは見出し

2011年にユネスコの世界文化遺産に登録された「平泉」。東北初の文化遺産となり、大変注目されています。この世界遺産となった平泉は、「中尊寺」「毛越寺」「観自在王院跡」「無量光院跡」「金鶏山」の5ヶ所が登録されています。これらの史跡には平和を願う浄土思想が今も残っており、世界遺産となった理由も納得するのではないでしょうか。

平泉観光協会お墨付き!おすすめの世界遺産スポットや絶品グルメもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
平泉観光協会お墨付き!おすすめの世界遺産スポットや絶品グルメもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岩手県の世界遺産の町「平泉」。平泉には日本の歴史に残る観光スポットが数多く点在しており、観光客からも人気があります。世界遺産スポットや絶品グルメも堪能でき、現地でしか味わえない五感で楽しむ観光スポットばかりです。

世界遺産「平泉」観光スポットその1見出し

金色堂

「金色堂」は天治元年(1124年)に奥州藤原氏初代の藤原清衡によって造立されました。新覆堂の中にはまぶしいくらい金色に輝く「金色堂」があります。建物の内外装飾に金箔が貼られ夜光貝の虹色が神秘的に輝き荘厳な美しさです。中央の須弥壇の中には初代清衡、二代基衡、三代秀衡のご遺体と四代泰衡の首が納められています。

「金色堂」は、日本の国宝第1号に指定されているお堂です。このお堂は、床から扉、軒に至るまで金箔で覆われたまさに黄金の国ジパングの象徴のようなもので、金に輝いています。さらに、お堂の中に収められている仏像のうち31体が国宝に指定されており、一度にたくさんの国宝を目の当たりにできるのもここ「金色堂」ならではできる事です。

【金色堂】 住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 電話:0191-46-2211 (中尊寺)

世界遺産「平泉」観光スポットその2見出し

中尊寺本堂

「中尊寺」で執り行われる様々な儀式はこの本堂を使用します。本堂のご本尊は「釈迦如来坐像」という大きな仏様で、その両脇には天台宗の総本山比叡山延暦寺から、分火された「不滅の法灯」が灯っています。ここでは金色に輝く男みくじ、女みくじというのがあるので、平泉観光の記念に引いてみることをおすすめします。

世界遺産「平泉」観光スポットその3見出し

中尊寺・讃衡蔵

「金色堂」横にある「讃衡蔵」には、国宝や重要化財が3000点以上収蔵され、奥州藤原氏三代の国宝級の宝物が展示されています。中でも平安時代の重要文化財「三体の丈六仏」という4mはあろうかと思う仏様は必見です。「金色堂」の拝観券で見学できますので、おすすめします。これらの宝物を見れば世界遺産の理由もわかるような気がします。

中尊寺・月見坂

古くから本堂・金色堂へと参拝する人々の表参道として利用されてきた道の両側には、樹齢300年から400年の大杉が続きます。これは、江戸時代に伊達藩によって植栽されたものだといいます。「月見坂」の途中に「東物見」という展望所があり、ここからは平泉の水田地帯と北上川、衣川の開けた景色が見渡せます。

中尊寺・弁慶堂

「月見坂」の途中にある「弁慶堂」には、武蔵坊弁慶等身大の木造があります。その横には座った義経の木造も安置されており、細かい彫刻が印象的なお堂です。お堂の横の売店には、弁慶堂限定の弁慶のお守り「弁慶力守」がありとても人気があるのでおすすめです。

中尊寺・峯薬師堂

本堂の先にある「峯薬師堂」は目の御利益で知られているお堂です。入口には「め」の絵馬がズラリ。全国的にも珍しい目のお守りが購入出来ます。中尊寺の中でもここだけなので観光記念におすすめ。お堂の前にある池は、天然記念物のモリアオガエルが産卵場所になっています。カエルの石像を撫でて御利益をいただきましょう。

世界遺産「平泉」観光スポットその4見出し

白山神社と能舞台

中尊寺の奥、ちょっと離れたところにある「白山神社」は、歴史は中尊寺より古く、白山信仰に関係があり、北陸の霊峰白山で修行をした修験者達によって広められたとも言われています。本殿の能舞台は重要文化財にも指定された中尊寺を代表する施設の一つでもあります。今でも中尊寺薪能が演能されています。

「白山神社」本堂前には、茅の輪が立っています。茅の輪くぐりとは、古来より罪・けがれを禊って清浄な心に生まれ変わるという禊祓払いのこと。参道(産道)を通り茅の輪をくぐる事で、生まれたばかりの純粋無垢で罪・けがれない赤ん坊のように清浄な心に生まれ変わるそうです。ここへ来たら是非くぐってお参りをしましょう。

世界遺産「平泉」観光スポットその5見出し

毛越寺

平泉が世界遺産登録の決め手の理由にもなったといわれている「毛越寺」。奥州藤原氏によって多くの伽藍が造営され、その大きさは中尊寺をしのぐほどだったと言われています。今は庭園と伽藍の遺構のみですが、スケールの大きさがわかります。浄土を前世で表したという浄土庭園は今も美しく、世界遺産の理由も納得できます。

「毛越寺」本堂は朱色、白色、緑色の3色が目立つ平安様式の建物で、ご本尊は平安時代の作とされる薬師如来像です。事前予約で座山体験や写経体験ができるので、時間がある方は体験されるのもおすすめです。庭園内にある鐘楼では、500円納めると願い事を書いたお札を奉納し鐘がつけます。こちらも観光記念におすすめ。

ここ「毛越寺」には芭蕉の句碑があり、人気のスポットにもなっています。この地を訪れた松尾芭蕉が、悲運の義経をしのび、あの有名な句を詠みました。「夏草や 兵どもが 夢の跡」小学校や中学校で習ったことがありますよね。この句碑と景色を眺めながら、当時の思いに浸ってみるのもおすすめです。

【毛越寺】 住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉大沢58 電話:0191-46-2331

世界遺産「平泉」観光スポットその5見出し

観自在王院跡

「観自在王院跡」は毛越寺に隣接する寺院跡です。鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」では、平泉の街は「観自在王院」を中心に広がっていたとされており、当時の姿が残る浄土庭園が世界遺産に登録された理由だと言います。ほぼ完全に残っている浄土庭園の遺構で、毛越寺を訪れたのならば一緒に見学することをおすすめします

【観自在王院跡】 住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉志羅山 電話:0190-46-2110(平泉観光協会)

世界遺産「平泉」観光スポットその6見出し

無量光院跡

「無量光院」は、奥州藤原三代秀衡が京都の平等院を模して建立した寺院で、当時は平等院より大きく煌びやかな寺院でしたが、現在では土塁や礎石、池跡が残っているだけです。庭園は浄土庭園の最高傑作と言われ、建物の中心が金鶏山と結ばれておりそこに沈む夕日がまさしく浄土の世界のようだったと言い、それが世界遺産に選ばれた理由にもなっています。

【無量光院跡】 住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉花立 電話:0190-46-2110(平泉観光協会)

世界遺産「平泉」観光スポットその7見出し

金鶏山

平泉世界遺産に登録された「金鶏山」は、中尊寺と毛越寺の中間点に位置しており、「平泉を守るため黄金の鶏を埋めた」、「北上川まで人夫を並べ、土砂を運ばせて一晩で築いた山」などの伝説が残っている山です。山頂にはたくさんの経塚があり、平泉を鎮座する聖なる山として世界遺産登録の理由となりました。

【金鶏山】 住所:岩手県西磐井郡平泉町 電話:0191-46-4012(平泉文化センター)

世界遺産「平泉」観光スポットその8見出し

達谷窟毘沙門堂

「達谷窟毘沙門堂」は、世界遺産には含まれてはいませんが、平泉観光には欠かせないおすすめ観光スポットとなっています。京都の清水寺を模して坂上田村麿公が創建したとされている「達谷窟」は、切り立った崖の窟に造られています。堂内の山側の壁は岩肌で、様々な毘沙門天が30体も並んでいる圧倒されるような雰囲気があります。

「達谷窟毘沙門堂」のもうひとつの見どころは、毘沙門堂の横の岩の斜面に彫られた「岩面大佛」。これは源義家公がこの地方でたびたび起こった戦で亡くなった者を弔うために彫ったとされています。高さ16.5m、顔の長さは3.6mもあるそうです。全国でも5本の指に入る大きさという「岩面大佛」は、見る価値充分です。

【達谷窟毘沙門堂】 住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉北沢16 電話:0191-46-4931

世界遺産「平泉」観光スポットその9見出し

高館義経堂

「高館義経堂」は、世界遺産には整備が整っていないなどの理由により登録されていませんが、源頼朝に追われ、藤原秀衡を頼って平泉に逃れた義経が最期を遂げた居館のあった場所です。丘の頂上には義経を偲んで建てた「義経堂」があり、中には義経の木造が安置されています。ここからの眺望は平泉一とされており、おすすめの観光スポットとなっています。

500年後この地を訪れた芭蕉が義経公を思い、「夏草や 兵共が 夢の跡」という有名な句を詠み、芭蕉の句碑が残されています。この碑に描かれている文字は芭蕉の直筆と言います。「高館義経堂」に上る入口の横には「卯の花清水」という綺麗な水が湧き出ているところもあるので、立ち寄ってみることをおすすめします。

【高館義経堂】 住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字柳御所14 電話:0191-46-3300

世界遺産「平泉」観光スポットその10見出し

平泉文化遺産センター

「平泉文化遺産センター」は、世界遺産に登録された平泉の文化遺産についてパネルや映像等でわかりやすく説明しています。平泉のの歴史と共に、世界遺産に登録された理由などを知ることができます。入館料が無料ですので、平泉の史跡を訪れる前に学習として、訪れた後の知識として訪れることをおすすめします。

【平泉文化遺産センター】 住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字花立44番地 電話:0191-46-4012

世界遺産「平泉」観光モデルコース見出し

主要2ヶ所を回るモデルコース

あまり時間がなければ、「中尊寺」と「毛越寺」を回るだけでも良いかと思います。その理由は、この2ヶ所を見れば平泉の黄金文化、浄土思想が手に取るようにわかるからです。どちらも時間をかけてじっくり見学をするとそれぞれが1時間ほどかかります。時間があれば「平泉文化遺産センター」もおすすめ。平泉の歴史と文化を知るには立ち寄るのも良いかと思います。

世界遺産を網羅モデルコース

平泉の世界文化遺産の5ヶ所を全て回るコース。巡回バスを利用すれば見学を含めて5.6時間で回れます。平泉駅から「毛越寺」を見学後、隣接した「観自在王院跡」を見学。毛越寺周辺では休憩や食事におすすめなお店がたくさんあります。「金鶏山」に上った後は、「中尊寺」をじっくりと散策。お守りやおみやげなどもゆっくりと探しましょう。「無量光院跡」でうまく時間が合えば、金鶏山に沈む夕日が見れるかもしれません。

レンタサイクルで世界遺産「平泉」観光!見出し

平泉観光におすすめなのがレンタサイクル。町を1周しながららくらくと平泉観光が楽しめます。中尊寺や毛越寺をはじめ、世界遺産を回るモデルコースでも半日もあれば回ることができます。気になるスポットや休憩スポットにも立ち寄り放題。平泉駅前に何ヶ所かレンタサイクルを扱うお店があるので、晴れて気候の良い時期ならおすすめです。

平泉巡回バスるんるんで世界遺産「平泉」観光!見出し

平泉駅前から出ている「平泉循環バスるんるん」は、平泉駅を出て、毛越寺、平泉文化センター、中尊寺、高館義経堂、柳之御所史跡公園を回り平泉駅に戻ります。1回どこまで乗っても150円。平泉観光に使うには400円の1日フリー券がおすすめです。これなら簡単にモデルコースをめぐることができます。半日もあれば世界遺産すべて制覇。

自分の足で世界遺産「平泉」観光!見出し

1日かけて、自分の足で歩いて世界遺産平泉を観光することも可能です。毛越寺を散策後、平泉文化センターで学習。ここでは平安時代の装束を無料体験してみましょう。月見坂は入り口から金色堂までは800m。のんびりゆっくり上っていきましょう。中尊寺はとても広いので、様々な場所を見学。中尊寺入口周辺でお昼休憩、時間があれば平泉文化史館もおすすめ。高館義経堂、無量光院跡を訪れ平泉駅に戻ります。

定期観光バスで世界遺産「平泉」観光!見出し

期間限定になりますが、一ノ関駅からは平泉観光モデルコースを回る「定期観光バス」が出ています。約6時間かけて、中尊寺・平泉文化遺産センター・毛越寺・達谷窟・厳美渓を観光します。こちらは、岩手県交通バス㈱が運行していますので次のお電話番号でお問い合わせください!岩手県交通バス㈱一ノ関営業所の電話番号は0191-23-4250です。

モデルコースを語り部タクシーで!見出し

タクシーの乗務員が史跡や観光地の魅力を紹介する「語り部タクシー」も人気です。モデルコースは1.5時間から3時間まであり、それぞれの時間に応じたモデルコースを周辺の見どころを説明しながら案内してくれます。もちろんリクエストもOK。

【語り部タクシー】 一関タクシー:0191-23-2222 県南タクシー:0191-26-5555

古都ひらいずみガイドの会もおすすめ!見出し

平泉町を中心にベテランガイドさんが案内をしてくれる「古都ひらいずみガイド」もおすすめ。モデルコース以外にもアレンジも可能。ガイドさんとの会話も楽しみながら、世界遺産平泉観光ができます。ガイドは次へお問い合わせください、電話番号は0191-46-5710です。

世界遺産「平泉」観光ものがたり見出し

「平泉」には、奥州藤原氏三代がおよそ百年にわたって築いた文化が濃く残っており、世界遺産に登録された史跡など見どころがたくさんあります。ここ平泉でしか見ることのできない観光名所や見逃せない史跡をみれば、平泉が世界遺産に選ばれた理由も納得できるはず。これを機に世界遺産についてもっとよく知りたくなるかもしれません。

関連キーワード

投稿日: 2017年3月13日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote