皿倉山の夜景は九州随一!展望台や人気のケーブルカーなど観光情報を紹介!

皿倉山の夜景は九州随一!展望台や人気のケーブルカーなど観光情報を紹介!

皿倉山から見る夜景は、視界180度に広がるパノラマ夜景です。展望台からは眼下に北九州市の街並みが、夜空に煌く星空とシンクロして輝いています。北九州市内を一望できる皿倉山は、北九州国定公園の一部となっていて新日本三代夜景のひとつとして有名なおすすめスポットです。

記事の目次

  1. 1.新日本三大夜景のひとつ皿倉山の夜景を満喫
  2. 2.ケーブルカーで皿倉山夜景を楽しもう
  3. 3.傾斜28度のケーブルカーで皿倉山の夜景鑑賞
  4. 4.スロープカーからの皿倉山の夜景は動く天空
  5. 5.皿倉山山頂の展望台から見る新日本三大夜景
  6. 6.皿倉山山頂にある天空ドームは恋人の聖地
  7. 7.皿倉山に立つ鉄骨はテレビ局の鉄塔
  8. 8.皿倉山は夜景以外にパラグライダーのメッカ
  9. 9.皿倉山の夜景以外のおすすめ観光スポット
  10. 10.皿倉山の夜景以外にも見所満載の北九州市へ

新日本三大夜景のひとつ皿倉山の夜景を満喫

北九州市全域から関門海峡までを一望できる皿倉山は標高622メートルの山で、山頂にある展望台からの夜景は、新日本三大夜景のひとつとして、また100億ドルの夜景として多くの観光客に親しまれています。ここでは、その皿倉山山頂までのアクセスや展望台での見所、また周辺のおすすめポイントなど人気のスポットを併せて紹介します。

ケーブルカーで皿倉山夜景を楽しもう

皿倉山の麓にあるケーブルカー山麓駅へは、車で北九州高速道路大谷ランプから約1.5キロのところにあります。平日は、10時から17時20分まで、土日祝日及び特別夜間運行期間は、10時から21時20分までの運行となっています。ケーブルカーとスロープカーを使って山頂まで行くと、おすすめの絶景のパノラマ夜景が待っています。

傾斜28度のケーブルカーで皿倉山の夜景鑑賞

正式には帆柱ケーブルカーといい、皿倉山山麓にある山麓駅から山頂にある山頂駅を結ぶ1キロちょっとの運行距離です。最大112名が乗車可能で、車輌の最大傾斜は28度、かなりの傾斜を体感することができます。車窓からは、眼下に広がる景観や通り過ぎていく四季折々色とりどりの木々の美しさが楽しめます。

山頂駅から下り(帰り)のケーブルカーに乗ると、北九州市の全景を一望することができ展望台とはまた違った景色を見ることができます。また、全面ガラス張りの車窓からは刻々と変わるパノラマ景観が楽しめます。ちなみに登りの車輌は「はるか号」、下りの車輌は「かなた号」といってそれぞれ黄色と青色の車輌となってます。

ケーブルカーの路線は1路線の片道約6分間の運行ですが、途中半分ほど進んだところでお互いの車輌がすれ違う離合箇所があり、上りのはるか号と下りのかなた号がすれ違います。お互いの乗客が笑顔で手を振り合い和やかな雰囲気の連帯感が生まれるのは、この離合箇所ならではの風景です。撮影マニアの方にもおすすめのポイントです。

スロープカーからの皿倉山の夜景は動く天空

ケーブルカーで山頂駅に到着すると、そこからはスロープカーに乗り換えて山頂のある展望台まで向かいます。40人乗りのスロープカーに乗って眼下を見下ろす3分間の体験は、まるで天空を泳いでいるかのようです。山頂に向かうと、展望台からは、100億ドルの夜景といわれる北九州市全域が見渡せる壮観なパノラマ夜景が待っています。

スロープカーから見る北九州市洞海湾の工場群の景色。全面ガラス張りで座席に座るとラウンジでくつろいでいるかのようです。ゆっくりとした速度で、まるで空中遊泳のような感覚で進んでいきます。自走式モノレールでバリアフリー対応となっているので、お年寄りや小さい子供も安心して乗ることができます。

スロープカーの座席にゆったり座ってみる夜景は、まるで映画のワンシーンをみているかのようです。ゆっくりと流れる3分間のパノラマ夜景を見ていると、幻想的でロマンティックな世界が広がっていきます。

皿倉山山頂の展望台から見る新日本三大夜景

皿倉山展望台

皿倉山山頂にある展望台からは、鉄柵のところまで来てゆったりと夜景を楽しむことができます。営業時間はケーブルカー、スロープカーの運行に合わせて、平日10時半から17時まで、土日祝日及びケーブルカー、スロープカーの特別夜間運行期間は10時半から21時までとなってます。また、二階はカフェレストランとなっていて食事ができます。

新日本三大夜景とは

日本夜景愛好家の団体「夜景倶楽部」が選出した新日本三大夜景とは、山梨市にある笛吹山、奈良市にある若草山、そしてここ北九州市にある皿倉山からの夜景の3箇所です。ちなみに日本の三大夜景とは、函館山からの函館の夜景、麻耶山からの神戸の夜景、稲佐山からの長崎の夜景の3箇所で、いずれも納得の素晴らしい日本を代表する夜景です。

プロモーション映像きらめく北九州

「きらめく北九州」と題された北九州市が制作したKitakyushuMovieChannelの中にある2分20秒のプロモーション映像です。洞海湾に浮かぶ工場群の幻想的な夜景、皿倉山からの昼夜のロマンティックな景色など、タイムラプスを使った時系列に流れるクリエイティブな映像で光り輝く北九州市を美しい映像美で紹介しています。

皿倉山山頂にある天空ドームは恋人の聖地

山頂からの夜景が恋人の聖地として認定されたことを記念して、山頂にある天空ドームにはハート型をしたモニュメントが設置してあります。このモニュメントには、六つの穴が空いていて、手を差し込み互いの手をつなぎハートの形をのぞくと、そこから愛にひっかけて、沖合いに浮かぶ藍の島(あいのしま)が見える仕掛けになっています。

北九州市の皿倉山山頂にある天空ドームにイルミネーションが施され、夜空にひときわ光り輝く様子はおすすめの人気スポットです。点灯時間は、4月から8月が19時から22時まで、9月から3月が17時から21時までとなっています。皿倉山へ登ったら、山頂で幻想的に光り輝く天空ドームをぜひその目でご覧下さい。

皿倉山に立つ鉄骨はテレビ局の鉄塔

皿倉山には、地元放送局(キー局系列)のテレビ・FM送信所、その他各新聞社、電力会社、警視庁などの無線基地局があって、そのアンテナ群の鉄塔の壮観で重厚な姿は、ちょっとした撮影スポットとしても人気です。その無線電波は、地元北九州市だけでなく周辺都市や郡部、遠くは山口県下関市などへ向けて送信されています。

皿倉山は夜景以外にパラグライダーのメッカ

かつて平成3年にここ皿倉山で第1回パラグライダーワールドカップが開催され、平成28年には、皿倉パラグライダーフェスタ2016大会が開催されるなど、ここ皿倉山は都心からのアクセスがいいこともあり、パラグライダーのメッカとして知られています。晴れ渡った日には、パラグライダー愛好家の方が飛行する様子を見かけることができます。

皿倉山の夜景以外のおすすめ観光スポット

東田第一高炉

皿倉山がある北九州市八幡は新日鉄住金(旧新日本製鐵)発祥の地で、日本近代化の歴史を作ってきた場所でもあります。その発祥の地に創業時を記念する高炉のモニュメントがあり、一般開放されていて見学することができます。内部は、八幡製鐵所の歴史や日本近代化の歴史を学ぶ展示パネルや当時の作業員のマネキンなどがあります。

明治34年、1901年に操業を開始し、昭和47年に操業を停止したものを北九州市が保存整備し史跡広場として一般公開しています。高炉に取り付けられた1901のプレートは操業年を記念したものです。9時から17時の間、誰でも無料で見学することができます。近づくと圧倒的なスケール感の高炉に、SFワールドの世界が広がる感覚がします。

世界遺産のひとつ官営八幡製鐵所旧本事務所

北九州市八幡東区にある新日本製鉄住金の敷地内の一角に、明治日本の産業革命遺産として世界遺産に登録された官営八幡製鐵所の旧本事務所があります。現在は、製鐵所の構内に立地していることから一般公開はされていませんが、JR鹿児島本線スペースワールド駅近くの眺望スペースから建物外観の裏側を見ることができます。

幻想的なムードを醸し出す工場夜景

北九州市はかつて日本の四大工業地帯のひとつとして栄えてきた街です。現在、その工場の多くは他の都市へ移転したりして操業を停止していますが、いまその工場群を夜間スポットライトで照らし、幻想的イルミネーションの世界を創り上げています。クリスマスシーズンになるとカップルのデートコースとして人気のおすすめスポットです。

独自の魅力を放つ製鐵所の夜景は、黄色やオレンジなどさまざまな光に工場群が映し出され、SF映画さながらの重厚な美しさが特徴の産業観光地です。圧倒的なスケール感と幻想的な世界は見ているだけでうっとりしてしまいます。皿倉山からは車で20分ほどの距離にあるので、皿倉山夜景と合わせて見れる人気のスポットとしても有名です。

河内貯水池は人気の観光スポット

皿倉山の麓にダムによって人工的に作られたのが河内貯水池です。周辺には、南河内橋(通称めがね橋)やつり橋、河内桜公園、河内藤園、河内温泉あじさいの湯などがあり、おすすめの人気の観光スポットです。また、湖畔にはサイクリングセンターがあり、自転車レンタルで四季折々の景色を楽しみながらサイクリングをすることができます。

皿倉山の夜景以外にも見所満載の北九州市へ

皿倉山からの夜景、いかがでしたでしょうか?皿倉山は、北九州市にあって都心から車ですぐに行けるとあって、九州各地や近郊からの観光客に人気のスポットです。近くには、本州と九州を結ぶ関門橋やレトロな街並みが素敵な門司港レトロ、世界遺産の近代化産業遺産など見所満載です。ぜひ一度北九州市を訪れてみてはいかがでしょうか。

門司港観光におすすめ!レトロな人気スポット&お土産をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
門司港観光におすすめ!レトロな人気スポット&お土産をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福岡県北九州市に位置している門司港の観光におすすめの人気観光スポットをご紹介していきます。福岡県北九州市の人気観光スポット門司港には、さまざまな人気の観光名所があります。今回は福岡県北九州市の門司港でおすすめのお土産も合わせてご紹介します。
四日市の工場夜景にうっとり!おすすめのクルーズや撮影スポットの情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
四日市の工場夜景にうっとり!おすすめのクルーズや撮影スポットの情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
三重県・四日市の工場夜景が近ごろ「工場萌え」とも呼ばれる、工場景観の愛好家の間で大人気となっています。夜景の撮影スポットが話題となり、コンビナートを巡るクルーズも行われているんです。そんな四日市の工場夜景を楽しむおすすめスポットやクルーズについてご紹介します。
zukzuk22
ライター

zukzuk22

広告代理店での接待に明け暮れた経験と海外ロケ(ただ付いて行っただけに等しいプロデューサー)の実績を活かします。

関連記事

人気記事ランキング