ユーシン渓谷へハイキング!行き方は?秘境にある紅葉と魅惑のブルーは必見!

2017年9月24日 (2020年6月11日最終更新)

ユーシン渓谷とは、神奈川県の玄倉川にある渓谷です。徒歩のみ許された林道と手掘りのトンネルを抜けると、美しく澄んだコバルトブルーの水流に辿り着きます。秋の、山一面の紅葉とコバルトブルーが魅せる世界は格別です。ユーシン渓谷の魅力や行き方をご紹介します。

目次

  1. ユーシン渓谷へハイキングに行こう
  2. ユーシン渓谷があるところ
  3. ユーシン渓谷の由来
  4. 玄倉林道について
  5. ユーシン渓谷への行き方
  6. ユーシン渓谷への車での行き方
  7. ユーシン渓谷ハイキングの見所1「ユーシンブルー」
  8. ユーシン渓谷ハイキングの見所2「トンネル」
  9. ユーシン渓谷ハイキングの見所3「ユーシンロッジ」
  10. ユーシン渓谷ハイキングの見所4「西丹沢ユーシンの森」
  11. ユーシン渓谷ハイキングのコース紹介
  12. ユーシン渓谷ハイキングの服装や持ち物
  13. ユーシン渓谷へ行ったら丹沢湖も堪能しよう
  14. ユーシン渓谷や丹沢湖でキャンプしよう
  15. ユーシン渓谷の帰りは温泉に行こう
  16. ユーシン渓谷のユーシンブルーを見に行こう

ユーシン渓谷へハイキングに行こう

21910962 1575334319191075 5045778436048551936 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
palpalpalpunte

神奈川県玄倉川にあるユーシン渓谷は、美しいコバルトブルーの水流が見られる秘境です。観光地化されておらず訪れる人もまばらですが、近年は紅葉シーズンなど多くの人で混み合います。玄倉川流域はハイキングコースになっており、気持ちの良い汗をかきながら絶景を楽しめる新スポットです。ユーシン渓谷の魅力と行き方をご紹介します。

ユーシン渓谷があるところ

ユーシン渓谷は、神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川にあります。すぐそばに丹沢湖があり、その周辺の丹沢地一帯が「丹沢大山国定公園」に指定されています。ユーシン渓谷や、ユーシン渓谷まで続く玄倉林道もその一部です。玄倉川は丹沢山を水源とする二級河川で、ユーシン渓谷は「丹沢の秘境」と言われています。

丹沢大山国定公園には丹沢山だけではなく登山やトレッキング、沢登りのポイントがたくさんあります。特に山頂からはユーシン渓谷を見ることもできますし、遠く富士山が見える場所もあります。上級者になるとユーシン渓谷から塔ノ岳や鍋割山へとルートをのばす人々もいます。登山愛好家の集まる観光名所です。

ユーシン渓谷の由来

21819799 1888753331149967 8061649134941110272 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
s4too0111

一瞬、海外の景勝地かどこかと勘違いそうな名前のユーシン渓谷。その名前は神奈川県営宿泊施設の「ユーシンロッジ」からついたそうです。昔は登山客で賑わっていましたが、玄倉林道の隧道にひび割れが見つかってから休止しています。では、このユーシンロッジのユーシンはどこからきたのでしょうか。

21568657 488267644875027 7796590962049810432 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
7skydroneboy

一説によると、大正時代に森林管理小屋の番人だった小宮兵太郎さんが「湧津」と名付けたそうです。「谷深くして、水勢勇まし」という意味が含まれています。実際に、昔の地図には「ユウシン」と記載されています。それが、どこか異国感のある響きのユーシン渓谷として残りました。

玄倉林道について

21577025 2237308526495972 999165145743622144 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
mt.nikorus

ユーシンロッジまで続く玄倉川に沿って作られた林道を玄倉林道と言います。昔は、宿泊者のみユーシンロッジまで車で行くことができましたが、今は自転車も含めて車両が通ることはできません。玄倉林道の入り口には、進入禁止のゲートが設置されています。「ここであってるよね?」と、少し不安になるくらいのゲートです。

玄倉林道は全長約9kmです。1947年に開通しました。2006年から2007年にかけての検査で、トンネルの一つの青崩隧道(あおざれずいどう)にひび割れが見つかり一時通行禁止になりましたが、新青崩隧道ができて徒歩のみの通行が可能になりました。玄倉林道には合わせて8つのトンネルがあり、明かりは必須です。

ユーシン渓谷への行き方

ユーシン渓谷への行き方は、小田急小田原線新松田駅もしくはJR御殿場線谷峨駅からバスに乗って「玄倉」まで行くのがベターです。車で行くことも可能ですが、以前あったユーシン渓谷駐車場が閉鎖されており、臨時駐車場は停められる台数が少ないため、ハイシーズンは湖畔の周りがぐるりと路上駐車の車で埋まります。

山北町観光協会サイトでユーシン渓谷への行き方チェック

21372941 303820426759889 8777574630761168896 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
oyajin005

山北町観光協会さんのサイトを見ると、ユーシン渓谷のほかにも周辺にハイキングコースがたくさんあることがわかります。実はユーシン渓谷へ行くハイキングコースはかなりの長距離。初心者や子供連れは途中までにするか、まずは短いコースを試すのもありです。渓谷への行き方は「富士急湘南バス・玄倉」の利用が案内されています。

富士急湘南バスサイトでユーシン渓谷への行き方チェック

21436284 242274269630767 7735092278821126144 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
0uyrianty6313

富士急湘南バスさんのサイトでは、ハイキングコースから運行状況案内を見ることができます。ハイキングのスタート地点となる富士急湘南バスのバス停玄倉までは、小田急小田原線新松田駅から約45分、JR御殿場線谷峨駅から約20分です。新松田駅と玄倉の間は1620円。本数が1時間に1〜2本と少ないので事前確認しておきましょう。

バス停すぐそば玄倉商店でユーシン渓谷への行き方チェック

玄倉バス停横にあり、ユーシン渓谷ハイキングに行く誰もが立ち寄るのが、玄倉商店さん。お手製の「玄倉川渓谷自然ガイドまっぷ」をもらうことができます。ここから長いハイキングのスタートです。飲み物など必要物資を買ってきましょう。また、林道にはお手洗いがないので、玄倉商店さんで済ませておいたほうがいいです。

ユーシン渓谷への車での行き方

車での行き方は、東名高速道路大井松田ICまたは御殿場ICから国道246号に出ます。清水橋交差点を曲がり丹沢湖方面へ。湖畔にある丹沢湖ビジターセンター(閉館)の手前駐車場と、丹沢森林館(休館)の駐車場を無料開放しています。しかし数に限りがあるためハイシーズンはすぐに満車になります。バスを利用したほうが失敗はなさそうです。

ユーシン渓谷ハイキングの見所1「ユーシンブルー」

21879551 530630190612554 6256931510981492736 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
koba.syuu

ユーシン渓谷へハイキングに行く一番の目的と言えば、途中で出会うコバルトブルーの水流です。日によって見え方が変わるこの青は「ユーシンブルー」と呼ばれています。青い水というと、国内では青森県白神山地の青池や北海道美瑛の青い池が知られています。関東にもあったとは、ユーシン渓谷はこれから名所になること間違いなしです。

ユーシン渓谷のハイキングにおすすめのシーズンは新緑の春から初夏にかけてと、紅葉燃ゆる秋です。中でも紅葉の季節は、緑、赤、黄色と化粧付く山々に水の青が合わさり、まるで色濃いキャンバスのように情熱的な景色を織りなします。紅葉の秋はコバルトブルーが一層映える季節です。

ユーシン渓谷ハイキングのコースは、なだらかだけど長いです。念願のコバルトブルーを拝むには、全体の2/3は行かなくてはいけません。時間にして1時間40分で、少し長めのウォーキングといったところ。初挑戦の方は気合を入れて行きましょう。

なぜ水の色がコバルトブルーなのか

14624224 564270780438122 1014201151937052672 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
waitingforkafu

目にも鮮やかなコバルトブルーの水、理由が気になりませんか。それは、光と水中のチリなどに関係しています。真空ではまっすぐ進む光も、空気や水、さまざまな物質にぶつかると、反射や屈折します。そのうち水中では赤系統は吸収されて見えにくくなり、青系統はチリなどにぶつかって散乱して、水をコバルトブルーに変えるのです。

ユーシン渓谷ハイキングの見所2「トンネル」

21827110 326853254446221 481143634024988672 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
palpalpalpunte

ハイキングルートには全部で8つのトンネルがあります。後に作られた新青崩隧道以外は短いトンネルですが、手掘りで細いトンネルに、ハイキングというよりアドベンチャーの空気を感じます。大人も子どもわくわくするハイキングコースです。

15876396 313129822415417 807253293855145984 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
kamome_nori

新青崩隧道は懐中電灯必須です。ほかより長く、無機質なコンクリートで真っ暗。アドベンチャーを通り越して肝試しの雰囲気が漂います。通り抜けたあとの緑溢れる景色に、心がほぐれるのを感じます。ほかのトンネルも薄暗いですから、懐中電灯など前方を照らすものを必ず持参しましょう。

21827263 1944446435798305 4600971011326738432 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
palpalpalpunte

トンネルを抜けるたび、目に飛び込んでくる緑溢れる景色に心が洗われていきます。ハイシーズンの紅葉の季節には、トンネルを抜けると渓谷と山々が織りなす絵画の世界に飛び込むわけですから、感動もひとしおです。トンネルはドキドキ感のあとの高揚感を盛り上げてくれます。

ユーシン渓谷ハイキングの見所3「ユーシンロッジ」

14596847 362232640786072 9114475584901087232 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
mky_76

体力に自信がある方は、ぜひユーシンロッジまで行ってみましょう。かつて多くの登山者を迎えたユーシンロッジが今もそのままに、ハイカーを待っています。広場もありますから、お茶を入れて休憩するのにもぴったりです。何より、「ゴールに辿り着いた!」という達成感があります。

新緑の季節には青々とした緑と光を背負い、また紅葉の季節には色とりどりに染まる木々を背負い、ユーシンロッジもまだまだ生き生きして見えます。そしてこのユーシンロッジの重要な役割、それはトイレ休憩を取ることができる点です!林道には一箇所もないので帰りのために寄っておきましょう。

ユーシン渓谷ハイキングの見所4「西丹沢ユーシンの森」

21879216 1770099309949195 7055496609982840832 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
palpalpalpunte

ユーシンロッジの裏手には、「西丹沢ユーシンの森」という、細めの木々が豊かに茂る森が広がっています。まるで物語の世界のようです。そこには森の妖精が住んでいて、いつも神聖な風が吹いていそうな、清閑な森です。紅葉の季節には森の木々もほのかに色付き、光に照らされて透き通るようです。

21296320 1709686756005841 7259480128881688576 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
daisuke_0207

西丹沢ユーシンの森は、かながわの美林50選に選ばれています。鬱蒼とした林とは違い、枝の隙間から光がこぼれ落ちる先は、下草がきれいに刈られ、整備の手が行き届いています。時間があったらのんびり森林浴をする時間を作るのもおすすめです。

ユーシン渓谷ハイキングのコース紹介

ユーシン渓谷のハイキングコースは、実はけっこう長距離です。玄倉商店からユーシンロッジまで、休憩なしで往復約5時間半かかります。高低差はあまりなく平坦なハイキングコースなので、たまに石がごろごろしているところもありますが歩きやすいです。道中にお手洗いが一箇所もないのが難点です。

21433932 489842848045507 7879802118004015104 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
hitestagram

玄倉商店から玄倉林道入り口まで、約45分です。ここで「長い!」と感じたら、ゴールをユーシンロッジから発電所付近のコバルトブルーの景色に変えた方が良いかもしれません。また、ハイキング初心者やお子様なども、コバルトブルーを見て折り返してくるコースがちょうど良いでしょう。コバルトブルー地点までは往復約3時間20分です。

コバルトブルー地点までにはトンネルを3つ通ります。1つ目の短いトンネルを抜けると、美しい若草色の苔の石垣が目に入ります。2つ目が問題の新青崩隧道。出口は見えず中は真っ暗闇で、ヘッドライトではちょっと頼りないくらいです。自然と早足に。石ころの道を歩いて3つ目のトンネルを抜ければ、コバルトブルーの絶景はもう目の前です。

15048195 346802639018832 7626141641560031232 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
yoshihiro.shiraki

コバルトブルーの絶景を過ぎてからは、橋を渡って渓谷を正面に見たり、小さな滝に癒されながら進みます。残り5つのトンネルはいずれも短めです。そしてユーシンロッジに辿り着きます。ユーシンロッジが唯一のトイレチャンスですが、紅葉などのハイシーズンは混みますから、覚悟して行きましょう。

ユーシン渓谷ハイキングの服装や持ち物

20067157 1589619281061878 8745539633636442112 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
terrakayak

初夏なら半袖半ズボンでいい温度ですが、基本は長袖長ズボンです。特にズボンは虫刺されや転倒から身を守ります。新緑や紅葉のハイシーズンは、長袖長ズボンに、コンパクトに収納できるパーカー、必要ならさらにジャケットなどがあるといいです。乾きの早いウエアがおすすめ。歩いているときはいいですが、休憩時は意外と冷えます。

19051437 312814685819211 2064488906857906176 n.jpg? nc ht=scontent tpe1 1.cdninstagram
near_natural

また、ちょっと怖いお話ですが、熊が出没した事例があります。紅葉シーズンは食べ物を求め降りてきますから、鈴をリュックなどにつけて行きましょう。熊撃退スプレーもあると安心です。ファッションアイテムと合わせて登山アイテムをこの機会にゲットして、森ガール、森ボーイ(?!)デビューしましょう。

ユーシン渓谷へ行ったら丹沢湖も堪能しよう

玄倉のバス停について最初に出迎えてくれるのは、丹沢湖の雄大な景色です。紅葉の季節であればそこで既に感嘆のため息が漏れるでしょう。かながわの景勝50選にも選ばれている丹沢湖は、運が良ければ遠くに富士山を望むことができます。空の青に紅葉の赤、遠くの富士に豊かな湖と最高の絶景です。

ユーシン渓谷や丹沢湖でキャンプしよう

21148997 2164088557151197 6056282901044002816 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
eonni_lisana

ユーシン渓谷や丹沢湖の周囲は、キャンプの人気スポットで、キャンプ場もたくさんあります。テントを張ることもできますし、コテージやバンガロー設置のところもあります。昼間は流れるコバルトブルーを楽しみ、夜には漆黒の闇に輝く満点の星を堪能できます。キャンプ場によっては炊事用品の購入、レンタルもできます。

玄倉川流域はバーベキューや渓流釣りを楽しむ観光客でいっぱいになります。天気が崩れると増水しますから注してください。また、丹沢湖近くにはカヌー体験やテニスができるキャンプ場もあります。夏休みの思い出や秋の行楽に、ユーシン渓谷ハイキングとあわせて楽しんでください。

978735f38cc24880ddb4b11b82c68896神奈川のキャンプ場のおすすめは?コテージのあるキャンプ場も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
テントを張ってバーベキュー、自然に囲まれながら開放的な気分に浸れる神奈川のキャンプ場を紹介し...

ユーシン渓谷の帰りは温泉に行こう

21820167 1829304193751463 3368755850565910528 n
h.i_lifestyle

ユーシン渓谷でハイキングを楽しんだ後は、温泉で疲れを癒すのもおすすめです。すぐそばに中川温泉という昔ながらの温泉街があります。行き方はとても簡単。玄倉まできた富士急湘南バスに乗って、玄倉バス停から中川バス停へ、時間にしてたったの15分です。日帰り温泉もありますからぜひ寄ってみてください。

20589652 252053915302630 8775851992393187328 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
lilimiho

中川温泉はその昔、武田信玄が北条氏康との合戦の際に傷を癒した歴史ある温泉で、「信玄の隠し湯」と呼ばれています。泉質はアルカリ性で、神経痛やリウマチに効果があるほか、美肌効果でお肌をツルツルにしてくれます。人気の高い宿もありますから、泊まりで疲れをとるのもおすすめです。贅沢なハイキング旅行です。

また、県外など遠くから足を運んでユーシン渓谷を訪れたのであれば、箱根の温泉に泊まるのもおすすめです。紅葉シーズンの芦ノ湖やすすきの湿原は、ユーシン渓谷の趣きとはまた違うでしょう。一度の旅行で二度楽しめます。

Facility info faci img03 20150609115322神奈川の温泉で宿泊するならどこ?おすすめの旅館などを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
神奈川県には箱根や湯河原など、有名な温泉地があります。中でも箱根は大きな温泉地。高級旅館から...

ユーシン渓谷のユーシンブルーを見に行こう

21435813 207242009811189 8202715119575105536 n.jpg? nc ht=scontent hkg4 1.cdninstagram
holohologift

ユーシン渓谷、神奈川の奥地にこんな世界遺産級の絶景があったとは驚きです。コバルトブルーの水と豊かな自然を楽しみながら、飽きずに歩ける最高のハイキングコースです。観光地化も進んでいないため、人の手のほとんど入っていない絶景を満喫できます。鮮やかなユーシンブルー、その目でぜひ見に行きましょう。

関連記事

1494.thumb
この記事のライター
飯島かさほ
旅行大好きな飯島かさほです。魅力的な記事をお届けできるよう頑張ります。

神奈川県の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

神奈川県の新着のまとめ