地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

鼎元豆漿で台湾伝統の朝ごはん!台北の行列店の人気メニューは?

台湾では朝早くから営業している飲食店がたくさん存在します。その中でも地元・台北の人が毎朝行列をなす人気店鼎元豆漿はご存知ですか。人気の豆漿から定番の小籠包まで楽しむことが出来ます。人気メニューから行き方まで鼎元豆漿の情報をまとめました。

台湾で人気の鼎元豆漿を紹介見出し

台湾にはたくさんのグルメがありますが、そのなかでも人気があるのが台湾の朝ごはんです。台北にある鼎元豆漿はこじんまりとしたお店ですが、朝早くから営業しており、行列のできる人気店です。今回は台北・鼎元豆漿への行き方や料理の注文の仕方、人気のメニューをあわせてご紹介します。

台北・鼎元豆漿への行き方見出し

鼎元豆漿への行き方をご紹介します。鼎元豆漿は台湾の地下鉄MRT「中世紀念堂駅」から歩いて5分ほどのところにあるお店です。行き方自体は難しくないのですが大きな通りからは外れており、少し静かな通りに位置しています。お店の向かい側には中学校があります。

一番わかりやすいのは中世紀念堂駅の3番出口からの行き方です。他にも行き方はありますが、一番時間がかかりません。お店に近づくと黄色に赤字で大きく鼎元豆漿と書かれた看板が見えてきます、それが目印です。外に行列ができているときはなお分かりやすいです。

台北・鼎元豆漿の営業時間見出し

鼎元豆漿の営業時間は朝4時からお昼前の11時半までで、月曜日から日曜日まで休まず営業されています。1日の元気の源として朝ごはんは欠かせませんが、台湾でも朝ごはんはとても重視されています。そしてもともと台湾は外食文化のため、朝ごはんだけを提供するお店も多いのです。鼎元豆漿もその朝ごはん専門店の一つです。

鼎元豆漿で朝ごはんを食べよう見出し

朝から賑わう鼎元豆漿ではお店の外まで行列ができることがしばしばあります。みなさんが行かれた時ももしかしたら行列ができているかもしれません。その時、列が2種類あることに注意しましょう。列は店内で食べる列とテイクアウトの列に分かれています。お店の中で注文する場所も分かれています。

お店につい行列ができていたら、まずはお店の中まで入って列を確認しましょう。意外に店内で食べる列は短く、店内で切れていることもあります。持ち帰りも便利ですが、台湾の朝の風景を体感できるのでイートインがおすすめです。店内の席数は多くないですが、回転率も速いのでそこまで待たずに食べられることが多いようです。

鼎元豆漿ではほとんど中国語しか通じません、若干英語が伝わるほどですがご安心ください。紙のオーダー用紙があります。表になっており、丁寧に値段も記載されています。お餅などおかずの入ったショーケースには料理名も書かれているので注文票と照らし合わせて注文が出来ます。

食べたいものの数を書いてお店の人に渡しましょう。豆漿やおにぎり、パンなどはその場ですぐに渡されます。小籠包など提供に少し時間がかかるものは番号札を渡されますので、お会計を済ませてテーブルで待ちましょう。料理はテーブルまで持ってきてもらえます。

鼎元豆漿人気メニュー1:鹹豆漿見出し

豆漿とは豆乳の意味です。お店の名前にもついてるほどなので豆乳をつかったメニューが数種類存在しますが、その中でも人気が高いのが鹹豆漿です。鹹豆漿とはラー油やお酢、ゴマ油や塩コショウで味付けされた豆乳スープです。肉そぼろや揚げパンなどの具材が入っています。台湾ではとても一般的な朝ごはんメニューです。

スープの豆乳は温かいのですが、味付けの酢と合わさるとほどよく固まってぷるぷるの豆腐の様な食感になり、これがまたとても美味しいです。程よい塩気でスープが進み、揚げパンなどの具材も沢山入っているので、一杯で結構お腹が膨れる料理です。鹹豆漿は一番スタンダートな豆乳スープですが、別メニューで鹹豆漿加蛋もあります。

加蛋とは卵のことで、こちらを注文すると卵入りの鹹豆漿を楽しむことが出来ます。こちらも人気でお値段は、鹹豆漿が約120円に対し、20円増し程度です。卵を入れるとより味がまろやかになり、まるで茶碗蒸しの様なあっさりとした味になります。卵有り無し、どちらもおすすめです。

鼎元豆漿人気メニュー2:小籠湯包見出し

台湾と言えば思い浮かぶ小籠包ですが、こちら鼎元豆漿の小籠湯包も大人気です。もともと鼎元豆漿は違う場所・店名で営業していたのですが、その当時は近所にあった小籠包店の系列店であったため、小籠包を併せて販売していました。今では場所も店舗も移りましたが、名残で現在でも小籠包を販売しています。

こちらの小籠湯包は8個入りでなんと約370円。しかも他で小籠包を販売している店舗よりすこし大ぶりです。お肉もスープもたっぷり入っており、ジューシーな小籠湯包を食べることが出来ます。少し蒸しあがるまで時間がかかるので、その間に小籠包のタレや千切り生姜を用意しておきましょう。お皿お箸と共にすべてセルフサービスです。

鼎元豆漿人気メニュー3:甜豆漿見出し

鹹豆漿は塩で味付けをしたしょっぱい豆乳ですが、甜豆漿は砂糖で味付けをした甘い豆乳です。「熱」のホットと「冰」のアイスの2種類です。特に人気があるのはアイスの方で、砂糖が入っているので甘いのですがしつこくなくすっきりとした味が人気の秘密です。

量が結構ありますが、飽きることなくごくごくと飲めてしまいます。日本から旅行で行かれた方々には「日本で販売されている豆乳より飲みやすくて美味しい」と評判が高いそうです。価格は約80円です。卵入りになると5元アップで約20円増しになります。美味しい豆乳をぜひ飲んでみてください。

鼎元豆漿人気メニュー4:高麗菜肉包見出し

肉包は包子の一種です。包子は日本では一般的に中華まんといわれています。包子はニラを詰めた韮菜包やモヤシをつめた豆芽包、また甘いものでは小豆餡が入った豆沙包など様々な種類が販売されています。その中でも肉包は生地の中に豚肉を詰めたもののことです。鼎元豆漿でも数種類の包子が販売されていますが、中でも人気なのがこちらの高麗菜肉包です。

高麗菜はキャベツのことなのでキャベツ肉まんと考えるとよいでしょう。日本の肉まんとは少し違って焼き包子のため焦げ目がついています。中にはキャベツと豚肉を合わせた具がみっちり詰まっておりこれがとても美味しいのです。1つが結構大きいですが、価格は良心的な60円ほどです。鼎元豆漿自慢の肉包をぜひ食べてみてください。

鼎元豆漿人気メニュー5:飯糰見出し

飯糰は日本でいうおにぎりです。ですが日本のおにぎり1個を想像しているとびっくりするかもしれません。鼎元豆漿の飯糰はかなりビックサイズのおにぎりです。気になる中身ですが、揚げパンを細かくしたものや、肉鬆という細かくした肉に味をつけたでんぶ、漬物などが入っています。

パンはサクサク、漬物はこりこり、そして外のご飯はもちもちといった1個でいろいろな食感が楽しめます。ただし本当にボリュームがあるため、飯糰以外も食べたいという時は何人かでシェアがおすすめです。こちらも卵入りの別メニューがあります。価格は1つ120円ほどです。

鼎元豆漿人気メニュー6:蛋餅見出し

蛋餅は台湾風クレープと言われている食べ物です。クレープ生地と一緒にネギが入った薄焼き卵が巻かれた料理です。薄味なのでそのままでも良いのですが、セルフサービスコーナーにある台湾醤油をつけて食べるとなお美味しいです。また蛋餅夾油條というクレープ生地に薄焼き卵と揚げパンを巻いたものもあります。

油條は台湾の揚げパンのことなのですが、どの料理にも使われていることが多く万能な存在であることがよくわかります。油條が入るとサクサクの食感が入り、スタンダードな蛋餅とはまた一味違った美味しさです。価格は蛋餅が約120円、卵入りの蛋餅夾油條は15元増しで170円ほどです。

鼎元豆漿人気メニュー7:韮菜包見出し

こちらはニラが入った包子です。似たような鼎元豆漿の料理でネギ入りの蔥花餅もありますが、こちらはネギを焼き込んだふかふかのパンで、韮菜包はニラまんです。中身は名前の通りどこを割ってもニラがたっぷり詰まっています。油でカリッと焼いてあるのでニラの香りが引き立ってとても美味しいです。

ですが、本当に具材がニラのみですのでニラが苦手な方、匂いの強いものが苦手な方は避けた方が良さそうです。価格は1個約60円ほどです。こちらも高麗菜肉包や飯糰と同様1個が大きめです。日本ではまず見かけない包子なので、ニラがお好きな方はぜひお試しください。

鼎元豆漿で人気の朝ごはんを食べてみて見出し

いかがでしたか、台北にある鼎元豆漿は朝だけの営業ですが、味の美味しさと値段の安さで行列ができるほど地元の人に愛される人気店です。最近では口コミも広まり、海外の観光客の方も多いようです。行き方も難しくなくメニュー表もあるので安心して注文できます。ぜひ鼎元豆漿で台湾式の朝ごはんを楽しんでみてください。

台湾料理を本場で食べよう!台北でおすすめの店を厳選して紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾料理を本場で食べよう!台北でおすすめの店を厳選して紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今大人気の台湾旅行。台湾といえば、美味しい料理が有名ですよね。今回は、台湾料理を本場で食べよう!台湾の台北でおすすめの店を厳選してご紹介いたします。台北で食べられる人気のお店を知って、本場台湾で美味しい料理を食べましょう!
『永和豆漿大王』は台北でもおすすめの有名店!朝食にもおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
『永和豆漿大王』は台北でもおすすめの有名店!朝食にもおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾旅行に行ったらホテルの朝食は予約しないで、台北で大人気の朝食屋さん『永和豆漿大王』で、ぜひ台湾式の朝食をとってみてはいかがでしょうか。コチラでは『永和豆漿大王』の朝食メニューや台湾の朝食事情などをご紹介していきます。
投稿日: 2017年10月20日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote