龍泉洞は岩手屈指の観光スポット!地底湖やパワースポットなど見どころ豊富!

龍泉洞は岩手屈指の観光スポット!地底湖やパワースポットなど見どころ豊富!

岩手県の人気の観光スポットである龍泉洞。龍泉洞は、日本三大鍾乳洞の一つでおすすめのパワースポットとなっております。奥には、ブルーに輝く綺麗な地底湖が広がっています。今回は、龍泉洞の観光におすすめの見所をご紹介いたします。岩手観光の一助になれば結構でございます。

記事の目次

  1. 1.岩手県観光名所「龍泉洞」
  2. 2.龍泉洞のアクセスと料金
  3. 3.龍泉洞とは
  4. 4.龍泉洞の見どころその1「改札」
  5. 5.龍泉洞の見どころその2「百閒廊下」
  6. 6.龍泉洞の見どころその2「蝙蝠穴」
  7. 7.龍泉洞の見どころその3「長命の泉」
  8. 8.龍泉洞の見どころその4「摩天楼」
  9. 9.龍泉洞の見どころその5「龍の淵」
  10. 10.龍泉洞の見どころその6「亀岩」
  11. 11.龍泉洞の見どころその7「月宮殿」
  12. 12.龍泉洞の見どころその8「地底湖」
  13. 13.龍泉洞の見どころその9「三原峠」
  14. 14.岩手県の龍泉洞は天然記念物
  15. 15.龍泉洞の生物
  16. 16.岩手県岩泉町・龍泉洞周辺おすすめ観光スポット
  17. 17.岩手県おすすめお食事処「龍泉洞レストハウス」
  18. 18.岩手県おすすめお食事処「カンティーナ」
  19. 19.岩手県おすすめ宿泊施設「ホテル龍泉洞愛山」
  20. 20.岩手県おすすめ宿泊施設「龍泉洞温泉ホテル」
  21. 21.龍泉洞には見どころがたくさん

岩手県観光名所「龍泉洞」

龍泉洞は、岩手県下閉伊群岩泉町にある鍾乳洞です。総長1200mですが、実際は未だ詳細がわからず、5km以上あるのではないかという見解もなされています。龍泉洞では様々な見所があり、人気のおすすめパワースポットになっておりますので、今回は龍泉洞の見所をご紹介致します。

龍泉洞のアクセスと料金

龍泉洞へのアクセスは、車かバス、電車になります。料金は人数により変化しますが、大人880円、高校生630円、小中学生370円です。100から199人の場合は70円ずつ値引き、200名からの場合は、130円のお値引きになります。また、団体の場合はまとめてお支払い下さい。

車でアクセスの場合

車でのアクセスの場合は、岩泉町へ行く必要があります。盛岡からの場合約100分、花巻空港からの場合は約140分、宮古からの場合は約60分、八戸からの場合は、120分、久慈からは約60分程となっております。駐車場は、4カ所に駐車場がございますが、現在(2017年10月)は、第二が使用禁止となっております。

公共交通機関でアクセスの場合

公共交通機関の場合は、盛岡からJR でバスが便利のようです。盛岡からはバスで約110分かかります。また大阪や札幌などから飛行機の場合、花巻からバスも出ておりますが、こちらは240分から270分程お時間がかかります。バスの料金は、盛岡からの場合、大人2660円、小学生は半額になります。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1 電話番号:0194-22-2566

龍泉洞とは

龍泉洞とは、別名岩泉湧窟ともいう日本三大鍾乳洞の一つです。龍泉洞は、1967年に発見され、中にはブルーに輝く地底湖などもあり人気のパワースポットとなっております。こちらの地底湖の水は、龍泉洞地底湖の水として名水百選にも選ばれているようです。また、国の天然記念物としても指定されております。

龍泉洞の見どころその1「改札」

龍泉洞の見どころは、入り口から始まります。入り口には、洞窟内と外の気温の差を補うためにエアーカーテンという冷風が設けられております。洞窟内の気温は10℃前後しかありませんので、暑いからといって半袖などで行かず防寒対策をある程度していきましょう。

龍泉洞の見どころその2「百閒廊下」

洞窟内へ入ると初めに百閒廊下があります。こちらの道は非常に狭く断層の間にできた道です。一説によると昔龍が通ってこの道ができたという逸話もあります。そういった逸話が多いのも岩手県の特徴です。天井は高いものの、鍾乳洞を見ることも出来ます。また、水滴が多く落ちてくるため、ビニールの板が張られてあります。

カップルが見つけたらラッキー

龍泉洞には、幻想的な雰囲気が漂うことから、多くのカップルが訪れる場所でもあります。デートで幻想的な雰囲気に包まれて絆を深めるのに良いです。百閒廊下にはそんなカップルが見つけるといい所があります。それはハートマークの除き窓。道の途中にありますので見つけたらラッキーです。

百閒廊下の注意点

洞窟内へ入ると中を流れる水の音が聞こえます。そして、百閒廊下の場所にも水が流れるところを見ることができます。しかしながら、遠慮していただきたいこととして、コインの投げ入れはご遠慮ください。大変貴重な自然遺産の一つです。洞窟内は節度を守って観光してください。

龍泉洞の見どころその2「蝙蝠穴」

読み方は蝙蝠の読み方は、コウモリです。こちらではその名の通りコウモリが生息しております。後ほどご紹介いたしますが、こちらの穴には5種類のコウモリが生息しており、この5種類が同時に生息しているのは非常に珍しいようです。そのため、こちらの穴の環境の研究として論文も書かれております。

龍泉洞の見どころその3「長命の泉」

人類が太古の昔から憧れた不老不死や長寿。こちらの泉はその名の通り長命になると言われ、飲むと3年寿命が長くなるとされています。こちらの泉の水は、もちろん飲むことが出来ませんが、パワースポットとなっており眺めているだけでも長寿になれる気がしてきます。ゆっくりと流れる水の音と楽しみましょう。

龍泉洞の見どころその4「摩天楼」

長命の淵を抜けた後、高さのある空間に到着します。こちらは、長い年月をかけて水が岩を削り出来上がったものです。そびえ立つ壁には、摩天楼と名前がついた天井岩があります。摩天楼とは英語でSkycraperといい空を削るという意味です。ここはその名の通り非常に高さがあるのが見どころです。

龍泉洞の見どころその5「龍の淵」

こちらでは、龍の頭のような形をした鍾乳石を見ることができます。龍は太古から神としてみなされており様々な意味がありますが、龍の淵ではそんな神として崇められた龍の鍾乳石を見ることが出来ることから、人気のおすすめパワースポットとなっております。龍の淵では、勝負運のご利益を授かることができるようです。

龍泉洞の見どころその6「亀岩」

こちらの亀岩は、人の手が加わっていない自然に創られた亀のような岩です。他にも地蔵岩や獅子岩、筍岩といった長い年月をかけて滴り落ちた水滴が作り上げた芸術的な岩が数多くあります。時の流れを感じながらゆっくりと、じっくりと眺めてみてはいかがでしょうか。

龍泉洞の見どころその7「月宮殿」

月宮殿は、非常に広い空間で、宮殿と呼ぶにはふさわしい美しさと広さです。獅子岩のあたりから後ろ帰路側へ向くと鍾乳洞の形を外縁にしてハートの形を拝むことができます。愛のパワースポットでカップルで手をつなぎハートをながめながら、永遠の愛を祈願してみてはいかがでしょうか。

龍泉洞の見どころその8「地底湖」

岩手県観光の人気のパワースポットである龍泉洞の一番の見どころは、地底湖です。地底湖は公開されている龍泉洞の中の最深部にあたります。こちらには、第一地底湖、第二地底湖、第三地底湖と地底湖を眺める場所が三ケ所あり、龍泉洞の見どころの一つとなっております。

美しき第一地底湖

地底湖の中で最もはじめに発見されたのが第一地底湖です。こちらの地底湖は水深が35メートルあるのですが、水が非常に透き通っており、地底湖の底が見えるほど綺麗です。また、青色に輝く湖の色はドラゴンブルーと呼ばれ、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

愛のパワースポット第三地底湖

第三地底湖は、3つの地底湖の中で最も深さのある地底湖です。こちらは、見る場所によって湖の形がハートに見えることから、多くの岩手県観光に来たカップル達の愛のパワースポットとなっているようです。さらに、非常に美しいことも見どころの一つとなっております。

地底湖の注意点

こちらの洞窟内全てが天然記念物にしていされております。そのため先にも述べましたが、コインの投げ入れは禁止となっております。マナーと節度を守った観光をしてください。禁止行為をしてしまうと逆にご利益を授かれないかもしれません。気を付けましょう。

龍泉洞の見どころその9「三原峠」

地底湖は公開されている中では、最深部であるため、ここからは永遠の愛の時間はおわり、帰路につくこととなります。帰路は途中まで2つのルートを選ぶことが出来ます。今まで通ってきた道を戻るか、三原峠を通ってもどるかの2つのルートです。来た道ではない道にあるのが三原峠です。

三原峠は階段がたくさん

三原峠は鍾乳洞の中を登っていくルートです。そのため階段があるのですが、すべて合わせて272段あるそうです。「人生楽ありゃ苦もあるさ」ということで、大変ではありますが、三原峠も見どころの一つとなっておりますので、是非頑張って登っていただきたいです。

三原峠のワイン貯蔵庫

三原峠の階段の途中には、ワイン貯蔵庫があります。一年中温度にあまり変化がないため、洞窟内などはワインを保管するのに適しているようです。そのため、こちらでは、ワインを保管しております。こちらの貯蔵庫は、地上とつながっているため、混雑期の出口としても利用されております。

三原峠の愛のパワースポット

三原峠の途中には、第一地底湖を上から眺められる場所があります。こちらは、穴のような所から除く場所なのですが、その穴の形が場所によってハートに見えることから、愛のパワースポットとされているようです。まだまだ発見されていない愛のパワースポットも見つかるかもしれません。

岩手県の龍泉洞は天然記念物

先にも少し述べましたが、龍泉洞は、5種のコウモリと共に1938年に国の天然記念物として指定されております。また、龍泉洞の近くには日本洞穴学研究所があり、未だ解明されていない洞穴について日々研究がなされております。自然はまだまだ分からないことが多いため、新たな発見に今後期待できそうです。

龍泉洞の生物

龍泉洞の中には数多くの生物が存在します。その中でも特に、5種のコウモリは国の天然記念物に指定されており、非常に貴重な生態系となっております。こちらのコウモリたちはそれぞれが希少であるというわけではなく、5種のコウモリが同時に生息していることが貴重というわけです。

人気のコウモリその1「コキクガシラコウモリ」

コキクガシラコウモリは龍泉洞で見られるコウモリの中で珍しいコウモリの1つです。環境省のレッドリストの絶滅危惧種にしていされており、個体としては、西湖蝙蝠穴と龍泉洞の個体のみ天然記念物として指定されています。夜行性のため、日中はあまり動きません。

人気のコウモリその2「テングコウモリ」

岩手県龍泉洞では、テングコウモリを見ることが出来ます。テングコウモリは、その名の通り天狗のような鼻が特徴で、灰汁色と銀色に光る長い毛が生えています。下面は、灰色です。こちらのコウモリは海外には近隣種しか生息しておらず、日本特有の個体となっております。

人気のコウモリその3「キクガシラコウモリ」

こちらのコウモリは、ねぐらや冬眠場所の洞窟が減少していることから、生体数が減少しているコウモリです、こちらのコウモリも西湖蝙蝠穴と龍泉洞の個体のみ国の天然記念物として登録されており、貴重なコウモリです。中国国内に生息するコウモリは、ウイルスをもっているため、注目されております。

人気のコウモリその4「モモジロコウモリ」

こちらのコウモリの名前は腿に白い毛があることが由来となっております。こちらのモモジロコウモリの特徴は、キクガシラコウモリなど他のコウモリに混ざって群れを作ります。群れは100頭以上にもなり、大きな群れの中で生活します。そのため龍泉洞で見つけるのは難しいので見つけたらラッキーです。

人気のコウモリその5「ニホンウサギコウモリ」

ニホンウサギコウモリは、名前の通りウサギのような大きな耳があるコウモリでかわいらしいのが特徴です。こちらのコウモリは、2002年3月に絶滅のおそれのある野生動物の絶滅危惧種に指定されたが、2007年には、生息確認地点数が増加し、ランクから外されました。

コウモリを観察する際の注意点

コウモリは、捕まえることが国で禁止されております。またコウモリはウイルスを持っている事があるため、素手で触ることは控えてください。龍泉洞では多くのコウモリが生息しており、国の天然記念物であるため、遠くから観察する程度にしましょう。皆様はどのコウモリを見ることが出来るでしょうか。

岩手県岩泉町・龍泉洞周辺おすすめ観光スポット

龍泉洞の近くには他にも人気の観光スポットがあります。しかしながら車でなければ少々不便ではありますので、車で行くことをおすすめいたします。車で龍泉洞へ行く方は、おすすめの観光スポットでございます。また、近くに宿泊施設やお食事処もございますので、観光スポットと合わせて参考になさってください。

岩手県おすすめ人気観光スポット「宇霊羅山」

宇霊羅山は、龍泉洞の上にある山になります。こちらは秋になると良い景色になり、登山も出来ます。こちらの山では登山から下山までおよそ2時間ほどのコースとなっており、登山初心者の方でも気軽に登ることができる山となっております。登山道は整備されており、迷う心配もありません。

岩手県おすすめ人気観光スポット「ふれあいらんど岩泉」

こちらは、キャンプ場・ゴルフ場・コテージ・400メートルトラック・サッカー場といったアウトドアを楽しむことが出来る施設になっております。寝台車や宿泊設備も整っており、龍泉洞で癒された後にアウトドアを楽しむのには最適な環境となっております。

住所岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂字大向 電話:0194-22-5211

岩手県おすすめ人気観光スポット「道の駅いわいずみ」

ふれあいらんど岩泉のすぐそばにある道の駅いわいずみでは、龍泉洞の名水を使った化粧水や工芸品など、岩泉町の特産品が多く揃っているショップになります。レストランやカフェも併設されており、岩泉町の食材を使った料理が多くございます。またカフェでは龍泉洞の水で淹れた「名水コーヒー」もございます。

住所:岩手県下閉伊群岩泉町乙茂字乙茂90-1 電話番号:0194-32-3070

岩手県おすすめお食事処「龍泉洞レストハウス」

こちらの食堂は、龍泉洞に併設されております。売店も1Fにあるためお土産を買うことも出来ます。お店の外では串焼きを売っており、良い香りを漂わせております。レストランのイワナ塩焼きは、非常に美味しく絶品です。海藻系の麺類も取り揃えており、うどんやラーメンがございます。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉神成1-1 電話番号:0194-22-2270

岩手県おすすめお食事処「カンティーナ」

こちらは輸入雑貨とカフェが併設されております。以前はピザやパスタが食べられましたが、2017年5月ではガレットのみしか取り扱っておらず料理の選択肢があまりありません。しかしながら落ち着いた雰囲気でおしゃれな雰囲気のお店はこちらがおすすめとなっております。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉下宿32 電話番号:0194-22-3243

岩手県おすすめ宿泊施設「ホテル龍泉洞愛山」

こちらのホテルは、柔らかいお湯として評価されており、貸切風呂もあります。こちらの貸切風呂は、近年リニューアルしたばかりであり、きれいな浴槽で楽しむことが出来ます。一人5000円から楽しむことが出来るホテルとなっており、比較的リーズナブルに泊まることが出来ます

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字松橋1-2 電話番号:0194-22-4111

岩手県おすすめ宿泊施設「龍泉洞温泉ホテル」

こちらは、龍泉洞から流れ出る清流のそばにあるホテルで、自然に囲まれたホテルです。こちらのホテルでは、産地地消にこだわり、岩泉町で生産された旬の食材をしようしたお料理が楽しめるのが特徴です。龍泉洞もすぐ近くにあるため、疲れた体を癒してはいかがでしょうか。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉府金48 電話番号:0194-22-4141

龍泉洞には見どころがたくさん

いかがでしたでしょうか。龍泉洞には見どころがたくさんあり、自然にできた鍾乳洞や希少な生物たちを見ることができます。また、龍泉洞のある岩泉町は人気の観光スポットとなっており、今回ご紹介できなかった場所も多くございます。岩手県観光に岩泉町はいかがでしょうか。

らいちー
ライター

らいちー

関連記事

人気記事ランキング