地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

新潟の心霊スポット特集!廃墟やロシア村など危険な場所ばかり!

新潟は温泉でのんびりをしたり、お米が美味しかったりなど人気の観光地でありますが、実は心霊スポットが多いということを知っていますか?今回は、新潟の心霊スポット特集をお送りいたします。新潟は廃墟やロシア村など危険な場所ばかり⁈

新潟の心霊スポット特集!見出し

新潟は、廃墟やロシア村、トンネルなど、怖い心霊スポットが多い土地だということを知っていましたか?あまりイメージがないかと思いますが、実は身の毛もよだつ怖い思いをしている人が沢山いるのです。今回は、新潟の心霊スポットをご紹介いたしますので、怖い場所に興味がある方、心霊スポット巡りをしたい方、チェックしてください。

新潟の怖い心霊スポット1:日蓮聖人霊跡見出し

新潟で霊能力者からも恐れられる最も怖い心霊スポットをご紹介いたします。新潟の日蓮宗・妙高寺の裏山に存在する七面大天女岩屋という自然洞窟です。そこは日蓮上人ゆかりのご霊跡です。霊跡とは、神仏に関わる神聖な事跡があった土地のことを呼びます。かつて日蓮上人が佐渡へ流罪の時、強風が原因でここ角田浜に漂着されました。

その時代、七頭の岩屋に住み着いている悪蛇達が村人を困らせていたため日蓮上人が懲らしめて末法鎮守の誓いを立てさせました。そしてその後七面大明神と崇められるようになった神聖な場所です。昼間は問題なく観光ができる場所のようなのですが、夕方以降は注意が必要です。この場所では、不可解なことが起きると言われています。

日蓮聖人霊跡の洞窟の中には、水子供養や子育て地蔵もあります。そこに石が積まれているのですが、夜になると誰もいないのに勝手に石が積まれるという噂があります。またその積んでいる石をいたずらに崩したりするのは厳禁です。必ず祟られるという地元の噂があり、帰り道に不可解な現象に遭ったり、事故に巻き込まれるそうです。

新潟の怖い心霊スポット2:新潟のホワイトハウス見出し

テレビなどでも放送された新潟市角田浜にある超有名心霊スポットの「新潟のホワイトハウス」という廃墟です。かつて娘の精神的な病気(多重人格)の治療を目的にこの土地に引っ越してきたそうですが、悪くなる一方で、ある日娘が父が持っていた猟銃を使って家族を殺害、家政婦さんは撃たれながら逃げ亡くなったのが近くのトンネルだそう。

ホワイトハウスは、その名の通り白い洋館の廃墟です。娘はそこで家族を殺し、その後行方不明になったそうです。一説ではただ単に病気で亡くなったという話もあるので、真相は分かりません。ただ廃墟の2階を見ると鉄格子となっているので、精神病で監禁されていたという話はあながち嘘ではないかもしれません。薄気味悪い廃墟です。

新潟の怖い心霊スポット3:ロシア村見出し

現在は廃墟となっている「ロシア村」は、テレビなどで紹介されている心霊スポットというだけあり、新潟の中では大変有名な場所となっています。ロシア村は、現在の新潟県阿賀野市笹神地区にあった40000平方メートルもの敷地を持つ巨大テーマパークで、1993年にオープンいたしました。ロシアとの文化交流が目的で作られた場所です。

その後入場数に伸び悩み、2004年に閉園、その後廃墟と化してしまいました。その後放置状態となったロシア村は、雨や風、侵入者などに荒らされ、どこもかしこも酷く荒れている状態となっています。2009年には不審火によってホテル棟が全焼をしてしまったこともありました。そこが何故心霊スポットなのか不明ですが、本当に怖いそうです。

ロシア村に行ったことがある方の情報によると、誰もいないはずなのに人影が写っていた、不審な物音がする、写真を撮ると心霊写真が撮れたなど、数多くの心霊体験が存在しています。ロシア村は湿気も多く、空気も悪いため、霊が集まりやすい環境になっているのかもしれません。酷い廃墟なので、あまり行かない方が良いと言えるでしょう。

新潟の怖い心霊スポット4:咲花グランドホテル見出し

新潟県五泉市にある咲花温泉には、既に廃墟になってしまった「咲花グランドホテル」が存在しています。そのホテルは心霊スポットとして噂があり、例えばホテルの中の大広間と大浴場を繋ぐ通路の奥で白い人影が横切ったという目撃情報や、誰もいないはずのホテルのフロントでガサガサという物音や、女性の笑い声まで聞こえてきたそうです。

誰もいないはずなのに、フロント付近でカツカツという女性の靴の音まで聞こえたり、大浴場で足跡も聞こえてきたそうです。間違いなくこのホテルには何かが住み着いている様子です。特に大浴場や、大広間あたりは空気が大変重く、物音などがする場所でもあるので、注意したい場所と言えるでしょう。一体このホテルで何が起きたのでしょうか。

新潟の怖い心霊スポット5:五十島トンネル見出し

新潟県阿賀町国道49号線にある「五十島トンネル」は、地元でも交通事故が多い心霊スポットとして有名です。延長1070メートルもある比較的長いトンネルで、脇道には旧トンネルも存在しています。主に心霊スポットとされているのは旧トンネルの方で、近くに自殺の名所があり、そのそばに流れている阿賀野川では水死体が上がるそうです。

そのせいか、旧トンネルの中では白装束の女性の霊が出現する噂があり、その女性の霊を見た人は祟られてしまうという怖い話があります。実際に行ったことのある人の話では、近づいてくる足音がはっきりと聞こえた、写真を撮ったらオーブや顔型のようなものが写ったなど様々あります。薄気味悪いトンネルなので、注意してください。

新潟の怖い心霊スポット6:越後七浦シーサイドライン見出し

とても美しい場所なのですが、残念ながら心霊スポットである国道402号線。新潟市中央から柏崎市をつないでいる道で、晴れている日は最高の景色が見られる「越後七浦シーサイドライン」という海岸線です。その道の途中にある浦浜大橋という赤い橋、そして柏崎の米山付近にある赤い橋は、事故が大変多いことで有名なスポットです。

シーサイドラインの浦浜大橋は、別名あべこべ坂とも呼ばれており、なぜか上っている感覚なのに、実際は下っていたり、違和感がある道です。実際に事故にあった人も多くおり、心霊体験者も数多く存在しているため、この場所で運転をする際には、十分な注意が必要です。景色がとても良いので、気をとられないようにしましょう。

新潟の怖い心霊スポット7:内の倉ダム及びトンネル見出し

「内の倉ダム」は、もともと羽越水害によって被害が遭った新発田地域を水害から守るため建設されたダムです。見た目はいたって普通のダムで、静かで自然が豊かな場所なのですが、実は自殺の名所と言われています。そのためか、釣りに行った人がぶらりとぶら下がった人の霊を目撃したという情報があります。

また内の倉ダムへ行くまでの間に3つのトンネルがあるのですが、その中の七滝トンネルと常盤新田トンネルは地元でも有名な心霊スポットです。女性の悲鳴が聞こえるという噂、白い着物を着たおばあさんの霊が出るという噂、歩いていると体が浮くなど、様々あります。ダムとトンネルのセットは心霊スポットになることが多いです。

新潟の怖い心霊スポット8:神明公園見出し

新潟市中央区女池神明にある「神明公園」は、心霊スポットとしてテレビで紹介されたり、霊能力者が実際に訪れ、危ないと言われている場所です。この土地では、江戸時代の頃処刑場だったそうで、首を切り落とし、その首をさらし者にする獄門だったそうです。昭和になってから公園になったようですが、トイレ内で首吊り自殺があったそう。

その後トイレは綺麗にリフォームされたそうですが、霊的な存在を感じたり、女性の霊を目撃したという情報、写真を撮ると心霊写真が写るなどという噂があります。過去に色々あった場所なので、霊感の強い方や、憑依されやすい方などが訪れると取り憑かれてしまう可能性も考えられるので、冷やかしで行くのはやめましょう。

新潟の怖い心霊スポット9:済生会第二病院7階見出し

新潟市西区寺地にある「済生会第二病院」は、現在でも使われている病院なので、あまり大げさには伝えたくはないのですが、7階で心霊現象が起きるらしく、この階だけ使われていないそうです。誰もいないはずなのに電気が付いたり、6階にいると7階から足音が聞こえて着たり、エレベーターが7階に止まるなど、怖い噂が沢山あります。

病院で起きる心霊現象は、本気で怖いと思いませんか。よくホラー映画などで出てくるような現象が実際に起きたらたまったもんじゃありません。病院ということもあるので、肝試しに行こうとしても警備員さんなどに止められてしまいます。患者さんもいるので、実際に行くのは控えるようにしましょう。

新潟の心霊スポットは怖すぎる!見出し

いかがでしたか?今回は、新潟の心霊スポットを厳選してご紹介をいたしました。全国には様々な心霊スポットがありますが、新潟の心霊スポットは実際に心霊体験をした話も多く、信憑性が高い場所が多いです。心霊スポットで肝試しなどをする場合、危険な目に遭わないよう、あまり深入りせず、ほどほどな所で引き上げてください!

投稿日: 2017年11月9日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote