地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

秩父ミューズパーク特集!雲海の見られる展望台や宿泊施設もご紹介!

秩父ミューズパーク特集!雲海の見られる展望台や宿泊施設もご紹介!

秩父ミューズパークは、ファミリーで1日中遊べるスポットです。自然の中に囲まれて、スポーツやアスレチックを楽しんだり、展望台でゆっくりと遠くの景色や雲海を眺めたりできます。秩父ミューズパークで楽しめることや宿泊施設、アクセス方法などをご紹介します!

秩父ミューズパークへ!展望台や宿泊施設などをご紹介!見出し

Photo byjonathansautter

埼玉県にある【秩父ミューズパーク】は、秩父市から車で15分ほどの場所に位置している丘陵公園です。自然が多い公園なので、四季を感じられますし、スポーツやアスレチックも楽しめます。展望台もあるので、市街地を広く見渡せ、雲海やホタルも見られます。秩父ミューズパークの様々な施設をご紹介します!

秩父ミューズパークはどんな場所?見出し

秩父ミューズパークは、自然が多く、スポーツやアスレチックなど、様々なアクティビティを楽しめる施設です。細長い公園で、北口と南口の距離は3kmもあります。スカイロードでサイクリングを楽しめ、宿泊施設もあるので、キャンプもできます。アウトドアを一度に経験できる人気の公園です。

秩父の夜景まとめ!デートやドライブが盛り上がるスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
秩父の夜景まとめ!デートやドライブが盛り上がるスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
都内からも1時間半で行くことができる埼玉県秩父市。秩父は周りを山で囲まれているため、少し山に登るだけでも綺麗な夜景を見ることができます。今回はドライブやデートにもおすすめの秩父の夜景スポットや星空も一緒に楽しめるスポットなどをご紹介します。

秩父ミューズパークの様々な施設が充実!見出し

秩父ミューズパークは、広い敷地に様々な施設があり、1日中楽しめるスポーツやアウトドアを楽しめる場所です。テニスコートやフットサルコートがあり、スポーツが楽しめますし、身体全体を使いたい方にはアスレチック施設を、夏にはプールを使うことができます。日帰り温泉もあるので汗を流すこともできます。

ひと休みや景色を楽しみたい時には展望台へ、自然の中で泊まりたい時には、コテージに宿泊して星空を眺めたり、BBQも楽しめます。時期によりますが、ホタル鑑賞ができたり、雲海が見られることもあります。自然の中で過ごしていると実感できるので、都会の喧騒を忘れてしまいます。

秩父ミューズパークでサイクリング見出し

秩父ミューズパークには、北口と南口をつなぐように長い道になっている【スカイロード】があります。こちらのスカイロードの両端にはイチョウ並木があり、秋になると黄色のトンネルを通っているような、美しい光景に出会うことができるおすすめのスポットです。

スカイロードは、車道とは別になっているので安心です。ゆっくりとお散歩したり、写真を撮ったりできるので、秋の季節を楽しめます。レンタルサイクルがあるので、自転車でサイクリングもおすすめです。季節によっては自転車が空かないこともあります。長い公園なので移動するのにちょうど良いのが理由でしょう。

レンタルサイクルは2時間の利用で、普通自転車500円から4人用1500円まであります。北口と南口まで自転車で移動しても30分前後です。平坦な道が多いので、とても走行しやすいです。定休日が火曜日となっているので、お出かけの際にお気をつけ下さい。

秩父ミューズパークで大人のアスレチック!見出し

秩父ミューズパーク内に、アスレチック施設があります。「フォレストアドベンチャー秩父」で、高い場所で大人のアスレチックが楽しめます。特に、谷を越えるジップスライドは、地上20mもの高さがあり、颯爽と滑って行く感覚は壮快です。事前講習を受けて、ハーネスを使うタイプの本格的なアスレチックです。

ドキドキ感とわくわく感を同時に楽しめ、いつもと違う感覚を味わうことができます。ハーネスがあるので、高い場所でのアスレチックを安全に進められます。アスレチックができるスポットがある中で、フォレストアドベンチャー秩父は最難関のアスレチックを持ちます。

アスレチックに参加するために、事前予約がおすすめです。当日に予約が空いているとは限らないです。参加対象は小学4年生以上か身長140cm以上、体重130kg以下です。利用料金は、18歳以上3600円・小学生4年生以上から17歳まで2600円となります。9時から日没(季節で変動あり)まで営業しています。

秩父ミューズパークの展望台見出し

秩父ミューズパークにある展望台では、秩父の景色を眺めることができます。秩父を一望するビューポイントでもあります。秩父の四季の移り変わりを感じ取ることができます。天候が良い時には、武甲山を眺めることができ、荒川の流れや秩父公園橋なども見ることができます。

夜になって、辺りが暗くなってくると、展望台では秩父の美しい夜景を眺めることができます。光が多いので、夜景スポットとして見ごたえがあるスポットです。夜景を見る際には、足元を照らす懐中電灯をお持ちになることをおすすめします。第10駐車場から展望台までは、暗い道を少し歩きます。

秩父ミューズパークの旅立ちの丘見出し

秩父ミューズパーク内には、「旅立ちの日に」の発祥の地、旅立ちの丘があります。旅立ちの日には、今では卒業式の定番ソングとなりました。スロープを歩くとメロディが流れます。そして、ステージに立つと歌が流れます。秩父の景色を一望しながら曲を聞くことができる、素敵なスポットです。

夜には、美しい夜景スポットとして人気のあるスポットです。夜景を見ながらメロディを聞いている方もいます。この贅沢なスポットは、雰囲気も良いので、おすすめしたいスポットです。旅立ちの丘へは、第12駐車場が一番近いです。循環バス・ぐるりん号でのアクセスでは、「展望すべり台バス停」で下車です。

秩父ミューズパークは宿泊施設・PICA秩父見出し

【PICA秩父】は、個性的なコテージが100棟もある宿泊施設です。スタンダードコテージ、ドッグラン付き「ドギーコテージ」、ハンモック付き「アウトドア・オーベルジュコテージ」、ピザ窯付き「グラン・オーベルジュコテージ」、望遠鏡設置の「星ぞらキャンプスタイル」と、宿泊スタイルを選ぶことができます。

宿泊時に気になる、お隣と声や音は距離が開いているので気にならず、ゆったりと楽しく過ごすことができます。宿泊に困らないように設備が充実しているので安心です。冷蔵庫・冷暖房完備・電気ポット・テレビと、まるでホテルにいるような設備です。シャワーやトイレはとてもきれいなので気持ちが良いです。

アメニティやタオルもしっかりとあるので、宿泊に困ることはないです。宿泊するコテージは屋根付きテラスがあるので、雨が降っても楽しくBBQを楽しめます。コテージ予約時に食材を予約しておくと、センターコテージに取りに行くだけでラクチンです。コテージの宿泊の他にグランピングもできます。

秩父ミューズパークのデイキャンプ見出し

宿泊まではできないけれど、みんなでワイワイと楽しい時間を過ごしたいとお思いでしたら、日帰りで本格的なバーベキューを楽しんではいかがでしょうか。PICA秩父のBBQ場で日帰りキャンプができます。デッキがあるサイトとスターシェードのサイトが各5サイトあります。

日帰りキャンプに必要な道具は全てあるので、自分で持って行くものは無くても平気です。森の中で楽しむ地元の食材を使ったBBQです。BBQのセットメニューは1人前3800円からあります。食材の追加もできます。予約は2名からの受付で、事前予約となっています。

予約は、電話のみとなっていますので、ご注意ください。利用時間は11時から14時まで、ラストオーダーは13時30分までとなっています。定休日は木曜日なので、予定を立てる時は定休日をお忘れなく!冬期間の12月1日から2月28日までは、お休みしています。

電話:0494-22-8111(PICA秩父フロント)

秩父ミューズパークでホタル鑑賞見出し

秩父ミューズパークでは、ホタル観賞ができるのをご存知ですか?鑑賞できるホタルはゲンジボタルで、沢辺に自然発生するホタルを鑑賞できるスポットは、音楽堂裏駒沢湖周辺です。ホタルが鑑賞できる期間は、6月下旬から7月上旬となっています。ホタル観賞が予定されている時間は19時30分から22時までです。

ホタルが姿を現しやすい環境は、温かくて蒸している時だそうです。1匹が飛び出すと、次々に姿を現すホタルの光はとても幻想的で、非日常を体験させてくれます。ホタルの体長は1.5㎝ほどですが、光が強く、存在をしっかりと感じられます。沢山のホタルが飛ぶ姿に、時間を忘れてしまうかもしれません。

ホタルを鑑賞する際は、周辺はとても暗くて足元が見えにくいので、懐中電灯を用意しましょう。むやみに周辺を照らすと、ホタルに影響が出ることがあります。ホタルの生息環境は、山の中なので事前に虫よけスプレーを使います。沢辺で使うとホタルも逃げてしまうので、階段を下りる前の使用をおすすめします。

秩父ミューズパークで雲海が見られる!見出し

秩父ミューズパークで雲海を見ることができ、展望台と旅立ちの丘が雲海の展望スポットです。雲海は、いつでも見られるわけではなく、条件が揃っていることが前提です。雲海の条件は、前日に雨か雪が降っていて湿度が高いこと、雲海を見る当日は晴れている事です。

雲海の発生時間帯は日の出から朝7時くらいまでのようです。雲海を見るのが難しいと言われているのは、雲海の発生率が低いことにあります。実は、雲海が発生する確率が高いのは11月です。50%くらいの高確率で雲海が発生します。4月で20%ほど、残りの月は10%ほどとなり、雲海に巡り合うのは難しいと感じます。

展望台に近い駐車場に車を止めて、展望台まで歩いていきます。第10駐車場が一番展望台に近いです。ここから歩いて数分で着くので心配ありません。おすすめの時間帯は、5時30分から2時間くらいです。展望台と旅立ちの丘が一番の雲海スポットなので混み合うのは覚悟しましょう。

旅立ちの丘に一番近い駐車場は、第12駐車場です。駐車場からすぐの場所にあるので、距離を歩く必要がありませんので安心です。展望台と比べると、雲海との距離感は少しだけ感じますが、展望台が混んだ時は、こちらに移動して雲海を眺めるのもよいでしょう。展望台よりも混雑は少ないかも知れません。

秩父の雲海発生時期や条件を徹底調査!おすすめスポットはココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
秩父の雲海発生時期や条件を徹底調査!おすすめスポットはココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
秩父でも雲海が見られることはご存知ですか?最近ツイッターなどのSNSでも話題になり、都心から一番近い場所で見られる雲海というだけあって、注目度急上昇中。秩父の雲海はいつ見られる?おすすめスポットはどこ?全部まとめてご紹介します。

秩父ミューズパークの日帰り温泉見出し

PICA秩父には、日帰り温泉施設【樹音の湯】があります。木のぬくもりが感じられるログ調の造りが気持ちをゆったりとさせてくれます。男女各浴室には、大浴場とサウナがあります。日帰りキャンプの後の入浴や、スポーツの汗を流したり、リラックスしたりと、落ち着く時間を過ごせる空間となっています。

樹音の湯の営業時間は、季節によって変動があります。4月から11月は、平日15時から20時30分です。金土日祝・繁忙期は15時から22時までです。12月から3月は、15時から20時30分までです。最終入場は、営業時間の30分前となっています。宿泊者は、年間を通して21時30分の最終入場で、22時まで利用することができます。

入浴料は、中学生以上520円・3歳から小学生までは210円となっています。コテージの宿泊者と2歳以下の子供は、入浴料はかかりません。タオルは200円で販売、バスタオルのレンタルは200円です。宿泊者は無料でレンタルできます。定休日は木曜日ですが、コテージが営業している時は利用できます。

秩父ミューズパークの基本情報など見出し

秩父ミューズパークの営業時間です。営業時間は特にないため、公園内は24時間いつでも入園できます。公園の入園や展望台の利用、旅立ちの丘も、無料で利用できます。展望台で秩父の夜景を眺めることや、雲海も安心して見ることができます。ゆっくりと風景を楽しみましょう。

アスレチック施設のフォレストアドベンチャーやスポーツ施設を使うのであれば、その施設ごとに利用料が発生しますので、念頭に置いておきます。道具のレンタル料も、その施設で精算します。駐車場は無料で利用でき、ミューズパーク内に何か所もあるので、止められないと言ったことは起こりにくいです。

秩父ミューズパークへのアクセス見出し

秩父ミューズパークへのアクセスです。車でのアクセスの場合、関越自動車道花園ICで降りた後、彩甲斐街道へ出て、国道140号線に出ます。県道270号線を左折、国道299号線とぶつかる分岐を右折、県道43号線に出ます。飯能からのアクセスは、国道299号線を秩父方面へ向かい、県道209号線を走り、県道43号線へ出ます。

甲府方面からのアクセスは、国道140号線を走り、雁坂トンネルを抜け、彩甲斐街道をそのまま走り進め、県道43号線まで走っていきます。神流町中里合同庁舎方面からのアクセスは、国道299号線を走り進めた後、県道43号線に出て走り進めます。秩父市街からアクセスをすると、15分ほどで到着します。

公共機関でアクセスの方は、秩父鉄道秩父駅を目指します。秩父駅で下車した後、秩父ミューズパークの循環バス「ぐるりん号」に乗車します。乗車後、20分ほどで到着します。西武鉄道西武秩父線・西武秩父駅で下車した後、ぐるりん号に乗車します。必ず秩父駅を経由するので安心です。

住所:埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518 電話:0494-25-1315

秩父ミューズパークは1日遊べる楽しい公園!見出し

Photo bypixel2013

秩父ミューズパークをご紹介しました。1年中四季を楽しめる自然公園です。設備も多く、1日中ゆっくりと遊んで過ごし、展望台で秩父の町を眺め、みんなでゆっくりと宿泊や、日帰りキャンプも楽しめます。秩父市街からのアクセスも比較的良い場所です。秩父ミューズパークへアクセスしてみてはいかがですか。

投稿日: 2018年1月22日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote