藍家割包は台湾のおいしいバーガー!他にも肉粽などおすすめメニューも!

藍家割包は台湾のおいしいバーガー!他にも肉粽などおすすめメニューも!

台湾で人気の食べ物と聞いて何を思い浮かべるのが多いでしょうか?「藍家割包」は他国とは違った台湾ならではの特徴あるバーガーのお店になります。今回は台湾で人気おすすめのバーガー「藍家割包」の一押しメニューを多数ご紹介します。

記事の目次

  1. 1.台湾の若者たちに人気の「藍家割包」
  2. 2.藍家割包って一体どんなお店?
  3. 3.藍家割包へのアクセス方法
  4. 4.藍家割包のおすすめ人気メニュー
  5. 5.藍家割包の割包のオーダー方法
  6. 6.お店では持ち帰りとイートインが選べる
  7. 7.台湾台北「藍家割包」に次ぐ人気バーガー店1:石家割包
  8. 8.台湾台北「藍家割包」に次ぐ人気バーガー店2:萬福號
  9. 9.台湾台北「藍家割包」に次ぐ人気バーガー店3: 包包 Bunsbao
  10. 10.台湾台北「藍家割包」の向かいのお店:陳三鼎(チェンサンディン)
  11. 11.台湾台北「藍家割包」で人気の肉粽おすすめ店:王記府城肉粽
  12. 12.台湾に行ったら藍家割包を1度訪れよう!

台湾の若者たちに人気の「藍家割包」

Photo by cchpmn

台湾のB級グルメ・代表的なスナックとして若者の間で大人気・おすすめメニューバーガーのお店「藍家割包」。平日でも常に行列が絶えない人気のお店。今回は「藍家割包」の人気・おすすめのバーガーメニューである「割包」やサイドメニューについてご紹介します。

藍家割包って一体どんなお店?

Photo by 蝦蝦

「藍家割包」という店名からは想像することが難しい食べ物。台湾ならではのバーガーを販売していて、台湾の中でも一番おすすめのバーガー店です。「割包」が一番人気メニューですが、台湾で有名のそのほかのB級グルメである肉粽や四神湯、大腸麺線などの販売もしています。一度に台湾グルメを楽しむことのできるバーガー店です。

人気の台湾バーガー店

「藍家割包」は連日大行列の人気の台湾バーガーのお店です。中でも人気おすすめのメニューが店名にも入っている「割包」になります。一般的な「割包」ではひと塊の角煮を使うことが多いですが、こちらのバーガー店では崩したお肉を使っているためとても食べやすいのが特徴になります。脂身と赤身のバランスがお好みで注文することができるのはほかにはない特徴です。

お店の名前の読み方

Photo by nyanchew

台湾台北にある人気バーガー店の「藍家割包」の読み方は「ランジャーグアバオ」です。日本の読み方だと「あいや」とよぶことができます。台湾語と中国語は似ていますが少々異なる点もあり、中国語ができる方の中には台湾語が全く分からない方もいます。台湾台北のバーガー訪問をきっかけに台湾語を勉強して自分で注文できると便利です。

台湾料理を本場で食べよう!台北でおすすめの店を厳選して紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾料理を本場で食べよう!台北でおすすめの店を厳選して紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今大人気の台湾旅行。台湾といえば、美味しい料理が有名ですよね。今回は、台湾料理を本場で食べよう!台湾の台北でおすすめの店を厳選してご紹介いたします。台北で食べられる人気のお店を知って、本場台湾で美味しい料理を食べましょう!

藍家割包へのアクセス方法

台湾台北にある人気バーガー店「藍家割包」のアクセス方法はとても簡単です。MRT公館駅付近には、徒歩5分の所に自来水博物館や魚団子のスープと麺がおいしい「嘉興魚丸店」、香港式のご飯・麺が楽しめる「鳳城燒臘」、本格的な美味しいチョコケーキが味わえる「Coco-brownie」など有名店が多くあります。

場所は台北MRT公館駅

Photo by 海爾渥 / Hairworm

台湾台北の人気台湾バーガーのお店「藍家割包」は台北MRT公館駅から徒歩2分の場所にあります。営業時間は11時から24時まで。定休日は月曜日になります。駅前には台湾大学があることから営業開始時間と共に夜遅くまで学生たちでにぎわうエリアになります。

藍家割包のおすすめ人気メニュー

台湾台北にある「藍家割包」には多くの台湾ならではのメニュー数多くが販売されていますが、中でも人気おすすめメニューについてご紹介します。まずは人気おすすめメニューを食べてみて、おなかの方がまだ余裕であれば、同店で他の台湾グルメを味わってみることや、別の店舗での食べ比べもおすすめです。

一番人気は店名にもある「割包」

そもそも台湾台北で人気のバーガー「割包」について解説します。日本でいう、豚の角煮饅頭に近い饅頭(マントウ)というふかふかで真っ白の生地に脂身の多い豚肉の五花肉、パクチー、砂糖入りのピーナッツパウダーを挟んだ台湾では一般的なバーガーになります。

読み方は「グアバオ」で台湾語の音が元になっています。「刈包」という表記が正確になりますがほとんど「割包」で通っています。割包の形が小銭入れのような財布の形のため、おめでたいものとして、新年前のパーティーなどで食べられることがあります。

ソースをつけて食べる「肉粽」も人気

Photo by kenon Tsai

漢字で表記されているとどんな料理なのかがわかりませんが、こちらは「ちまき」になります。肉粽の中の具材は赤身の肉、しいたけ、卵黄、落花生になります。日本でもよく見ることのできる中華風の肉粽には専用のソースをつけて食べるのがこちらのバーガー店での一般的な食べ方になります。

日本ではあまり見かけない「四神湯」

「四神湯」は「スーシェンタン」と読みます。メニュー名から想像できる通り4種類の漢方を煮込んだスープに豚の腸や胃袋といった日本ではなかなか見ることのできない部位を加えたスープです。「割包」に次ぐ人気おすすめメニューになります。イートインでは「割包」と一緒に食べている方がおおい「四神湯」。

こちらの「四神湯」には「割包」同様に種類が3つほどあります。豚の腸がはいったもの、豬肚が入ったもの、両方入ったものになります。変わった部位を使用しているので癖があるかと思われがちですが味はしっかりとした、豚骨よりかはさっぱりとした味のスープで臭みがなく、初めての方でも飲みやすいのが特徴です。

4種類の漢方はプチプチでもっちりとした食感が特徴のハトムギ。蓮と同じ種類になり、健康増進の際に食養されることの多いオニバスの実。消化を助け、身体の抵抗力を高め、気力を増し、筋肉を強める山芋。デトックス効果や骨と筋肉を強くする作用があるはすのじつになります。

藍家割包の割包のオーダー方法

「藍家割包」で一番人気の割包にはオーダー方法があります。日本定番の角煮饅頭のように食べているうちに脂っこさに飽きてしまう心配もなく、挟まれているパクチーやピーナッツが最後までおいしくいただける秘密の「割包」。お肉の種類が選べるほか、パクチーが苦手な人にうれしいパクチーぬきのサービスがあります。

割包はお肉の種類が選べる!

一番人気の「割包」はお肉の種類を選ぶことができ、種類は5つからになります。脂身がっつりあじわいたい方には脂身のみの「肥肉」。脂身が全くダメな方には赤身だけの「瘦肉」。初めての方には脂身と赤身が半々の「綜合」。

脂身だけは嫌だけどとろとろが好みの方は脂身多めの「綜合偏肥」。赤身が好きだけどコクが欲しい方には赤身が多めで脂身少なめの「綜合偏瘦」がおすすめになります。

パクチーが苦手な人は抜きにしよう

Photo by is_kyoto_jp

日本人にはなじみのないパクチーですが、台湾台北では定番の食材の一つのため、パクチー入りの「割包」をたべるのがおすすめですが、苦手な方はパクチー抜きで注文することができます。パクチーがなくても肉の旨味とピーナッツパウダーのまろやかなコクが癖になること間違いなしです。

お店では持ち帰りとイートインが選べる

台湾台北で人気バーガー店「藍家割包」では持ち帰りとイートインを選ぶことができます。行列に並ぶ段階で注意が必要になります。一つはお持ち帰り専用の列、外帶(ワイダイ)。そして店内で飲食専用の列、内用(ネイヨン)になります。

持ち帰りに並ぶ方が多いですが、店内の方がすいている確率が高いです。店内を除いてから列に並ぶこともできるので、よく考えてから台湾で絶品おすすめのバーガーや肉粽などのメニューを頼むことができます。

台湾台北「藍家割包」に次ぐ人気バーガー店1:石家割包

藍家割包と同じくらい人気の台湾バーガーを販売しているおすすめのお店「石家割包」。本店は臨江街夜市に、支店は民生東路にあります。店名の読み方は「シージャー」になります。

台湾バーガーの「割包」以外にもタケノコ、椎茸、ホタテなどが入ったスープの八寶湯(バーバオタン)、肉のすり身で作ったぷりぷりの肉団子が入ったスープの貢丸湯(ゴンワンタン)が販売されています。肉粽も販売されています。

「石家割包」の割包メニュー

「藍家割包」と同様で「割包」のお肉の種類を選ぶことができます。とろとろ食感が好きな方には、脂多めの焢肉。あっさりが好きな方には脂少なめの赤肉。初めての方にお勧めなのは両方味わうことができる綜合です。肉まんよりはしっかりしたふわふわの真っ白の生地の中に、豚小間サイズのお肉、高菜、ピーナッツの粉、パクチーが入っています。

「石家割包」のアクセス方法

営業時間は11時から22時で定休日は日曜日です。秘伝の甘めのつけダレでじっくり煮込んだ豚肉は噛むごとに濃厚な味わいが広がります。MRT大安站駅から徒歩15分ほどの臨江街夜市にあります。手書きできるメニューを書いて店員さんに渡して注文することができるので、台湾語ができなくても安心です。

台湾台北「藍家割包」に次ぐ人気バーガー店2:萬福號

藍家割包と同じくらい人気台湾バーガーのお店である「萬福號」。創業80年以上続く台湾バーガーの中でも老舗のお店です。台湾バーガー以外にも豚の角煮、栗、干し椎茸が入った日本でもおなじみの肉粽やタケノコ、人参がたっぷり入った500円玉サイズの焼売のメニューもあります。

「萬福號」のおすすめメニュー

台湾バーガーの「割包」。柔らかく煮込んだお肉はとろとろ。で特製の高菜、ピーナッツ粉が挟んであります。甘い味付けのお肉は豚の角煮そのままのサイズ。結構大きめの豚肉になります。パクチーが程よいアクセントの割包。他のお店とは異なりお肉の種類は選ぶことができないので注意してください。

「割包」に次ぐ人気メニューが「潤餅」になります。メニュー名は「ルンビン」。クレープのような薄い皮は真っ白。この皮に自分で好きな量の砂糖入りのピーナッツ粉と人参、キャベツ、もやし豚肉などをたっぷりくるんでいただきます。野菜がたっぷり入っているため、健康的な食べ物として女性の中で大人気のメニューです。トルティーヤのような見た目のメニューです。

「萬福號」のアクセス

Photo by くーさん

台湾バーガーおすすめ店の「萬福號」の最寄り駅はMRT雙連駅、台北駅、中山駅です。どこから言っても徒歩10分ほどになります。営業時間は10時から20時です。定休日は不定期に月二回ほど。15席ほどの小さなお店で、イートイン、テイクアウトどちらも可能です。

台湾台北「藍家割包」に次ぐ人気バーガー店3: 包包 Bunsbao

台湾のアカデミー賞の会場でゲストたちにふるまわれていた台湾バーガーがこちらのバーガー店「包包 Bunsbao」です。今までの台湾バーガーのお店とは全く異なり、B級グルメの雰囲気を全く感じることができないつくり。店内には木をモチーフにしたインテリア、白を基調にしたシンプル・清潔な空間です。

「包包 Bunsbao」のおすすめメニュー

おすすめメニューはなんといっても台湾バーガーの「割包」。パンから選ぶことができます。原味老麵皮(サワードウパン)と黑糖老麵皮(黒糖サワードウパン)。ふかふかもちもちの生地です。肉以外に挟まれている具材は定番のピーナッツの粉、パクチー、少し酸味が効いたソース、炒め玉ねぎ、きゅうりの千切りになります。

中身の具は4種類から選ぶことができます。トロっと煮込まれた豚肉の角煮を最後に炙ったジューシーな「炙燒豬肉」。豚ではなく贅沢に牛肉を使用した「牛肉」。豚の角煮の代わりにぷりぷりの鶏肉を使用した「雞腿肉」。お肉の代わりに大きなエリンギを醤油風味で味付けした「爐烤鮑魚茹」はビーガン向けです。

「割包」を頼む際にお勧めしたいのは単品もいいですが、セットでの注文がおすすめです。その時期の旬のものを使用したサイドディッシュとスープが付いてきます。パイナップルやさつまいもを使用したサラダや、大根とコーンのスープなど。台湾の地元の食材を使用したメニューはどれもシンプルで自然な味わいを楽しむことができます。

「包包 Bunsbao」アクセス方法

MRT國父紀念館駅の3番出口から直ぐの場所にあります。周りは有名・高級飲食店が並ぶエリア。オープンキッチンという台湾のレストランの中でも珍しいスタイルのお店。営業時間は11時から21時です。日本語メニューもあるので台湾語ができなくとも安心です。

台湾台北「藍家割包」の向かいのお店:陳三鼎(チェンサンディン)

台湾で人気バーガー店の「藍家割包」の向かいのお店も連日大行列の人気店。バーガー店ではなくタピオカドリンクのお店「陳三鼎」になります。1杯なんと30元。日本円で約100円。結構な量があるので食前に飲むとおなかがあっという間に膨れてしまいます。2人でシェアして飲むメニューになります。

「陳三鼎」のおすすめメニュー

台湾バーガー人気おすすめ店の「藍家割包」の向かいにある「陳三鼎」のおすすめメニューはもちろんタピオカドリンク。メニュー名は「青蛙撞奶」で「チンワーズワンナイ」といいます。タピオカには黒糖が使用されていて他のお店より甘く、つるつるもちもちの食感が人気の秘密。

Photo by ict.wa1

メニュー名からもわかる通り「タピオカミルクティ」ではなく、あくまで「ミルク」。粉のミルクではなく新鮮な牛乳を使用しているため、牛乳ならではの旨味とタピオカのおいしさが他とは比べ物にならないのも特徴です。氷の有無と量をきかれるので、有冰(ようびん、氷あり)、少冰(さおびん、氷少な目)、去冰(ちゅーびん、氷なし)と答えれば大丈夫です。

「陳三鼎」のアクセス方法

営業時間は11時から22時。定休日は月曜日になります。少し変わったきもかわいいと女子学生の間で特に好評なロゴが目印になります。MRT公館駅4番出口より徒歩5分ほど。藍家割包の割包とタピオカミルクだけで満足すること間違いなしです。

台湾台北「藍家割包」で人気の肉粽おすすめ店:王記府城肉粽

台湾台北にある「藍家割包」で台湾バーガーを食べた後ついでに肉粽を食べるのもいいですが、せっかく台湾に来たなら、一番おいしい肉粽を食べていただきたいので、台湾台北の肉粽で有名なお店「王記府城肉粽」についてご紹介します。台湾では肉粽のことを「ロォゾン」と呼びます。

「王記府城肉粽」おすすめメニュー

台湾台北市内4店舗を構える「王記府城肉粽」の肉粽の特徴は生の具を水で煮て作ることでもち米は柔らかく、笹の葉の香りがほんのりとすることが特徴です。店主は南部出身の方で南部ではこの作り方が一般的。北部の方では事前に調理した具を笹の葉に包んで蒸し上げます。

Photo by lrs1108

肉粽にかけるソースはとろみのある醤油と氷砂糖で煮詰めたもの。また、肉粽にはソースのほかにピーナッツの粉、パクチー、ニンニクペーストなどをトッピングして、味をさらに濃厚にしていただきます。テイクアウト用の特製ソースもあり、事前に電話予約することも可能です。

おすすめメニューの粽の種類は豊富にあります。まずは「肉粽」。ラードと赤身の混じった豚肉、椎茸、卵の卵黄などが入った肉粽はこぶし1つ分の大きさ。台湾でも王道の南部肉粽です。「豆沙粽」は餡子入りの粽です。もち米とこしあんを蒸しあげたもので、店舗オリジナルメニュー。おはぎとはまた違った食感を楽しむことができます。

Photo by yto

「菜粽」はピーナッツ粽です。もち米の中に大きなピーナッツがたっぷり入っています。ピーナッツの味は薄味で意外と食べやすく、隠れた人気商品。台湾の方はこの粽にさらにピーナッツの粉をかけるのが一般的な食べ方になります。

「王記府城肉粽」アクセス方法

営業時間は10時から25時。定休日はありません。MRT西門駅から徒歩3分の場所にあります。お店はセルフサービスのため、入り口のカウンターで注文するとすぐに出来立ての肉粽などを受け取れ食べることができます。店内は広いのでゆっくりとおいしい肉粽のおいしさを楽しむことができます。

台湾に行ったら藍家割包を1度訪れよう!

Photo by 竹筍弟弟

台湾バーガーで人気・おすすめのお店「藍家割包」の紹介いかがでしたでしょうか?台湾に観光などで来た際にはぜひ「藍家割包」に一度訪れて、自分の舌で味わってみてください。それから様々なお店の「割包」の食べ歩きをしてみることをおすすめします。

イロナ
ライター

イロナ

いつか自分も自由な時間がたくさんできたときにいろんなところを旅してみたい…。 その下準備としてあらかじめその問いのことをある程度知っておくことは大切だと思います。 いろんな情報を発信して、少しでもあなたの旅に役に立てればと思っています。

関連記事

人気記事ランキング