滋養製菓は台北で人気のお菓子屋!クッキー生地のパイナップルケーキがおすすめ!

滋養製菓は台北で人気のお菓子屋!クッキー生地のパイナップルケーキがおすすめ!

滋養製菓のパイナップルケーキ、皆さんは食べたことがありますか?「鳳梨酥」は台湾のお土産の中でも上位にランクインするキュートなお菓子です。1953年創業の老舗「滋養製菓」で、あなたもほっぺが落ちそうになるお菓子をゲットしてみませんか?

記事の目次

  1. 1.台北の「滋養製菓」で一味違うパイナップルケーキを!
  2. 2.滋養製菓ってどんなお菓子屋さん?
  3. 3.滋養製菓のパイナップルケーキ「鳳梨酥」
  4. 4.滋養製菓のパイナップルケーキの賞味期限
  5. 5. 実はパイナップルの産地「台湾」
  6. 6.滋養製菓が人気の理由とは?
  7. 7.滋養製菓のおすすめその1「白豆沙」
  8. 8.滋養製菓のおすすめその2「草莓大福」
  9. 9.滋養製菓のおすすめその3「蓮子饅頭」
  10. 10.滋養製菓のおすすめその4「烏龍茶羊羹」
  11. 11.台北の滋養製菓の営業時間は?
  12. 12.滋養製菓はクレジット支払いも可能
  13. 13.滋養製菓の最寄り駅は?
  14. 14.滋養製菓へのルートは?
  15. 15.台北のパイナップルケーキを比較!
  16. 16.滋養製菓の菓子と合わせたいお茶の店「有記名茶WANGTEA」
  17. 17.滋養製菓にパイナップルケーキをゲットしに行こう!

台北の「滋養製菓」で一味違うパイナップルケーキを!

Photo by jeff~

皆さんは滋養製菓というお菓子屋さんの名前を聞いたことがありますか?台湾の台北にある、日本由来の「和菓子」を作るメーカーです。カステラや最中など、私達になじみの深いお菓子ももちろん美味!しかし滋養製菓のパイナップルケーキは外せないおすすめです。台北のお土産として大人気のお菓子、一体どんなものなのでしょう?

滋養製菓ってどんなお菓子屋さん?

Photo by Yasuo Kida

滋養製菓は、台北市の迪化街で1953年に始まった和菓子店です。現在も、古びた味の情緒漂う建物で営業しています。羊羹・饅頭・どら焼きなど日本でもよく見かけるものを始め、ウーロン茶羊羹など台湾を感じるお菓子も店頭に並んでいます。並んででもお土産に買ってみたいものです。お店の看板には「滋養豆餡舗」という文字が掲げられています。

滋養製菓のパイナップルケーキ「鳳梨酥」

Photo by Kyle McDonald

同種のものが台湾に多くあるので「パイナップルケーキ」とくくることが多いですが、滋養製菓のパイナップルケーキは他と違ってサクサクの食感です。クッキーに近い生地の内側にはさりげなくホワイトチョコ。繊維感が無くなった餡は甘酸っぱさをしっかりと感じます。

滋養製菓のパイナップルケーキは5個入りと10個入りがあり、5個入りは265元(日本円で約954円)、10個入りは495元(日本円で約1782円)です。箱がしっかりとしていてデザインも洒落ているので、目上の人にお土産として持っていくのにも良さそうです。

滋養製菓のパイナップルケーキの賞味期限

Photo by skyseeker

滋養製菓のパイナップルケーキは、お土産に買いこむのでなければ1週間で食べきれる量を買うのがいいでしょう。冷蔵保存で1週間。常温で1日程度が目安です。日持ちがしないのは残念ですが、素材に気を使い無添加で作られています。仕方のないことだといえるでしょう。

実はパイナップルの産地「台湾」

Photo by JIRCAS

そうなんです。台湾でのパイナップル=鳳梨の輸出は盛んで、日本や中国を中心に輸出されています。台湾でのパイナップルの主要産地は台南市、南投県、嘉義県、高雄市、屏東県など。6月から9月までが美味しい時期でお値段も安くなります。嘉義県を境に南側は亜熱帯の気候なので、南国系果物の生産がとても盛んです。

Photo byPexels

滋養製菓のパイナップルケーキをはじめ、パイナップルのお菓子がヒットしているのは2010年頃からのようです。このヒットでニーズが高まり、生産面積はぐっと拡大。生食用の品種が90%以上を占めますが、加工用の品種の栽培面積はこのお菓子の流行からかなり増えました。2013年時点で、パイナップル栽培面積全体の6%を占めているのです。

滋養製菓が人気の理由とは?

Photo by Yakinik

滋養製菓は、古びた情緒が好きな人が見れば写真を撮らずにはいられない外観です。しかし中は、洗練された綺麗な内装です。お菓子作りに使われた道具でしょうか、歴史を感じさせる木製の道具のオブジェが壁にあります。味は概して、日本の和菓子より甘味が控えめです。素材にも非常に気を使っており、食べたときの香りもひとしおです。

Photo by emrank

創業当時から今日まで、「自然本来の上質な食材の美味しさを届ける」という信念のもと、上質なお米、国際ブランドにもなっている屏東小豆などの食材を仕入れています。食材本来の自然なおいしさをお菓子にして味わってもらうため、滋養製菓では繊細な技術でお菓子を作っています。日本の菓子博覧会に出品したこともあります。

滋養製菓のおすすめその1「白豆沙」

Photo byzoosnow

こちらも人気のお菓子の一つ、白豆沙。白豆を使ったほくほくの感触がたまりません。栗にも似た食感です。皮がとても薄く白豆の餡はたっぷり、ちょっと贅沢な味わいのお饅頭です。白っぽいお饅頭のてっぺんに赤い模様がポンと押されています。

滋養製菓のおすすめその2「草莓大福」

Photo by JaggyBoss

滋養製菓の人気商品、草莓大福。「草」とついていますが緑色の大福ではなく、白い大福です。日本の苺大福と違うのは、苺が外に見えていて、ぱっくりと割れた大福に挟まっているところ。なんともキュートな見た目なのでお土産にもおすすめです。こちらは冬季限定の商品となります。

滋養製菓のおすすめその3「蓮子饅頭」

Photo by WEST-ULTRA

日本ではあまりハスの実はなじみがないかもしれませんが、この「蓮子」で外を包んだ蓮子饅頭が滋養製菓にあります。つぶつぶした蓮子が包んだ中に、白豆餡と羊羹が隠れています。蓮の実はカルシウム、リン、カリウムを豊富に含む健康食品でもあり、認知症の予防効果もあるといいます。スープの具や甘い蜜豆にして食べられたりもします。

滋養製菓のおすすめその4「烏龍茶羊羹」

Photo by kohrogi34

滋養製菓にはあっても日本にはなかなかないウーロン茶羊羹。日本円で1個約180円のこのお菓子、甘い中にもそこはかとなくお茶の香りが感じられる一品です。こちらも、お土産におすすめです。台北の滋養製菓の近くには茶葉の専門店もあります。いいウーロン茶を買って、合わせて味わうのも一興です。

台北の滋養製菓の営業時間は?

Photo by sayo-tsu

人気の滋養製菓は年中無休なのが嬉しいところ。午前9時から午後7時までアクセスできます。またカスタマーサービスで、LINEで問い合わせをすることもできます。LINEアプリのID検索で「滋養製菓」と入力しても出てきませんが、HPにLINEの問い合わせはこちらから、というところをクリックするとQRコードが出てきます。

滋養製菓はクレジット支払いも可能

Photo by 401(K) 2013

滋養製菓でクレジット決済をしたいときは、VISA、Mastercard、JCB、UnionPayを使うことができます。サービス面も充実しており、結婚祝いなどは漢字が共通ですから、のし紙を付けて包んでもらうこともできます。

滋養製菓の最寄り駅は?

Photo by atgw

台北市の滋養製菓は、大橋頭駅からは徒歩8分ほどでアクセス、MRT中山駅から徒歩20分くらい、隻連駅(双連駅)から徒歩でアクセスなら中山駅と同じくらいでアクセスできます。付近には淡水河(川の名前)、迪化207博物館、大稲埕慈聖宮天上聖母(たくさんの神様が祀られている廟)などがあるので観光のついでにアクセスするのにもいいです。

住所   103台北市大同區迪化街一段247號
電話番号 0900-797-553 

滋養製菓へのルートは?

Photo by Akamera Photo

滋養製菓に一番近い大橋頭駅からアクセスするなら、駅を出て台北郵便局の方へ大通りを進み、大業水族館を過ぎて川と高速の一つ手前の道を左に入ります。ModernMode&ModernMordCafeという有名喫茶店を過ぎて、喫茶店の区画のはす向かいに滋養製菓があります。

滋養製菓に中山駅からアクセスするなら、1番出口か4番出口から出ましょう。4番出口のほうが道路を渡らなくて済みます。出てドラッグストア「屈臣氏Watsons」の方にまっすぐ進んでください。

Photo by zabethanne

スターバックスのある大きな五又交差点に来たら、セブンイレブンの左の大きな道に進みます。ずんずん北上してハイパーマーケット家樂福重慶店の前を過ぎます。台湾総督府台北更生院旧址の角を左に曲がり、インテリア用品店と美術洋品店が並んだ前に滋養製菓があります。

台北のパイナップルケーキを比較!

Photo by Usodesita

台北のお土産として大人気のパイナップルケーキ。写真のような四角い形で餡も繊維質のもの、パイナップルをそのまま凝縮したような感じの中身のタイプが多くあります。外の皮がしっかりとしているタイプや、滋養製菓のパイナップルケーキのようにほろほろとしたもの、しっとりと柔らかいものなどいろいろあります。

パイナップルケーキのおすすめ店その1:一禾堂

Photo by f999999_key

パイナップル本来の酸味が好きな方には一禾堂の黃金鳳梨酥(1個50元、10入520元)がおすすめです。一禾堂のパイナップルケーキは、長方形で片側に焼き目の模様があり、パイナップル凝縮!といった繊維質の餡です。

一禾堂は、台北市の敦化南路にある人気のパン屋さんです。このパイナップルケーキには、甘みのある金讚パインと酸味の強い在来種の昔ながらのパインがブレンドされているそうです。21時までの営業ですが、売り切れ次第終了です。お土産にゲットしたい人はお早めにアクセスを!

住所 台北市敦化南路一段233巷34号
電話番号 02-8773-6965

パイナップルケーキのおすすめ店その2:Tartine唐緹

Photo byenow

台北市内に3つの店舗がある人気のTartine唐緹。こちらもパン屋さんでフランス風のお店です。フルーツから作られる天然酵母で作られるパンは、カリッとした外側・中のふわっと感が絶妙なおいしさで人気です。

パイナップルケーキはプレーン味とマンゴー風味があります。22時半まで開いているのでアクセスするのにも嬉しいところ。アクセスするときは、蜂蜜の壺と牛乳の壺を抱えた2匹の熊が、店名の頭文字「T」を向いているマークが目印です。

住所 台北市錦州街436号(錦州店)
電話番号 02-2518-4396

パイナップルケーキのおすすめ店その3:マンダリンオリエンタル台北

Photo by t-mizo

台北市のマンダリンオリエンタルというホテル内にあるお店です。いくつもの国で修業を重ねてきたパティシエが考案したスイーツは目でも楽しめると大人気。パイナップルケーキは2017年から販売されていますが、外国の人々にも人気のお土産となっています。

こちらのパイナップルケーキは、外の生地がやや厚め、餡はやや少なめのしっとりしたケーキ。パイナップルの素材感はあまり強調されてはいないタイプといえるでしょう。「文華鳳梨酥」の商品名で、9個入が880元、賞味期限が30日となっています。

住所 台北市敦化北路 158 号
電話番号 02-2715-6789

台湾で人気のパイナップルケーキおすすめランキング!観光土産にマスト! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾で人気のパイナップルケーキおすすめランキング!観光土産にマスト! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本から近く、リーズナブルに訪れることのできる台湾は近年海外旅行先としてとても人気です。そんな台湾で有名なお菓子といえばパイナップルケーキですが、台湾のお土産としても大人気のパイナップルケーキの情報をランキングにしました。

滋養製菓の菓子と合わせたいお茶の店「有記名茶WANGTEA」

Photo by alberth2

お茶をお土産に買うのはもちろんですが、台湾のドラマ「幸福選擇題」が好きな人はアクセスしたいお店です。このドラマで、主人公の実家のお茶屋さんとして毎回ドラマ中に出てきたお店です。主演のシンディ・ワンのファンだというとサイン入りのお茶の缶を見せてくださるようです。

Photo bynobumiumiu

ご夫婦で経営されているお店で、お土産用のパックは可愛らしい箱に入っているのでおすすめです。また茶器は高価なものから安価なものまでバリエーションがあります。空港ですと、それほど質の良くない茶葉をやや高値で売られているという意見がありますが、本当にいいお茶がほしいならここにアクセスするのがいいでしょう。

住所 No.26,Lane64,Section2,ChongqingNorthRoad,DatongDistrict,TaipeiCity,台湾10345
電話番号 02-2555-9164

smith&hsuで聞茶を楽しもう!台北のおしゃれな紅茶と台湾茶の専門店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
smith&hsuで聞茶を楽しもう!台北のおしゃれな紅茶と台湾茶の専門店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
smith&hsuは、台北で人気のおしゃれなカフェ。台湾茶と紅茶を含めて60種類ものお茶が楽しめるお店として知られています。今回は、そんな台北のおしゃれカフェsmith&hsuで楽しめる聞茶情報や、おすすめメニュー等をご紹介していきます。

滋養製菓にパイナップルケーキをゲットしに行こう!

Photo by ashleypona

パイナップルケーキで人気の滋養製菓。日本人の口にもよく合うお菓子、いつまでも作り続けてほしいものです。台北に旅するなら、一度は口にしたい「おすすめ」です。現代と過去がともに息づく台北の街。魅力的なスポットと一緒にお菓子を味わえば、ほんのりした幸せであなたの心はいっぱいになることでしょう。

rain_and_rose
ライター

rain_and_rose

読む人がふっと笑顔になってくれるような、そんな記事を書きたいです^^ 今まで行った土地で好きなところは、石垣島、オーストラリアなど。 皆さんが非日常を味わう、リフレッシュするお手伝いができれば幸いです。

関連記事

人気記事ランキング