地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

宮城の観光名所ランキング!おすすめ絶景スポットには行かなきゃ損!

宮城県には有名な名所や絶景スポットなど、観光名所がたくさんあります。宮城県の観光スポットには連日多くの方が訪れ賑わいをみせているんです。宮城県在住の方も知らない穴場から、何度も訪れたくなるスポットまでランキング形式でご紹介します。

宮城県には素敵な観光地がたくさん!見出し

宮城県には自然が豊かで四季折々の絶景を楽しむことができる観光スポットがたくさんあります。まさに絶景の宝庫ともいえる宮城県。一体どんな観光地があるのか気になりませんか?地元の方にあまり知られていない穴場スポットも?そこで今回は宮城県の様々な観光スポットをご紹介します。ランキングベスト14をみていきましょう!

宮城県の観光名所ランキング第14位見出し

秋保大滝(あきうおおたき)

秋保大滝は、仙台市太白区の蔵王国定公園内にある落差55m、幅6mの名前の通り大きな滝です。春夏秋冬でみせる姿が違うので、まさに自然豊かな四季折々の絶景を楽しむことができるスポットなんです。春には雪解け水を集め豪快な姿、秋には鮮やかな紅葉を見る事ができます。自然のパワーを存分に感じることができますね。

秋保大滝大駐車場の東隣にある不動明王を祀る西光寺の境内を抜けると「滝見台」があり、足の不自由な方でも安心して滝を眺めることができるそうなんです。また、最寄りの秋保大滝駐車場には、地域の物産を扱うショップや飲食店、植物園もあり楽しむことができます。連日多くの観光客が訪れるおすすめのスポットですよ。

宮城県の観光名所ランキング第13位見出し

白石城(しろいしじょう)

白石城は宮城県白石市にあった日本の城で、主として仙台藩伊達氏の支城として用いていました。白石城の別名を益岡城、枡岡城というんだそうです。また白石城歴史探訪ミュージアムがあり、白石城のある益岡公園内に位置しています。そこで白石城の歴史を詳しく知ることができるのでおすすめですよ。白石市の地場産品と白石城のお土産を中心とした売店・軽食コーナーもあるそうです。

実は白石城が復元されたのは、平成に入ってからのことだとご存じでしたか?木造建築による完全復元天守として、平成七年三月に白石城が復元されたそうです。高さは石垣天端から16.7mなんだそうですが、現在の建築基準法では一三メートルを超える木造建築を建てることが禁じられていますが、白石城では建築基準法38条の建設大臣特別認定を受け、建てることが実現できたんだそう。歴史好きにはおすすめのスポットです。

宮城県の観光名所ランキング第12位見出し

鳴子峡

宮城県大崎市にある鳴子峡は紅葉の名所として広く知られています。変化に富んだ峡谷を紅葉が鮮やかに彩り、ブナ、ナラ、カエデなどが紅や黄に染まるとマツなどの常緑樹の緑と美しいコントラストをなします。その美しさは。宮城県の名勝に指定されている程なんです。絶景を眺めるなら鳴子峡がおすすめですよ。カメラで写真を撮るスポットとしても人気なので是非!

鳴子峡を含む荒雄川上流は鳴子温泉郷と呼ばれ、鳴子峡の上流側には中山平温泉、下流側には鳴子温泉や東鳴子温泉などの温泉街が開けています。そのため連日多くの観光客で賑わうおすすめのスポットです。松尾芭蕉の『おくのほそ道』や富田伊之の『奥州紀行』にも当地が描かれており、歴史的な一面もあります。

宮城県の観光名所ランキング第11位見出し

仙台万華鏡美術館

仙台万華鏡美術館は秋保温泉の入口に建つ美術館です。古くからある万華鏡の魅力を多くの方に知ってもらいたいという思いで1999年8月に開館したそうです。なんとも、季節ごとにま万華鏡の展示変えをしているそうで四季を感じられる珍しい美術館となっています。万華鏡を作る体験もできるそうなので、思い出づくりにいかがですか?

入館料は一般・大学生が900円、70歳以上が450円、小人が450円となっていますが、一般・大学生のクーポンがホームページにあるのでおすすめです。また、万華鏡美術館では万華鏡の他陶芸家・辻輝子の絵画や陶器の作品の展示も行われております。様々なモチーフや温かみのある作品を間近でみることができますよ。開館時間は9時30分から17時です。是非一度訪れてみてはいかがですか?

宮城県の観光名所ランキング第10位見出し

蔵王ハートランド

蔵王町遠刈田にある蔵王ハートランドでは牧場の一画がふれあい牧場ハートランドとして、一般開放されています。緑の牧草地が一面に広がる約100ヘクタールの牧場はなんと東京ドーム20個分の広さなんです。そんな広い牧場では牛やヒツジ、ヤギなどが飼育さています。飼育されている動物と触れ合ったり、乳しぼりや乳製品の手作り体験をしたりと家族連れにおすすめの観光スポットです。

牧場近くでは四季折々の素敵な景色を楽しむことができます。春は遅めで桜の開花も4月下旬となりますが、蔵王エコーラインの開通の頃には、冬の間牛舎にいた牛たちも牧草地へ放されています。秋の訪れは早く、10月下旬には、蔵王の紅葉も見頃となります。牛たちも長い冬籠りの準備となります。各季節の自然豊かな絶景を楽しんでみませんか?

宮城県の観光名所ランキング第9位見出し

仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール

仙台アンパンマンミュージアムはそれいけ!アンパンマンの世界が広がるミュージアムで、仙台市宮城野区にあります。1階は入場無料で「モール」になっています。アンパンマンのグッツを作ったり、買ったりすることができます。また食べ物屋さんも展開しており、中でも人気なのはジャムおじさんのパン工場です。様々なキャラクターのパンを食べることができるのでおすすめですよ。

そして2階はミュージアムになっています。にじのさかみちを登ればパンこうじょうのおかやみんなのまちなどが広がります。ミュージアムショップやカフェ、劇場もあるのでおすすめですよ。2階は入場料がかかりますが、1歳未満のお子様は無料で入場することができるので是非楽しんでくださいね。その日のうちなら再入場もできるので、知っておくと便利ですよ!

宮城県の観光名所ランキング第8位見出し

蔵王山・御釜

蔵王山・御釜は宮城県刈田郡蔵王町と同県柴田郡川崎町の境界付近にある火口湖のことで、五色沼(ごしきぬま)とも呼ばれています。水は常に淡い緑色に濁り、その色調は季節によって様々であることから人気の観光スポットとなっています。各季節でかわる湖の色はまさに絶景。自然の素晴らしさを感じることができること間違いなしです。

実は、御釜には生物は一切いません。火山活動によってできたものなので火口の底に水が溜まってできた火口湖が「御釜」なんだそうです。また御釜の湖水は、火山活動によって度々沸騰しています。そして水質は、pH=3.5の酸性ということなんで生物が住むことはできないという訳です。まさに自然の驚異を感じることができるスポットですね。

宮城県の観光名所ランキング第7位見出し

松島

松島とは宮城県の松島湾内外にある大小260余りの諸島のことをいいます。日本三景の1つに数えられている程絶景を眺めることができることから2010年の観光入込客数は624万人だったそうです。波に洗われる部分は容易に侵食されてしまうため、五大堂が設置されている島も海水面近くが侵食されており、将来が危ぶまれています。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で島の文化財の一部が破損するなどの被害が発生したが、周辺の自治体と比較して被害は軽微で済んでいるんだそう。とはいっても大津波が来たという訳ですから、その中でも文化財が残っている貴重な観光地となっています。松島の絶景を眺めに一度は訪れていただきたいものです。

宮城県の観光名所ランキング第6位見出し

SENDAI光のページェント

日本各地でイルミネーション、ロウソクの火、花火などを用いたイベント名に「光のページェント」と名付ける例が見られ、仙台市ではSENDAI光のページェントという名前で毎年12月上旬から31日まで開催されています。なんと、市民ボランティアが「杜の都・仙台」を象徴する定禅寺通と青葉通のケヤキ並木にイルミネーションを施したのが始まりなんだそうです。素敵なイベントですね。

現在は、定禅寺通の東部の勾当台公園や西端の西公園にもイルミネーションが広がり、様々な付随イベントも行われるようになりました。そのため、期間中280万人以上の人出がある仙台の冬の風物詩として、全国的な知名度を得るに至ったそうなんです。約70万球の電球を使用しているので、イルミネーションの絶景を堪能することができるはずですよ。

宮城県の観光名所ランキング第5位見出し

宮城蔵王キツネ村

蔵王にあるキツネ村は約100匹のキツネがお出迎えしてくれる自然がいっぱいの観光スポットです。高校生以上からキツネを抱っこする体験もできるそうで、めったに味わえない経験ができると人気を集めています。営業時間は9時から5時までで、 入場は中学生以上が1000円、小学生以下が無料となっています。キツネは放し飼いなのだそう。可愛いキツネと触れ合ってみませんか?

キツネはおなじみのキタキツネと、めずらしい種類の銀ギツネ、青ギツネ、プラチナギツネ、シャドーギツネ、十字ギツネの合計6種類のキツネが計100匹もいるんだそうです。園内は森の中に整備されていて、そこを歩けば後ろからついてくるキツネがいたり、衣服を引っ張るキツネがいたりと、キツネの知らなかった生体を観察することができるのでおすすめですよ。

宮城県の観光名所ランキング第4位見出し

宮城球場

宮城球場は宮城県仙台市宮城野区の宮城野原公園総合運動場内にある野球場で、東北楽天ゴールデンイーグルスの専用球場として使用されています。005年より名称が幾度も変遷しており、現在は楽天が命名権を取得しており、Koboパーク宮城(コボパークみやぎ)の呼称が使用されています。

歴史は深く、1950年の5月に開業しました。1950年から半世紀以上に渡って、宮城球場は県内のアマチュア野球界にとって聖地となってきました。そのため楽天イーグルスの本拠地に決まった時、アマチュアの使用回数が減ってしまうのではと危惧されたそうなのですが、楽天の本拠地となってからもアマチュア野球の試合数は一定数確保されることとなり、アマチュア野球の聖地としての地位の一部は守られています。

宮城県の観光名所ランキング第3位見出し

仙台市八木山動物公園

仙台市八木山動物公園は、仙台市太白区にある仙台市立の動物園で現在はセルコホームが命名権を取得しており、「セルコホーム ズーパラダイス八木山」の愛称で親しまれています。1935年に東京の花やしきの動物園が廃業する際、全ての動物を仙台市に売却したことがはじまりの動物園なんだそうです。東京とゆかりがある動物園なんですね。

きりんやカンガルー、サル、クマなどの動物が計30種類以上もいるのが特徴です。入場料は一般480円、小・中学生120円、未就学児無料となっています。毎週月曜日は休園日なので要注意ですよ。駐車場もあり、30分までは無料です。ただし、連休日などは混雑するので公共機関の乗り物を利用することをおすすめします。

宮城県の観光名所ランキング第2位見出し

八木山ベニーランド

八木山ベニーランドは100万都市仙台を代表する遊園地で、50周年を迎えました。仙台地下鉄が開通したことにより、アクセスがしやすくなり連日多くの方が訪れます。パイラットやコークスクリュー、トップスピンなどの絶叫マシンから観覧車やゴーカートなど小さいお子様でも楽しめる乗り物まであります。観覧車から眺める景色は絶景そのものです。

利用料金は乗り物が100円から楽しめるので、おすすめですよ。また、フリーパスで1日券が大人が3700円、小人が3200円とお得に楽しむことができます。他にも乗り物券などもありますので、自分に合った券が選べますね。ただし、別途入園料がかかりますのでご注意ですよ。休日はイベントもたくさんやっているので是非楽しんでくださいね。

宮城県の観光名所ランキング第1位見出し

仙台うみの杜水族館

仙台うみの杜水族館は宮城野区にあり、「復興を象徴する水族館」として親しまれています。宮城県内のみならず県外からも多くの方が訪れる人気の水族館です。豊かな日本の海、自然環境を体感できる大水槽や川の水槽をはじめ、生きものを通じて世界との絆を体感出来るゾーンや海の動物たちによる東北最大級のパフォーマンスなどを楽しむことができます。

生き物は東北の海にいるものをはじめとし、世界の海にいる生き物や海獣、クラゲなどがいます。種類が多いので膿の生き物をたくさん知ることができますよ。イルカ、アシカのパフォーマンスやアシカやペンギンの仲間と触れ合える時間もあるので必見です。癒しの空間が広がうみの杜水族館で、海の生き物と触れ合ってみませんか?

宮城県の観光スポットを巡ろう!見出し

他にも宮城県には様々な観光スポットがあります。自然が多い土地柄を生かしたスポットや歴史的なスポットがたくさんあり、訪れる人を魅了すること間違いなしです。あなたの趣味に合った場所や理想的なスポットがきっと見つかるはずです。事前に計画を立てなくても行き当たりばったりで楽しむという方法もおすすめです。温泉やおいしい食事をいただける所もたくさんあるのでその土地柄を楽しんでいただきたいですね。

ランキングでお気に入りのスポットは見つかりましたか?動物との触れ合い、歴史的な建物、遊園地など楽しいスポットがたくさんあり迷ってしまいますね。また、季節に特化したスポットもあるのでこれから注目ですね。自然が豊かな宮城県で羽を伸ばして楽しんでいただけたら幸いです。地下鉄が開通し、各スポットへアクセスしやすくなった宮城へ是非いらしてくださいね。

青葉城址に行こう!アクセスや駐車場は?桜・夜景情報もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
青葉城址に行こう!アクセスや駐車場は?桜・夜景情報もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東北の覇者「伊達政宗」が作った城として良く知られている「青葉城址」。青葉城址はどどのような歴史のある城なのでしょうか。そして、青葉城址へのアクセス方法、駐車場、桜などの観光情報や夜景スポットなどのさまざまな情報を紹介します。
宮城の温泉・秘湯ランキング!おすすめの温泉郷やアクセス方法などをご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮城の温泉・秘湯ランキング!おすすめの温泉郷やアクセス方法などをご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮城県には歴史ある温泉がたくさんあります。気軽に子連れで行ける温泉から、秘湯とも言える温泉まで様々な種類の温泉があります。宮城のおすすめ温泉をアクセス等と合わせてランキングでご紹介しますので、宮城にお出掛けの際はぜひ足を運んでみてください。
投稿日: 2017年5月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote