地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

宮城のお土産20選!名産や特産品・人気のお菓子を一挙にご紹介!

旅の楽しみのひとつ、お土産選び。今回は宮城県に行ったらぜひ買い求めたいお土産をピックアップしてご紹介します。おなじみの定番お菓子から新感覚で注目を集めている特産品まで、人気のお土産がそろいました。宮城に出かける人は要チェックですよ!

宮城には見どころと特産品がいっぱい見出し

東北最大の都市、仙台市がある宮城県。県内には、松島や秋保大滝など見どころが多くあります。伊達政宗の銅像で有名な青葉城址は、仙台市内を一望できる人気のスポットです。今回は宮城県でおすすめのお土産をピックアップしてご紹介します。家族やお友達へのお土産にぴったりのおいしい名産品がずらりとそろいました!

宮城のお土産1「芯たん」見出し

伊達の牛たん本舗

仙台で最も有名な特産品と言えば、やはりおすすめは牛タンでしょう。老舗、伊達の牛たん本舗の「厚切り芯たん」は、特に柔らかな芯の部分を厚1cmにカットした人気の商品です。ぷりっとした歯ごたえと肉汁の旨みを同時に味わえます。フライパンで簡単に調理できるので、お土産にぴったりです。130g入りで1670円です。

宮城の名物を厳選!地元ならではの料理やお菓子をまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮城の名物を厳選!地元ならではの料理やお菓子をまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮城県は2011年の東日本大震災から復興が進み、多くの人が訪れるようになりました。宮城の名物料理やお菓子はたくさんありますが、ここでは厳選したものを紹介します。復興が進んでいる宮城を訪れ、名物料理を食べ、お菓子をお土産として購入して下さい。

宮城のお土産2「萩の月」見出し

仙台名物

仙台を代表する銘菓、「萩の月」。萩が咲く宮城野の空に浮かぶ満月をイメージしています。オリジナルのカスタードクリームをふわふわのカステラで包んだ、どなたにも喜ばれるお菓子です。常温保存が可能なので、日持ちするのもうれしいですね。空港や駅はもちろん、宮城県内のサービスエリアやパーキングエリアでも販売しています。10個入りで2900円です。

仙台駅おみやげおすすめはコレ!牛タンやお菓子に人気の雑貨も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
仙台駅おみやげおすすめはコレ!牛タンやお菓子に人気の雑貨も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
仙台といえば宮城県の県庁所在地で、伊達政宗のゆかりの地としても知られています。仙台駅は観光客がたくさん訪れるため、おみやげも色々とあり選ぶのに迷うほどです。今回は仙台で有名な牛タンやお菓子、人気の雑貨など仙台駅で購入できるおすすめのおみやげをご紹介します。

宮城のお土産3「白松がモナカ」見出し

定番の味

昭和7年創業の仙台の和菓子店、白松。「白松がモナカ」は、皮をかじるとパリッと軽い食感です。伝統の味を守り、材料選びからこだわっています。皮は自社の田んぼで獲れたもち米を香ばしく焼き上げ、あんこは北海道産の小豆を使っています。仙台市内を中心に、宮城県内の各地に支店があります。ミニから大型まで大きさは4種類。小型モナカ12個入は1543円です。

宮城のお土産4「白謙の笹かまぼこ」見出し

地元で人気

宮城の特産品では笹かまぼこが有名ですが、お土産となるとどれを買ったらいいか迷ってしまうことも。そんな時は地元の人たちに特に人気の「白謙」の笹かまぼこがおすすめです。「白謙」は大正元年に創業した、石巻にあるかまぼこ店です。魚本来の旨みと甘みを活かしたプリプリ食感の笹かまばこは、特産品にふさわしい正統派の味として人気です。詰め合わせは1134円からそろっています。

仙台のお土産おすすめランキング!人気の牛タンや限定のお菓子など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
仙台のお土産おすすめランキング!人気の牛タンや限定のお菓子など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
仙台には海のものなどの多くの名物があり、酒造りの盛んな東北のおいしいお酒もあります。古くから東北の中心都市であったので多くのお菓子や宮城県ならではのおいしいものがあり、お土産におすすめになっています。そんな仙台にあるお土産のおすすめをランキングでご紹介します。

宮城のお土産5「胡麻くるみゆべし」見出し

ヘルシーなお菓子

お米を練り上げて作る仙台ゆべし。その歴史は古く、伊達政宗公が兵糧にしていたと伝えられています。仙台市内には「ゆべし」を扱う和菓子店が何軒もありますが、おすすめは味佳嵯(みかさ)の「胡麻くるみゆべし」です。ヘルシーな食材の胡麻が「ゆべし」に練り込まれています。大粒のくるみがたっぷり入った素朴な味わいは、仙台を代表するお菓子と言えます。10個入り1288円です。

宮城のお土産6「喜久福」見出し

製茶店が作るお菓子

「喜久福」は仙台に本店がある製茶店井ケ田が作る生クリーム大福です。プレーンのほかに、抹茶味、ずんだ味、ほうじ茶味があります。人気の抹茶味は、高級抹茶を使った生クリームをこしあんと柔らかなお餅でくるんでいます。お茶との相性は抜群。食べながら旅の思い出話が盛り上がります。8個入り1028円です。

宮城のお土産7「松華堂カステラ」見出し

宮城の有名店

明治時代に創業した老舗、松華堂ではさまざまなお菓子を扱っていますが、老若男女に人気なのがこちらのカステラです。しっとりとしながらフワフワの食感は、何度食べても飽きないおいしさ。「懐かしくて新しい」がテーマの正統派のカステラです。松島にある養鶏場でとれた新鮮な玉子と森岡産のアカシア蜂蜜を使っています。1本1470円です。

宮城のお土産8「牡蠣カレー」見出し

南三陸名産の

玉ねぎをじっくりと炒めて、本格スパイスを使った特製カレーです。宮城三陸海岸で獲れる新鮮な牡蠣を焼いて、カレーと合わせて煮込んでいます。生の牡蠣をそのままお土産にするのは難しいですが、こちらはレトルトなので長期保存が可能。焼いた牡蠣の香ばしさも味わえて、お土産におすすめの特産品です。1人前594円です。

宮城のお土産9「しおがまの藻塩」見出し

塩釜の特産品

宮城県の中央部に位置する塩竃市。「しおがまの藻塩」は昔からの塩竃の特産品です。塩竃の海水を藻塩草(アカモク)という海藻と共に煮詰めて作ります。藻塩は身体の排出物を出す効果にすぐれたヘルシーな食材です。また、丸みのある味が特長で、料理好きな方へのお土産におすすめです。瓶入り1本30g594円です。

宮城のお土産10「宮城のいちご飴」見出し

本物のような香り

いちごは宮城産のものだけを使用。なめても噛んでも楽しめる、カリッとした食感がクセになるキャンディーです。もしハート形に出会えたらとてもラッキー。40袋の中に1個だけハート形が混ざっています。復興庁が主催した「世界に通用するお土産100品」に選ばれた、実力派のお土産です。70g入り497円です。

宮城のお土産11「くじらもなか」見出し

可愛らしい

宮城県沖を悠然と泳ぐくじらをイメージしたもなかです。毎日あんこを練り上げ、手作りしています。「くじらもなか」には小倉や青のり、抹茶など7種類の味があります。全ての味が入った7本入りは1500円。日本茶以外にもコーヒーや紅茶に合う、どなたにもおすすめできるお菓子です。仙台駅と古川駅でも販売しています。

宮城のお土産12「黒砂糖まんじゅう」見出し

定番のお菓子

仙台の和菓子処、玉澤総本店の看板お菓子です。原料の黒砂糖は沖縄波照間産のものを使い、毎日ていねいに手作りしています。10個入り1120円です。定番サイズのほかに、一口サイズがかわいい「ミニ黒砂糖まんじゅう」と丹波産の最高級小豆を使った「大納言黒砂糖まんじゅう」があります。お茶請けにぴったりの上品な甘さです。

宮城のお土産13「松華堂きなこサンド」見出し

和洋を合わせた

和菓子と洋菓子のいいとこどりをしたようなお菓子です。きなこ風味のバタークリームをアーモンド入りメレンゲを焼いたシューで挟んでいます。一口食べるとほろっと崩れるような、しっとりと柔らかい食感です。きなこの原料は宮城産の大豆を使っています。「松華堂きなこサンド」は松島と仙台駅で購入できます(数量限定)。1個220円です。

宮城のお土産14「Ankoyaどら焼」見出し

四角形が珍しい

ちょっと珍しい、四角いどら焼きのお店です。一番のこだわりは、あんこ。北海道産の小豆の中からふっくらとした粒だけを選り分けて使っています。8時間かけて炊き上げたら、職人の手で練り上げます。定番の「あんどら」は165円。そのほかに「バタどら」や「もちどら」などもあります。四角いどら焼きは仙台駅前店、木町通本店、泉店の3店舗で購入できます。

宮城のお土産15「熊谷屋の仙台駄菓子」見出し

種類豊富な名産

熊谷屋は創業から300年の歴史をもつ老舗の和菓子店です。「きなこねじり」や「べっこう飴」など仙台駄菓子の種類は50から60ほどあります。12個入りの詰め合わせで、仙台駄菓子は648円から。素朴な形と自然な風味で時代を問わず愛されている、仙台の名産品です。また、熊谷屋では可愛らしい形の練り切りも人気を集めています。

宮城のお土産16「支倉焼」見出し

バターたっぷりのお菓子

「ふじや千舟」は仙台に本店があり、50年に渡って親しまれているお菓子処です。「支倉焼(はせくらやき)」は、くるみ入りの白あんをバターと玉子、砂糖を加えた皮で包んだオリジナルのお菓子です。遣欧使の支倉常長にちなんで名づけられました。一つ一つ手作りの作業で木型に入れることで、「支倉焼」の文字を浮かび上がらせています。

宮城のお土産17「タコぷりん」見出し

南三陸町

食感から「ぷりん」の名が付いていますが、フランスの家庭料理キッシュです。特長はタコがたっぷり入っていること。南三陸町名産のアワビを食べて育ったタコは、ぷりぷりで新鮮そのものです。宮城蔵王産の牛乳やとれたて玉子にもこだわり、おいしい「タコぷりん」が完成しました。5個入り1305円、オーブンで温めて食べるのがおすすめです。

宮城のお土産18 「ずんだ餅」見出し

定番(ずんだ茶寮)

宮城産のもち米「ミヤコガネ」をついて作る伝統の製法です。お土産用は6個入りで865円。仙台駅やデパ地下、空港などで購入できます。仙台駅の中にある仙台駅西口店ではイートインもOKです。カフェのような店内で名物の「ずんだ餅セット」を味わえます。ずんだ茶寮ではこのほかに「ずんだロールケーキ」や「ずんだ白雪チーズケーキ」も人気です。

宮城のお土産19「コズミックキャンディ」見出し

人気上昇中

地球そのものをデザインした、とてもユニークなキャンディです。空に透かすと、この通り。仙台市天文台で買える、見た目も味も楽しめるお土産です。NASAが撮影した地球の写真を特殊な技術で透明な飴に挟んでいます。地球のほかに月を表した「ムーンキャンディ」もあり、話題を呼んでいます。1本200円、食べるのがもったいない美しさです。天文台でプラネタリウムを楽しんだら、ぜひお土産にどうぞ。

宮城のお土産20「秋保おはぎ」見出し

秋保温泉の名産

最後にご紹介するのは、秋保にあるスーパー「主婦の店さいち」で販売している「秋保おはぎ」です。モチモチのお米を甘すぎない上品なあんこでくるんでいます。あん、きなこ、ゴマの3種類。毎朝手作りしています。平日で5千個、休日では2万個売り上げたこともあるそうです。仙台駅そばの食材王国みやぎでも、毎週木・金・土曜日のみ限定販売していますが、売り切れが早いので気を付けましょう。

宮城のお土産20選!~まとめ~見出し

宮城でぜひ買い求めたい人気のお土産をご紹介してきましたが、いかがでしたか。海の幸に山の幸、宮城には名産品がずらりとそろっています。帰宅後に宮城のお土産を味わいながら、旅の思い出話に花を咲かせるのもいいですね。観光やグルメに加えて、お土産選びは旅の楽しみのひとつです。皆さんもぜひ、宮城で素敵なお土産を見つけてくださいね。

投稿日: 2017年5月1日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote