宮崎のサーフィンポイント情報!初心者でも波乗りできる有名スポット

宮崎のサーフィンポイント情報!初心者でも波乗りできる有名スポット

日本屈指のサーフィンエリアである、宮崎。年間を通じてコンスタントに波があり、毎年、県内外から多くのサーファーが訪れます。宮崎には長い海岸線に沿ってたくさんのポイントがありますが、その中で初心者にもおすすめのサーフィンスポット情報をまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.宮崎のサーフィンポイントの特徴は?
  2. 2.宮崎のサーフィンポイント1:伊勢ヶ浜
  3. 3.宮崎のサーフィンポイント2:小倉ヶ浜
  4. 4.宮崎のサーフィンポイント3:金ヶ浜
  5. 5.宮崎のサーフィンポイント4:木崎浜
  6. 6.宮崎のサーフィンポイント5:加江田河口
  7. 7.宮崎のサーフィンポイント6:青島
  8. 8.宮崎のサーフィンポイント7:恋ヶ浦
  9. 9.初心者が気を付けたいサーフィンのルール
  10. 10.サーフィンだけじゃない!宮崎の魅力
  11. 11.宮崎のサーフィンを一度体験してみて!

宮崎のサーフィンポイントの特徴は?

サーフィンをする人なら、誰もが一度は行ってみたいと思うのが、宮崎ではないでしょうか。冬でも水温が高く、年間を通じて質のいい波が楽しめます。宮崎は、長い海岸線に沿ってバリエーションに富んだポイントが多くあることも特徴です。今回は、初心者におすすめの宮崎のポイントをピックアップし、そのポイントの情報をご紹介します。

宮崎のサーフィンポイント1:伊勢ヶ浜

「日本の快水浴場百選」にも選定され、夏場は海水浴場として賑わいます。左右を岬に囲まれた小さな湾状の地形のため、一本線のウネリが到達し、波のセットがわかりやすいという点で初心者におすすめです。時期によってはガラガラのこともありますが、駐車場・トイレ・シャワー完備で利用しやすいポイントです。

基本的には遠浅の砂場ですが、左右の岬に近づくなど、場所によっては足元が岩場となるので初心者は注意が必要です。状況によっては沖合で強いカレントが発生しやすく、過去に海難事故が起こったこともあります。そのため、このポイントにエントリーする際は、気象情報などをしっかり確認した上でエントリーするようにしてくださいね。

宮崎のサーフィンポイント2:小倉ヶ浜

全長4kmの長い海岸線で宮崎では有名なポイントです。主に北の方にサーフィンやボディボードをする人が多く、南側は海水浴客メインとなります。ビーチハウスやサーフショップ、カフェなどもあり、家族連れや女性、子供のサーファーが多いのも特徴です。広いだけでなく、しっかりウネリを拾うので、極上の波を簡単に捕まえることができます。

場所的に宮崎県外からのサーファーも多く、ローカルはきつくありませんが、夕方になると仕事終わりの地元サーファーがやってくることもあります。駐車場はかなり広く、清潔なトイレ、シャワーもあります。近くにサーフショップも2軒あるので、そこで波の情報などを仕入れてから海へ入るのもいいでしょう。

宮崎のサーフィンポイント3:金ヶ浜

古くからサーフィンが盛んで、サーフポイントとして全国的にも有名な場所です。コンスタントに期待できる高い波を求めて、県内外から多くのサーファーがここへやって来ます。国道10号線沿いにあるのでわかりやすく、車から降りてすぐにサーフィンできるという点は、初心者にとっても魅力の一つです。

駐車場・トイレ・シャワーは完備されているほか、近くにサーフショップやレストラン、コンビニなどもあり、とても便利です。また、ビーチフロントの民宿もあるため、朝から晩までサーフィン漬けになるにはピッタリの環境です。ドライブインの駐車スペースに車を停める場合は、海から上がったら施設で買い物をするなどの配慮を忘れないようにしましょう。

宮崎のサーフィンポイント4:木崎浜

宮崎を代表する有名なポイントです。宮崎県総合運動公園の目の前に位置し、波打ち際まで100mほどの砂浜が南北約2km、青島ビーチまで続いています。宮崎市内から車で20分、宮崎空港からは10分ほどで到着できる立地と、景色や設備の良さ、そしてもちろん波も良いため、県内外から多くのサーファーが集まります。

毎年、「全日本級別サーフィン選手権大会」という、アマチュアサーフィン界の実力日本一を決める大会が開催される場所としても有名で、大会期間中は多くの人で賑わいます。年間を通して必ずどこかは地形が決まっているので、波さえあればサーフィンをエンジョイできるでしょう。

宮崎のサーフィンポイント5:加江田河口

宮崎県総合運動公園の南側を流れる加江田川の河口あたりにもポイントがあります。南の方へ行くと、一部岩場もありますが、基本的にボトムは砂で、初心者でも入りやすいポイントと言えるでしょう。比較的厚めのブレイクが多く、宮崎のロングボーダーが集まる場所になっています。

宮崎のサーフィンポイント6:青島

夏には数多くの観光客で賑わう、青島日南海岸リゾート。その中心となる青島海水浴場の北側に、サーフィンのできるポイントがあります。北へ行くほど波のサイズは大きくなるので、初心者は海水浴場に近い南側がおススメです。もちろん、海水浴シーズンには海水浴客のいないところでサーフィンをするように心がけましょう。

木崎浜が荒れてクローズになってしまっても、相対的に波のサイズの小さい青島ではサーフィン可能なこともあります。荒れた天候の際は波情報を確認した上で、青島に足を運ぶのもいいかもしれません。とは言え、ここでもダブル以上の波が来ることもあるようなので、もちろん油断は禁物です。

前述のようにリゾート地なので、サーフポイントからは少し離れるものの、設備は充実しています。更衣室やシャワーなどもありますし、レストランやお土産物屋などもあります。「鬼の洗濯板(鬼の洗濯岩)」で有名な青島の観光もおすすめです。リゾートホテルも数多くあるので、ちょっとリッチなサーフトリップを楽しむこともできます。

宮崎の青島にある神社は観光にピッタリ!周辺グルメやカフェなど食事も紹介のイメージ
宮崎の青島にある神社は観光にピッタリ!周辺グルメやカフェなど食事も紹介
宮崎にある青島神社は観光にピッタリなパワースポットです。縁結びの神としても注目を集め、絵馬や夫婦守りは見た目も可愛くとっても人気です。また宮崎グルメ編では、青島神社周辺のカフェ、ランチ、ディナー、フルーツのオススメのお店をご紹介。

宮崎のサーフィンポイント7:恋ヶ浦

野生馬で有名な都井岬が近くにあり、抜群のロケーションを誇るポイントです。天気のいい日はマリンブルーの海が広がり、初めて訪れた人は皆、水の綺麗さに驚きます。広範囲のウネリに反応するため、波の良さには定評があり、1年を通して県内外からサーフィンを楽しむ人が多く訪れます。

これまでに紹介したポイントと異なり、恋ヶ浦には駐車スペースが少ないため、このポイントでサーフィンをするときには、夜明け前に行くようにするか、朝一番には着くようにした方がいいでしょう。なお、船着き場は駐車厳禁です。目の前に民宿があるので、そこに泊まって恋ヶ浦の情報を教えてもらうというのもいいのではないでしょうか。

初心者が気を付けたいサーフィンのルール

ワンマン・ワンウェイブ

世界中のサーファーで共通のルールが、「ワンマン・ワンウェイブ」です。一つの波に乗れるのは一人のみ。一番最初に波が割れるところ(ピーク)に一番近く、かつ一番先にテイクオフした人が、基本的に「その波に乗れる人」となります。その人の進行方向でテイクオフすることは「前乗り」または「ドロップイン」と言い、ルール違反になりますので注意しましょう。

ゲッティングアウトのマナー

沖に向かってゲッティングアウトする際には、ライディング中のサーファーの邪魔にならないよう、くれぐれも注意しましょう。サーファーの進行方向を横切って沖に向かおうとするのは、危険が伴います。状況にもよりますが、そのサーファーの背後を波のピーク側へ回るような形で避けるよう、気を付けてくださいね。

ボードはむやみに離さない

初心者の場合は特に、サーフボードの上にうまく立てずにワイプアウトすることも少なくありません。ワイプアウトした時は、すぐにリーシュコードを引っ張り、サーフボードを流さないようにしましょう。サーフボードが約2m、リーシュも約2mとすると、むやみにボードから手を放すことにより、後方4mが危険にさらされます。また、リーシュが切れることもあります。

駐車マナーを守ろう

宮崎だけではなく、各地のサーフポイント周辺で問題になっているのが、迷惑駐車です。今回ご紹介したポイントのほとんどは、ある程度のキャパシティのある駐車場が近くにあるポイントになっていますが、地域住民への配慮はもちろん、アイドリングストップや騒音などについても気を付ける必要があります。

サーフィンだけじゃない!宮崎の魅力

ご存知の通り、宮崎には絶品グルメがたくさん!なんといってもその代表格がチキン南蛮でしょう。サーフィンでペコペコになったお腹を満たしてくれること間違いなし。夜は、宮崎地鶏の炭火焼きでビール、というのおすすめです。また、宮崎牛というブランド牛もあり、たまには贅沢してステーキ、というのもいいでしょう。

沖に黒潮が流れ豊かな漁場の宝庫である宮崎は、当然ながら海の幸も豊富で、時期によっては伊勢海老を楽しむこともできます。また、実は宮崎は隠れたうどんの聖地で、もっちりとした麺と店によって異なるつけ出汁の釜揚げうどんも有名です。小腹が空いたときには、手軽につまめる肉巻きおにぎりもおススメ。

甘くてフレッシュなフルーツもあります。宮崎マンゴーはその代表と言えるでしょう。また、完熟きんかんたまたまや日向夏なども、宮崎を訪れた際にはぜひ味わいたいフルーツです。チーズ饅頭や白玉まんじゅう、なんじゃこりゃ大福といった和菓子も人気がありますので、甘いものが欲しくなったときには是非、食べてみてくださいね。

宮崎グルメ特集!おすすめのご当地特産品から人気の名産まで!のイメージ
宮崎グルメ特集!おすすめのご当地特産品から人気の名産まで!
宮崎は、豊かな自然に囲まれているため、たくさんの見所があり、人気の観光スポットになっています。また、さんさんと降り注ぐ太陽を浴びて育った果物や野菜、珍しいグルメもあります。そこで今回は、宮崎のグルメを特産品から名産品まで一挙に紹介します。

宮崎のサーフィンを一度体験してみて!

年間を通してコンスタントに質の良い波があるという点はもちろん、食べ物もおいしいものがたくさんあり、人も温かい宮崎は、サーフトリップの行き先として大変人気があります。ぜひ一度、多くのサーファーが愛してやまない宮崎の海で、サーフィンを楽しんでみてください。

日南海岸へドライブ!観光スポットや絶景に周辺グルメを大紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日南海岸へドライブ!観光スポットや絶景に周辺グルメを大紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮崎県にある絶景が広がる「日南海岸」は、観光地としても大人気を誇ります。青い海と広い太平洋を見ながらのドライブや、サイクリング、宮崎グルメを楽しめるレストランも点在します。「日南海岸」を100%堪能できるノウハウをご紹介いたします。
宮崎こどもの国で子供と遊びまくる!入場料やアクセスは?周辺ホテルも充実! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮崎こどもの国で子供と遊びまくる!入場料やアクセスは?周辺ホテルも充実! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮崎にあるこどもの国で子供と一緒に一日楽しみませんか?宮崎のこどもの国の情報をお届けいたします。こどもの国には、どんな施設があって、どんな遊びができるのでしょうか!また、こどもの国周辺のホテルも充実しているので、周辺ホテルの情報もお届けいたします。
宮崎はチキン南蛮発祥の地!おすすめで美味しい人気ランキング11! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮崎はチキン南蛮発祥の地!おすすめで美味しい人気ランキング11! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
チキン南蛮の発祥の地としても知られる宮崎ですが、そのルーツをご存知ですか?スーパーなどでもよく見かけるのは、タルタルソースがかかったチキン南蛮ですが、実は元祖チキン南蛮は…気になるチキン南蛮の歴史にも触れながら、宮崎で人気のチキン南蛮のお店をご紹介します。
宮崎はうどんの聖地だった!おすすめの絶品人気ランキング11! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮崎はうどんの聖地だった!おすすめの絶品人気ランキング11! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮崎は知る人ぞ知るうどんの聖地です。意外と知られていませんが地元の方や観光客に人気の宮崎のうどんをまとめて余すことのないようにご紹介していきます。是非、宮崎に観光で行った際には立ち寄ってほしいおすすめのうどんを食べてみてください。
yumcom.net
ライター

yumcom.net

関連記事

人気記事ランキング