地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

グラストンベリー!行き方は?ロックフェスやパワー スポットご紹介!

グラストンベリー!行き方は?ロックフェスやパワー スポットご紹介!

イングランドの小さな町「グラストンベリー」は、小さくても特別な町と言えます。世界規模のロックフェスが行われる地、世界からパワースポットを求めて多くの人が集まってくる特別な地でもあります。そんな特別な町、「グラストンベリー」についてご紹介して行きたいと思います。

「グラストンベリー」ってイギリスのどこ?見出し

「グラストンベリー」は、首都ロンドンから西へ西へと移動すると海の近くに「ブリストル」と言う大きい街が有ります。そこから南へ車やバスで約1時間程行った所に有る小さなのどかな町です。この小さな町は、ちょっと特別な町なのです。その理由と、「グラストンベリー」への行き方を、これからご紹介して行きたいと思います。

「グラストンベリー」への行き方見出し

そんな「グラストンベリー」への行き方をご紹介します。ロンドン・ヒースロー空港からの行き方で説明します。ヒースロー空港からヒースロー・エクスプレスに乗り「パディントン駅」迄行き、そこでブリストル行きの列車でブリストルまで行きます。所要時間は約1時間半から2時間です。ブリストルからグラストンベリーへの行き方はバスでの移動になります。

ロンドン地下鉄!乗り方・料金は?イギリスのチューブ事情まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロンドン地下鉄!乗り方・料金は?イギリスのチューブ事情まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大都市ロンドンでは観光地を巡る際にかかせない交通手段となる地下鉄。イギリス英語ではアンダーグラウンドと呼びバスに比べ料金はやや高めですが主要な路線を覚えれば観光名所・目的地へ行くのに便利です。ここでは日本とは違うロンドンの地下鉄を見ていきましょう!

「グラストンベリー」ロックフェス見出し

「グラストンベリー」では世界最大級、伝説のロックフェスが行われる会場があります。毎年の様に開催されますが、ファームで行われるので牧草地を保護する為に数年おきに農地を休ませているそうです。ロックフェスの会場ではロックミュージックだけでなく、サーカスや演劇、ダンス等多岐に渡って披露されている様です。映画上映も有る様です。

世界最大級伝説のロックフェスとあって、メインアーティストが約80組、他のパフォーマーは約800組以上にもなるビッグなイベントです。この地にやって来るアーティストも凄いのですが、集まってくる観客も個性的です。仮装をしたりコスプレをしてやって来る人達が多いのも伝説的ロックフェスの特徴です。パフォーマーも観客も一体となり盛り上がります。

スピリチュアルな町「グラストンベリー」見出し

Photo by 義傑1990

「グラストンべリー」の町は、何処か他の町とは違う独特の雰囲気の漂う町です。行き交う人々も髪を長く伸ばした人や、ゆったりとした服を纏い何処かスピリチュアルな雰囲気を持った人が多いと言います。街のショップもスピリチュアルグッズのお店が多いのです。様々な伝説を持つ町は、平和に満ちた牧歌的な風景に抱かれる様に佇んでいます。

「グラストンベリー」パワースポットの宝庫見出し

Chalice Well Garden

「グラストンベリー」の丘の麓に強力なパワースポットを持った、伝説の「チャリス・ウェル・ガーデン」は有ります。地元イギリスの人々だけではなく、世界からそのパワーにあやかりたいと多くの人々が訪れます。一体どの様なパワースポットが有るのでしょうか。一つ一つご紹介して行きたいと思います。

「グラストンベリー」パワースポット1:聖杯の泉見出し

チャリスとは、ここでは聖杯と言う意味に使われています。途切れる事無く湧き出る聖なる泉のほとりでは、瞑想をする人々の姿を見る事が出来るそうです。鉄分の多い水は少し赤みを帯びている様です。水紋にも似たデザインは、何とも雰囲気のある泉となっていますね。

この泉の上の方を見ると何処からか水が流れて来ている様です。神聖な水の流れを横に見ながら植えの方へ上がってみて下さい。そこには足を浸けられる、日本の温泉地で言う「足湯」の様な事が出来る場所も有ります。お湯ではないので足湯では有りませんが、その泉に足を付けるとエネルギーを感じる事が出来るそうです。冷たくてとても気持ちがいいそうですよ。

「グラストンベリー」パワースポット2:Red Water見出し

小さな滝の様な流れの横を登って行くと、この様な場所が有ります。レッド・ウォーターと呼ばれる由縁は、水の中に鉄分が多く含まれていて若干赤い色をしているからだそうです。お味の方は美味しいとは言い難い様ですが、パワーが頂けるお水と有れば是非口にしてみたいものです。近くにはボトルを販売している所があるそうです。

「グラストンベリー」パワースポット3:The Well Head見出し

チャリス・ウェル・ガーデンの一番奥にひっそりとあるのが、パワースポットの源であるこの井戸です。この井戸はイギリスで最も古く、これまで2000年以上一度も枯れた事が無く永遠のパワーを秘めていると言われています。スピリチュアルを愛する人々がここへやって来ては、この井戸からエネルギーと癒しを貰っているそうです。

この井戸を愛し敬い、感謝する気持ちをこうして表現しているのでしょうか。花のリースで飾られたチヤリス・ウェルはとても魅力的ですね。いかに人々から愛されているのか、伺い知る事が出来ます。チャリス・ウェルの聖水の入ったスピリチュアル・エッセンスは、ヒーラーの間でとても人気だそうです。蓋のデザインは、チャリス・ウェルのトレードマークです。

「グラストンベリー」パワースポット4:The White Spring見出し

そして「レッド・ウォ―ター」に対して、「ホワイト・ウォーター」を手にする事が出来る場所が有ります。The White Springへの行き方は、チャリス・ウェル・ガーデン入り口から数分歩くとこの緑の扉(入り口)を見つける事が出来ます。中は神聖な場所ですので、撮影は控える様にとの事です。何とも、異界への入り口と言った風情がありますね。

こちらの水は鉄分が豊富に含まれている「レッド・ウォーター」とは違い、対して「ホワイト・ウォーター」と呼ばれています。無料で汲んで持ち帰る事が出来るので、自宅から大きなボトルを持参して多く人がこの場所を訪れます。この場所で瞑想を行う人もいるそうです。神様のパワーを沢山感じる事が出来る魅力的なスポットなのですね。

「チャリス・ウェル・ガーデン」ショップ

「チヤリス・ウェル・ガーデン」内に、ショップもあります。ジュエリー、本、音楽やクラフト等スピリチュアルに満ちたグッズが購入出来ます。井戸の蓋にも施されている、チャリス・ウェルのシンボルマークのペンダントが人気です。訪れた記念に、又は神秘的なパワーのお守りとして身に着けていたくなる様なアイテムですね。

「グラストンベリー」パワースポット5:Glastonbury Tor見出し

「チャリス・ウェル・ガーデン」から見える小高い丘に、「グラストンベリー・トア」はあります。「グラストン・ベリー」への行き方は幾通りか有りますが、一番近道の行き方は「チャリス・ウェル・ガーデン」とThe White Springの直ぐとなりの道から行くルートです。看板が出ていますので、注意深く探して下さいね。歩いて約15分位で辿り着きます。

ここは世界でも有数のパワースポットとして有名な場所で、毎日多くの人がパワーを求めてやって来ます。この辺りは湖や湿地帯に囲まれていて、現在の様に干上がるまでは湖に浮かんだ小島の教会の様に見えていたそうです。ここはUFOや宇宙人がやって来るスポットとしても有名なのだそうです。

こちらはその「グラストンベリー・トア」の建つ丘の上からの眺めです。これだけでも、絶景スポットの観光地を訪れた満足感が有りますね。イギリスではこの様な絶景は至る所で見られるのですが、イエスの伝説を持つ世界でも有数のパワースポットとなれば感じる物も違って来ますね。ぜひ、「グラストンベリー・トア」にも足を延ばして下さいね。

「グラストンベリー」癒し風景見出し

グラストンベリー「チヤリス・ウェル・ガーデン」には、強力なパワースポットが点在している事が分かりました。でもグラストンベリーの町全体が魅力的な町である様に、ガーデンもそれはそれは美しい癒しの観光地なのです。パワースポットに取り立てて興味が無い方でも、イギリスの素晴らし景色やガーデンを楽しむ事が出来ます。

強力な魅力のパワースポットと共に、この素晴らしいガーデンは一体どうやって管理されているのか興味が沸いた方もおられるのではないでしょうか。この様にガーデン内には、まるで妖精が飛び交う様子が見える様な美しい風景が至る所に見られます。それだけでも癒されてしまいそうですね。

この薔薇、まるで絵に描いた様な完璧に魅力的な形をしていると思いませんか?もしかすると、伝説のパワースポットの元で育てられたからかも知れません。この「チャリス・ウェル・ガーデン」は、営利を目的としないチャリティー団体によって運営されています。スピリチュアルな目覚め、瞑想、癒しを全ての人に与える事を目的としているのです。

「グラストンベリー」周辺の観光地見出し

St.Margaret's Chapel&Magdalene Almshouses

Chalice Wellから約10分程の所に「Margaret's Chapel&Magdalene Almshouses」と言う観光地が有ります。雰囲気のとても良い教会と宿泊施設が一緒になっています。そして何より魅力的なのが、素敵なイングリッシュガーデンガ楽しめる所です。本場のイングリッシュガーデンは、特にガーデニングを趣味とされている方にはたまらない観光スポットですね。

この教会のガーデンは、ボランティアに依って手入れがされているそうです。みなで協力して、この教会を守っている様子が伺えます。昔の巡礼者の方の宿泊部屋が、そのまま残っているのも見応えがあります。静かな場所にありますので、観光地の喧騒を忘れてのんびり過ごされては如何でしょうか。入場料は、無料となっています。

イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスには多くの観光名所と観光スポットが多くあり、世界遺産も26もあります。またイギリスの文化や小説や映画、ドラマなどの創作物の魅力が増すスポットも多くあります。そんなイギリスの観光スポットと名所をおすすめ順に厳選しご紹介します。

「グラストンベリー」へ行こう見出し

イギリス「グラストンベリー」の魅力と、観光パワースポットをお伝えして来ました。小さな町の静かな観光地が熱く燃える「ロックフェス」や、スピリチュアルに満ち溢れた伝説のパワースポットと二つの顔を持つ「グラストンベリー」の魅力が伝わりましたでしょうか。ぜひ一度魅力的な町、「グラストンベリー」に訪れてみて下さいね。

投稿日: 2017年7月10日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote