地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

イギリス旅行!注意点や持ち物まとめ!楽しく過ごすための情報!

イギリス旅行!注意点や持ち物まとめ!楽しく過ごすための情報!

イギリス旅行へ行く予定の皆さん。もう旅行の準備はできていますか?今回は、イギリス旅行へ行く前に見たらきっと役に立つ、イギリス旅行に必要な持ち物、おすすめの持ち物、費用について、そしてその他注意点などをご紹介させていただきます。

イギリス旅行の注意点や持ち物まとめ!見出し

日本から直行便で約12時間、歴史と文化の国、イギリスは、日本人にとっても馴染みのある観光スポットになっています。今回は、そんなイギリス旅行へ行く前に見たら旅行準備にきっと役に立つ、イギリス旅行に必要な持ち物、おすすめの持ち物、そして知っておきたいイギリス旅行の予算のこと、注意点などをご紹介させていただきます。

イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスには多くの観光名所と観光スポットが多くあり、世界遺産も26もあります。またイギリスの文化や小説や映画、ドラマなどの創作物の魅力が増すスポットも多くあります。そんなイギリスの観光スポットと名所をおすすめ順に厳選しご紹介します。

イギリス旅行に必要な持ち物見出し

パスポート

絶対に忘れてはならない持ち物が、パスポートです。パスポートを忘れてしまうと、もちろんイギリスへ行くことは出来ません。せっかく支払った費用や、楽しみだった気持ちも全て無駄になってしまうので、準備の段階で一番に用意しておきましょう。入れる場所をあらかじめ決めておくといいですよ。

航空券

イギリス旅行に関わらず、海外旅行へ行く際、パスポートの次に大切な持ち物は、航空券です。航空券を忘れてしまうと、再発行に時間がかかること、また身分証明書が揃っていないと、再発行が不可な場合もあります。渡航ができなくなる可能性もあるので、十分注意してください。

現金・クレジットカード

イギリスはカード主義なので、レストラン、ホテル、お土産屋さんなど、ほとんどの場所で使用することが可能です。現金を沢山持ち歩くよりもクレジットカードを持っている方が安心ですよ。万が一のことを考え、2枚持参した方が良いでしょう。VISAとMASTERが通用度が高いので、おすすめです。

衣類

衣類も忘れる方はいないかと思いますが、念のためお伝え致します。イギリスの天気は、一日の中に四季があると言われているほど気温差が激しいので、夏だからと言って、上着も忘れてはいけません。後ほど服装については詳しくご紹介させていただきます。

海外保険証券

海外旅行に行く場合は是非入っていただきたい海外旅行保険。そして加入した場合、必ず保険証券を持って行ってください。現地で怪我をして病院にかかったり、入院などした場合には必ず必要になります。準備の段階で早めにスーツケースやバックの中に入れておきましょう。

イギリス旅行でおすすめの持ち物見出し

折り畳み傘

イギリスの天気は変わりやすく、突発的に雨が降ることが度々あります。急な雨に備えて、折りたたみ傘は持って行った方が良いでしょう。天気予報で晴れマークが出ている場合でも、雨が突然降ることも度々あります。せっかくの旅行なので準備万端で臨みましょう!

変換プラグ

日本の電圧が100Vに対し、イギリスの電圧は220から240V、そしてプラグのタイプは先が四角い三本足のBFタイプです。最近の日本の電化製品で240V対応のものが増えてきていますが、基本的にそのままでは使えません。変圧器と変換プラグは必ず必要なので、必要な方は準備をしてください。

シャンプー・リンス類

イギリスのホテルでも、備え付けのシャンプー類があることが多いですが、日本人の髪質と合わないことが多いです。髪の毛がパサパサになってしまったり、かゆくなってしまったりなんてこともあり得るので、出来るだけアメニティグッズはご自身のものを持参することがおすすめです。

常備薬

旅行中、何が起きるか分かりません。体調を崩してしまうこともあるので、胃腸薬や風邪薬、頭痛薬など、日本の薬を持って行った方が安心です。旅行先では環境が変わるため、普段健康な方でも突然具合が悪くなる方もいるので、注意しましょう。

スマートフォン

最近の携帯電話は、国際電話機能が付いているものが多いです。またWIFIを繋げば無料でメール、インターネットもできるので、日本へ緊急の連絡をすることがあった場合の時の為にも、持っていくことをおすすめします。インターネットでイギリスの観光情報などをチェックできるので便利ですよ。

イギリス旅行で知っておきたい天候の事見出し

Photo by August Brill

イギリスのロンドンでは、一年中霧のような雨が降る傾向があるので、日本と比べても気温は低く、肌寒く感じます。エジンバラはロンドンと比べて少し寒く、季節による気温差は少ないです。イギリスでは夏場、日中は30度近くまで上がることもありますが、朝晩になるとがくんと気温が下がることもあるので、必ず上着は必要です。

イギリスの冬は大変寒いため、ベストシーズンは、春か夏と言われています。特に初夏の季節になると、バラなどの美しい花々が咲き誇ります。イギリスの豪華なバラの庭園は世界的にも有名なので、とてもおすすめです。

イギリスでおすすめの服装は?見出し

イギリスは1日の中で四季があると言われているほど、気温差が激しいです。季節に関わらず、薄手の洋服を何枚か組み合わせたコーディネートで着回したり、基本的に重ね着をおすすめします。日中は暖かく半袖でOKだったとしても、夜になると急に気温が下がったりもするので、薄手の羽織やジャンバーなどを準備しましょう。女性であればストールなどがあれば便利です。

イギリス旅行の予算について見出し

航空運賃の予算

航空運賃の費用については、航空会社・座席クラス・購入時期・経路によって様々なので、あくまで目安の予算として考えていただければと思います。航空運賃の費用は、個人旅行のエコノミークラスで50000円から130000円前後です。燃油サーチャージの費用は、14000円前後、国内空港使用料は発着空港にもよりますが、2000円から3000円です。またイギリスの空港使用料は、13000円前後ですが、こちらも変動します。

ホテルの予算

イギリスでは、ロンドンを中心にホテルは沢山あるので、ホテルの選択肢が広いでしょう。しかし全体的に費用が高く、日本のような格安ビジネスホテルがなかなかありません。安く済ませたい旅行者に人気なのが、B&Bですが、1泊10000円以上はするので、予めご承知おきください。ロンドンの宿泊費用の目安として、1泊15000円前後、地方都市でも13000円前後で、日本のビジネスホテルくらいのホテルに宿泊ができます。

食事の予算

日本と比べても、イギリスの方が食事の費用はかかります。特にお高いのがレストランで、1名で最低4000円はかかると考えておきましょう。スーパーやコンビニなどで買う食材に関しては、日本とさほど変わりません。またカフェやファストフードなどの軽食系の食事であれば、セットで700円前後で食べられます。

観光費用

イギリスでは、場所によって様々ですが、美術館や博物館など、料金が無料で開放されているスポットもあります。しかし多くの観光スポットで入場料が必要です。事前に行きたいスポットの料金を調べておく必要がありますが、1箇所につき、目安で2000円前後と考えていただき、少し多めに準備をしましょう。

イギリス旅行は結局いくらかかる?見出し

上記の通り、イギリス旅行の予算の目安を記載させていただきましたが、上記以外にも、現地でかかる交通費などを含めて、5泊7日での旅行の場合、「30万円前後」と考えていただければと思います。その中でも、ホテルや航空運賃などで、節約できるところは節約などをすれば、もう少しお安く済むかもしれません。

イギリスの通貨について見出し

イギリスの通貨は、ポンドとペンスです。スコットランド・北アイルランドには独自の紙幣がありますが、それらの紙幣も、イングランドでも利用することができます。イギリスポンドは、日本でも両替をすることができるので、空港などで、事前に両替をしておきましょう。

イギリスの世界遺産ランキング!有名な建築物から不思議遺跡までご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリスの世界遺産ランキング!有名な建築物から不思議遺跡までご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスと言えば、ストーンヘンジやビッグベン、ロンドン塔など数々の有名な観光スポットがありますが、その中でも世界遺産に登録されているスポットがあります。そしてイギリスの田舎、カントリーサイドの世界遺産にも足を運んでみる価値はあります。

イギリス旅行でのその他注意点見出し

イギリス旅行で注意していただきたい事の1つは、スリや詐欺です。イギリスは日本ほど治安が良くないので、注意が必要です。人通りが多い観光スポットなどでも、貴重品は常に自分の目が届く場所でガードしてください。ブランド品や、高級な腕時計、貴金属などをしているとターゲットになりやすいです。

イギリスでは、公共のトイレが有料です。場所によって異なりますが、0.5ポンドから1ポンド程度が多いです。小銭がないと困ってしまうので、事前に紙幣を崩しておくことをおすすめします。またホテルやデパートのトイレは無料です。

イギリス通貨はポンド?ユーロ?現地の両替・物価も知っておこう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリス通貨はポンド?ユーロ?現地の両替・物価も知っておこう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスへの旅行を計画中ですか?イギリスの通貨が何か、聞かれると、ポンド以外にユーロも使いたい人も多いようです。実は、ポンドがほとんどなのですが、今回は、イギリスの通貨の種類や単位、両替事情や物価、ユーロの情報などをご紹介いたします。ぜひ、楽しい旅行を! 

イギリス旅行を楽しもう!見出し

Photo byderwiki

いかがでしたか?今回は、イギリス旅行の注意点や持ち物、そして旅行の予算など、事前に知っておけばきっと役に立つ情報をお伝えいたしました。イギリス旅行は決してお安くはないですが、その分、歴史ある文化と、最新の文化の融合、そして最新のファッションなど、日本では見ることのできない、イギリス独自の文化を見ることができます。旅行前にしっかりと準備をして、楽しいイギリス旅行をしてきてくださいね。

関連キーワード

投稿日: 2017年7月8日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote