地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

イギリスの紅茶ブランドTOP11!お土産におすすめ専門店ご紹介!

イギリスの紅茶ブランドTOP11!お土産におすすめ専門店ご紹介!

イギリスと言えば朝起きてから寝るまでに何度も紅茶を飲むと言われるほどの紅茶を愛している国ですから紅茶のお店も多数あります。こちらではイギリスを訪れた際に是非立ち寄っていただきたい紅茶のお店TOP11をご紹介していきます。

紅茶の国には紅茶の専門店がいっぱい見出し

朝起きてから夜寝るまでありとあらゆるタイミングで紅茶を楽しむイギリス人。当然紅茶を扱うお店はたくさんあり、イギリスのお土産には紅茶をと考える観光客も多いでしょう。こちらではイギリスでも有名な紅茶のブランド、専門店などをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

イギリスの紅茶専門店ランキング第11位:クリッパー見出し

クリッパー

クリッパー(Clipper)の歴史は新しく1984年にイングランド南西部のドーセットで生まれました。最大の魅力はオーガニックという点です。化学肥料や化学合成農薬を一切使用せずに地球環境を重視したものであると同時に、人間に害のある化学物質も一切使っていません。その品質と安全性はイギリスのオーガニック承認機関や日本の有機JASからの認証もクリアしています。

クリッパー(Clipper)の紅茶で一番人気はまろやかでありながら華やかさのあるアッサムブレンドです。しかもこちらの紅茶は茶葉の華やかな香りを残したまま、カフェインを除去したカフェインレスになっていますので、ちいさな子供や妊婦さんも安心していただける紅茶です。

イギリスの紅茶専門店ランキング第10位:ウィッタード見出し

ウィッタード

1886年にウォルター・ウィッタード(Whittard)氏が、ロンドンのフリート街に構えた一軒の紅茶店から始まりました。1941年にチェルシーに移転し、2000年代には経営難に陥ったこともありましたが、ロゴやパッケージやティーバックなどに工夫をこらし、その人気は再来しました。今もなおその確かな品質は高い信頼を得ています。

「ブレンド力」にこだわりがあるウィッタードの紅茶のなかではイギリス伝統のブラックティー「ピカデリー・ブレンド」がおすすめです。バラ、ストロベリー、ハスの、華やかで甘い香りと、茶葉の香りの割合がベストマッチ!後口はさっぱりしているので、スイーツとの相性も抜群です。人気の再来を呼んだロゴやパッケージもおしゃれでお土産にもおすすめです。

イギリスの紅茶専門店ランキング第9位:ロンドン・ティー・エクスチェンジ見出し

ロンドン・ティー・エクスチェンジ

新進気鋭の紅茶店「ロンドン・ティー・エクスチェンジ(London Tea Exchange)」。は創業してから10年にも満たない会社ですが、店内には紅茶の缶がずらりと並び取扱茶葉数は200種類以上と老舗と変わりません。曜日ごとに変わるマーケットとして有名な「オールド・スピタルフィールズ・マーケット」内で営業しています。

こちらでお勧めは、このお店のベストセラーの一つでもある「ラプサン・スーチョン(Lapsang Souchong)」です。紅茶はイギリスでは昔薬として飲まれており、クセのある紅茶も少なくありません。独特のスパイスとスモーキーな香りは、最初は衝撃的ですが、味わいながら飲んでいくとクセになってきます。ミルクを加えていただくのがおすすめです。

イギリスの紅茶専門店ランキング第8位:H.R.ヒギンス見出し

H.R.ヒギンス

H.Rヒギンス(H.R.Higgins)はロンドン中心部の高級住宅街メイフェアー、デュークストリート79番地に本店があり、エリザベス女王2世にその味を認められ、英国王室御用達となりました。独自の製法で焙煎した味わい深いコーヒー、イギリス伝統のブレンドティー、人気のフレーバーティーなど他店とは一線を画したクオリティに根強いファンが多く存在します。

こちらのおすすめは「ブルー・レディー」です。グレープフルーツとマロウ、マリーゴールド等が入った爽やかな香りはホットでも水出しでも楽しめますしバランスよくブレンドされた花の色あいは目も楽しませてくれます。また、缶は王室御用達のマークが入った上品な水色でお土産にも喜ばれます。

イギリスの紅茶専門店ランキング第7位:アーマッドティー見出し

アーマッドティー

アーマッドティー(AHMAD TEA)の創始者は1950年代にアジアにわたり、アジアにわたり紅茶の事業をスタートしました。その後1980年代に英国サウザンプトンでティーショップを開き、自社ブレンドの紅茶を提供するようになりお客の要望により現在の缶入りアーマッドティーシリーズの販売が始まりました。

おすすめは「デカフェアールグレイ」特殊な製法でカフェインを取り除いたカフェインフリーの紅茶です。雑味がなくほのかに香るベルガモットはリラックスタイムにぴったまたティーバックは、紅茶鮮度を保つためにアルミパックで放送されています。缶にデザインされたロンドンの風景もお土産にはぴったりです。

イギリスの紅茶専門店ランキング第6位:ウエッジウッド見出し

ウエッジウッド

陶磁器メーカーとして有名なウエッジウッド(WedgWood)は250年以上前に誕生した、伝統と歴史ある老舗ブランドです。アフタヌーンティーなどのテーブルを彩るものとして活躍していたウエッジウッドが紅茶業界に進出してきたの当然の流れかもしれませんが、ウエッジウッドが紅茶業界に進出したのは比較的最近の1990年代です。

しかしながらウエッジウッドは歴史は紅茶の歴史でもあり、紅茶販売に関してはまだ新参者ですが、その紅茶はクセがなくオーソドックスな正統派紅茶として人気があります。また、紅茶の缶にもウエッジウッドの陶器にあしらわれている有名な柄があしらわれているので、お土産やウエッジウッドというブランドを愛する人にも喜ばれますね。

イギリスの紅茶専門店ランキング第5位:東インド会社見出し

東インド会社

東インド会社!泣く子もだまるほど有名な東インド会社は1600年の設立から、もはや「世界の歴史を作った会社」と言っても過言ではないほど世界に大きな影響を及ぼし、イギリスを世界最強で最大の経済大国に押し上げた会社です。時代の流れにより東インド会社は解散しましたが、「東インド会社」の名前をインド人が買い取り紅茶専門店として復活を果たしました。

イギリスに紅茶ブームをもたらし大量の紅茶を中国から買い付けた張本人の東インド会社は最高品質の茶葉で伝統のレシピを再現し、創業当時の味を現代に伝えると同時に、現代の世代にも愛されるよう日々精進している素晴らしい紅茶ブランドとなりました。有名すぎる東インド会社のマークが入った紅茶はお土産にも喜ばれます。

お土産に人気なのは「ロイヤルフラッシュ」です。1954年にエリザベス二世とフィリップ殿下が初めてセイロンに国賓として公式訪問した際お茶の苗木をお手植えされました。それが高品質のお茶を生産することで有名な“ヌワラ・エリヤ”農園でした。「ロイヤルフラッシュ」はこの農園で獲れたお茶からつくられています。

イギリスの紅茶専門店ランキング第4位:トワイニングス見出し

トワイニングス

トワイニングス(TWININGS)と言えば日本でも有名な紅茶のブランドで、その歴史は300年以上です。長年にわたり紅茶を販売してきた信頼と品質は皇室も認める“皇室御用達”の有名ブランドです。始まりは1706年、創設者のトーマス・トワイニングスはロンドンにコーヒーショップを開きました。

当時コーヒーは男性のみがたしなめるものでしたが、トーマスには先見の明があり、紅茶ブームの到来を予感したトーマスはコーヒーショップの隣に女性も入れる紅茶専門店を開きました。いつの世もブーム作るのは女性なのでしょうか、トーマスの店は瞬く間に大人気になりました。またその後、紅茶がより手に入りやすくなり、ロンドンに紅茶文化が浸透したころ、1787年に「TWININGS」というブランドが生まれました。

トワイニングスで有名なのは何といってもアールグレイです。アールグレイはフレーバーティーの一つで、トワイニングのアールグレイは伝統的な秘伝のレシピでブレンドされており非常にオリジナルに忠実であると言われています。1830年代にグレイ伯爵に愛されたアールグレイはベルガモットの高い香りに濃厚なミルクを入れて飲むのがおすすめです。

イギリスの紅茶専門店ランキング第3位:ウィリアムソンティー見出し

ウィリアムソンティー

女性にプレゼントするなら一番おすすめしたいのはこのウイリアムソンティ―(Williamson TEA)です。とても目を引くパッケージですが、ウイリアムソンティーは140年という長い歴史と経験を持つ会社です。 茶葉はすべてケニアの直営農場で育てられ、茶葉からカップに注がれるまでの全てを管理、計算しつくされた品質は大変すばらしいものです。

おすすめは「ペイズリーアールグレイ」コレクターがいるほどに可愛い缶ですが、中身も高品質です。完全に管理され、たっぷりの太陽を浴びて育てられたケニア産のアールグレイにベルガモットの香りは大変さわやかな気分にしてくれます。紅茶を飲み終わった後も缶を飾っておくとインテリアとしてもおしゃれですね。

イギリスの紅茶専門店ランキング第2位:ハロッズ見出し

ハロッズ(Harrods)は誰もが知るイギリスの高級百貨店ですがハロッズは実は1834年の創業当時は紅茶を中心に扱う食料品店でした。当時紅茶は貴族から一般市民にも普及し始めたころでハロッズの紅茶は「魔法のようなおいしさ」と称賛され、ハロッズはロンドンでは最大級の百貨店に成長し大成功をおさめ今日に至りますが、現在でもハロッズの紅茶の評価は高く、そのブランドと共に多くの人に愛されています。

ハロッズのおすすめ紅茶はハロッズを代表するブレンド「ナンバーフォーティーン」です。イングリッシュブレックファストとも呼ばれ、ハロッズファンならば誰もが知っています。ダージリン、アッサム、セイロン、ケニアの茶葉の絶妙なバランス感のあるブレンドは変わることない秘伝のレシピで非常に上品な仕上がりと味わいです。

イギリスの紅茶専門店ランキング第1位:フォートナム&メイソン見出し

フォートナム&メイソン

フォートナム&メイソン(FORTNUM&MASON)は300年以上前から続く老舗の百貨店で皇室御用達のお店です。実は紅茶の専門店というよりも、もともとグローサリーショップ(食料品店)でしたので食料品に関してもすごい品揃えです。紅茶に関してはとくに強いこだわりで力をいれており、「フォートナム&メイソン」ブランドは高い品質と優れたブランド力は有名で世界中から高い人気を得ています。

フォートナム&メイソンの紅茶の中では「ブレックファスト」がおすすめです。香りの高いアッサムティで、コクのある印象は他の茶葉と比べてもひときわ優れています。英国王室御用達ブランドですので、リーズナブルではありませんが、その価格に値する質の高い紅茶です。また、フォートナムメイソンには長い筒やおしゃれな缶に入ったクッキーなどもありますので、アフタヌーンティーのお供にいかがでしょうか。

イギリスの紅茶は硬水で見出し

いかがでしょうか。イギリスで人気の紅茶TOP11でした。いずれも定評のあるブランドですが、よりイギリス風に紅茶を楽しむのであれば、ぜひ硬水で入れてみてください。イギリスの紅茶は硬水で入れてこそ、本当の味とコクが味わえます。もちろん新鮮で濃厚なミルクを用意するのも忘れないでくださいね。

もっとイギリスの情報を知りたいアナタへ!

イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスには多くの観光名所と観光スポットが多くあり、世界遺産も26もあります。またイギリスの文化や小説や映画、ドラマなどの創作物の魅力が増すスポットも多くあります。そんなイギリスの観光スポットと名所をおすすめ順に厳選しご紹介します。
イギリスのお土産おすすめ9選!女性に人気のコスメ・雑貨・お菓子まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリスのお土産おすすめ9選!女性に人気のコスメ・雑貨・お菓子まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスと言えば、ロンドンを首都に持ち、歴史のある街並みに感動できる観光スポットで、毎年多くの観光客が訪れています。そんなイギリスには、女性に喜ばれるお土産がたくさんあります。そこで今回は、女性に人気のイギリスおすすめお土産を紹介します。
イギリスのお菓子!旅行でおすすめスイーツ17選!紅茶と一緒に召し上がれ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリスのお菓子!旅行でおすすめスイーツ17選!紅茶と一緒に召し上がれ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスは紅茶を楽しむ文化があるため、ティータイムをいろどるおいしいお菓子も豊富にあります。そんな多彩なイギリスのスイーツの中でも、特に伝統的なものや長年愛され続けているおいしいお菓子をご紹介!今すぐティータイムに取り入れたくなるものばかり!
投稿日: 2017年7月13日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote