地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ!

イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ!

イギリスには多くの観光名所と観光スポットが多くあり、世界遺産も26もあります。またイギリスの文化や小説や映画、ドラマなどの創作物の魅力が増すスポットも多くあります。そんなイギリスの観光スポットと名所をおすすめ順に厳選しご紹介します。

イギリスの観光スポットへ見出し

Photo by Travel-Picture

イギリスの観光スポットと名所をお送りします。イギリスの観光スポットと名所を楽しむのに向いたものや絶景を有する自然やイギリスの歴史や文化を象徴するものも交えて、世界遺産情報も差しはさみ、厳選し種類豊富にランキング形式で13点ご紹介します。

イギリス観光名所&スポット第13位:グローブ座見出し

テムズ川沿いにあるシェイクスピアなどで有名な劇場で観光名所になっています。現在のものは1997年に元の跡地から少し離れた所に復元されたもので吹き抜け式になっているだけでなく、鋼材も使用されていない当時のままの作りになっており、芝居なしでも建物自体が立派な観光スポットになっています。

おすすめの時期は上演のある4月中旬から10月中旬で、ハムレットなどのシェイクスピアに他のも上演されます。当日券では雨天時は傘がさせないので合羽での鑑賞になる可能性があるので、予約をおすすめします。舞台上以外も中庭に軽食の屋台が出たりしてお気に召すままの「全てが舞台」といった感じです。

イギリス観光名所&スポット第12位:ストーン ヘンジ(世界遺産)見出し

Photo by INABA Tomoaki

エーヴベリーと関連する遺跡群とともに世界遺産に1986年に登録された観光名所で、イギリスだけでなく世界で最も有名な先史時代の遺跡です。古くて紀元前2500年に立てられたと言われています。作られた目的などわからないことが多いもので、時間などによって違う雰囲気を醸し出すものです。

イギリス観光名所&スポット第11位:ハリー・ポッターロケ地見出し

USJにはないロケ地などの本場の名所が数多く楽しむことができます。ロンドンでは9と3/4番線のあるキングクロス駅にファンに人気のレドンホール・マーケットがあり、居酒屋漏れ鍋になった場所もあります。1300年代にできたもので、カフェや小売店があるためショッピングでも楽しむことができます。

スコットランドにはホグワーツ特急の通るグレフィナン高架橋があり、橋自体も見応えのあるいい観光スポットです。ここを通る蒸気機関車も人気で1日1本だけで、予約が必要ですが列車からの風光明媚な景色もおすすめです。電車のスポットではホグズミード駅に使われたゴースランド駅もあります。

イギリスのハリーポッターロケ地19選!撮影スタジオ観光も見逃せない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリスのハリーポッターロケ地19選!撮影スタジオ観光も見逃せない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスにはハリーポッターのロケ地が沢山あることをご存じですか?ハリーポッターが大好きな人はもちろん、そうでない人も観光して損はない素晴らしい場所ばかりです!イギリスへの旅行を計画中の方にはハリーポッターのロケ地巡りをおすすめします!

イギリス観光名所&スポット第10位:ジャイアンツ・コーズウェー(世界遺産)見出し

北アイルランドにある火山活動で生まれたという4万ほどの石柱があるもので、1986年に世界遺産に登録されたもので、北アイルランド唯一の世界遺産です。現在はナショナルトラストによる景観保護が行われています。名前はアイルランド(ケルト)の巨人伝説に由来するものです。

ゴーズウェーには多くの観光ポイントがあり、六角形の石が広がる巨人の道、パイプオルガのような石柱のあるジャイアンツ・オーガンやコーズウェー海岸などがあります。なお伝説にはスコットランドまで橋がかかっている話があり、スコットランドのスタファ島には同じ地形のフェンガルの洞窟があります。

イギリスの世界遺産ランキング!有名な建築物から不思議遺跡までご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリスの世界遺産ランキング!有名な建築物から不思議遺跡までご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスと言えば、ストーンヘンジやビッグベン、ロンドン塔など数々の有名な観光スポットがありますが、その中でも世界遺産に登録されているスポットがあります。そしてイギリスの田舎、カントリーサイドの世界遺産にも足を運んでみる価値はあります。

イギリス観光名所&スポット第9位:ウェストミンスター宮殿(世界遺産)見出し

テムズ川そばにある宮殿で現在はイギリス議会の議事堂として使われ、ウェストミンスター寺院などと共に1987年に世界遺産に登録されました。隣にあるビッグベンと呼ばれる時計塔とともに観光名所になっているだけでなく、ロンドンとイギリスのランドマークでもあります。

ウェストミンスター寺院は背後にあり、戴冠式やロイヤルウェディングが行われるもので、歴代王や英雄、文化人などが眠る僧院があり、イギリスの国柄や文化を象徴するものになっています。ビッグベンはイタズラ好きのイギリス人らしくエイプリルフールで2度もジョーク報道がされています。

ウェストミンスター寺院!チケットや見学などの観光情報をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ウェストミンスター寺院!チケットや見学などの観光情報をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ロンドンのウェストミンスターにあるウェストミンスター寺院は、代々イギリス国王の戴冠式やロイヤル・ウェディングが執り行われてきた寺院です。イギリスでももっとも重要な宗教的建物のひとつであるウェストミンスター寺院はみどころいっぱいの観光スポットです。

イギリス観光名所&スポット第8位:アイラ島見出し

ウィスキーの蒸留所が数多くあるスコットランドの島で、景勝地としても楽しむことができるスポットがある島です。マッカランのあるスペイサイドと並ぶ人気産地で材料のピート(泥炭)が豊富なためラフロイグやボウモアにカリラ、アードベッグなどの愛飲者に人気の蒸留所があり、見学ができます。

ウィスキーで食べる牡蠣(貝)がおいしく、魚介類がふんだんに使われおいしいです。蒸留所は点在するため豊富にあるツアーがおすすめです。蒸留所以外の観光名所では、城跡もあり歴史的にも重要で風光明媚なフィンラガン湖やバードウォッチングなどの自然のスポットも楽しむことができるのも魅力です。

アイラ島の蒸留所へ行こう!ウイスキーの聖地巡りが人気!行き方も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アイラ島の蒸留所へ行こう!ウイスキーの聖地巡りが人気!行き方も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スコットランドの西部にあるアイラ島はウイスキーの聖地として知られ、島には8ヶ所のウイスキー蒸溜所があります。スモーキーなピートと潮の香りで人気が高いアイラ島のウイスキーが作られる蒸溜所はスコットランド旅行で是非訪れてみたいスポットです。

イギリス観光名所&スポット第7位:コッツウォルズ見出し

イングランド中央部にある丘陵地帯で古くは羊毛の交易で栄えた地域でイングランドのの古い建物や街並みを見ることができます。国内外から多くの観光客が訪れる場所で人気スポットや名所が多くあり、石灰岩を使った黄味がかった色が特徴からハチミツなどと形容されるものになっています。

名所では高台にあり街並みが見渡せ建物も魅力的なブロードウェイ塔やイングランドで最も美しいという街並みのあるバイブリーなどのスポットがあります。バイブリーのアーリントンロウは観光名所以外に映画のロケ地に使われました。他に人気のボートンオンザ ウォーターなでもあります。

イギリス観光名所&スポット第6位:シャーロックホームズ博物館見出し

世界で最も有名な探偵シャーロック・ホームズの博物館で、創設は1990年で、実業家によって行われました。シャーロキアン(筋金入りファン)の間ではホームズの住所であるベーカー街221Bは存在しなかったため探求テーマでしたが、現在はプレートが設置され、一般レベルでは論争が落ち着いています。

道路を挟んだ向かいにはホームズのグッズを扱う店があり、こちらも必見です。他にもイギリスにはホームズスポットがたくさんあり、ベーカー街のシャーロックホームズホテルでもゆかりの品が見られます。現代版ドラマではノースガワー通り187番地にあるカフェバースピーディズ横(撮影場所)です。

イギリス観光名所&スポット第5位:パブ見出し

イギリスに来たならやはり行きたいのがパブ、パブはパブリックハウス=公共の家の略からもわかるようにお酒を飲むだけの場ではなく、地域コミュとコンビニと喫茶店が合わさった感じです。最近はカフェも兼ねたスタイルがロンドンを中心に多くあり、代表的なイギリス料理もあるのでおすすめです。

ビールでは人気のギネスの様な日本では完全輸入品のものがおすすめです。日本のパブにもありますが、ビールは非常にデリケートなので輸送による味の劣化が必ずあり、海外ブランドでも社によっては日本で生産されています。当然イギリスのパブでは味が違うので本場の味を楽しむのにおすすめです。

常温で少しずつ飲むのでマイルドなブラックコーヒーといった感じです。近年は日本で主流のラガーもよく出ており、若年を中心にワインを飲む変化が起き、ギネスマストの感じはなく、より気軽に楽しむものになってます。シードルなどの甘いものもあります。年齢証明書の携帯をお願いします。

イギリス観光名所&スポット第4位:バッキンガム宮殿見出し

Photo by Travel-Picture

ロンドンにあるイギリス王の公邸で、観光名所でもあります。元は名前にもあるようにバッキンガム公(公爵)の邸宅として作られ、当時は非常に簡素なものでした。三銃士などに登場するモデルになったバッキンガム公は邸宅を作ったシェフィールド家の前にバッキンガム公だったウィリアーズ家の初代です。

ジョージ4世による大々的な改築を経て現在のものになりました。王宮になったのは1837年のヴィクトリア女王の即位以降です。赤い制服と特徴的な帽子の衛兵が有名になっており、観光名所にしている衛兵交代式は4月から7月は1日1回、他の月は2日に1回行われ、楽しむことができます。

訪れるなら宮廷見学のできる夏がおすすめで、8月から9月は王がスコットランドに滞在するため許可されています。レンブラントやルーベンスの絵画や立派な磁器や家具などの調度品に華麗な内装や庭園を楽しむことができます。大きな宮殿のため庭園にはカフェやお土産の買えるショップまであります。

イギリス観光名所&スポット第3位:ロンドン自然史博物館見出し

世界屈指の博物館で収集量も膨大な数になっており、元々は大英博物館の一部でしたが多いので分離独立しました。中でも恐竜の900万はある化石が人気で玄関には富豪カーネギーが寄付したレプリカのディプロドクスがあります。標本にはクジラもありこちらもド迫力でおすすめです。

恐竜のものはブルーゾーンにあります。海の恐竜のプレシオサウルスやステゴサウルス、トリケラトプスに人気のティラノサウルスなどと子供に人気のものが多くあり、家族で訪れるのにおすすめの内容になっています。収蔵物には岩石や隕石にボタニカルアートの国らしく植物画が多数あります。

イギリス観光名所&スポット第2位:湖水地方見出し

イギリスの北西部にある田舎町で、イギリスの原風景が楽しむことができるスポットになっています。ワーズワースやピーターラビットなどのイギリス文学にも影響を与えた名所が多くあります。ピーターラビットを生んだビアトリクス・ポターも維持のため土地を寄付し16.19平方キロ以上にもなります。

まず上がるスポットはウィンダミア湖周辺で、遊歩道や観光船などの魅力を楽しむ方法があります。ピーターラビットの世界を楽しむならテーマパークのベアトリクス・ポターの世界やポターが過ごしたヒルトップがあり、単体でも十分な観光名所になりイギリス人も憧れるスポットのバタミア湖があります。

イギリス観光名所&スポット第1位:大英博物館見出し

名前から国立ようですが、私営のもので国の補助は受けていますが、基本は寄付とグッズ販売で運営されています。イギリスの医師ハンス・スローン卿が残したコレクションで創設され、多くの寄贈品が寄せられ膨大な収蔵品を所有する博物館になりました。力があったイギリス帝国ならではの品揃えです。

彫刻や壁画などの美術品・考古学的な遺物・工芸品などの膨大な品が収蔵されています。見学は無料で日本語の音声ガイドがあります。イギリス領だったエジプトのものに有名なものが多く、メンフィス出土の勅令の石碑であるロゼッタストーンや猫のものもあるミイラコレクションが特に有名になっています。

他にはマヤの仮面やギリシアパンテノン神殿の彫刻にイースター島のモアイ像と隋の阿弥陀如来像などという全世界と全時代を網羅したような内容で、これ以上のものはもうないというものになっています。今後は返還請求の実現などにより、重要なものはなくなる可能性もあるので一見の価値ありです。

名所とスポット巡りのイギリス観光へ!見出し

Photo by Jam Roly-Poly

以上、イギリスの名所と観光スポットを13点ご紹介しました。行ってみたくなったスポットや気に入っていただけた名所があったようでしたら幸いです。また観光スポット巡りの参考になればこれ以上のものはありません。最後までお読みいただきありがとうございました。

関連キーワード

投稿日: 2017年7月7日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote