地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ウェールズ観光!おすすめスポット7選!イギリスの小国!見どころはコレ!

ウェールズ観光!おすすめスポット7選!イギリスの小国!見どころはコレ!

ウェールズは、イギリスを構成している国の1つです。国内には3つの国立公園、約400の湖、600を超える城があります。ロンドンからのアクセスも便利で、日帰りでもウェールズの観光を楽しめます。ウェールズ観光のおすすめスポット7選をご紹介します。

ウェールズはどんなとこ?見出し

イギリスは、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4国で構成されています。ウェールズは、ロンドンの西約250kmにある小国で、面積と人口が四国とほぼ同じです。自然豊かな小国で、天空の城ラピュタの舞台にもなりました。ウェールズのおすすめ観光スポット7選について、ご紹介します。

ウェールズの観光スポット①カーディフ城見出し

カーディフ城は、ウェールズ小国の南東部にある首都カーディフ市の中心にある古城です。カーディフ城の歴史は古く、西暦75年頃にウェールズを征服したローマ帝国軍により要塞が築かれたのが始まりとされています。敷地内には、要塞を再利用して、12世紀にノルマン人によって築かれた古城があり、頂上から見渡す市街の風景が絶景です。

敷地内には、もう1つお城があり、15世紀に建造され、19世紀まで増改築が繰り返さました。このお城は、1947年にビュート侯爵家よりカーディフ市に寄付されるまで、貴族の邸宅でした。19世紀に建築家ウィリアム・バーチスによってゴシック様式に再建されており、カーディフ城で一番の見どころです。

おすすめなのが、1868年完成の時計塔、室内の天井の装飾、アラブの間など、豪華絢爛で素敵な内装が施されています。ガーディフ城見学の所要時間は、1時間30分から2時間程度になります。敷地内には、カフェやギフトショップも併設されている素敵な古城なので、時間に余裕をもって観光するのが、おすすめです。

ガーディフ城の見学時間は、3月から10月は10時から17時、11月から2月は10時から16時になります。入場料は、大人£12.50、小人(5歳から16歳)£9.00、シニア・学生£10.95で、日本語のオーディオガイド代が含まれます。ファミリー割引チケットも販売されており、英語のガイドツアーが各種用意されています。

住所:Castle Street, Cardiff CF10 3RB 電話:029-2087-8100

ウェールズの観光スポット②カーナーヴォン城 見出し

カーナーヴォン城は、ウェールズ小国の北西グウィネズ州カーナーヴォンに建つ世界遺産に登録されているお城の1つで、コンスタンティノープルにある城壁を参考にしたとされてます。カーナーヴォン城は、イングランドのエドワード1世により、1283年から建造を開始し、1323年に現在の状態になりましたが、未だに完成されていない古城です。

カーナーヴォン城の中庭には、イーグル・タワー、クィーンズ・タワー、チェンバレン・タワーなど8本の塔が周囲を囲んでいます。西側はメナイ海峡、南側はセイオント川に面して建っているので、塔の上から見渡す風景は絶景です。南側のクィーンズ・タワーとシャンベレーン・タワーは博物館になっていますよ。

カーナーヴォン城の見学時間は、3月から6月は9時30分から17時、7月と8月は9時30分から18時、11月から2月は10時から16時です。見学時間が季節により、異なるのでご注意ください。入場料は、大人£8.95、小人(6歳から16歳)£5.80です。ファミリー割引もあるので、詳しくはお問合せください。

カーナーヴォン城は、1282年にウェールズ公国を征服した、エドワード1世がウェールズの抵抗勢力を封じ、権威を見せつけるために、この地域を囲むように、17もの要塞城を建築、改築しており、アイアンリングと呼ばれてます。その内のカーナーヴォン城、コンウィ城、ビューマリス城、ハーレフ城は、世界遺産に登録されています。

また、イングランド王家の皇太子の称号「プリンス・オブ・ウェールズ」が誕生したお城でもあります。1301年にエドワード1世は、息子エドワードに称号を与えたのが始まりとされています。1911年に後のエドワード8世、1969年にはチャールズ皇太子が、カーナーヴォン城で、称号の叙位式典を行いました。

住所:Castle Ditch, Caernarfon LL55 2AY 電話:1286-677617

ウェールズの観光スポット③ビューマリス城見出し

ビューマリス城は、ウェールズ小国の北東部アングルシー島に建つ、エドワード1世により建てられたお城の1つで、世界遺産に登録されています。ビューマリスとは、ノルマンディー語で「美しい湿地」の意味があり、現在ビューマリスは、イギリスの素敵なリゾート地として知られています。

ビューマリス城は、6角形をした城壁の中に4角形をした城壁がある、二重環状城壁に囲まれています。エドワード1世が最後に築いたお城で、1295年に建設を開始し、翌年にスコットランドで反乱がおこり、資金不足になったため、未完成のままになっています。バランスの良いシルエットが素敵な古城で、絶景の風景を満喫できますよ。

ビューマリス城の見学時間は、3月から6月は9時30分から17時、7月と8月は9時30分から18時、11月から2月は10時から16時です。見学時間が季節により、異なるのでご注意ください。入場料は、大人£6.50、小人(6歳から16歳)£4.20になります。

住所:Castle St, Beaumaris LL58 8AP 電話:1248-810361

ウェールズの観光スポット④ハーレフ城見出し

ハーレフ城(ハーレック城)は、ウェールズ小国の北西部ハーレフ市にあるスノードニア国立公園内に建つ古城です。1285年にエドワード1世により、高さ約60mの巨大岩盤の上に築城され、ガーディガン湾に面しています。荘厳な形が素敵な城で、正方形の城壁の四隅に塔があり、海からの攻撃を防ぐ要塞城の1つで、世界遺産に登録されています。

高台にそびえるハーレフ城から見渡すガーディアン湾やスノードニア国立公園の風景は絶景です。ハーレフ城の見学時間は、3月から6月は9時30分から17時、7月と8月は9時30分から18時、11月から2月は10時から16時です。見学時間が季節により、異なるのでご注意ください。入場料は、大人£6.50、小人(6歳から16歳)£4.20になります。

住所:Harlech, LL46 2YH 電話:1766-780552

ウェールズの観光スポット⑤グレート・オーム見出し

グレート・オームは、ウェールズ小国の北部海岸沿いのリゾート地、スランディドノから海に突き出している東西3.5km、南北2km、標高207mの島です。グレート・オームへ行くには、車かケーブルトラムで向かいます。トラムの運転時間は、4月から9月は10時から18時、10月から3月は10時から17時で、10分から20分毎に運行されてます。

車で頂上へ行く場合、途中の狭い道路は、トラムと共有しているので、トラムが通行する時は、車の通行は禁止されます。山頂には、駐車場も完備されています。トラムは、ヴィクトリア駅からハーフウェイ駅までの下部区間、ハーフウェイ駅からサミット駅までの上部区間に分かれており、途中トラムを乗換えます。

グレート・トラムへ向かう途中の街並みや風景は、素敵ですばらしく、頂上からはコンウィ湾やスノードニアの山々を見渡せる絶景スポットです。ウェールズ小国を訪れるのなら、グレート・オームは見逃せない観光スポットで、おすすめですよ。

ウェールズの観光スポット⑥ビック・ピット国立石炭博物館見出し

ビック・ピット国立石炭博物館は、ウェールズ小国の南東部にあるブレナヴォンという町にあります。ブレナヴォンは、1788年に開始された製鉄業に続き、石炭産業などで、イギリスの産業革命を支えた町です。ブレナヴォンの産業景観は200年に世界遺産に登録されました。

ビック・ピット国立石炭博物館は、1980年に炭鉱が閉山された後の1983年に博物館としてオープンしました。入場料は無料で、営業時間は、9時30分から17時で、地下の炭鉱ツアーは、10時から15時30分まで開催されています。炭鉱夫に扮して、かつての坑道を巡るツアーは人気もあり、おすすめです。

住所:Blaenafon, Torfaen, NP4 9XP 電話:029-2057-3650

ウェールズの観光スポット⑦セント・ファーガンス国立歴史博物館 見出し

セント・ファーガンス国立歴史博物館は、ウェールズ小国の首都カーディフにあるカーディフセントラル駅からバスで約30分のセント・ファーガンスにあるイギリス最大の野外博物館で、17世紀以降のウェールズ小国の暮らしぶりが再現されています。入場料は無料で、見学時間は10時から5時になります。

100エーカーもある広い敷地内には、当時のウェールズの農家や農場、教会や学校などがあり、鍛冶屋などの伝統工芸も見学できます。レストランやギフトショップも併設されており、ウェールズで人気の観光スポットです。雄大な自然の中で、絶景を楽しみつつ、素敵な1日を過ごせるので、訪れることをおすすめします。

住所:St. Fagans, CF5 6XB 電話:029-2057-3500

ウェールズへの行き方は?見出し

小国ウェールズの玄関口は、首都カーディフへになります。ロンドンからカーディフまで、車でM4高速道路を利用して約3時間になります。電車の場合は、パティントン駅からカーディフ中央駅まで約2時間です。ヒースロー空港からバスも運行しており、約4時間でカーディフにアクセスできます。

また、ロンドン・シティ空港から国内線で約1時間でカーディフ国際空港に到着します。カーディフ国際空港から市街地までは、車で約40分、バスで約45分になります。フランス、ドイツ、スペインなどからも国際便が運航されており、アクセスできますよ。

ウェールズ観光を満喫しよう!見出し

今回ご紹介した以外にもウェールズ小国には、自然に囲まれた絶景スポットが随所に散在しており、素敵な古城が点在しています。イギリスを訪れたら、是非ウェールズ小国まで足を延ばし、ウェールズ観光を満喫してくださいね。

もっとイギリスの観光情報を知りたいアナタへ!

イギリス文化の特徴!日本との違いは?行く前に知っておく伝統とマナー! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリス文化の特徴!日本との違いは?行く前に知っておく伝統とマナー! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本と同じ島国であるイギリスはにはその文化において、日本と似ている点が多く見受けられますが、その逆でまったく違う習慣や文化もあります。こちらではイギリス文化の特徴や日本人が訪れる際に気を付けなければいけないことなどをご紹介します。
イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イギリス観光おすすめスポットTOP13!人気の名所はやっぱりココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスには多くの観光名所と観光スポットが多くあり、世界遺産も26もあります。またイギリスの文化や小説や映画、ドラマなどの創作物の魅力が増すスポットも多くあります。そんなイギリスの観光スポットと名所をおすすめ順に厳選しご紹介します。
コーンウォール(イギリス)!アーサー王誕生の地の絶景にうっとり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
コーンウォール(イギリス)!アーサー王誕生の地の絶景にうっとり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスの南西部、ロンドンから電車で6時間ほどのところにあるコーンウォールは、イギリス国内でも有数が観光地です。コーンウォールといえば美しい海辺の町やイギリス本土の最西端のランズ・エンドが有名ですが、その他にもアーサー王伝説ゆかりの地などがあります。
投稿日: 2017年7月12日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote