地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

カラカラ浴場はローマの観光名所!野外オペラの見どころや歴史をまるごと紹介!

カラカラ浴場はローマの観光名所!野外オペラの見どころや歴史をまるごと紹介!

イタリアの世界遺産であるローマ歴史地区、教皇領とサンパオロフオーリレムーラ大聖堂に含まれているカラカラ浴場は、ローマに行ったら見て見たい観光名所です。カラカラ浴場の歴史についてや見どころ、また行き方などの観光情報をお届けします。

ローマの観光名所のカラカラ浴場の歴史と観光情報をお届け見出し

Photo by sethschoen

イタリア、ローマに残る世界遺産であるカラカラ浴場は、2000年も前からある世界最大の浴場でもあります。この遺跡ではただ見学できるだけではなく、毎年夏には野外オペラが開催され、多くの観光客が世界中から訪れます。迫力満点の世界遺産、カラカラ浴場の歴史や見どころ、入場料、オペラの見かた、行き方などのおすすめ観光情報をお届けします。

日本の弥生時代に建てられたカラカラ浴場見出し

Photo by habib kaki

カラカラ浴場は212年から216年にかけて建設され、この時期は日本の弥生時代にあたり、古代ローマではカラカラ帝の時代でした。当時、カラカラ浴場の建物の中は地下で石炭を燃焼して水を加熱し循環させる、ハイポカウストというシステムで暖められていたようで、また別名アントニヌス浴場とも呼ばれていました。今でもその跡が垣間見られ、見どころとなっています。

カラカラ浴場が作られたカラカラ帝の時代とは見出し

Photo by Biblioteca Rector Machado y Nuñez

ローマ市民のためにカラカラ大浴場をつくった皇帝として名を広く知られているカラカラ帝ですが、実は彼は多くの歴史家からローマ史上最悪の皇帝と言われています。人類史上もっとも幸福であった80年とも言われる五賢帝時代を終え、帝位をめぐる争いに勝利したのがカラカラの父であるセプティミウスセウェルス帝でした。

Photo by nonnormalizable

その父親が211年に亡くなるとカラカラとその弟のゲタとの共治皇帝が始まります。しかし翌年にこの実の弟を殺してしまいました。巨費を投じて自身の別荘や劇場を建てたり、多くの民衆を残虐したり,金持ちからは財産を没収したり、重税を課したりと恨まれることを沢山していたようで、エドワードギボンのローマ帝国衰退史では、カラカラは人類共通の敵と書かれています。

カラカラ帝が行った一大政策:アントニヌス勅令見出し

Photo by ewg4xuva

カラカラ帝は帝国内の全自由市民にローマ市民権を与えました。ローマ市民権では、選挙、婚姻、所有権、裁判権がなどが得られるのですが、これを属州民たちにも与える事によって、ローマ市民にのみ課せられていた税金を、権利をあげる代わりに徴収していきました。これがアントニヌス勅令です。属州の中には税金逃れをする人がいたので、それの対策だったようです。

カラカラとはニックネームだった!本名はルキウスセプティミウスバッシアヌス

カラカラ浴場の名の由来にもなっているカラカラ、というのは、彼が幼い頃からよく着ていたフード付きマントのことを意味するそうです。彼の父親が新しい王朝を創始した時に、名門アウレリウス一族の名を借りて改名して、マルクスアウレリウスアントニヌスと改名しました。それ故に、属州の含めての全自由民に市民権を拡大した政策をアントニヌス勅令と名付けられました。

お風呂が大好きだった古代ローマ人見出し

ローマ帝国に最初に本格的な大浴場が作られたのは紀元前62から12年頃と言われており、造ったのはアウグストゥス帝の部下であったアグリッパ将軍であると言われています。アグリッパの浴場、ネロ浴場、ティトス浴場、トライアヌス浴場、デキウス浴場、ディオクレティアヌス浴場、コンスタンティヌス浴場、そしてカラカラ浴場など、沢山の浴場が造られました。

アグリッパの浴場以外はすべてローマ皇帝が建造したものであり、その中で特に有名なのが面積26,000㎡、そして1600人もの人を収容出来たという、大浴場のカラカラ浴場です。浴場への入場料は安価だったようで、沢山の市民に愛されていました。カラカラ浴場は混浴で、建設当初は男女別に仕切られたり時間を分けたりしていたようです。

なんと古代ローマの人たちにも入浴方法にもルールがあったようです。まず冷水浴槽であるフリジタリウムで体を冷やし、次に蒸し風呂テピダソムで汗を流してからまた冷水浴槽に入ります。最後にウックックウムという部屋で奴隷に香り付きの湯費でマッサージをしてもらい、肌かき器で汚れと共にオイルを落としてもらう、というのが順番だったようです。

ローマの一大レジャー施設だったカラカラ浴場見出し

入場料の安い公衆浴場は古代ローマの多くの都市に少なくとも1つあったようで、社会生活の中心になっていました。当時の浴場はただ風呂に入浴するだけではなく、体育室やダンス室、図書館までもが併設されており、何時間もそこで過ごし、時には一日中いることもあったようです。飲食店もあり、談話室で交流のやスポーツを楽しんだりしていたようです。

ローマのおすすめ観光スポットカラカラ浴場のいま見出し

このように古代ローマでのカラカラ浴場は人の集まる場所として栄えていましたが、現代においては、1960年のローマオリンピックでの器械体操の球技場として、1990年にはイタリアFIFAワールドカップの決勝戦前夜のコンサート会場として使用され流ようになりました。最近では夏のオペラの上演のほか、人気歌手のエルトンジョンがコンサートを開いたりもしています。

ローマのおすすめ観光スポットカラカラ浴場の特徴見出し

浴場の内と外にはたくさんの彫像が飾られていたようです。しかもそれらはローマ時代の美術館とよべるほど質の高いもので、発掘された作品は現代のいろんな美術館に展示されています。ニューヨークのペンシルバニア駅や、バングラデッシュの議会庁舎など、カラカラ浴場の建築デザインは、現代の建築家たちにも多大なインスピレーションを与えています。

ローマのカラカラ浴場の見どころ1:浴槽跡とモザイク画見出し

Photo by Serge Baillargeon

カラカラ浴場が使われなくなっておよそ1600年以上経つ今でも、内部には当時浴場を装飾していたモザイク画の一部をみることができます。ところどころに飾られている当時の浴場の風景がイラスト付きの解説も見どころの一つです。言葉がわからなくても楽しむことができるでしょう。当時の人たちの癒しとなったモザイク画は、カラカラ浴場の最大の見どころです。

Photo by sethschoen

現在ヴァティカンやカピトリーノの博物館などで保管されている像が、当時は浴場内に飾られていたようです。モザイク画や彫刻などで彩られた浴場を、われら貧乏人のための宮殿と呼び愛していました。そんなローマの人々の様子を、崩れかけた壁面やアーチ状の入口、床のモザイク装飾などに垣間見ることができ、まるでタイムスリップしたような気分になるでしょう。

ローマのカラカラ浴場の見どころ2:4種類の浴室見出し

カラカラ浴場には北東に4つの出入り口がありました。浴場の中央から高温浴室であるカルダリウム、微温浴室であるテピダリウム、冷水浴室であるフリギダリウム、冷水プールであるナタシオと並んでおり、脇にはジムやその他の部屋が左右対称に配置されていました。建物には両側に大きなタワー状の遺構と、手前に丸い浴槽が残っていますが、これがカルダリウムだと言われています。

ローマのカラカラ浴場の見どころ3:野外オペラ見出し

カラカラ浴場の見どころである野外オペラは、7月から8月の間だけみられる期間限定の野外オペラです。ローマでは夏の間オペラ座が閉鎖されてしまうのでその代わりに、カラカラ劇場で毎年オペラを上演しているそうです。よく知られている作品が上演されていること、また古代遺跡に囲まれて本場のオペラ鑑賞は、世界でもなかなか体験することができないので、世界中から沢山の観光客が訪れます。

このカラカラ浴場の見どころである野外オペラ、演目にもよりますが、なんと夜21:00頃に開演し終了が0:00過ぎという事もよくあるのそうなので時間をよく確認しましょう。また鑑賞の際には、夏ですが夜冷え込む地形なので服装にも注意しましょう。野外オペラなのでドレスコードは無いようです。また夜遅いので、終演後タクシーにすぐ並ぶのをお勧めします。

この夏季限定のカラカラ劇場でのオペラ上演は、実はカラカラオペラフェスティバルという名前がついていますが、日本語では夏の野外音楽祭とされていることが多く、オペラのほかバレエを上演していることもあります。また夏以外の季節にエルトンジョンなどのポップスターがここでコンサートをすることもあるようなので、観光で訪れる際にはチェックしてみましょう。

オペラの入場料と買い方

オペラ入場料は演目や席によって様々です。また個人でチケットを予約する場合には、オペラ座の公式ホームページで購入することができます。また入場料はホームページで演目と共に確認できます。支払いはクレジットカードで、当日に会場入り口でチケットを受け取ることができます。また不安な方は手数料がかかってしまいますが、業者を通して購入すれば安心です。

ローマのカラカラ浴場の入場料と営業時間見出し

カラカラ浴場の入場料は大人8ユーロ、 子供は18歳以下無料、また 毎月最初の日曜はなんと入場料無料です。またローマパスというチケットがあればさらに安くなるようです。ローマパスとは、ローマ観光で割引、優待を受けられるカードです。ローマパスに登録している観光地の入場料が割引価格または無料に、またローマ内での公共交通機関が乗り放題になるなどの特典があります。

カラカラ浴場の営業時間は季節によって異なりますが、朝は9:00から、だいたい夕方の16:00から17:00まで、夏の間だけ夜まで延長して営業しています。訪れる前に必ず営業時間をチェックしましょう。閉館日は月曜日、1月1日、12月25日なので要注意です。カラカラ浴場を見学するのに必要な時間はおよそ40分から90分です。

ローマ観光の強い味方!ローマパスの買い方

先ほどにも紹介した様々な観光地の入場料割引特典や公共交通機関が乗り放題になるローマパスは、地下鉄や鉄道の切符売り場や、ローマ市内の観光インフォメーション、またインターネットで購入することもできます。48時間パスと72時間パスの二種類あり、それぞれ値段が違います。ホテルで購入できるところもあるようですが手数料がかかる場合があるようです。

Photo by Richard, enjoy my life!

無料特典は買ったパスの値段によって異なりますが、最初に訪問する見どころ1つ、または2つまで、割引特典は訪問する2つ目以降もしくは3つ目までなので入場料が高い観光地などを先に訪れるとお得です。またローマには無料で拝観できる教会も多いので、事前にプランを立てることをオススメします。

ローマのカラカラ浴場への行き方見出し

Photo by avinashkunnath

カラカラ浴場への行き方は地下鉄やバスを使う、また他の観光地との関係で歩いていく行き方もあります。まずは故郷交通機関を使っていく行き方ですが、カラカラ浴場は地下鉄チルコマッシモ駅から徒歩5分くらいの場所にあります。中心駅であるテルミニから地下鉄B線で三つ目のコロッセオ駅の次です。テルミニからはだいた10分から15分ぐらいです。

またバスでの行き方は、テルミニからバスNo.714に乗りチルコマッシモ駅でおりるのがわかりやすいです。しかしたくさんの系統のバスがここに止まるので、他の場所から直通でこられるかもしれません。バスの切符は車内では買えないので、事前にキオスクなどで買っておく必要があります。切符は地下鉄、バス共通です。

カラカラ浴場から一番近いコロッセオからの行き方です、電車での行き方は地下鉄で1駅、またバスでも1駅です。歩くのが好きな方は歩いていくのもいいでしょう。行き方はカラカラ通り沿いに徒歩30分から40分くらいでしょう。カラカラ浴場跡は、周囲をぐるっと道路が取り囲んでおり、場所によっては入り口まで歩くことがあります。

一番簡単な行き方はやはりタクシーを利用することでしょう。平日の朝6時から夜22時までは初乗り3ユーロ、日曜日と祝日は4.50ユーロ、夜間は6.50ユーロです。ローマのタクシー料金は統一されており、メーターで表示されます。語学に自信がない方でも、行き先を紙に書いて見せれば目的地に簡単に行くことができます。

便利なタクシーを乗るときの注意点

Photo by nekotank

ローマでタクシーに乗るときは、必ずタクシー乗り場から乗るか、電話で呼びましょう。客引きをしてくる運転手は白タクなので、気をつけてください。正規のタクシーは車体が白で、ドアにローマ市の市章とタクシー番号が掲示されており、屋根にはTAXIという文字のサインも出ています。トラブル回避のためレシートは必ずもらいましょう。

Photo by nekotank

またイタリアではタクシーで必ずチップを払う必要はありません。また手荷物は一つ目は無料ですが、それ以降は35x25x50センチメートルを越えるサイズのものはひとつにつき1ユーロかかります。また大型タクシーで乗客が5人以上の場合、一人当たり1ユーロ追加料金がかかります。便利なタクシーですが、ルールを把握し注意して利用しましょう。

カラカラ浴場をより楽しむために見たいテルマエロマエ見出し

漫画、そして映画にもなったテルマエロマエは、まさに古代ローマの生活模様や入浴事情などが楽しく知ることができる内容になっています。タイトルにもあるテルマエとは公衆浴場を指す言葉で、なんと作者の旦那さんは古代ローマに詳しい方で、リアリティがあると話題です。是非カラカラ浴場に行く際には事前に読んでおくと、より楽しむことができるかもしれません。

ローマカラカラ浴場の歴史と見どころ情報はいかがでしたか?見出し

Photo by raistlinsama

ローマのカラカラ浴場の歴史と見どころ情報はいかがでしたか?みなさんが気になるカラカラ浴場の行き方や入場料、目一杯楽しむための観光情報がお届けできていたら幸いです。2000年もの歴史を持つ世界遺産の魅力を十分に楽しむために、事前準備をしっかりしてローマ観光を楽しんでください。

投稿日: 2018年9月18日最終更新日: 2021年1月19日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote