地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ベルガモ特集!おすすめの観光スポットや名所は?ミラノからも近い!

イタリアを観光する際に、穴場的な場所も訪れたいという方にオススメの都市がベルガモ。ミラノから車や電車で約1時間ほどでアクセスでき、日本人観光客もほとんどいないので、イタリアのゆったりした空気を満喫したい方にとってベルガモは穴場的なスポットです。

イタリア観光の穴場、ベルガモってどんなところ?見出し

ベルガモってどこにあるかご存知でしょうか?実はミラノから車や電車で約1時間でアクセスできるほど意外と近くにあります。ベルガモは、丘の上の城壁に囲まれた旧市街チッタ・アルタと、丘下の新市街チッタ・バッサからなり、旧市街は歴史の情緒ある街並みで、ゆったり旅行するのに最適、新市街は、その後発展した地域でショッピングなどが楽しめます。今回はそんなベルガモの観光スポットをご紹介していきます。

ベルガモへのアクセス見出し

ミラノからのアクセスは、ミラノ中央駅からベルガモ駅まで約50分です。乗り換えはなしで直通でいけます。また、近くには国際線やLCCも発着するオーリオ・アル・セーリオ空港もあり、空港からはベルガモ市街まで15〜20分でアクセスできます。ベルガモ駅は新市街に位置していますので、旧市街へは、トラム、バス、ケーブルカーを利用して行きます。

旧市街チッタアルタへ

観光をするならやはり旧市街でしょう。ベルガモは、丘の上の城壁に囲まれた旧市街チッタ・アルタと、丘下の新市街チッタ・バッサからなります。旧市街へ行くには、トラム、バスでケーブルカーの駅までいき、そこから丘の上の旧市街チッタアルタへ上がります。このケーブルカー自体も乗るだけで楽しく、後ほどおすすめスポットとして紹介していきます。

ベルガモおすすめ観光スポットその1:”ここを拠点にベルガモ観光”ヴェッキア広場見出し

ヴェッキア広場は旧市街の中心に位置します。背の高い市民の塔トーレ・デル・コムネと広場中央にあるライオンの装飾を施した彫刻がある噴水が目印です。その周りにある建造物は、当時の貴族の家を修繕・改修し、現在は市庁舎などが入っており、石造りの階段やゴシック様式の建物なども残されています。

”市民の塔”トーレ・デル・コムネ

広場に入って一番目立つのがやはりこの”市民の塔”トーレ・デル・コムネです。こちらは3ユーロ支払えば塔の上まで行けるので、一度いってみると良いでしょう。眺めも最高です。ただ、月曜日は休みなので気をつけましょう。

カフェで観光プランを

ここヴェッキア広場にはオープンテラスのレストランなどもあり、ランチやディナーも楽しめるほか、建物上階にもカフェがあり、そこからは広場全体を眺めながらカプチーノなどを堪能できます。カフェでどこから見ていくかツアープランをたてるのも良いですね。

ベルガモおすすめ観光スポットその2:"市街を一望できる散策道" ムーラ通りとポルタサンジャッコーモ見出し

旧市街をぐるっと取り囲むように壁が建てられており、その壁に沿うように通っているのがムーラ通りです。ベルガモの旧市街を散策しながら、下にある新市街を眺めることもでき、ちょうど真ん中南に位置する門の広場(ポルタサンジャッコーモ)は、町の中でも最も美しい場所で絶好の撮影スポットです。近くにはドニゼッティ美術館もあります。

城壁を歩こう

ここの城壁はぜひ歩いていただきたいポイントです。丘の上にあるので、風が吹くと気持ちよく、撮影ポイントもたくさんあります。ただ、両脇の柵はそんなに高くないので気をつけましょう。石畳みなので歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

ベルガモおすすめ観光スポットその3:”印象的な建築美”サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂見出し

サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂は、旧市街のドゥオーモ(大聖堂広場)にあり、ベルガモで最も目に付く建築の一つです。この聖堂の見所は何と言っても美しいゴシック様式の装飾で一見の価値ありです。特に内部は細かい装飾が施されていて、目を奪われます。また、ここにはベルガモ出身の作曲家ドニゼッティが埋葬されています。

外観と内観の差にびっくり

サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂は外観と内観の印象が結構違います。外観は色使いもシンプルで力強いという印象ですが、中は煌びやかな装飾が施されていて、外観とのギャップに驚きます。日光の差し込み方も計算されているのか、それも合わせて一つの描きこまれた絵画のようです。

ベルガモおすすめ観光スポットその4:”歴史の足あと”ロッカ見出し

ロッカは中世にたてられ始めた城塞の跡です。外観はすごい迫力です。中は現在、博物館になっておりベルガモの歴史を知ることができます。武器や戦車なども展示されており、歴史ツアーとしてマニアの方々にも楽しめそうです。細かい歴史の内容も理解できるとより興味深いのですが、生の城塞や展示品などから肌で歴史を感じることができます。

ベルガモおすすめ観光スポットその5:”眺め抜群のケーブルカー”フニコラーレ見出し

ベルガモの旧市街へ行くにはフニコラーレというケーブルカーに乗るのがおすすめです。結構な急斜面になっていて、そこを登って行くのも爽快ですし、何よりケーブルカーから見える動く景色が面白いです。緑の生えたトンネルを潜り、線路の傍には季節によっては綺麗なお花が咲いています。急斜面なこともあってか、ケーブルカー本体の形も独特です。

ベルガモおすすめ観光スポットその6:”パノラマを楽しむなら”サンヴィジリオの丘見出し

サンヴィジリオの丘は旧市街からは少し離れますが、ぜひ訪れてほしいおすすめスポットです。フニコラーレ(ケーブルカー)に乗って終点まで行き、そこから15分ほど歩くのですが、360度のパノラマが楽しめます。近くに数件カフェやレストランもありますので、ランチやディナーを楽しめます。おすすめはRistorante Baretto di San Vigilioというレストランです。

ベルガモおすすめ観光スポットその7:”運動好きの人なら”パルコ・デイ・コッリ見出し

パルコ・デイ・コッリはベルガモ旧市街から北東に約3キロいったところにある自然公園です。歩いて行くと約40ほど、途中バスを利用すると歩きと合わせて30分ほどで着きます。時間に余裕があるならウォーキングやサイクリングツアーを楽しむのも旅行の幅が広がって良いと思います。

サイクリングやランニングに最適

ここはイタリアの人たちもロードバイクやランニングに来る場所で、公園や周りの自然、田園風景などを楽しみながら気持ちの良い運動ができます。旅行者の方でサイクリングを楽しみたいという場合は、ベルガモ新市街で自転車をレンタルできます。コースを決めて、サイクリングツアーやランニングツアーを楽しんでみてはいかがでしょうか。普段とは違った環境で体を動かしてみるとまた違った旅行体験ができるでしょう。

こんなことも出来る”マウンテンバイクでダウンヒル!?”

ここの公園にはダウンヒルのコースもあるようです。未経験者にはおすすめできませんが、楽しめる方でしたらトライしてみる価値はありそうですね。こちらはかなり本格的な装備がいりそうです。

ベルガモおすすめ観光スポットその8:”地元の隠れ家的レストラン”ジオピ・エ・ラ・マーギ見出し

ベルガモ新市街にある家族経営のレストランです。場所もベルガモ駅から少し北東のボルゴパラッツォ通り沿いという住宅地にあり、地元の隠れ家的レストランとなっています。こちらのレストランではピザやパスタなども良いのですが、おすすめは、イタリアの伝統的な郷土料理です。レストランのスタッフさんにも聞いてみていろいろ食べてみるのもいいかもしれません。

ベルガモに泊まる見出し

ベルガモはそれほど大きな街ではないですが、空港も近くにあることから宿泊施設も揃っていますので困ることはないでしょう。予約サイトなどで検索すればすぐにホテルやB&Bなど出てきます。お好みによってどの種類の宿泊施設にするか決めると良いでしょう。少しリッチにいきたいならレストランのついているホテルはおすすめです。朝食も美味しく、優雅に過ごせます。

リッチにいくなら旧市街、新市街にはホステルもあり

旧市街は新市街に比べて宿泊費は少し高めです。優雅にゆったりくつろぎたいなら旧市街、経済的にいきたいなら新市街です。宿泊施設の数も多く、ホステルなどを利用すれば経済的です。あとはアパートメントという選択肢もあります。旧市街にもありますので、長期ツアーの場合はそちらの利用をおすすめします。ただ、バカンス時期は旅行客が多くなるので事前に空き状況を調べておく必要があります。

ベルガモのB&B

個人的におすすめなのはB&Bです。ホテルと比べ比較的経済的で、地元に住んでいる人が経営していることが多いので、観光のディープな情報などを聞けることが多いです。また、施設によっては一般的なホテルよりもグレードの高い部屋になる可能性もあります。ここベルガモのように大都市よりも少し離れた都市のB&Bですと、その地元の生活を垣間見ることができてより旅行が楽しくなります。

宿泊費を抑えるならやっぱりホステル

宿泊費を抑えて美味しいものを食べたいなどの時はやはりホステル・ゲストハウスのドミトリーでしょう。ホステルなどは宿泊者同士の交流もしやすく、ベルガモをすでに観光した人がいれば、いったところのおすすめ情報も教えてくれるでしょう。ツアープランの参考になるかもしれません。朝食は有料・無料と様々ですが、おおよそビュッフェ方式がほとんどですので、たっぷり朝食を取りたいという方にとっては最適です。

ベルガモおすすめ観光スポットまとめ見出し

ベルガモはイタリアの良き小さな街といった感じで、大都市とはまた違ったゆったりとした空気がとても心地よい場所です。他のツアー旅行客もいないので、イタリアの地元の空気感が満喫できます。大都市の名所などの観光もやはり楽しいのですが、アクセントにイタリア旅行の日程にベルガモも加えてみてはいかがでしょうか。

イタリアの通貨や物価は?日本円からユーロへお得な両替方法もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イタリアの通貨や物価は?日本円からユーロへお得な両替方法もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人に人気の旅行先であるイタリアですが、気になるはイタリアの通貨ではないでしょうか?日本円でいくらくらいになるのか、お得に日本円からイタリアの通貨に両替するにはどこが良いのかなど気になることはたくさん。今回は、イタリアの通貨(ユーロ)のレートから両替までご紹介致します。
イタリアで英語は通じる?旅行での対策法は?イタリア人には話しづらいかも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イタリアで英語は通じる?旅行での対策法は?イタリア人には話しづらいかも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
英語圏に近いイタリアですが、地域によって英語が通じるかは差があります。日本語に慣れ親しんだ私たちの英語は通じるのでしょうか。今回は、イタリアの人気都市での英語事情を紹介!言葉が通じなかった時の対策法もご紹介しますので旅行前の参考にしてみてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年8月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote