三媽臭臭鍋は台湾のおすすめチェーン店!気軽に一人鍋が味わえるメニューが人気

2019年6月6日 (2019年6月7日最終更新)

台北は治安がよいことに加え、見どころが多く日本人にとって人気の観光地となっています。三媽臭臭鍋はそんな台北にある一人鍋を楽しめるおすすめの人気チェーン店です。メニューやアクセスなど、三媽臭臭鍋の情報についてまとめました。

目次

  1. おすすめの観光地として人気を誇る台北で一人鍋
  2. 三媽臭臭鍋ではいろいろな種類の鍋が楽しめる
  3. 三媽臭臭鍋の大腸臭臭鍋は豚の大腸がメイン
  4. 三媽臭臭鍋の麻辣鍋は辛い人におすすめ
  5. 三媽臭臭鍋の泡菜鍋はキムチ鍋好きにぜひ
  6. 三媽臭臭鍋は地元民に特に愛されている
  7. 三媽臭臭鍋は1人で鍋を食べたいときに最適!
  8. 三媽臭臭鍋は臭い?臭くない?
  9. 三媽臭臭鍋はチェーン店として営業している
  10. 三媽臭臭鍋では店員さんが煮てくれる
  11. 三媽臭臭鍋の中で臭豆腐が入っているのは実は大腸臭臭鍋だけ
  12. 三媽臭臭鍋ではお好みでトッピングも可能
  13. タレはセルフでつくるのが台湾流
  14. 三媽臭臭鍋ではアイスクリームを無料で食べられる!
  15. 三媽臭臭鍋はテイクアウトもできる!
  16. 三媽臭臭鍋西門店へのアクセス方法
  17. 三媽臭臭鍋で台湾文化の一人鍋を満喫しよう!

おすすめの観光地として人気を誇る台北で一人鍋

台湾は長らくハワイと共に、日本人に人気の観光地として有名です。台湾では美味しい屋台のごはんを日本に比べて安い値段で楽しむことができます。日本から近いこともあいまって、台湾の中でも特に発展している台北に訪れる日本人は毎年数多くいます。

日本と近い部分を持ちながらも、中華圏の影響を強く受けた台湾は、手頃な外国感を楽しみたい人にとてもおすすめできる観光地です。アジアらしさを色濃く残すお寺もあれば、現地のB級グルメに舌鼓を打てるのも観光をより刺激的にします。

台湾は特に現地の屋台や出店、大衆食堂でのB級グルメでも人気があります。三媽臭臭鍋も日本で食べる鍋とは大きく違い、名前からしてもインパクト抜群です。このページでは台北にある三媽臭臭鍋についてまとめました。

三媽臭臭鍋ではいろいろな種類の鍋が楽しめる

台北にある三媽臭臭鍋ではいろいろな種類の鍋を楽しむことが可能となっています。鍋という料理自体が栄養のバランスが非常によい料理ですし、味や具材を変えて好きな鍋を楽しめるのは日本人でも好きな人が多いため、とてもおすすめできます。

台湾の料理の味付けはどれも日本人の舌に合うものばかりです。ヨーロッパや東南アジアの料理はちょっと受け付けないという人も、台湾の料理は美味しく食べられる上、美容や健康促進にも効果があると評判です。

三媽臭臭鍋ではその名前の通り、臭豆腐を鍋のメインとして据えた鍋を楽しむことができます。臭豆腐が入っていないメニューももちろん用意されているため、においが苦手だという人は臭豆腐を避けて別のメニューを頼んでみてもよいでしょう。

三媽臭臭鍋の店内はくさい?

臭豆腐自体は日本にはない料理のため、最初はその独特のにおいに拒否感を示してしまう人も多くいます。臭豆腐を扱っている店は露店でも遠くから分かるほど臭く、一目で臭豆腐を扱っている屋台であることが分かるレベルのにおいです。

そうなると気になるのが同じく臭豆腐を扱っている三媽臭臭鍋店内のにおいです。三媽臭臭鍋の店内も、やはり臭豆腐のにおいが充満しているため、苦手な人はあらかじめ覚悟してから望んだ方がよいでしょう。

三媽臭臭鍋の大腸臭臭鍋は豚の大腸がメイン

ここからは台北の人気チェーン店、三媽臭臭鍋のおすすめ人気メニューについてまとめました。まず三媽臭臭鍋の看板メニューともなっているのが大腸臭臭鍋です。名前からしてもとんでもなく臭そうなイメージが漂っています。

こちらは予想通り台湾料理である臭豆腐が入れられています。また、大腸とメニュー名にもついてる通り、豚の大腸も入っています。なかなか日本人からするとパンチの効いた中身となっていますが、これがなかなかどうして美味であると評判です。

大腸臭臭鍋の値段は130元となっています。6月前半のニュー台湾ドルを日本円に換算した場合、一人鍋の料金はおよそ455円となります。450円で鍋が食べられると考えればかなりお得と言えるのではないでしょうか。

三媽臭臭鍋の麻辣鍋は辛い人におすすめ

台北のチェーン店三媽臭臭鍋では、麻辣鍋と呼ばれる一人鍋を食べることもできます。麻辣鍋の麻は中華山椒、辣は唐辛子を指しており、両方とも古来中国からスパイスとして中華圏全体で親しまれて来た味です。
 

ピリっと辛い中華山椒におなじみの唐辛子の辛さが加わり、爽やかな辛さと共にお鍋をいただくことができます。値段は150元(525円)となっています。大腸臭臭鍋より少し高いですが、それでもまだまだ喜ばしい値段であることに間違いありません。

三媽臭臭鍋の泡菜鍋はキムチ鍋好きにぜひ

台北の人気一人鍋チェーン店、三媽臭臭鍋では日本でもおなじみのキムチ鍋を食べることもできます。台湾でキムチ鍋を食べるというのもなかなか面白い体験と言えるでしょう。中国語でキムチは泡菜と書くため、泡菜鍋は文字通りキムチがメインの鍋となっています。

豚肉やキャベツ、豆腐にソーセージ、卵など台湾でいただくキムチ鍋も日本とそう驚くほど違いがあるわけではありません。安心して食べられる味と言えるでしょう。

味付けも日本でいただくものとそこまで変わりないため、安さの分日本で食べるよりもお得感の強い鍋と言えます。値段は130元(455円)のため、こちらも抵抗なく誰でも注文できるお財布に優しい一人鍋の値段となっています。

三媽臭臭鍋は地元民に特に愛されている

三媽臭臭鍋は地元民に特に愛されている鍋屋さんです。隣りには魯肉飯でガイドブックなどにも載っている、有名な西門金鋒魯肉飯というお店があります。西門金鋒魯肉飯は日本や他の外国から訪れる観光客が多いのが特徴です。

しかし一方で、隣りにある三媽臭臭鍋に立ち寄っているのはほとんどが現地の台湾人です。台湾人は鍋ものが好きなことでも知られており、暑い日でも冷房を効かせた中で鍋を頬張ることが大好きです。

台湾特有の暑さや、三媽臭臭鍋の店内からかおってくるにおいのせいで外国人観光客にとっては少しハードルの高いお店に最初は見えるかもしれません。しかし台湾でしか味わえない、臭豆腐を生かしたお鍋を食べてみるのもオツなものです。

Yun 11823台北の火鍋特集!一度は食べたい台北市民の伝統的な味!人気のお店はどこ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
亜熱帯気候の台北で、夏でも行列ができるほど1年を通して人気を博す火鍋。台北ではさまざまな味の...

三媽臭臭鍋は1人で鍋を食べたいときに最適!

日本では鍋というとどうしても家族全員で食べたり、大勢で鍋を取り囲むような、複数人数のための食べ物といったイメージがついてまわりがちです。確かに鍋はみんなで食べるのに適した料理ではありますが、台湾では三媽臭臭鍋だけに限らず一人鍋屋が多くあります。

特に観光中や長期滞在中など、台湾のあぶらっこい料理を今食べるのは少し避けたいと思うときもあるでしょう。慣れない環境では胃腸の調子もおかしくなりがちです。そんなときに、温かくいろいろな具材がバランスよく入っている一人鍋は極めておすすめです。

東南アジアに比べると台湾ではあまり起きませんが、「屋台でものを食べてあたるのが怖い」という人にも加熱調理されている一人鍋はおすすめできます。一人鍋の味も選べることができるため、自分の好みに合わせた鍋をそれぞれピックアップすることができます。

6c8a73131aeccb41ccc20580cc48b8aa m台湾で火鍋の美味しいおすすめの人気店BEST5!食べ放題もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
数ある台湾グルメの中でも特におすすめなのが、地元台湾の人々も大好物だという「火鍋」です。定番...

三媽臭臭鍋は臭い?臭くない?

臭豆腐を扱っていることから臭いと評判の三媽臭臭鍋ですが、鍋に入れた後の臭豆腐のにおいはどうなのでしょうか。鍋に入ってしまえば液体スープに浸かるわけですから、においもいくぶん和らぐような気がします。

しかし残念ながら鍋を食べる段階になっても、臭豆腐は食べるまでずっと臭いままです。台湾では臭豆腐は一般的な食事として広く普及しているため、臭さに対して気になる人はほとんどいません。

しかし「服ににおいがつくのが嫌だ」「この後人と会う予定がある」という人は臭豆腐のにおいに対して事前に対策していくことをおすすめします。鍋に入れたくらいでは臭豆腐のにおいを消すことはできないことが分かりました。

そもそも臭豆腐ってどんな料理?

そもそも一人鍋に入れられている、臭豆腐とはどんな料理なのでしょうか。臭豆腐は「チョウドウフ」と中国語では読み、豆腐を発酵液につけ揚げた上でタレをかけて食べるという料理です。台湾では甘辛いたれと白菜など添え物と一緒に食べるのが一般的とされています。

発酵液につける段階でインドールと呼ばれる有機化合物が発する糞便臭が臭豆腐のにおいの原因と言われています。味はとてもおいしいと日本人観光客の間でも評判ですが、食べるまでのハードルがなかなか高い部類に属する台湾のローカルフードとして知られています。

三媽臭臭鍋はチェーン店として営業している

台北への旅行客の間でもじょじょに話題になってきている三媽臭臭鍋ですが、チェーン店のため台北以外でも食べることができます。台湾旅行ビギナーの人がまず最初に立ち寄るのは間違いなく台北になるでしょう。

台湾の中では台北が圧倒的に発展しているため、「台北じゃないと食べられない」というお店は多いのですが、台湾全土にチェーン経営しているのは三媽臭臭鍋のありがたいポイントです。

三媽臭臭鍋の鍋のおいしさに虜になったのであれば、台中や台南でも楽しむことができるでしょう。花連や高雄にも店舗を持っているため、台湾の主要都市への旅行であればどこでも食べることができます。

三媽臭臭鍋では店員さんが煮てくれる

三媽臭臭鍋ではお鍋は既に調理され、少し煮られた状態でサーブされます。全ての客席の前には一人鍋用のコンロが置かれています。コンロで煮ながら食べることができるため、常に鍋の中は熱々です。

自分で調理する必要もなく、加熱の加減もちょうどよいため安心して鍋料理を楽しむことができるでしょう。大腸臭臭鍋のベーススープに加えられた沙茶醤や鴨血など、同じ鍋料理でも日本とは違う台湾ならではの味が楽しめます。

三媽臭臭鍋の中で臭豆腐が入っているのは実は大腸臭臭鍋だけ

三媽臭臭鍋という名前のため、臭豆腐が入った鍋がメインのように思えます。確かに店名にもあるように1番プッシュされているのは臭豆腐の入った大腸臭臭鍋なのですが、実は臭豆腐が入っているのはこちらの一品だけとなっています。

それ以外の海鮮豆腐鍋やキムチ鍋、素食鍋(ベジタリアン鍋)などはどれも臭豆腐が入っていません。臭豆腐が入っていない鍋の方がむしろバリエーションは広いため、苦手な人にもおすすめの一人鍋屋です。

大腸臭臭鍋を食べている台湾人は少ない

お店の雰囲気からもローカル感をいかんなく発揮している三媽臭臭鍋ですが、意外にも臭豆腐が入った大腸臭臭鍋を食べている台湾人の数は少ないようです。

一人鍋を提供するお店として純粋においしいと感じているようで、みんながみんな臭豆腐入りの一人鍋を食べに来ているわけではないことが分かります。大腸臭臭鍋以外のおいしさもしっかりと現地台湾人に保証されていると考えられます。

三媽臭臭鍋ではお好みでトッピングも可能

三媽臭臭鍋では人気おすすめメニューの他に、お好みトッピングで好きな具材を追加することもできます。型にはまったメニューだけではつまらない、あるいは「このスープに麺も追加したらもっとおいしいんじゃないか」という食の好みにも対応できます。

トッピングの内容は冬粉(春雨)や芋頭(サトイモ)、豆皮やチーズたまごなど。数十円からトッピングしていくことが可能です。もちろん臭豆腐も10元でトッピングできるため、「スープはキムチがいいけど臭豆腐も食べたい」という要望にもバッチリ答えられます。

タレはセルフでつくるのが台湾流

台湾の鍋屋さんではタレをセルフでつくる場所が多いです。せっかくの人気メニューも同じ味のタレばかりでは飽きてしまいます。唐辛子やニンニク醤油など、お好みに合わせてタレをつくるカスタマイズ性が高いのも台湾の一人鍋の特徴です。

タレ置き場が店内に用意されており、日本と同じように小皿によそえるため、複数のタレを用意することも可能です。安い値段でもこういった自由度が高いのは台湾ならではの強みと言えるでしょう。

三媽臭臭鍋ではアイスクリームを無料で食べられる!

三媽臭臭鍋にはもう1つ、更なる日本とは違う特徴が備えられています。三媽臭臭鍋ではアイスクリームを提供しているのですが、これが何と無料となっています。暑い鍋料理を食べた後にアイスクリームを食べることですっきり出来るのは最高です。

アイスクリーム自体は食べ放題とのことで、これを目当てに三媽臭臭鍋に食べにくるお客さんも多いようです。台湾は1年のうち暑い期間も長いため、暑い外に出る前にアイスクリームを食べて身も心もクールに過ごしたいものです。

三媽臭臭鍋はテイクアウトもできる!

また、三媽臭臭鍋は他の多くのお店と同じようにテイクアウトにも対応しています。お店で食べる時間がないときや友達と待ち合わせをして一緒に食べるとき、家でゆっくり食べたいときや独特の臭さを感じたくないときなどはテイクアウトもおすすめです。

500円ほどで食べれる美味しい一人鍋を家や他の場所でも食べられるというのはとてもうれしいことです。チェーン店であることと合わせると三媽臭臭鍋を食べられる機会はかなり多いと言えるでしょう。外食文化の発達している台湾のメリットの1つと言えます。

三媽臭臭鍋西門店へのアクセス方法

三媽臭臭鍋へのアクセス方法についてです。三媽臭臭鍋はチェーン店のため、台湾の広いエリアに店舗を持っていますが観光客にとっても行きやすいのは西門店です。

西門店は西門駅の6番出口を降り、徒歩3分という好立地にあります。出口を降りたら西に向かって成都路をまっすぐ歩くと左手に見えてきます。有名な西門金鋒魯肉飯の隣りにあるため、分かりやすいでしょう。

三媽臭臭鍋の営業時間は昼の11時から夜23時までとなっています。深夜まで営業しているので観光から帰って来た後の夕食としても三媽臭臭鍋は適しているでしょう。定休日はありませんが、旧正月の間はお店が閉まっています。

住所 108台北市萬華區昆明街85號
電話番号 886-2-2375-7763

三媽臭臭鍋で台湾文化の一人鍋を満喫しよう!

台湾で食べられる人気のおすすめチェーン店、三媽臭臭鍋についてのまとめでした。三媽臭臭鍋は豆腐を発酵させた臭豆腐と豚の大腸を入れた大腸臭臭鍋がイチオシメニューの人気チェーン店となっています。

メニューを見ると少しぎょっとしてしまうような鍋ではありますが、その中身は非常に美味かつ台湾のローカル感を満喫できるおすすめのメニューです。台湾を訪れたときはぜひ、三媽臭臭鍋に立ち寄ってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Daisuke.U

台湾の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

台湾の新着のまとめ