沖縄の日の入り・夕日おすすめスポット21選!デートで人気の絶景ポイントも♪

沖縄の日の入り・夕日おすすめスポット21選!デートで人気の絶景ポイントも♪

豊かな自然や海に囲まれた沖縄では、日の入り時の夕日が美しいスポットが数多くあります。沖縄には沖縄本島の他にも石垣島や宮古島など、数々の島や美しいビーチに恵まれ、夕暮れ時には、海岸や公園の高台から感動的な日の入りの絶景を見るることができます。

記事の目次

  1. 1.沖縄の日の入りを満喫しよう!
  2. 2.沖縄の日の入り時に起きる現象
  3. 3.沖縄の日の入り時刻
  4. 4.沖縄の日の入りスポット21選
  5. 5.沖縄の日の入りスポット:中頭郡<5選>
  6. 6.沖縄の日の入りスポット:国頭部<3選>
  7. 7.沖縄の日の入りスポット:那覇市<1選>
  8. 8.沖縄の日の入りスポット:豊見城市<2選>
  9. 9.沖縄の日の入りスポット:名護市<2選>
  10. 10.沖縄の日の入りスポット:宜野湾市<1選>
  11. 11.沖縄の日の入りスポット:石垣島<3選>
  12. 12.沖縄の日の入りスポット:宮古島<3選>
  13. 13.沖縄の日の入りスポット:久米島<1選>
  14. 14.沖縄の日の入りスポットで感動的な夕日を見よう!

沖縄の日の入りを満喫しよう!

Photo by haru012

自然と海に囲まれ、1年中温暖な沖縄は、人気の観光地であると同時に、日本国内でも特別なトロピカルなリゾートエリアとして人気を集めています。

ここではそんな沖縄の日の入りについて、デートにおすすめのスポットや夕日の美しい絶景スポットなどの情報を交えて紹介します。

【沖縄】11月におすすめの観光スポット21選!気候や服装もチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
【沖縄】11月におすすめの観光スポット21選!気候や服装もチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
夏のイメージがある沖縄ですが、ツアー料金が安くなる11月もたっぷりと沖縄観光が楽しめます。11月は観光客が減ってのんびりと観光スポットを巡ることができます。そこでここでは沖縄の11月の気候や気になる服装、おすすめの観光スポットなとを紹介しましょう。

沖縄の日の入り時に起きる現象

Photo by Travel-Picture

海のかなたの水平線上に夕日が沈む瞬間には、グリーンフラッシュという現象が現れます。この現象は、太陽が水平線に沈むわずか1秒だけ、緑色の光が放たれる現象を言います。

海に囲まれている沖縄では、年に数回程度しか見られませんが、太陽が沈む瞬間まで目を離さないようにして見まもっていれば、ひょっとして奇跡に出会うことができるかも知れません。

また、海の多い沖縄では、時として、海に夕日が沈む時に光の道を見ることもできます。目の前まで光の道が伸びてくるこの現象は、沈む夕日が海の水に反射して輝くことで起きるものです。更に満月の夜には、夕日が沈んだ後の海では、月光による光の道を見ることもできます。

沖縄の日の入り時刻

Photo by Takayukix

沖縄の日の入り時刻は季節によって変動します。春の時期には、3月だと18時半頃、初夏に向かう5月には19時頃となります。5月から6月にかけては梅雨時期となるため、夕日を見られる日が少なくなります。夏季の6月には19時20分頃、8月は19時15分頃となります。

秋の9月の日没は18時45分頃で、11月は17時45分頃となります。9月は台風シーズンとなりますが、10月、11月は天気が安定し、夕日を見るのにおすすめの時期となります。

冬季の12月の日没は17時40分頃、2月は18時20分頃となります。冬季の沖縄の平均気温は17度と比較的暖かいですが、海風が体温を奪うため、防寒対策をして日の入りを楽しむようにしましょう。

沖縄の日の入りスポット21選

Photo by asobitsuchiya

沖縄には夕日の美しいスポットが種々のエリアに点在しています。そのほとんどは海辺から見る日の入りですが、自然に恵まれた沖縄の海辺で見る夕日の絶景は言葉では言い表せないほど感動的です。

夕日は日没前の30分ほどが最もきれいだと言われているため、早めに見たい場所に行くことをおすすめします。ここでは、そんな沖縄や周辺の島々にあるおすすめの日の入りスポットを21か所ほど紹介します。

沖縄の日の入りスポット:中頭郡<5選>

沖縄県中頭郡は、北谷村や読谷村など、沖縄を代表する観光スポットに溢れており、様々な海辺のスポットから美しい夕日の絶景が見られます。

北谷町の美浜にある宮城海岸や美浜アメリカンビレッジ、北谷サンセットビーチなどから見る美しい夕日や、読谷村の残波海岸から見る感動的な夕日は、いつまでも訪れる人の心に残るものとなるでしょう。

沖縄の日の入りスポット1:宮城海岸

沖縄中頭郡の宮城海岸は、防波堤に座りながら仲間と沈みゆく美しい夕日を見て過ごせるスポットです。この海岸へは、北谷町美浜市街から車で海岸沿いを北方向に進むとアクセスできます。また、デートがてら近くのコンビニでスナックや飲み物を購入し、カップルで日の入りを楽しむのもおすすめです。

宮城海岸はサーフィンやダイビングスポットとしても知られており、海岸沿いにはマリンショップが多いのも特徴の1つで、店前にサーフボードやダイビングのツールが干されている光景を良く目にします。宮城海岸の冬場は冷えるため、防寒対策をしっかり行ってからでかけることをおすすめします。

住所 沖縄県中頭郡北谷町砂辺

沖縄の日の入りスポット2:中城城跡

沖縄県中頭郡にある中城(なかぐすく)城跡は、中城村から北中城村にかけて直線上に展開する石灰岩丘陵の上の山城の跡で、ユネスコ世界遺産の歴史遺産に認定されています。

南東側は15メートルもの断崖、北西側は急勾配の傾斜面となっており、城内に入るには南北の尾根伝いから正門または裏門にアクセスするしか方法がないため、攻めにくく守りやすいという手堅い城の条件を揃えています。

中城城跡は風光明媚な場所にあり、東側からは中城湾や太平洋、西側からは宜野湾市や東シナ海、北側からは勝連半島や読谷、南側からは与那原や知念半島が、パノラマ状に見渡すことができます。

中城城跡からの夕焼けの絶景も見応えがあります。夕日に染まり神秘に包まれた中城城跡の情景と向き合う時間は、古の琉球王国に思いを馳せる至福の時間となることでしょう。

住所 沖縄県中頭郡中城村泊1258

沖縄の日の入りスポット3:美浜アメリカンビレッジ

沖縄県中頭郡北谷町美浜のアメリカンビレッジは、カリフォルニアの雰囲気が漂うリゾートタウンです。このビレッジは、海の近くに観覧車や映画館などが並ぶお洒落なエリアで、夕日がきれいなおすすめスポットの1つでもあります。観覧車に乗りながら沈む夕日とお洒落な街の夕景を眺めるのも粋な方法です。

アメリカンビレッジでは、日の入りまでの時間は、デートがてらショッピングを楽しみながら過ごすことをおすすめします。

また、日没後も、アメリカンビレッジの夜景を見ながら過ごすことができます。イルミネーションが実施される時期には、アメリカンビレッジ全体が電飾やネオンで光り輝き、華やかな色どりを添えてくれます。

住所 沖縄県中頭郡北谷町字美浜9-1

沖縄の日の入りスポット4:残波海岸

沖縄中頭郡の残波海岸は、那覇市から車で1時間ほど行った国道58号線沿いにある夕日の綺麗なおすすめスポットです。

残波岬は、沈みゆく真紅の夕日と灯台の風景が絵になると評判の場所で、日没後には灯台の灯りと星空のコントラストが素晴らしいスポットとなります。

残波海岸の駐車場には、大きな伝説の獣像・シーサーが2体、訪れる観光客を出迎えてくれます。巨大なシーサーの高さは9メートルにも及び、その大きさには驚かされます。

水平線のかなたに沈む夕日の絶景を見る前に、これらの大きなシーサーの前で記念撮影をしてみてはいかがでしょうか。

住所 沖縄県中頭郡読谷村字宇座1933

沖縄の日の入りスポット5:北谷サンセットビーチ

沖縄県中頭郡の北谷町にあるサンセットビーチは、ホテルや市街地から徒歩圏内の場所にあり、ゆったり過ごせる雰囲気の良いビーチです。

ビーチの周囲にはコンクリートの階段があり、座りながら沈む夕日を見ることができます。また夏には、海水浴を楽しみながら海中から日の入りの美しさを堪能することができます。

サンセットビーチではバーベキューもできるため、カップルデートを楽しみながら、あるいは仲間と戯れながら日の入りまでの時間を過ごすことができます。

夕日が沈んだ後は、近隣のお洒落なショッピングモールやアミューズメント施設で、楽しひと時を満喫することができます。

住所 沖縄県中頭郡北谷町大字美浜2

沖縄のデートスポット25選!カップルにおすすめ&人気の観光地は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄のデートスポット25選!カップルにおすすめ&人気の観光地は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
見どころが多い沖縄は、カップルでのデート旅行に人気の観光スポットも沢山あります。そこで、このページでは、カップルにおすすめの観光でもデートでも人気がある沖縄のおすすめスポット25か所を選りすぐってみました。沖縄でロマンティックな素晴らしい時間をお過ごし下さい。

沖縄の日の入りスポット:国頭部<3選>

沖縄本島北部に位置する国頭郡(くにがみぐん)には、古宇利島や青の洞窟など、有名な観光スポットがたくさんあります。

恩納村にある万座毛も人気の観光スポットの1つで、象の鼻の形の岸壁から見る綺麗な夕日は筆舌に尽くしがたい絶景と言えます。また、有名な観光スポット・沖縄美ら海水族館も国頭郡の中にあります。

沖縄の日の入りスポット6:古宇利島

沖縄県の北部にある国頭郡の古宇利島も夕日の綺麗なスポットとしておすすめの場所です。日の入り前後の時間に、屋我地島と古宇利島を結ぶ古宇利大橋を前方に見ながら空を見上げると、一面が真紅に染まり、海面にも夕日が映え、ファンタジックな時間に浸ることができます。

古宇利島は、沖縄の美しい海が堪能できる観光スポットで、島に渡った先には古宇利島オーシャンタワーがあります。このタワーの展望室から見る古宇利大橋や島を囲む海、対岸の屋我地島の絶景は一望するに値します。島の反対側にはカップルデートにおすすめのハートロックがあり、このスポットからのロマンチックな夕日の眺めもおすすめです。

沖縄の日の入りスポット7:万座毛

沖縄県国頭郡恩納村にある万座毛は、沖縄の観光スポットとして良く知られる場所です。万座毛の岸壁は、象の鼻のような形をしており、景勝地としても見応えのあるスポットです。

デート時に、この岸壁を背景に沈む夕日を撮影すれば、最高の記念写真が撮れること間違いありません。万座毛はカップルに取って、正にインスタ映えのするスポットです。

万座毛には無料の駐車場があり、その前にはお土産を購入できるショップが並んでいます。日の入りまでの時間を、公園の散策やお土産ショップを覗きながら過ごすのも良いでしょう。また、近隣のホテルのレストランで夕食を楽しむのもおすすめです。万座毛は、カップルデートでリゾート気分を堪能するのに最適なスポットと言えます。

住所 沖縄県国頭郡恩納村字恩納

沖縄の日の入りスポット8:沖縄美ら海水族館

沖縄県国頭郡の沖縄美ら海水族館は、有名な観光スポットの1つですが、夕日の美しいスポットとしても知られています。那覇空港から車で1時間30分ほどの場所にあるこの水族館の夕日の広場からは、目の前に広がる青い海と対岸の伊江島の壮大な景観が夕日に染まる絶景のさまを、心行くまで満喫することができます。

沖縄美ら海水族館では、日の入りまでの時間は、水族館の中で沖縄の海に生息する熱帯魚や生物の泳ぐさまを鑑賞しながら過ごすことをおすすめします。また、イルカショーも無料で楽しめます。この水族館では、16時からチケットが安くなるので、16時以降に入館するのがおすすめです。

住所 沖縄県国頭郡本部町石川424

沖縄の日の入りスポット:那覇市<1選>

沖縄県那覇市は沖縄本島の南部に位置する沖縄県最大の都市で、その代表的な観光スポットが有名な首里城です。

首里城は古の琉球王国のあった城ですが、残念ながら2019年10月に火災によって焼失しており、今後の再建が待たれます。

沖縄の日の入りスポット9:首里城

沖縄県那覇市の首里城は世界遺産にも登録されている沖縄を代表する観光スポットですが、残念ながら、2019年10月の火災により焼失してしまいました。一時、首里城公園は休園していましたが、その後首里城公園の開演区域が拡大され、現在では全体の8割程度が入場可能となっています。

首里城の展望台「西のアザミ」からは那覇の街を望むことができるとともに、夕日の美しいスポットでもあります。また「西のアザミ」は、日没後も那覇市街が一望できる夜景スポットとしても人気があります。

首里城は、1429年から450年に渡って繁栄した琉球王国の象徴的な存在で、現在焼失した建物の再建計画が進行しています。

現在、歓会門から継世門、瑞泉門から淑順門の城壁など、一部のライトアップが再開されており、日没後の首里城を楽しむこともできます。

住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2

沖縄の日の入りスポット:豊見城市<2選>

沖縄県豊見城市は沖縄本島南部に位置し、那覇空港からも近い海辺の都市です。日の入りのおすすめスポットとして、那覇空港の対岸にあり、空港の滑走路から離着陸する飛行機と沈む夕日を見ることができる瀬長島と、那覇空港から車で30分ほど走った場所・豊崎美らSUNビーチの2か所を紹介します。

沖縄の日の入りスポット10:瀬長島

沖縄県豊見城市の瀬長島は那覇空港の対岸にあり、空港の滑走路から離着陸する飛行機を眼前に観察することができます。飛行機と島影、そして沈む夕日のコントラストが絶妙で、素晴らしい写真が撮れるスポットです。

また、瀬長島に続く海中道路は空港の滑走路の直線上にあり、このスポットも写真映えのする場所です。

瀬長島は小さな島ですが、温泉ホテルやおしゃれなウミカジテラスがあり、日の入り前のひと時に、恋人や友達と夕食を楽しむことができます。

お洒落なウミカジテラスでシークワーサーを飲みながら夕日と飛行機を見るのもおすすめの方法で、デートには最高のシチュエーションとなります。夏はこの場所でバーベキューを堪能することもできます。

住所 沖縄県豊見城市瀬長174

沖縄の日の入りスポット11:豊崎美らサンビーチ

豊崎美らSUNビーチは、那覇空港から車で30分ほど走った場所にあり、空港から飛び立つ飛行機を見ながら日の入りを楽しめるスポットです。

日の沈む頃には、オレンジに染まった機体とビーチのロマンチックな夕景をカメラに納めることができます。

豊崎美らSUNビーチ付近には、お洒落なアウトレットモール「あしびなーや」や「道の駅豊崎」、人気のアイスクリームショップ「ブルーシール」などがあり、日没までの時間を有意義に過ごすことができる場所です。リゾート気分が満喫できる豊崎美らSUNビーチは、デートスポットとしてもおすすめのビーチです。

住所 沖縄県豊見城市字豊崎5-1

沖縄の日の入りスポット:名護市<2選>

沖縄県名護市は、沖縄本島の奥部に位置する都市で、西側にある中心街は名護湾に接し、美しい海岸線が魅力の街です。

名護市の日の入りでおすすめのスポットは、名護市民球場の裏手にある21世紀の森ビーチと、リゾートホテル・ブセナテラス内のブセナビーチです。

沖縄の日の入りスポット12:21世紀の森ビーチ

沖縄県名護市の21世紀の森ビーチは、名護市民球場の裏手にある新しいビーチで、名護湾に面した白い砂浜は、中央の小島にかかる突堤を境に左右2つに別れています。遊泳期間中は売店でパラソルや泳ぐのに必要なほとんどのツールがレンタルできます。またビーチサイドではバーベキューを楽しめます。

21世紀の森ビーチは市街地やホテルなどの宿泊施設からも近く、デートがてら散歩などで気軽に行くことができます。また、北海道日本ハムファイターズの春季キャンプが行われる合宿地としても知られています。

このビーチごしに見る夕日絶景はロマンチックで、デート時のカップルのムードを一層盛り上げてくれます。

住所 沖縄県名護市宮里2-2-1

沖縄の日の入りスポット13:ブセナビーチ

名護市のブセナビーチは豪奢なリゾートホテル・ブセナテラス内にあるビーチで、広く真っ白な砂浜には亜熱帯植物が並び、南国のリゾート気分が満喫できるビーチとなっています。

部瀬名岬は2000年に開かれた九州・沖縄サミットの海上となった万国津梁館(ばんこくしんりょうかん)のあるインターナショナルな海洋リゾートエリアです。

ブセナビーチの右側には海中を360度見渡すことのできる海中展望塔や、ボートから海中や海底を泳ぐ魚が見られるグラスボートの発着点となる桟橋があります。

ブセナビーチから見る夕日の絶景にも定評があります。夕日に照らされる砂浜や木の陰が南国のリゾートの雰囲気を醸し出しており、大変人気があるビーチです。

住所 沖縄県名護市喜瀬1808
電話番号 0980-51-1333

沖縄の日の入りスポット:宜野湾市<1選>

沖縄県宜野湾(ぎのわん)市は沖縄本島中南部の中央に位置する都市で、古き良き琉球を偲ぶことができる名所旧跡が多いことでも知られています。

宜野湾市で美しい夕日が見られるスポットとしておすすめなのが宜野湾トロピカルビーチです。このビーチは、字のごとく南国ムード豊かなビーチです。

沖縄の日の入りスポット14:宜野湾トロピカルビーチ

宜野(ぎの)湾市の西海岸にある宜野湾トロピカルビーチは、白い砂浜と青い海を持ち、南国情緒溢れる素敵なビーチです。このビーチへは那覇空港から99番バスに乗れば60分ほどでアクセスできます。

このビーチでは、燦燦と照りつける太陽の下で、海水浴やビーチボール、マリンスポーツなどに興じることができます。また、日の入りの頃には、沈む夕日の絶景を見ながらバーベキューを心行くまで楽しむことができます。

宜野湾トロピカルビーチには売店や管理事務所などがあり、更衣室やコインシャワー、コインロッカー、トイレ、駐車場なども完備しています。

このビーチでは海水浴以外にもバナナボートやシーカヤック等のマリンスポーツを楽しむことができます。

住所 沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1

沖縄の日の入りスポット:石垣島<3選>

沖縄本島よりも温暖な石垣島は日本でも屈指の観光スポットの1つです。南国情緒漂う石垣島では、透明度の高い海や綺麗な星空が見られます。

夕日の綺麗なおすすめスポットとして、お洒落なムードを持つフサキビーチ、白い灯台と観音堂のある観音崎、真っ白な灯台と断崖の景観が素晴らしい御神崎を紹介します。

沖縄の日の入りスポット15:フサキビーチ

石垣島のフサキビーチは、夕日の美しいおすすめスポットの1つです。フサキビーチの場所は、もともとリゾートホテルのプライベートビーチだった場所だけに、至る所にお洒落な雰囲気が感じられます。このビーチは無料で利用できるため、日の入り前の時間に来て、夕日を存分に楽しむことをおすすめします。

フサキビーチはカラフルな熱帯魚が集まる美しい天然のビーチで、マリンアクティビティーの種類も豊富です。

フサキビーチに隣接して「フサキビーチリゾート」ホテルがあります。このホテルには、ゴージャスなレストランやバーの他に、ウオータースライダーやプールなどが備わる石垣島最大のウオーターパーク・アクアガーデンがあり、子供連れでもカップルデートでも楽しく過ごすことができます。

住所 沖縄県石垣市字新川1625

沖縄の日の入りスポット16:観音崎

石垣島の観音崎は島の西側に小さな灯台が建っている岬です。このスポットは、自然の岩場を利用した展望台になっており、眼前には豊かな海が広がっています。観音崎から見る夕日はファンタジックで感動的です。

そばに建つ戸岬観音堂では、長く続く階段の両側に琉球松の林があり、その場所にいるだけで安らぎを覚えます。

観音崎の展望台は小さいながら見晴らしが良く、名蔵湾や竹富島、石垣島ビーチなどを望むことができます。

この場所は風の強い日も多々ありますが、晴れた日に見る夕日や朝日の情景は印象的でおすすめです。

住所 沖縄県石垣市字新川1612

沖縄の日の入りスポット17:御神崎

御神崎は石垣島の西部に位置する岬で、真っ白な灯台と断崖絶壁が美しい景観を作り出しています。

御神崎一円はダイビングのスポットとしても有名で、穏やかな海底、発達したサンゴ礁により、初心者からエキスパートまで楽しめるダイビングスポットになっています。

御神崎では、険しい断崖とその上に建つ白くて可愛い灯台のコントラストが絶妙で、夕日が沈む頃の景色は大変美しいと評判です。

春先には白いテッポウユリが咲き夕日の名所としても知られる御神崎を、石垣島で最も好きな場所に挙げる人が多いのもうなずけます。

住所 沖縄県石垣市字大浜8

沖縄の日の入りスポット:宮古島<3選>

宮古島は沖縄本島の南西約290キロメートルの場所に位置し、青い空と透明度の高い海が人気の島です。

宮古島で夕日の美しいおすすめスポットとして、南西端にある与那覇前浜、大きな岩のアーチのある砂山、絶景大橋と言われる来間大橋の3か所を紹介します。

沖縄の日の入りスポット18:与那覇前浜

与那覇前浜(よなはまえはま)は宮古島の南西端にある海の水が綺麗なビーチで、7キロにも及ぶ白い砂浜を持ち、エメラルドグリーンの海水は透明度が高いことで知られています。東洋一美しいと言われたことのあるこのビーチへは、宮古空港から車で15分ほどでアクセスできます。

与那覇前浜ビーチは宮古島の南西に位置するため、夕日の大変きれいなおすすめスポットでもあります。

春には来間島が邪魔をして夕日が海に沈むまで見ることができませんが、夏が近づくと、日の入りする場所が来間島側から伊良部島側に移ってくるため、水平線に沈む夕日がきれいに見られます。

住所 沖縄県宮古島市下地与那覇1199番

沖縄の日の入りスポット19:砂山ビーチ

砂山ビーチは宮古島で最も人気のある観光スポットで、大きな岩のアーチが印象的なビーチです。ビーチは市街地から4キロほどでアクセスできる便利な場所にあります。

この岩のアーチは隆起サンゴによって作り上げられた天然のアーチで、その奥に沈む夕日は正に外せない絶景ポイントです。宮古島を代表するこのビーチには多くの観光客が集まります。

砂山ビーチの白い砂浜と海蝕洞は夕日の絶景ポイントであると同時に、日中も外せない美しいスポットです。特に夏、アーチの岩に夕日が沈むさまが神秘的で魅了されます。

ビーチにはシュノーケリングを楽しむ人やのんびり見学している観光客なども大勢います。ビーチそばには無料の駐車場とシャワーがあります。

住所 沖縄県宮古島市

沖縄の日の入りスポット20:来間大橋

宮古島の来間(くりま)大橋は、沖縄の大橋の中でナンバーワンに数えられる絶景大橋です。全長1690メートルを誇るこの橋がナンバーワンと言われる理由は、橋の下の海にあります。

宮古島と来間島との海峡は流れが速く、海の水が絶えず循環しているため、綺麗で透明度が高い上に深さもあるため、美しい海の青さが際立ち、思わず吸い込まれそうになるほど魅力的です。

この来間大橋では、夕日の沈む日の入り時にも大変美しくロマンチックな情景を見ることができます。

大橋越しに沈む夕日のさまは例えようもない絶景で、言葉を飲むほどの感動を覚えます。この場所はカップルデートで是非来てほしいスポットです。

住所 宮古島市下地字来間

沖縄の日の入りスポット:久米島<1選>

Photo by Nao Iizuka

久米島は沖縄本島の西100キロほどの場所にあり、沖縄諸島の中でも最も西に位置する小さな島です。

久米島は、青い海と白い砂浜、緑の木々に溢れる風光明媚な島で、離島ならではの静かで美しい風景が広がります。

沖縄の日の入りスポット21:アーラ浜

アーラ浜は、久米島の南部にあり、兼城集落とイーフビーチの間の儀間集落の更に奥にあるビーチです。

アーラ浜は橋や山を越えてやっと辿り着くことができる隠れ家的な自然のビーチで、プライベートビーチのような気分が味わえます。

アーラ浜では、2人だけの世界を楽しみたいカップルのデートには正に最適な穴場のビーチと言えます。

このビーチで見る、エメラルドグリーンの海に沈む夕日の絶景はミステリアスで、なにものにも例えがたい美しさを現します。

沖縄の日の入りスポットで感動的な夕日を見よう!

Photo by Takayukix

豊かな自然と海の恩恵を受ける温暖の地沖縄は、日本を代表する観光地です。幾つもの島を有する沖縄は、夕日の美しいスポットにも溢れています。

ここではそんな沖縄の夕日について、おすすめの絶景スポットやデートに最適な日の入りスポットなどの情報を取り入れながら説明してみました。今後、沖縄旅行をする場合には、ぜひこの情報を元に夕日を鑑賞されてみて下さい。

南真州
ライター

南真州

長野県出身の南真州と申します。仕事の関係で国内、海外の販売や商品企画の業務に携わってきました。その間、大阪、福岡、ドバイ、香港等への転勤を含め、種々の地域や国を廻ってきました。読者の皆さんには、今までの経験を生かしつつ、各地の新鮮な情報をお届けしたいと思います。

関連記事

人気記事ランキング