地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

「ガンガラーの谷」所要時間は?ツアーでしか行けない?カフェもあり!

沖縄本島南部に広がる、太古の自然の詰まった「ガンガラーの谷」には、日本人のルーツの鍵となる遺跡や、魅力たっぷりの体験ツアーそして洞窟内で楽しめるカフェがあります。人気のスポット「ガンガラーの谷」とはどんな場所なのか、楽しみ方など一挙公開いたします。

沖縄の「ガンガラーの谷」へ行こう見出し

沖縄にある「ガンガラーの谷」という、太古の自然や鍾乳洞がそのまま残る貴重なスポットがあります。そこにひとたび足を踏み入れると、神秘の世界に迷い込んだような別世界。素晴らしい自然や動植物、歴史を感じる洞窟があります。太古の遺跡を見たり、洞窟カフェやツアーを満喫してみましょう。

沖縄の「ガンガラーの谷」とは?見出し

沖縄と言えば、大自然が広がる美しい島。青い海も魅力的ですよね。そんな沖縄の神秘の観光スポットである「ガンガラーの谷」は、沖縄本島南部にある大自然が広がる場所です。数万年前に存在した鍾乳洞が崩落して、その「ガンガラーの谷」が出来上がったのです。

ほとんど手つかずの森が、現代にもそのままの形で残されています。どこか物語か映画の世界に迷い込んだかのような、自然の神秘をたっぷり堪能できるスポットです。那覇空港から車で所要時間たった30分で、魅力いっぱいのジャングルのような世界に出会えます。さらに貴重な遺跡も発掘されている、注目のスポットです。

沖縄「ガンガラーの谷」の行き方見出し

便利な車でのアクセス方法

旅行で沖縄を訪れる場合は、多くの人が「那覇空港」を利用するでしょう。その際、空港でレンタカーを借りることも可能です。那覇空港からは、沖縄自動車道の「南風原南IC」で下り、所要時間およそ10分程度の場所に、「ガンガラーの谷」があります。

分かりやすいのが、観光スポットである「おきなわワールド」の入口の向かい側に位置します。カーナビを使用する際は、「おきなわワールド」もしくはその電話番号「098-949-7421」を入れて、そことは逆方向へ曲がってください。「ガンガラーの谷」は無料駐車場ですので、料金がかからないのも嬉しいですね。

格安なバスでのアクセス方法

沖縄県那覇市泉崎にある沖縄島最大規模を誇る「那覇バスターミナル」から、琉球バス系統を利用して「ガンガラーの谷」にアクセスする方法もあります。「那覇バスターミナル」83番の「玉泉洞線」からバスに乗車し、「玉泉洞前」で下車。料金は560円と格安です。

また、「那覇バスターミナル」54番「前川線」からバスに乗車し、「玉泉洞前」で降りることも可能です。その際の料金は、570円です。「玉泉洞前」でバスを下車してからは、徒歩で所要時間2分程度の位置に「ガンガラーの谷」があり、とても便利です。

住所:沖縄県南城市玉城字前川202番地 電話番号:098-948-4192

沖縄「ガンガラーの谷」で遺跡発掘見出し

日本人のルーツが分かる?

1970年に、沖縄県南部にある石灰岩採石場で、「港川人」とみられる人類の人骨が発見されました。その当時、4体見つかったのですが、その内の1体は保存状態が大変良く、そこからさまざまな発見もありました。約2万年も前に、その南部で生きていた旧石器時代の人々でした。

彼らは狩猟採集しながら生活をし、現代人より小柄の150cm程度の体つきでした。その港川人は、その後日本本土に渡っていき、今いる日本人の祖先となっていったと考えられています。アフリカからの最古の人類が沖縄にたどり着き、日本各地に広がっていったのではという、日本人のルーツが分かってきているのです。

「ガンガーラの谷」の遺跡発掘

「ガンガーラの谷」でも、その「港川人」の遺跡は発掘されています。旧石器時代に生活する場として条件がそろうことから、「ガンガラーの谷」敷地内の「武芸洞」周辺で、港川人は生活していたのではという見方が有力のようです。

さらに、2007年および2008年の遺跡発掘調査では、多くの土器や化石が見つかっています。その遺跡からのさまざまなものは、きれいな保存状態であったため、遺跡調査の科学者たちにとっては、大変貴重な情報となっています。

貴重な発掘は続く

2014年に、「ガンガラーの谷」の「サキタリ洞遺跡」で、埋葬人骨が発掘されたというニュースがありました。それは、9千年以上前の国内最古と言われる人骨です。遺跡から発見されたのは、頭部や上半身部分。

状態や状況から、当時埋葬されたのではとしています。人々が洞穴を利用して、お墓を作っていた可能性も分かりました。遺跡からのさまざまな発見が、今後の私たちに、大きな影響を与えていくことでしょう。

観光スポット「ガンガラーの谷」は、自然の素晴らしい地という以外にも、そんな驚きの遺跡が発見された貴重な場所でもあるのです。私たち日本人のルーツを知ることができるなんて、とても興味深いですね。他にも、さまざまな貴重材料が遺跡から発見されているニュースが報道されています。

沖縄「ガンガラーの谷」で体験ツアー見出し

「ガンガラーの谷」はツアーのみ

「ガンガラーの谷」への観光は、実は体験ツアーのみで可能です。どんな観光客にもゆっくりと自然と歴史を満喫してもらうために、出発時間が設けられ、定員制で、所要時間内で行われます。ですから、体験ツアーに参加するには、事前の予約が必要となります。

「体験ツアー」を申し込もう

「ガンガラーの谷」の体験ツアーに申し込むには、インターネットのホームページで、オンライン予約が可能です。希望の日時をカレンダーから選択し、予約フォームに詳細を記入します。祝日や週末、観光シーズンなどは、取りにくい場合もあるようですので、旅行の計画が立ったら、早めに予約することをおすすめします。

また、年中無休で、9時から18時まで電話での予約もできます。電話番号は、098-948-4192です。複数日や時間の重複予約は出来ません。予約が確定したら、当日は、出発時間の10分前までに集合します。その際、高校生以上の学生の場合は、学生証の提示が求められます。準備を忘れないようにしましょう。

ツアーは、年中無休で基本的に1日4回開催されます。時間は、10時、12時、14時、そして16時開始の4回です。大自然の中、約1kmの道のりを1時間20分の所要時間内で散策していくツアーになります。

ツアー申込の注意点

体験ツアーを申し込んだ際には、注意点もあります。当日、予約をキャンセルまたは時間変更および遅刻となった場合は、人数制限や所要時間のあるツアーですので、キャンセル料金を支払うこととなりますので、ご注意ください。当日出発前のキャンセル連絡では、ツアー料金の50%を支払うこととなります。

また、当日、キャンセルの連絡を行わなかった場合、もしくは出発後のキャンセルは、ツアー料金全額を支払うこととなります。もし前日17時までにキャンセルが分かっていれば、それまでに連絡を入れるようにしてください。その際、キャンセル料金は発生しません。

「体験ツアー」の料金は?

「ガンガラーの谷」の体験ツアーの申し込み料金は、大人一人2200円です。保護者同伴の中学生以下の料金は、発生しません。高校生以上の学生の料金は、一人1700円ですが、前述のように学生証の提示が必要となりますので、お忘れなく。団体での参加は、割引になりますので、ホームページ等でご確認ください。

「体験ツアー」の所要時間は?

「ガンガラーの谷」の体験ツアーの所要時間は、1時間20分ほどです。その所要時間内で、同時間帯に予約した定人数で、ガイドさんの説明を聞きながら、見学していきます。ペースはゆっくり目ですので、小さい子どもやお年寄りの方々にも、安心です。

実際に「ガンガラーの谷」内を所要時間の1時間20分で歩く距離は、1km程度です。ただ、歩く速さがゆったりして、ガイドの話を聞きながらですので、大いに大自然を満喫できるでしょう。写真を撮ったり、興味のあるところを念入りに見たりと、楽しめます。

団体や詳細スケジュールを立てる場合には、案内等も含めて、1時間30分ほどの所要時間を見積もっておくと余裕が持てると思います。慣れた専門ガイドさんとのツアーは、魅力たっぷりで、分かりやすいと評判です。ぜひじっくり魅力あるお話を聞いてみてください。

沖縄「ガンガラーの谷」のツアー内容見出し

「ガンガラーの谷」でのツアーでは、専門ガイドさんによる分かりやすく興味深い説明を聞きながら、沖縄らしい大自然の森林や洞窟の中を、まるで冒険家になったような気分で散策できます。ツアーのスタート地点は、まるで映画のセットのような、ぽっかりと口を開けたような、この洞窟から。

南国の植物なども生い茂る森林を歩きます。神秘の洞窟も訪れます。見たこともないような珍しい動物や植物、地形、そして野生のマングースに出会えるチャンスもあります。また「拝所(うがんじゅ)」と呼ばれる、神聖な参拝場所も多く通ります。

さらに、ツアーの内容には、大変貴重な遺跡発掘現場も見学できます。ずっと行われてきている発掘ですが、現在も進行中で、歴史を変えるかもしれないと思うと、本当に素晴らしい場所にいると感動してしまいます。長い期間謎の多かった「日本人」のルーツを、いつの日かここから発見されると嬉しいですね。

ツアーでは、「イナグ洞」や「イキガ洞」といった谷の洞窟にも入ることができます。太古の自然がそのまま形となって存在します。言葉にならないほどの、自然の神秘に出会えます。詳細は、ツアーガイドさんが説明してくれますので、自分が今どんなところに立っているかもよく分かります。

「ガンガラーの谷」で特に有名なスポットであり、絶対に見逃したくないものが、森の賢者「大主(ウフシュ)ガジュマル」です。この圧倒されるような迫力あるガジュマルに、多くのツアー客が心を奪われます。太古から、そして今もゆっくりゆっくりと成長しているのです。じっくりと見上げてみてください。

ガジュマルを見た後は、手作りのツリーテラスもあります。そこからは、周囲の森を一望できます。自然の香りを感じ、空も見上げられます。ウッドデッキのような場所で、木で組まれた柵も魅力いっぱいです。そこで「ガンガラーの谷」を、五感で楽しんでください。

「ガンガラーの谷」のツアー撮影スポット見出し

自然を感じながら、ゆっくりとガイドさんの話を聞いて、「ガンガラーの谷」を楽しむことは重要ですが、ところどころにぜひカメラやスマホに収めておきたい撮影スポットもあります。あまり写真に気を撮られてしまわないように、事前に数か所は抑えておきましょう。

まずは、やはりなんと言っても、前述の「大主(うふじゅ)ガジュマル」はポイントです。樹齢150年と言われていますので、その偉大さと時の流れに圧倒されてしまいます。ガジュマルを見上げるような感じで、カメラをローアングルで構えるのもいいかもしれませんね。もちろん人を入れても、その大きさが分かりやすいでしょう。

また、ガジュマルの大樹は、全体を撮るのも迫力満点ですが、こうして近寄ってみて、幹や枝そのものの神秘さも撮ってみると面白いでしょう。ツアーでは、ガイドさんが、ガジュマルの木を背景にカメラマンになってくれるという嬉しいサービスもありますので、ぜひお願いしてみましょう。

またツアーの道中には、素晴らしい自然の数々に出会えます。普段の生活では見ることのないような、沖縄らしい南国の植物もいっぱい。目に付いた動植物があったら、ぜひ写真に収めてみましょう。「ガンガラーの谷」内にある動植物やあらゆるものは、持ち帰ることは一切できません。ですから、貴重な一枚として写真に撮っておきましょう。

優しく手で植物に触ることなら大丈夫ですので、ぜひ自然を肌で感じてみましょう。大きな緑色の葉っぱ「クワズイモ」の大きさを強調するような撮影をしてみたり、その下に雨宿りしているような写真を撮るのも面白いですよ。

さらに、洞窟内にもツアーでは入って行きますが、洞窟の壁や天井などの岩肌は、本当に神秘的で、その長い歴史を感じます。じっくり見て優しく触って、帰宅後もその素晴らしさを思い起こせるように、写真に収めておくといいでしょう。

「ガンガラーの谷」での注意点見出し

「ガンガラーの谷」を散策するには、さまざまな注意点もあります。訪れる前にしっかりと把握しておきましょう。敷地内は、ツアーのため歩道の整備はされているものの、いくつか階段もあります。濡れていたり、雨の日などには注意が必要です。小さな子どもやお年寄りの方々は、手を持ってあげるといいでしょう。

また、ツアーには、車椅子やベビーカーでの参加ができません。食べ物や飲み物をツアーに持ち込むこともできません。大切な自然の宝庫ということを理解しておきましょう。ただ、ツアー前にお茶が配られます。それを持ってツアーを楽しんでください。

敷地内は、手付かずの自然のみの場所。ツアー中には、お手洗いがありません。所要時間1時間30分ほどを見込んで、事前にお手洗いを済ませておくことをおすすめします。また、ツアー中は多くの動植物に出会いますが、動かしてしまったり、取るようなことは禁じられています。さらに、喫煙やペット同伴での参加もできません。

ツアーは、雨でも行います。しかし、悪天候では中止の場合もありますので、現地で確認してください。雨の場合を考慮して、特にレインコートが便利ですので、持参してください。受付でも100円で、簡易ビニールカッパの販売があります。

沖縄「ガンガラーの谷」での服装見出し

ツアーでは、散策する道は整備されてはいますが、多くの自然がある場所ですし、階段もあります。雨天のときもあります。普段から履きなれた靴を使用しましょう。履きなれていれば、サンダルやクロックスでも大丈夫とのことです。

夏は特に、強い日差しも気になるところ。自然の場所ですので、蚊など虫も出る場合もあります。できれば、長そででツアーに参加することをおすすめします。ツアー前に、虫よけジェルを付ける時間もあります。その場合は半そででも大丈夫でしょう。日焼け止めは、持参ください。

「ガンガラーの谷」は誰でも行ける?見出し

「ガンガラーの谷」は、小さな子どもからお年寄りまで、老若男女問わず、多くの人々が訪れます。自然の宝庫とは言え、山登りとは違いますので、ぜひ安心して行ってみましょう。ツアー自体、年齢制限も設けていません。1時間20分、ガイドさんの説明を立ち止まって聞いたり、休憩を入れたり、写真撮影をしたりと、ゆっくりモードです。

ただ、注意事項にもあるように、雨天時もありますし、階段、滑りやすい場所、狭い道もありますので、一緒に来る方は注意が必要です。ベビーカーが必要な赤ちゃんや、車椅子が必要な方は、ツアー参加が難しいですが、赤ちゃんなど抱っこでの参加は大丈夫です。

沖縄「ガンガラーの谷」の洞窟カフェ見出し

「ガンガラーの谷」の魅力の一つに、洞窟カフェがあります。入り口の鍾乳洞が、そのままのカフェになっている大変珍しい場所です。太古の自然を感じながらのひと休みは、格別です。こちらのカフェは、体験ツアーの待ち合わせ場所でもあります。

カフェのメニューは、風化サンゴで焙煎したコーヒー豆使用のコーヒーや、沖縄らしいハイビスカスティーやハイビスカスソーダ。さらには、シークワサージュースや沖縄の地ビールもあります。コーヒーに使用する水は、「玉泉洞」の地下水だそうです。

食べ物では、南国の香りいっぱいのココナッツカレー(600円)、コーンクリームスープ(400円)やちまき(400円)があります。かなりリーズナブルな料金も魅力ですね。カフェの営業時間は、10時から18時です。本物の洞窟でのカフェタイムは、めったにできない貴重な体験です。

カフェメニューの料金は、コーヒーが350円、ハイビスカスティーやソーダなどのドリンクは、370円。沖縄の地ビールは、「ニヘデビールソフトハードブラックエール」で、料金は550円と、どれも気軽に飲めるものばかり。

「ガンガラーの谷」の洞窟カフェパーティー見出し

そんな洞窟カフェ「CAVECAFE(ケイブカフェ)」では、夜、パーティーやイベントなどで貸し切りができるプランもあります。多くの集客交流を見込むビジネスイベントとして、歴史的価値の紹介も兼ねて、行われているのだとか。

夜間なので、その幻想的に洞窟をライトアップした空間は、言葉にならないほど見事です。しかもそれが、歴史的価値もある太古の自然の中ということで、今まで感じたことのない楽しみを満喫できるでしょう。クラシックの生演奏や100名以上収容可能の高級セッティングなど、訪問者を圧倒します。

予算に応じて、さまざまなプランが用意されていますので、ご興味のある方は、ぜひお問い合わせしてみましょう。パーティーやイベントの詳細は、ホームページ等で確認してみてください。

沖縄「ガンガラーの谷」で音楽祭見出し

さらに、毎年恒例となっているのが、「CAVECAFE(ケイブカフェ)」で行われる音楽祭です。催されるのは、魂の音楽祭「マブイオト」。世界的日本人アコーディオニストのcobaさんがプロデュースする圧巻のライブです。洞窟内に響き渡る生演奏は、魅力いっぱいで話題となっています。スペシャルゲストも見ものです。

過去には、人気女性ボーカルデュオ「PUFFY」」が登場したり、3日間の音楽祭で、1200人が訪れたとか。cobaさんは、かつて「鍾乳洞」で演奏してみたいと発言したことが発端で、この企画が始まったのだそうです。実際cobaさんが、この地を訪れて感動し、現在は魂のこもった演奏で人々を魅了しています。

「ガンガラーの谷」でお土産も!見出し

また、「CAVECAFE(ケイブカフェ)」では、「ガンガラーの谷」のお土産も購入することができます。オリジナルのうちわ(100円)や、ポストカード(100円)、人気のがじゅまるポストカード(4枚組500円)などなどがそろっています。

さらに、ユニークな「古代人の胸毛」(250円から)が何かは、現地で要確認です。何だかちょっと気になりますね。また、カフェで使用されている「35COFFEE豆」(550円)も人気です。「ガンガラーの谷」を訪れた貴重な記念として、素敵なお土産を購入してみてください。

沖縄で「ガンガラーの谷」を体験見出し

沖縄の太古の自然の宝庫「ガンガラーの谷」、いかがでしたか?見たことのないような大自然の中に入り込み、体全体で、その長い歴史と神秘の空間を体験できます。また、鍾乳洞のカフェを楽しむのも魅力いっぱいですね。ぜひそんな魅力いっぱいの「ガンガラーの谷」を、ツアーで満喫してみてください。

沖縄シーサーの意味や由来をご紹介!オスとメスの見分け方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄シーサーの意味や由来をご紹介!オスとメスの見分け方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄の動物をかたどった像である「シーサー」は、全国的に良く知られています。でもそのシーサーには、実は深い歴史や由来、意味があるのをご存知ですか。今回は、シーサーが現代に受け継がれてきた深い意味合いも含め、性別の見分け方、置き方、お土産ついてもご紹介いたします。
沖縄古宇利島観光特集!本島北部の絶景スポットを楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄古宇利島観光特集!本島北部の絶景スポットを楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県の北部にある古宇利島を知っていますか?古宇利島は現在では沖縄の主な観光地となっており、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットです。コバルトブルーに囲まれた島は、まさしく南国の島!今回は古宇利島の魅力についてご紹介します。
沖縄の離島おすすめ10選!絶対に行くべき亜熱帯の島をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄の離島おすすめ10選!絶対に行くべき亜熱帯の島をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県には、沖縄本島以外に40島以上の有人のおすすめな離島があります。沖縄の離島には、沖縄本島にない、亜熱帯の自然が残っています。青い海、輝く太陽と一緒に贅沢な魅力的な一時が楽しめます。絶対に行くべき、沖縄の離島おすすめ10選をご紹介します。
沖縄のラーメンランキング10選!おすすめの美味しい人気店が満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄のラーメンランキング10選!おすすめの美味しい人気店が満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄は独特の食文化を持つ地域です。沖縄で麺と言えば沖縄そばが浮かぶ人も多いのではないでしょうか。しかし、歴史は浅くても沖縄のラーメン文化は近年人気を集めています。沖縄の食文化を活かした沖縄で人気のおすすめなラーメン店をご紹介致します。
投稿日: 2017年6月20日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote