五能線で鉄道旅!日本海の絶景パノラマを青森から秋田まで満喫!

五能線で鉄道旅!日本海の絶景パノラマを青森から秋田まで満喫!

五能線は一度は乗りたいローカル線として注目されています。電車の中から絶景を見渡すことができ、日本海を一望できます。五能線は観光鉄道のリゾートしらかみも走行しています。リゾートしらかみの車内では、イベントも行われます。五能線についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.五能線は一度は乗ってみたいローカル線!
  2. 2.五能線ってどんな鉄道?
  3. 3.五能線の「リゾートしらかみ」のおすすめポイント
  4. 4.五能線の「リゾートしらかみ」のサービス&イベント
  5. 5.五能線のおすすめ絶景スポット
  6. 6.五能線のおすすめ駅
  7. 7.五能線までのアクセス方法
  8. 8.日本海の絶景を楽しむ五能線鉄道の旅へ出かけよう!

五能線は一度は乗ってみたいローカル線!

Photo by rail02000

五能線は秋田県の東能代駅と青森県の川部駅を繋ぐ、ローカル線となります。快速のリゾートしらかみが誕生してから、話題となっているローカル線です。

五能線は景色が良く、ゆっくりと旅をしたい方におすすめです。人気がある五能線についてチェックしましょう。

車窓からの絶景や停車駅の見どころもチェック!

五能線は全席指定席なので、事前に予約が必要です。五能線フリーパスや青春18きっぷを購入している方は、別途で指定席を購入する形となります。

人気があるローカル線五能線の停車駅には、愉しめるイベントも開催されているので興味のある方は注目です。

五能線ってどんな鉄道?

JR東日本五能線は、青森県と秋田県を結ぶローカル鉄道です。路線距離は147.2キロで、駅数は43駅となります。

五能線のリゾートしらかみは、1997年4月に運転が開始された歴史ある快速列車です。五能線についてご紹介します。

青森県と秋田県を結ぶ人気ローカル線

五能線は乗ってみたいローカル鉄道ランキングで、上位にランクインするほど人気がある鉄道となります。

日本海を見渡すことができる鉄道路線で、鉄道旅行にもおすすめです。秋田県の終着駅は東能代駅で、青森県の終着駅は川部駅となります。JR東日本の鉄道路線です。

日本海の絶景や世界遺産の白神山地を一望

五能線の鉄道からは、日本海や世界遺産の白神山地を見渡すことができます。東能代駅から川部駅までは、乗り換えなしで行くことができる列車が、下りは1日1本しかありません。上りは1本もなく、乗り換えが必要となります。

五能線の鉄道は、日本海と世界遺産の白神山地をイメージした列車となっています。日本海を見渡せる、人気の鉄道です。

五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」が大人気!

五能線を走っている「リゾートしらかみ」は、全席指定の快速列車となっています。リゾートしらかみは秋田県側と青森県側の両方から発車しています。

リゾートしらかみは鉄道旅行にも人気があり、1日3往復運航しています。窓が大きい列車なので、日本海や白神山地をしっかりと見ることができます。リゾートしらかみは特急列車ではなく、快速列車となります。

青池は青森の神秘的な秘境!白神山地の奥地!アクセスや見所も徹底紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
青池は青森の神秘的な秘境!白神山地の奥地!アクセスや見所も徹底紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんも一度はテレビや雑誌で見たことがあるかもしれませんが、青森の奥地にある「青池」というスポットをご存知でしょうか?とても神秘的な池で、自然の物とは思えないようなブルーな池が見られます。今回はそんな青森の観光名所青池を徹底紹介していきます。

五能線の「リゾートしらかみ」のおすすめポイント

絶景が広がる五能線のリゾートしらかみは、子供から大人まで愉しめる観光鉄道です。全席指定席、上り下りとも全てA席が海側、D席が山側となっています。そのためA席の海側は人気が高いです。グループで利用する方は、ボックス席がおすすめです。

日本海を見渡すことができる五能線のリゾートしらかみは、快適な鉄道旅を愉しむことができます。五能線のリゾートしらかみのおすすめポイントをご紹介します。

沿線観光地をテーマにした橅・青池・くまげらの3つの車両編成

五能線のリゾートしらかみを運行している車両は、沿線の観光地をテーマにしています。3つの車両編成があり、どの車両も鉄道観光列車です。

リゾートしらかみの車両編成は、橅・青池・くまげらのの3編成です。橅は最も新しい車両です。青池は青とグレーを基調としている車両で、ハイブリッドシステム車両です。

くまげらは白神山地の野鳥と日本海の夕陽をイメージした車両です。オレンジを基調としている車両で、ボックス席も完備されています。

おすすめは橅編成の車両

リゾートしらかみのおすすめ車両編成は、「橅」の編成です。自然環境に優しいハイブリッドシステムの車両で、ディーゼルエンジンとリチウムイオン蓄電池を組み合わせて、駆動力に電気モーターを使用しています。

橅車両のデザインは、橅の立体感をグラデーションで表現しています。見た目はナチュラルなグリーンで、木漏れ日も表現しています。4車両編成で、定員は142名です。

五能線のリゾートしらかみ(橅編成)の車内

五能線リゾートしらかみの橅編成は、1号車から4号車までの列車があります。1号車と3号車と4号車は普通車指定席です。2号車はボックス席となります。また全車両共通で、車内案内表示器や液晶表示器、LED照明が完備されています。

橅編成は、新しい車両で車内は非日常な空間が演出されています。2016年7月から運行を開始した車両で、車内は木材とオレンジを基調としています。

東北の夏祭りをイメージしたデザインのシート

橅編成の車内は、東北の夏祭りをイメージしているデザインです。開放感のある車内で、内装にはシンボルでもある橅や秋田産の杉、青森県のヒバなどの木材を使用しています。大きな窓があるので鉄道旅行中からも、周りの観光スポットを見ることができます。

橅編成は旅行列車らしく座席がゆったりとしています。ボックス席でも座席を調節することができます。洗面所の設備なども綺麗で、清潔感があります。

家族やグループにおすすめのボックス席

五能線リゾートしらかみのおすすめ席は、ボックス席です。ボックス席は2号車にあり、眺望性を高めています。明るい印象があるボックス席で、開放感があります。

沿岸沿いの日本海や白神山地を望むことができます。橅編成のボックス席には、ブナコ製の照明が備え付けられています。ボックス席は座席をスライドさせて、調節することができます。好きな体制で列車旅を満喫できます。

1号車・4号車には展望室とイベントスペース

五能線リゾートしらかみの橅編成は、1号車と4号車に展望室とイベントスペースがあります。イベントスペースは、秋田や青森の工芸品やシンボルツリーがあります。非日常感を味わうことができるイベントスペースです。

さらに1号車と4号車には、展望室があります。展望室は左右に位置しているので、日本海や絶景を見渡すことができます。

地酒やお土産が豊富に揃う「ORAHOカウンター」

五能線リゾートしらかみの橅編成は、3号車に「ORAHOカウンター」があります。ORAHOカウンターでは、青森県や秋田県の伝統工芸品や駅弁などが販売されています。駅弁には限りがあるので、事前に駅で購入するのも良いです。

五能線リゾートしらかみには、橅編成だけに売店があります。鉄道旅で車内でお土産を購入したい方は、橅編成の列車がおすすめです。

「リゾートしらかみ」おすすめの楽しみ方まとめ!駅弁や車内販売も充実! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
「リゾートしらかみ」おすすめの楽しみ方まとめ!駅弁や車内販売も充実! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森・川部駅から秋田・東能代駅を結ぶJR五能線の列車「リゾートしらかみ」は「乗ってみたいローカル線」として今や大注目!車内から眺める絶景、車内でのイベントや停車駅でのおもてなしなど楽しみ方はいろいろです。そんな「リゾートしらかみ」の魅力についてご紹介します。

五能線の「リゾートしらかみ」のサービス&イベント

五能線のリゾートしらかみでは、様々なサービスやイベントを開催しています。橅編成のみのイベントもあります。

青森や秋田のことを詳しく知れるイベントもあるので注目です。五能線のリゾートしらかみのイベントやサービスをご紹介します。

地元の売り子さんがやって来る「ふれあい販売」

五能線リゾートしらかみには、地元の方が列車に乗り込み、お客さんと触れ合いながら販売する「ふれあい販売」が人気です。特産品や地元でしか購入できない商品もあるので、興味のある方は注目です。

ふれあい販売はリゾートしらかみの車内や、駅のホームで行われています。五能線ならではの、人気があるサービスです。列車旅の思い出にもなります。

美味しいご当地グルメの販売も!

五能線のリゾートしらかみは、美味しいご当地グルメの販売も行っています。人気があるご当地グルメは、「マグカツドックミニ」です。青森県深浦の新ご当地グルメで、マグロのカツがサクサクとしています。1個300円で販売されています。

またデザートとして人気があるご当地グルメは、「椿山プリンス」です。椿山プリンスは深浦町の、ふかうら雪人参を使用しているプリンです。青森県産の牛乳と卵を使用し、濃厚な味わいがあります。1個400円で販売されているグルメです。

プロの津軽三味線奏者による生演奏

日本海を見渡すことができる五能線リゾートしらかみは、プロの津軽三味線奏者による生演奏が行われます。鰺ケ沢駅から五所川原駅間で行われる人気のイベントです。

津軽三味線の生演奏は、津軽じょんがら節など一度は聞いたことがあるような代表的民謡を演奏します。生演奏は2名で行われます。民謡や津軽三味線の解説が行われるので、初めて聞く人にもおすすめです。

津軽弁人形劇や津軽弁「語り部」による実演も!

五能線リゾートしらかみでは、津軽弁人形劇や津軽弁「語り部」実演が行われます。津軽弁人形劇は、青森県中泊町の無形民俗文化財に指定されています。津軽弁人形劇は、橅編成の車両のみで行われます。

津軽弁「語り部」は、川部駅から陸奥鶴田駅間で行われるイベントです。津軽に古くから伝わる昔話を、津軽弁で語ります。

五能線のおすすめ絶景スポット

五能線からは岩木山や津軽平野、日本海を見渡すことができます。各駅の五能線に乗った場合は、気になる駅で降りることができます。

五能線のリゾートしらかみに乗った場合は、停車中や乗車中に外を眺めることができます。五能線のおすすめ絶景スポットをご紹介します。

五能線随一の景勝地「行合崎海岸」

五能線のおすすめ絶景スポットは、「行合崎海岸」です。こちらの絶景スポットは、青森県にあります。日本海を見渡せる海岸で、夏はキャンプ場として利用できます。

奇岩に囲まれているスポットで、芝生に覆われている岬があります。この岬には6月になるとニッコウキスゲが咲き誇ります。約271種類の植物が咲き誇る、自然が溢れる景勝地です。

住所 青森県西津軽郡深浦町大字広戸
電話番号 なし

岩棚が一面に広がる「千畳敷海岸」

五能線のおすすめ絶景スポットは、「千畳敷海岸」です。こちらのスポットは、日本の夕陽百選に選ばれている場所です。広く平らな場所で、畳千畳分という意味で千畳敷海岸と名づけられました。

千畳敷海岸は、12キロに渡って続く海岸線があります。独特な形をした奇岩が連なり、圧巻の景色が広がります。岩場は複雑に入り組んでいるので、波が大きく上がる「潮吹き」も見ることができます。

住所 青森県西津軽郡深浦町大字北金ケ沢
電話番号 0173-74-4412

世界遺産「白神山地」が織りなす美しい自然

白神山地とは、世界遺産に登録されている絶景スポットです。青森県と秋田県にかけて広がっている絶景スポットで、旅行でぜひ行きたい場所の一つでもあります。白神山地の特徴は人為的な影響をほとんど受けていないのが特徴です。

白神山地では、トレッキングなどを行うことができます。初心者でも歩きやすいトレッキングコースもあるので、旅行中にトレッキングをしたい方は注目です。

住所 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1
電話番号 0172-85-2810

津軽富士ともよばれる「岩木山」

岩木山は標高1625メートルで、青森県内で1番高い山となります。山麓には温泉が湧出しているので、温泉地としても人気があります。岩木山の山頂からは天候の良い日であれば、北海道の松前崎まで見渡すことができます。

岩木山は国定公園に指定されています。高山植物も咲き誇り、自然を感じることができる絶景スポットです。岩木山には、8合目から9合目までリフトで上り下りすることができます。9合目から山頂までは徒歩40分前後です。

住所 青森県弘前市大字百沢東岩木山
電話番号 0172-83-2670

岩木山登山のおすすめ時期は?初心者も安全なルートや服装も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岩木山登山のおすすめ時期は?初心者も安全なルートや服装も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東北三山の一つである岩木山は青森県に位置します。パワースポットと言われている岩木山神社には、毎年訪れる観光客で賑わいます。岩木山に登山するのは初めてと言う人達に安全なルート及び安全な服装の準備など、又、岩木山登山へのおすすめ時期をご紹介させていただきます。

五能線のおすすめ駅

五能線には絶景が広がる駅や秋田の文化を体感できる駅など、様々な駅があります。数分停車する駅もあるので、それぞれ愉しむことができます。

なまはげがお見送りしてくれる駅もあるので注目です。青森と秋田を結ぶ五能線のおすすめ駅をチェックしましょう。

なまはげ太鼓の演奏に出会えることも「秋田駅」

五能線のおすすめ駅は、「秋田駅」です。秋田駅はタイミングが合えばなまはげ太鼓の演奏に出会うことが出来ます。場所は秋田駅2番線ホームで、リゾートしらかみ1号と3号の出発時となります。

ホームで、なまはげ太鼓の演奏を聴くことができます。時間があれば、なまはげと記念撮影を行うことができます。なまはげ太鼓の開催日は毎年変わるので、事前にチェックしましょう。旅行中の思い出にもなるおすすめ駅です。

住所 秋田県秋田市中通7丁目1-1
電話番号 018-832-5873

日本で2番目に大きい湖を干拓した田園風景「八郎潟駅」

八郎潟駅は、秋田駅から2駅目の場所にあるおすすめ駅です。八郎潟干拓と呼ばれていて、かつて日本で2番目に大きな湖でした。

八郎潟駅から近い場所には、なまはげを知ることができる「なまはげ館」があります。旅行中で立ち寄りたい人気スポットです。

住所 秋田県南秋田郡八郎潟町字中田58-2
電話番号 018-875-2021

バスケの街でシュートチャレンジ「能代駅」

能代駅は、バスケットボールの町です。ホームにもバスケットゴールがあり、鉄道が停車中の間は気軽にバスケットボールを愉しむことができます。

またリゾートしらかみに乗車している方は、能代駅でバスケットボールシュートチャレンジを行うことができます。シュートが決まれば、記念品を貰うことができます。停車中の間なので、人数制限があります。上りや下りでも、シュートチャレンジを行うことができます。

住所 秋田県能代市元町14-40
電話番号 0185-52-0867

千畳敷海岸を散策できる「千畳敷駅」

千畳敷駅は、青森県にあるおすすめ駅です。太宰治の「津軽」にも登場する絶景スポットとなります。リゾートしらかみの電車では、千畳敷駅に停車する電車と停車しない電車に分かれます。停車する電車は、約15分千畳敷駅に停車します。

千畳敷駅のホームから、千畳敷と日本海を見渡すことができます。旅行中でも人気がある絶景スポットです。

住所 青森県西津軽郡深浦町大字北金ケ沢榊原
電話番号 0173-74-2111

五能線までのアクセス方法

五能線の終着駅は、秋田県が東能代駅、青森県が川部駅となります。東能代駅までのアクセス方法は、まず東北新幹線の場合盛岡駅で降り、秋田新幹線へ乗り換えをします。秋田新幹線で秋田駅に到着したら、奥羽本線で東能代駅に行きます。

青森県川部駅までのアクセス方法は、東北新幹線の新青森駅から奥羽本線へ乗り換えをします。新青森駅から川部駅までは、電車で約30分程です。

日本海の絶景を楽しむ五能線鉄道の旅へ出かけよう!

Photo by Kossy@FINEDAYS

五能線のリゾートしらかみは、イベントやサービスが充実していて、あっという間の列車旅を愉しむことができます。

ゆっくりとした列車旅を満喫したい方は、五能線がおすすめです。五能線についてぜひ参考にしてみて下さい。

村上貴洋
ライター

村上貴洋

旅行が好きです。日本各地、アジア、アメリカへの旅行経験があります。どこへ出かける時も、事前の情報収集は旅の成果を大きく左右します。数ある旅のスタイルの参考として、読者さんが大切な時間を、より有意義に過ごすお力添えができれば幸いです。

関連記事

人気記事ランキング