地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

イギリスの国旗の意味と由来は?名前と歴史も合わせて解説!

日本人にもなじみの深いイギリスの国旗ですが、あの国旗にはどのような意味があり、どのような歴史を経て今に至るのでしょうか。そこでイギリスの国旗の歴史と共に似てる国旗の国々とイギリスとのかかわりについても合わせて紹介しましょう。

イギリスの国旗の意味や由来をリサーチ!見出し

Photo byClker-Free-Vector-Images

イギリスは日本人にとってもなじみが深い国であり、その国旗も目にする機会が多いものです。ではイギリスの国旗にはどのような意味があるのでしょうか。イギリスの国旗の持つ歴史や意味について紹介します。

名前の呼び方や似てる国旗も解説!

Photo bystux

また、イギリスの国旗というと一般的に「ユニオンジャック」と呼ばれることが多いのですが、実はイギリスの国旗には別の呼び方もあります。それぞれの呼び方にはどのような意味があるのでしょうか。

また、世界の国旗を見ていると、イギリスと似てる国旗が世界のあちこちにあることに気づきます。イギリスの国旗に似てる国旗にはどのような意味があるのでしょうか。似てる国旗の意味についても合わせて紹介しましょう。

イギリス国旗の歴史や意味見出し

Photo byChickenonline

それではまず、イギリスの国旗の持つ意味を、その歴史と共に紹介していきましょう。イギリスの国旗が今の形になるまでは、その歴史的な流れが大きく関係しています。

その前提として、まず、イギリスの正式名称を確認しましょう。イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」と言います。イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドという4つの国から成立しています。

この4つの国が同君連合という形式をとり、単一主権国家を形成するというのがイギリスの国なのです。これがイギリスの国旗の成立にも関係しています。

2つの国旗を重ねた初代ユニオンフラッグ

Photo bydaniel_diaz_bardillo

現在のイギリスの国旗は、イギリスの国旗としては二代目になります。いわゆる初代のイギリスの国旗1603年に成立したものです。

このころのイギリスはイングランドとスコットランドの同君連合となっていました。そこでその2つの国の国旗を組み合わせて国旗が作られました。

この国旗は白地に赤い十字が描かれたイングランドの国旗と、青地に白い斜め十字が描かれたスコットランドの国旗を組み合わせたものです。そのため現在のイギリス国旗と違い、斜め十字が白になっています。

3つの国の旗からなる現在のユニオンフラッグ

Photo by Ryosuke Yagi

その後、イギリスはアイルランド王国と合同し、現在の「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」になりました。そのため、この初代のユニオンフラッグに、アイルランドの「国旗」が組み合わせられます。

アイルランドの国旗は白地に斜めの赤い十字が入っています。そのため初代のユニオンブラックの斜めの白い十字の中に赤い十字が加えられ、現在のものになりました。

現在のユニオンフラッグは1801年に制定されました。なお、スコットランドの国旗とアイルランドの国旗が重ならないよう、カウンターチェンジといい、少しずらしてデザインされています。

イングランドの国旗

Photo byDavidRockDesign

では、その重ねられたそれぞれの国旗にはどのような由来があるのでしょうか。まずイングランドの国旗の由来からです。イングランドの国旗は白地に赤い十字「セント・ジョージ・クロス」と呼ばれます。

このイングランドの国旗ですが、1188年に第3回十字軍をひかえ、当時のイングランド王ヘンリー2世とフランス王、フランドル伯との取り決めで、赤字に白十字の国旗を使ったのが歴史の始まりです。

その後、13世紀から14世紀ごろにこの色が入れ替わり、現在のデザインがイングランドの国旗になりました。現在でもサッカーの試合などでイングランドが出る時はこの国旗が使われています。

スコットランドの国旗

Photo byOpenClipart-Vectors

次にスコットランドの国旗の由来です。スコットランドの国旗は青地に白の斜め十字で、「セント・アンドリュー・クロス」と呼ばれます。これは十二使徒の一人でスコットランドの守護聖人に由来します。

このデザインの歴史ですが、12世紀の歴史書によると、8世紀にフングス王により制定されたとされています。

なお、スコットランドの国旗は地の色がアジュールという色なのですが、イギリス国旗ではダークブルーになっています。またこちらもサッカーなどのスコットランドが単独で出るスポーツでは国旗としてこちらを使っています。

北アイルランドを代表する旗

Photo byDavidRockDesign

さて、3つめのアイルランドの国旗ですが、現在のアイルランドの国旗とこの時のアイルランドの「国旗」は全く違うデザインです。実はこの時のアイルランドの国旗は「セント・パトリック・クロス」と言い、国旗ではありませんでした。

セント・パトリック・クロスはアイルランドの有力諸侯の一つ、キルデア伯(フィッツジェラルド家)の旗です。現在のアイルランドの国旗は1922年、アイルランド自由国の国旗として制定されたものです。

なお、セント・パトリック・クロスはアイルランド、そしてアイルランドの守護聖人聖パトリックのシンボルとされています。

アイルランド国旗の意味や由来をチェック!歴史や特徴も知っておこう!のイメージ
アイルランド国旗の意味や由来をチェック!歴史や特徴も知っておこう!
皆さんは、アイルランドの国旗について深く考えたことはありますか。今回は、アイルランドの国旗の意味や由来、歴史に特徴などを詳しく調べましたので、お伝え致します。アイルランドの国旗は何に似ているのか、どんな色なのか、色々と学びましょう。

イギリス国旗の名前の呼び方見出し

Photo byOpenClipart-Vectors

さて、イギリスの国旗の由来や歴史について紹介しましたが、イギリスの国旗というと「ユニオンジャック」と呼ばれることが多くあります。しかし一方で「ユニオンフラッグ」と呼ぶ場合もあります。

このユニオンジャック、ユニオンフラッグという2つの呼び名にはどのような関係があるのでしょうか。またどのような違いがあるのでしょうか。そのことについて紹介します。

イギリス国旗の呼び名1:「ユニオンジャック」

Photo byClker-Free-Vector-Images

まずは「ユニオンジャック」からです。ユニオンジャックの「ジャック」というのは海事用語で「旗」という意味であることから、ユニオンジャックは船の国籍を示す旗とする説もあります。

日本を含むイギリス以外の国では、イギリスの国旗をユニオンジャックと呼ぶことが多いと言われています。

イギリス国旗の呼び名2:「ユニオンフラッグ」

Photo by39967

一方、「ユニオンフラッグ」という言い方は文字通りの「連合国の旗」という意味であり、イギリス人はこちらで呼ぶことが多いと言われます。

実際、イギリス人の中ではユニオンジャック、ユニオンフラッグのどちらが歴史的にも正しい名前なのかという議論があると言われています。

どちらが正式な名前?

Photo byPublicDomainPictures

ではどちらが正式なイギリス国旗の名前なのかということですが、これはイギリス以外ではあまり議論になっていないと言われます。今述べたように、イギリス以外の国では、ユニオンジャックと呼ぶことが多いと言われます。

ユニオンフラッグは国旗ではなく、船の国籍をあらわす旗だとする意見もあるようですが、いずれにしてもどちらも正式な名前と見ていいでしょう。

イギリス国旗に似てる国旗見出し

Photo by taitiro1987

さて、最後にイギリス国旗に似てる旗について紹介します。世界の国旗の一覧を見ていると、イギリスの国旗に似てる国旗を使っている国が世界にはたくさんあることに気がつきます。

実はこの似てる国旗を使っている国々の多くにはある共通点があります。それは歴史的にイギリスの植民地だった時代があるということです。その結果としてイギリスの国旗に似てる国旗が使われているわけなのです。

イギリス国旗に似てる国旗1:オーストラリア国旗

Photo byRebeccaLintzPhotography

日本でもなじみの深いオーストラリアの国旗は、旗の左上の部分にイギリスの国旗、その下に七稜星、そして右側に南半球をあらわす南十字星がデザインされています。

この国旗は1901年に制定されました。イギリスの国旗はオーストラリアがイギリスの植民地だったこと、七稜星はオーストラリアの6州1準州をあらわしています。

イギリス国旗に似てる国旗2:ニュージーランド国旗

Photo byterimakasih0

このオーストラリアの国旗によく似てるのがお隣のニュージーランドの国旗です。違いは南十字星が赤で白のふちどりになっているところと、七稜星がないところです。

現在の国旗が正式に制定されたのは1902年のことです。近年、国旗変更の是非を問う住民投票が行われましたが、現在のものを維持する意見が過半数を占めました。

イギリス国旗に似てる国旗3:ツバル国旗

Photo byOpenClipart-Vectors

1978年、キリバスから分離独立したツバルもまた、イギリスの国旗をデザインに入れた国旗を使っています。ツバルが独立したキリバスは当時英領ギルバート諸島であり、その点ではこの国もイギリス領の国だったことになります。

こちらの国旗は左上にイギリスの国旗、そして9つの星があしらわれています。この星はツバルの島々をあらわし、旗を縦に掲揚すると地理的に正しく並ぶようになっています。

ツバルでも1995年、イギリスの国旗がついていないものが採用されましたが、イギリス王室への人気が高く、そのために不評で1997年に戻されたという歴史があります。

イギリス国旗に似てる国旗4:フィジー国旗

Photo byjorono

1970年に制定されたフィジーの国旗もまた、イギリスの国旗があしらわれたデザインです。フィジーもイギリスの植民地だった時代があり、それに由来するものです。右にはフィジーの国章がデザインされています。

フィジーも何度か国旗変更の動きがあり、2015年にはイギリス国旗がない新デザインのものにするという方針が出されました。しかしリオオリンピックでラグビーが金メダルを獲得した時の熱狂を見て、この方針は取りやめになりました。

イギリス国旗に似てる国旗5:ニウエ国旗

Photo byOpenClipart-Vectors

最後に紹介する似てる国旗は「ニウエ」のものです。ニウエというのはオセアニア東部にある国で、ニュージーランドの構成国の一つです。

こちらの国旗は1975年に制定されました。国旗の特徴としては、イギリスの国旗の中に星がデザインされていることです。背景の黄色はニウエの陽光とニュージーランドおよびニュージーランドの人々への温かい気持ちを示すと言われます。

そして星のうち上下左右の4つは南十字星、中央の大きな星はニウエの自治を示すとされます。こちらもイギリスの保護国だったことからイギリスの国旗が使われています。

オーストラリア国旗の意味や由来を知ろう!似ている国との違いはどこ?のイメージ
オーストラリア国旗の意味や由来を知ろう!似ている国との違いはどこ?
オーストラリアはインド洋と太平洋に囲まれた国で、1770年にイギリス人のキャプテン・ジェームス・クックにより流刑地としての入植が始まりました。オーストラリア国旗はそんな歴史と深いかかわりを持ちます。オーストラリア国旗には種々の意味が込められています。

国旗の意味や歴史からイギリスを知ろう!見出し

Photo byfietzfotos

イギリスは「大英帝国」と呼ばれるように、歴史的に多くの植民地を持ちました。その歴史が、イギリスに似てる国旗として今も示されています。またイギリス国旗の名前にもいろいろな意味があります。国旗はその国の歴史に大きくかかわるのです。

投稿日: 2022年7月20日最終更新日: 2022年7月20日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote