地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

八戸の朝市でのおすすめ朝食まとめ!新鮮な海鮮を堪能!時間は?

青森県八戸市には十日市や八日町など、市の立つ日がつく地名があります。かつて新鮮な野菜や魚介類が集まる朝市があちこちで立ち、にぎわっていた名残りですが、現在の八戸でも朝市が盛んに行われ、新鮮な海鮮を朝食にできる所もあります。それでは詳しくご紹介していきますね。

八戸に来たら朝食は朝市で!見出し

八戸といえば、新鮮な海産物が多く取れる港町として県内でも知られています。そしてそんな八戸では取れたての海鮮を売るお店がズラリと並ぶ朝市が市内のあちらこちらで立ち、お土産も調達できるので観光スポットの1つにもなっているんです。

朝市では買ったばかりの新鮮な海鮮などの食材を、その場で朝食として食べられるということで、地元市民だけでなく観光客にも人気となっています。こちらではそんな八戸の朝市の中でも規模が大きく、個性的な人気の朝市をご紹介します。おすすめの朝食もご案内しますよ。

八戸の日曜早朝といえばここ!「舘鼻岸壁朝市」見出し

八戸の新湊にある、舘鼻岸壁(たてはながんぺき)で毎週日曜に行われる全国でも最大級の朝市。その規模は全長800m、屋台数300店以上!八戸の海鮮ばかりでなく、野菜やフルーツ、お惣菜など食べる物はもちろん、さまざまな品物が並ぶことで人気です。すべての屋台を見て回るには、1時間くらいは見ておいた方が良いでしょう。

豊富な種類の魚の炭火焼。回転式の魚焼き器で、アツアツの焼きたてが食べられます。これぞ朝市の醍醐味!

こちらは「焼きウニ」。朝の時間帯から、八戸ならではの贅沢な一品です。

地元産の新鮮な野菜もとてもお買い得!朝市で買った商品は宅配便で発送もできるので(朝市本部にて)、お土産用にしても喜ばれそうですね。

八戸の海鮮だけじゃない!いろいろ味わえる朝市見出し

八戸でとれる海鮮はもちろんですが、舘鼻岸壁朝市には他にもいろいろな種類の屋台が出店していて、ブラブラ歩いているとさまざまな屋台ののぼりが見えてきます。ここを覗けば八戸のお土産がバッチリ揃う、といっても過言ではありません。

コーヒー屋さんも出店していてテーブルの用意もあるので、朝市めぐりの休憩時間にもおすすめです。

中華の屋台も大人気!小籠包などの温かい点心はその場で食べても、お土産に持ち帰るのもおすすめです。

八戸の「ご当地グルメ」というわけではありませんが、朝市でおばあちゃんが一生懸命作る焼きそばは、真心がいっぱい詰まって素朴であったかい味です。

日曜の朝市なので、思わず朝からお酒が飲みたくなってしまうような、おつまみもいろいろ買えちゃいます。

舘鼻岸壁朝市の人気商品「大安食堂」の塩手羽。試食品も太っ腹!骨のついていない「ももちゃんカラアゲ」はお土産にもおすすめですが、買うのに行列ができてしまうほどの大人気商品です。

「本物そっくり!」と朝市名物にもなっている、カブトムシの幼虫グミ。こんな面白い商品も見つかりますよ。

運が良ければ、謎の館鼻岸壁朝市「非公認」キャラクター「イカドン」のファミリーにも会えるかもしれません。

舘鼻岸壁朝市での朝食ならこちらがおすすめ見出し

「漁港ストア」のメニュー

ラーメンや天ぷらそばのような麺類や、味がよくしみたおでんがリーズナブルで人気のお食事処。かつてはストアだった部分も、現在はほぼ客席になっています。朝市が開かれる日曜は朝6時から営業しているので、お土産を買ったあとなどに朝食での利用におすすめ。

人気メニュー「海鮮支那そば」はいかゲソとちくわ入り。スープは出汁が効いてて濃い目なのがたまりません。ちなみにワンカップの「男山」の中身はお冷ですよ。

ウニ飯

ウニの風味がとにかく濃厚!八戸の朝市ならではの贅沢な朝食です。

馬肉鍋などの鍋物

朝市では鍋物の屋台も人気。郷土料理のせんべい汁の他にも、馬肉鍋、すいとん鍋、ホルモン鍋、牛スジ鍋などバラエティーに富んだ味が楽しめます。ひと皿分が大盛りなのがうれしいところ。

サバコロ

さば、いか、チーズ、大葉が入ったライスコロッケ。1個がリーズナブルなので、10個単位で買うお客さんも多いとか。何個でも食べられそうなおいしさです。

朝市が開催されている時間帯や期間見出し

舘鼻岸壁朝市が開催されているのは、例年3月中旬~12月中の日曜日のみ。時間は夜明け~午前9時までとなっています。2017年度の朝市は3月12日から開催される予定ですが、詳しくは公式ホームページをご覧ください。

基本情報

JR八戸駅からは車で約20分、JR八戸線陸奥湊駅からは徒歩10分。ちなみに車での場合は、八戸自動車道八戸ICから車で約20分となっています。約500台とめられる駐車場があります。 所在地:青森県八戸市新湊3丁目 電話番号:0178-80-7878(協同組合湊日曜朝市会)

八戸市営魚菜小売市場周辺の「陸奥湊駅前朝市」見出し

陸奥湊駅前で出迎えてくれる「イサバのカッチャ(魚売りのお母さん)」像。朝市の会場は駅前通りとなりますが、卸店もズラリと並ぶので仕入れの飲食店関係者から観光客まで、さまざまな人でにぎわいます。

「八戸の台所」として親しまれる素朴な雰囲気見出し

朝市のメインとなるのは、昭和28年に開設され、八戸の台所として長年親しまれてきた「魚菜小売市場」。安くて新鮮な海鮮などが、地元市民だけでなく観光客にもお土産スポットとして大人気です。

市場内にはたくさんの小売店が軒をつらね、新鮮な海鮮類はもちろん、お惣菜や焼き魚などもたくさん売られています。あまりの安さに買いすぎないように気をつけてくださいね。何人かでシェアするのも賢い買い方です。

陸奥湊駅前朝市での朝食ならこちらがおすすめ見出し

「魚菜小売市場」の食堂コーナー

魚菜小売市場の食事コーナーでは、朝6時頃の時間帯からホカホカのご飯や日替わりの汁物を販売しています。市場内の店舗でお刺身などを買ってくれば、自分だけのとっておきの朝食が食べられるんですよ。午前10時前までが営業時間の目安になっているので、お早めに。

市場の奥にはテーブル席のスペースがあります。市場内の雰囲気で食べる朝食は、おいしさを一層引き立ててくれますよ。新鮮な海鮮を存分に味わってみてください。

八戸の大人気店「みなと食堂」

魚菜小売市場などの市場が建ち並ぶ通りにある、一見古びた定食屋さんのようなたたずまいのお店。ここが全国に熱心なファンがいるという、八戸の大人気店「みなと食堂」なのです。

朝6時~午後3時までの営業ですが、午前9時頃から行列ができると言われているので、朝市に訪れたら早めに来店することをおすすめします。こちらの自慢は海鮮丼で「漁師の漬け丼」や「たっぷり生うに丼」などがあります。

中でも超人気メニューは、元祖とされている「ひらめ漬け丼」。ご飯の下にたまっている甘めのタレと卵の黄身を、新鮮なひらめと一緒によくかき混ぜて食べましょう。きれいなひらめを崩すのは、もったいないほどですが、この食べ方が一番のおすすめです!せんべい汁とセットにもできますよ。

朝市が開催されている時間帯や期間見出し

陸奥湊駅前朝市が開催されるのは、毎週月~土曜日の午前3時~午後0時までとなっています。毎週日曜日と年始はお休みです。ちなみに「魚菜小売市場」は第2土曜もお休みなのでご注意ください。

基本情報

車の場合は八戸自動車道の八戸ICからは20分。八戸駅からだと25分、八戸市中心街からなら10分です。バスの場合は八戸市営バスか南部バスの「上中道」下車で徒歩3分ほど。電車はJR八戸線陸奥湊駅を出てすぐの場所です。 所在地:青森県八戸市湊町 陸奥湊駅前 電話番号:0178-33-6151(八戸市営魚菜小売市場)

その他の八戸市内で行われている朝市見出し

こちらでご紹介してきた八戸の朝市の他にも、市内ではさまざまな朝市が開催されています。観光で訪れた方にはお土産をゲットするのにもぴったりなので、ちょっと早起きをして出かけてみてはいかがでしょうか。

湊町山手通り朝市

場所:JR八戸線陸奥湊駅南口側 湊町山手通り 開催日時:毎週日曜日 夜明け〜8時頃まで 開催期間:3月中旬〜12月 店舗数:約100〜120店 お問い合わせ:0178-33-7348(湊山手通り朝市会)

八戸ニュータウン朝市

場所:グランドサンピア八戸前 開催日時:毎週土曜日 午前5時〜8時頃まで 開催期間:3月第1土曜日〜11月最終土曜日 店舗数:約30〜40店 お問い合わせ:0178-23-2615(八戸ニュータウン朝市会)

街&丘の朝市

場所:グランドサンピア八戸前 駐車場 開催日時:毎日午前4時30分~7時頃まで 開催期間:3月中旬〜12月 店舗数:約65店 お問い合わせ:0178-96-4149(街の朝市会)

八戸うみねこ朝市

場所:ライジング江陽 駐車場 開催日時:毎週土曜日 夜明け〜8時頃まで 開催期間:通年 店舗数:約70店 お問い合わせ:0178-47-3332(八戸うみねこ朝市協同組合)

三八城山日曜朝市

場所:三八城(みやぎ)神社 開催日時:毎週日曜日 午前5時〜8時頃まで 開催期間:4月上旬〜11月 店舗数:約10〜20店 お問い合わせ:0178-25-1664(マルエーストア 小田栄治)

八戸駅前朝市

場所:八戸駅前 開催日時:毎週日曜日 午前4時30分〜6時頃まで 開催期間:4月第1日曜日〜11月最終日曜日 店舗数:約10〜15店 お問い合わせ:0178-23-3005(八戸駅前朝市会)

八戸の朝市でしか食べられない朝食を探そう!見出し

ご紹介してきた八戸の朝市は、いつでも活気にあふれている場所です。観光で訪れる方々も地元市民の皆さんにまじって朝食を食べたり、お土産をたくさん買い込んでいるうちに、いつの間にか元気がもらえますよ。ぜひ1度八戸の朝市に出かけてみてくださいね!

八戸市の観光スポット&名所おすすめランキング・トップ11!モデルコースも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
八戸市の観光スポット&名所おすすめランキング・トップ11!モデルコースも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
八戸市は太平洋に面した豊かな自然と都市機能を合わせ持ち、青森の観光ランキングに名を連ねるおすすめの観光スポットや深い歴史を残す名所・旧跡を保有する魅力に富んだ観光都市です。そんな八戸のおすすめ観光スポット&名所ランキングトップ11のご紹介です。
投稿日: 2017年2月25日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote