青森の釣り情報まとめ!船・防波堤から釣れるおすすめポイントも紹介!

2019年7月15日 (2019年9月1日最終更新)

皆さんご存知の本州最北端の青森県にはおすすめの釣りスポットがたくさんあります。さらに津軽海峡を挟んで日本海と太平洋を擁する青森県は様々な魚種が釣れることでも有名です。今回はそんな青森県のおすすめ釣りスポットをご紹介していきます。

目次

  1. 青森ってどんなところ?
  2. 青森県へのアクセス方法
  3. 青森を囲む3つの海の特徴
  4. 青森のおすすめの釣りポイント情報<陸奥湾・津軽海峡>
  5. 青森のおすすめの釣りポイント情報<日本海側>
  6. 青森のおすすめの釣りポイント情報<太平洋側>
  7. 青森のおすすめの釣りポイント情報<淡水魚編>
  8. 海に囲まれた青森で好条件の釣りを楽しもう!

青森ってどんなところ?

青森県と言えばリンゴや雪国といったイメージの強い県です。本州の最北端に位置するこの青森県は農産物が豊かで今回の釣り情報にも関係する魚の漁獲高も高いのが青森県です。

今回はそんな青森県のおすすめ釣りポイント情報について日本海、太平洋、陸奥湾、津軽海峡などの海ごとに分けてご紹介していきます。釣りポイントごとの特徴も合わせてご紹介します。

古き良き文化と豊かな大自然が魅力

青森県は豊かな自然に囲まれた県としても有名です。また発掘調査で縄文時代の遺跡がでてくるなど古来の文化を感じることのできるところでもあります。古き文化と豊かな自然がマッチングした魅力があふれるのが青森県です。

海の幸・山の幸に富む食材の宝庫

青森県は全国でも有名なリンゴの産地です。リンゴの他にも美味しい野菜や果物がたくさん収穫されています。また、魚の漁獲高も高くとくに後述する大間漁港で水揚げされるクロマグロは「大間のクロマグロ」として全国にそのブランドを轟かせています。海の幸も山の幸も地元食材で楽しめるのが青森県の特徴です。

3つの海に囲まれ色々な魚の釣りが楽しめる

青森県は三方を海に囲まれた県です。太平洋と日本海そしてその間を結ぶ津軽海峡、奥まった陸奥湾とたくさんの広大な海を擁しています。それぞれ気候や波の特徴が異なりそれぞれの場所でそれぞれの釣りが楽しめるのも青森の特徴です。

青森県へのアクセス方法

青森県へのアクセス方法は主に3つの方法があります。1つ目は鉄道でのアクセスでこれは東北新幹線を使います。駅は青森県内に3つあります。2つ目は空港でのアクセスで青森空港と三沢空港の2つの空港を有しています。3つ目は車でのアクセスで東北自動車道などでのアクセスが大変便利です。目的地に応じたアクセス方法を選ぶことをおすすめします。

青森を囲む3つの海の特徴

青森県が釣りスポットとしておすすめの理由は津軽海峡を挟んで、太平洋にも日本海にも接しているところです。青森県以外では兵庫県しかないこの特徴的な地形は最大の魅力といっても過言ではありません。また間には津軽海峡と陸奥湾もあります。もちろん東北では青森県だけの特徴です。ここではそれぞれの海の情報を紹介していきます。

太平洋

太平洋は広く知られているように世界最大の海で大西洋とインド洋と合わせて世界三大洋の一つです。日本海と比較すると波も穏やかで船に慣れていない方の船釣りなどにはこちらが適しています。大きく広い海ですので様々な魚が回遊していることでも有名です。青森県は太平洋側にも多くの漁港を備えています。

日本海

こちらの日本海は太平洋と打って変わって荒々しいイメージがありますが、おすすめの釣りポイントをたくさん有しています。数々の防波堤は魚の寝床になっているので防波堤釣りを楽しむこともでき、船を出して船釣りにチャレンジしても面白い経験ができます。また生きのいい魚がたくさん釣れ魚種も豊富です。

陸奥湾・津軽海峡

青森県を舞台にした名曲「津軽海峡冬景色」で有名な津軽海峡は青森県と北海道の間にある海峡です。また陸奥湾は青森県の下北半島と津軽半島に囲まれた海となっています。どちらの海も防波堤釣りや船釣りを楽しむことができます。波も穏やかで車でのアクセスもいいのでおすすめの釣りスポットがたくさんあります。

Original青森の郷土料理を食べてみよう!おすすめの名物や魚介のランチなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森県の郷土料理は全国でも良く知られています。せんべい汁や十和田バラ焼きは、B級グルメでも有...

青森のおすすめの釣りポイント情報<陸奥湾・津軽海峡>

さてここからはいよいよ青森県のおすすめ釣りポイント情報を詳しくご紹介していきます。釣りには主に陸から釣る陸釣りと船から釣る船釣りの2つがあります。おすすめの防波堤釣りポイントや船釣りの情報などお役に立てる情報をポイントごとにおすすめしていきます。皆さんの好みや目的にあった青森の釣りポイントをお届けします。

回遊系魚が狙える青森屈指の釣りスポット【竜飛漁港】

青森県の漁港の中でも非常に珍しい読み方でも有名な竜飛漁港(たっぴぎょこう)は津軽半島に突き出た竜飛岬で有名な津軽海峡に面する漁港です。漁港はマグロが水揚げされるなどで有名な漁港でその漁港からは防波堤での釣りを楽しめるポイントがあります。ヒラメや真鯛などの釣りの真骨頂を楽しめるおすすめ釣りポイントです。

上物釣りにも定評あり!

青森県の竜飛漁港では上物釣りにも定評があります。上物釣りとはポイントを決めたら撒き餌などで魚を寄せて比較的浅いタナで釣る釣りのことを言います。竜飛漁港では防波堤などからグレ等の浅いところを好んで住む魚を狙います。初心者にも楽しみやすい釣りですので竜飛漁港に来た時にはまず上物釣りから始めるのもおすすめです。

魚種の豊富な1級釣りスポット【平舘漁港】

青森県の平舘(たいらだて)漁港は釣れる魚種の豊富な釣りポイントとして有名な漁港です。平舘漁港は青森県の津軽方面に広がる陸奥湾の入り口、平舘海峡にある漁港です。テトラポットなどの防波堤からの釣りではクロダイやアイナメなど色々な魚の釣りを楽しめるポイントとして有名です。

トイレやコンビニが近くにあって安心

平舘漁港のおすすめポイントの一つはコンビニやトイレが近くにあるということです。釣りの難敵はご自身の尿意であったりすることも少なくありません。その時近くにコンビニやトイレがあると安心です。とくにトイレは漁港にあるのでいつでも駆け込むことができます。平舘漁港に到着する前にコンビニ寄って食料を買い込むのも青森の釣りの楽しみです。

フェリー埠頭を持つ大規模港【野辺地港】

次におすすめする青森県の釣りスポットはフェリーが発着するフェリー埠頭を抱える野辺地港(のへじこう)です。野辺地港はその歴史が古く南部盛岡藩の時代には商港として人や物の物流により大変栄えた港でした。現在でもフェリー埠頭を有している堂々たる港です。陸奥湾の最奥に位置している大きな港です。

夏場はサビキ仕掛けで五目釣りがおすすめ

青森県の有数の港の一つである野辺地港ですが、もちろん釣りにもおすすめスポットです。夏場にはサビキ仕掛けを使うのがおすすめです。サビキ仕掛けとは撒き餌を詰めておくカゴと擬餌針をたくさん使って行う釣りの事です。

サビキ仕掛けをすると上物の魚が寄ってきやすく、港や防波堤などの比較的波の穏やかなポイントでおすすめの釣り方です。アジやイワシなどの小魚を釣るのにおすすめです。釣りたいお目当て魚がなく、とにかくなんでもいいから釣りたいという五目釣り目的の方には最適な釣り方です。

穴場の釣れやすいスポット【川内漁港】

青森県むつ市にある川内漁港(かわうちぎょこう)は簡単にはあまり情報が出てこない青森でも穴場の釣りスポットです。こちらの漁港でも防波堤からの釣りを楽しむことができます。穴場スポットであまり知られていないため初心者でも比較的釣りやすく防波堤などからのんびりと五目釣りを楽しむ釣り客たくさんいます。

マコガレイやイシガレイの良型期待!

川内漁港に来た際にはぜひマコガレイやイシガレイを狙ってみましょう。マコガレイやイシガレイは港内ではなく外側の防波堤から釣竿を思いきり遠くへ投げてみましょう。遠投することで港内にはいない大物のカレイたちが狙えることがあります。カレイは引きが強く沖釣りでも船釣りでも人気の魚種です。

本マグロ漁港として有名な【大間漁港】

マグロといえば大間、大間といえばマグロを思い浮かべる人がいるほど大間のクロマグロは有名です。そんなマグロで有名な大間漁港も青森の漁港の一つです。大間漁港は青森県の大間町に位置し、近年ではクロマグロの水揚げで有名になり漁港そのものが観光スポットになっている青森県有数の漁港です。

カレイやアイナメの好ポイント

そんな大間漁港ですが、釣り情報も盛りだくさんのおすすめポイントとなっています。大間漁港からはカレイやアイナメの他に回遊魚であるホッケやイナダなども釣ることができます。大間漁港は基本的に防波堤からの釣りとなりますが、港内へと投げるのか港外に投げるのかで釣れる魚種が変わります。

Original青森駅の観光ならココがおすすめ!徒歩圏内で楽しめるスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森駅周辺は最近リニューアルされて、とっても綺麗になりました。観光に美味しいグルメ、青森の歴...

青森のおすすめの釣りポイント情報<日本海側>

前述したように青森県は三方を海に囲まれています。太平洋側、日本海側、そして太平洋と日本海をつなぐ津軽海峡と入り組んだ陸奥湾となっており、それぞれで釣りを楽しむことができます。ここからは日本海側のおすすめ釣りポイント情報をご紹介していきます。船釣りや防波堤の情報も満載です。

冬釣りの人気スポット【艫作漁港】

青森県の西津軽郡にある艫作漁港は大変難しい読み方で有名な漁港ですが、艫作と書いて「へなし」と読みます。艫作漁港は日本海側の北にあり、青森県の西側に位置しています。自動車で行く場合は最寄は秋田県のインターチェンジとなります。

この艫作漁港ですが、釣りではアジやウミタナゴ、サヨリにメバルなど多くの魚を釣ることができます。防波堤からの五目釣りがおすすめです。

別表記で「舮作漁港」と書かれることも

非常に難しい読み方で有名な艫作漁港ですが、難しい故に気を付けていなければならないことがあります。それは艫作漁港には別に舮作という別表記があることです。舮作の方が簡易な字体ですのでこちらを表記に使っていることも多く、艫作と舮作で違うところだという誤認が生まれかねないので十分な注意が必要となります。

釣りの後に不老不死温泉へ立ち寄ろう

艫作漁港には釣りを楽しんだ後に立ち寄れるおすすめスポットがあります。それがこちらの不老不死温泉です。不老不死と聞いただけでとてもご利益のありそうな温泉です。不老不死温泉は正式には黄金崎不老不死温泉といい、艫作漁港と同じく青森県西津軽郡にあります。

不老不死温泉は秘湯として有名な温泉ですが、艫作漁港からはアクセスもよく車で来ている場合はそのまま帰り道に立ち寄れる温泉です。また宿泊施設も充実していますので、泊りでの釣りプランなども計画しやすくなっています。

キスの投げ釣りが人気【深浦漁港】

次にご紹介する青森のおすすめ釣りポイント情報は深浦漁港です。青森県の西津軽郡深浦町にある深浦漁港は県道192号線沿いにある車でもアクセスしやすい釣りポイントです。また深浦駅からもアクセスしやすく移動に便利な漁港となっています。ここではなんと言ってもキス釣りがおすすめです。

夏はキス、冬はカレイが同じ仕掛けで狙える

お刺身にしてもフライにしても美味しいキスは日本の食卓でも定番の魚です。深浦漁港ではとくに夏場のキス釣りがおすすめで、投げ釣りで狙います。キスは防波堤や船の上からでも狙える魚です。オールシーズン釣れる魚ですが、産卵のために浅瀬に上がってくる夏場がおすすめです。

また深浦漁港からはカレイも狙えます。カレイはキスと異なり冬場がおすすめとなっています。キスはちょい投げの釣りでも楽しめる初心者でも釣りやすい魚です。また冬場にカレイを狙いたい方も基本的にはキスの時と仕掛けを変えずに釣ることができます。

ソイやアイナメの好ポイント【風合瀬漁港】

次にご紹介するのは風合瀬漁港です。風合瀬と書いて「かそせ」と読みます。風合瀬漁港は先ほどの深浦漁港と同じく青森県の西津軽郡深浦町に存在しています。五能線の近くにある漁港なので迷うことなくアクセスできます。この風合瀬漁港ではソイやアイナメが釣れるポイントとして有名です。また船で近くの島に渡ることもできます。

道の駅ふかうらの駐車場を利用

こちらの風合瀬漁港の近くには道の駅ふかうらがあります。釣りの際のお役立ちポイントの一つです。トイレもあり、駐車場も広く、飲食もできるとあって釣りのお客さんのお立ち寄りスポットとなっています。とくに車中泊などを考えている方にはおすすめです。釣りの帰りに寄り道するのも楽しい場所となっています。

周辺の島へ渡って釣果を上げよう!

風合瀬漁港のおすすめは船で沖にでてアカムツなどを狙えるところです。陸釣りと違って船釣りは釣れる魚や釣り方、波との闘いなど新たな要素が加わってたいへんスペクタクルな釣りになります。陸釣りに飽きてきたらぜひ船釣りにもチャレンジしてみてください。

さらに風合瀬漁港には船で渡れる島がいくつかあります。事前に船を予約しておいて釣りがしてみたい島まで船で追ってもらいましょう。船釣りで船酔いが心配な方にも島までの移動なら船釣りほど航行時間が短いので安心です。

穴場の好スポット【北金ヶ沢漁港】

次に紹介する青森県のおすすめ釣りポイント情報は西津軽郡深浦町の北金ヶ沢(きたかねがさわ)漁港です。投げ釣りでアジやサヨリ、イナダなどが狙えます。北金ヶ沢漁港は魚種が豊富で他にもクロダイやホッケ、ウミタナゴなども防波堤から狙うこともできます。近くには岸壁もあるので、防波堤からの釣りに慣れてきたらそちらに移動するのもおすすめです。

赤灯台のある防波堤がメインの釣り場

北金ヶ沢漁港では漁港内にある赤灯台がメインの釣り場となっていて地元の釣り客を始め、地方からのお客さんも多く釣りスポットとして利用しています。時間帯によっては多くの釣り客で場所が埋まってしまう可能性もあるので、あらかじめ場所取りする時間を確保するつもりで行動することをおすすめします。

豪雪地帯の良釣り場【鰺ヶ沢漁港】

豪雪地帯としても有名な鰺ヶ沢(あじがさわ)漁港は青森県の西津軽郡鰺ヶ沢町に位置しています。豪雪地帯にも関わらず青森では釣りのおすすめポイントとして一押しの漁港となっています。まるで鰺ヶ沢の名前に由来するように港内ではアジが釣れるポイントがいくつかあります。

釣れたアジを泳がせてヒラメを狙おう!

アジがたくさん連れたらそのアジを使ってヒラメを狙うこともできます。生きたアジを使うこの釣り方は泳がせ釣りといって釣りファンの間では比較的メジャーな釣り方になります。中通しのオモリの先にサルカンを付けてその先に付いた針に生きたアジを付ければ完成です。アジが自由に動き回りヒラメを誘ってくれます。

Pht28b56249ba1f青森市内温泉ランキング・ベスト15!日帰り温泉やおすすめの宿も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森は名湯・秘湯が多く、一度は訪れたいと思う温泉好きの方も多いと思います。今回はそんな温泉好...

青森のおすすめの釣りポイント情報<太平洋側>

前述した通り青森県は三方を海に囲まれた県です。日本海とは反対側には太平洋が広がっています。次のおすすめ釣りポイント情報は太平洋側のおすすめスポットをご紹介していきます。日本海とは気候や波の影響が違った釣りが楽しめ、漁港からの釣りや船釣りを楽しむ方がたくさんいます。

ファミリーフィッシングにおすすめ【三沢漁港】

青森県の太平洋側のおすすめ釣りポイントでまず最初にご紹介するのがこちらの三沢漁港です。三沢漁港は青森県の港町三沢市にある漁港です。港町ということもあってか三沢漁港の港内はかなり広い漁港となっています。この三沢漁港なら家族向けのファミリーフィッシングなどもおすすめで、初心者の子どもでも釣りの楽しみを感じることができます。

防波堤は広大な釣り公園

三沢漁港は先ほども書いた通り青森県の漁港の中でもかなり広大な敷地を有する漁港です。広く伸びた防波堤は子どもの釣り体験に留まらず、大きな公園の様相を呈しています。家族連れで進める理由の第一の理由です。釣りに途中で飽きて来たり、釣れなかったりしたときの気分転換にも十分楽しめる漁港となっています。

さまざまな魚種が釣れる巨大港【八戸港】

八戸港は青森県の主要三大都市(青森市、弘前市、八戸市)の一つである八戸市にある青森県の中でもかなり大規模な漁港の一つです。漁港としての水揚げ量も高く、魚市場なども有しています。漁業としても有名な漁港ですが、もちろん魚釣りのポイントとしても有名な漁港です。

関東以南ではお目にかかれない魚を釣ろう!

八戸港では関東以南ではまずお目にかかれない珍しい魚が釣れます。その代表的なものがソイと呼ばれる「北のタイ」の異名をもつ魚です。他にもなんと二枚貝のホタテも釣れることがあります。せっかく青森で釣りを楽しむのならばこうした青森ならではの釣りを楽しむこともおすすめです。

自然の岩礁帯を利用して作られた【大久喜漁港】

次にご紹介する大久喜漁港は数ある青森県の漁港の中でも珍しい漁港となっています。まず大久喜漁港は天然の岩礁帯を利用して整備された漁港となっています。それによりもともとの岩礁帯付近には魚の住み家になっている箇所も多くアイナメやソイなどが狙いやすいスポットとなっています。

港内の厳島神社で釣果祈願!

さらに大久喜漁港の珍しいポイントはなんと漁港内に神社のお社が存在しているところです。この神社は厳島神社で大久喜漁港の船乗りをひっそりと見守り続けています。大久喜漁港を訪れる釣り客の中にはこの神社で釣果祈願をする人も少なくありません。訪れた際にはぜひ釣果祈願をすることをおすすめします。

家族連れでも安心のスポット【むつ小川原港】

青森県の太平洋側のおすすめ釣りポイント情報で最後にご紹介するのがこちらのむつ小川原港です。青森県の六ヶ所村に位置しています。むつ小川原港で釣りを楽しむのならマコガレイを狙うのがおすすめです。むつ小川原港に訪れる多くの釣り客がこのマコガレイを狙って釣りをしにきています。

カレイ釣りなら船で渡る沖堤がおすすめ

マコガレイを狙うには陸釣りでも構わないのですが、おすすめは少し船で沖へと出て沖堤へと渡りそこから遠くを狙う釣り方がおすすめです。とくに大きなマコガレイはなかなか陸釣りでは釣りにくく、少しでも沖の方へ釣竿を投げるようにしましょう。マコガレイの釣果は確実に上がります。

青森のおすすめの釣りポイント情報<淡水魚編>

青森県では海の釣りばかり注目されがちですが、実は渓流などで行う淡水魚釣りも楽しめるポイントがたくさんあります。ここからは海を離れて青森県でおすすめの淡水魚のおすすめ釣りポイント情報をお届けします。釣り方なども餌釣りが中心の海釣りとは異なるのでご注意ください。

特別名勝及び天然記念物【奥入瀬渓流】

奥入瀬(おいらせ)渓流は青森県でも有名な渓流です。近年ではリゾートホテルなども進出を果たし観光スポットとしても人気を博してします。もちろん乱開発などはされないように国の特別名勝と天然記念物に指定されています。青森県も積極的に保護を進めています。

そんな奥入瀬渓流ですが、渓流釣りを楽しめるポイントとしてもかなり評価の高い渓流となっています。ヤマメにイワナなど渓流ならではの釣りが楽しめます。海の釣りとはまた違った神経戦とも言える魚との駆け引きが楽しめます。

奥入瀬渓流釣りツアー参加がおすすめ!

そんな青森県の名勝地奥入瀬渓流ですが釣りを楽しみたいのならば渓流釣りツアーに参加することをおすすめします。釣りガイドが案内をしてくれ渓流釣りのコツやノウハウなどを優しく説明してくれます。

また近年では釣りを楽しむ女性客、いわゆる釣りガールも増えてきていて初心者の釣りガールなどもたくさんこの奥入瀬釣りツアーに参加しています。初心者同士の場合ならとくに盛り上がる事間違いありません。

ワカサギ漁獲量日本一を誇る【小川原湖】

小川原湖は青森県の東北町にある汽水湖です。この小川原湖では冬場にワカサギ釣りを楽しむことができます。テレビなどでもお馴染みの凍った湖の上で穴をあけてジッとワカサギを狙う釣りです。小川原湖は日本でもワカサギの漁獲量日本一を誇る湖なのです。

淡水だけでなく汽水域もあり

小川原湖は汽水湖となっているのでただ単純な淡水というわけではありません。海水と淡水が混ざり合う汽水域が存在しています。汽水域は淡水魚、海水魚などの様々な魚のゆりかごとしての機能があります。ですので、たくさんの魚が汽水湖には集まります。

海に囲まれた青森で好条件の釣りを楽しもう!

いかがでしたでしょうか。今回は青森県のおすすめ釣りポイント情報を太平洋側、日本海側などに分けてまとめました。様々な魚種の釣りが楽しめ、防波堤釣りや船釣りにもチャレンジできる青森県は内陸部を除く県全体が釣りのおすすめポイントといっても過言ではありません。ぜひ一度青森県へと釣りにでかけてみてください。

関連記事

関連するキーワード

1447.thumb
この記事のライター
トラジロー
1982年滋賀県生まれ読書と音楽、コーヒーをこよなく愛する男です。スポーツは球が転がっていればなんでも追いかけるネコタイプ。趣味を活かしたライター活動をしています。

青森県の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

青森県の新着のまとめ