鹿児島から沖縄まで飛行機とフェリーはどっちが得?アクセス・時間・料金を比較

2017年7月1日 (2019年9月1日最終更新)

鹿児島から沖縄へのアクセスは、やっぱり飛行機?それともフェリー?鹿児島からお得に行くには?沖縄をめいっぱい楽しむために、プランに合った交通手段を調べてみました。飛行機とフェリーを項目別にまとめましたので、お出掛け前にぜひチェックして下さいね!

目次

  1. 鹿児島から沖縄へお得に行こう!
  2. 鹿児島から沖縄の距離は?
  3. 鹿児島から沖縄のアクセスは?
  4. 【フェリー豆知識】フェリーをもっと知ろう
  5. フェリーで行く沖縄への航路と距離
  6. 【フェリー】鹿児島から沖縄ルート:マルエーフェリー
  7. 【フェリー】鹿児島から沖縄ルート:マリックスライン
  8. 飛行機チケットをお得にゲットする!
  9. 【飛行機】鹿児島から沖縄ルート
  10. 【飛行機/フェリー】荷物持ち込みについて
  11. フェリーと飛行機「鹿児島から沖縄」までお得に行けるのは?

鹿児島から沖縄へお得に行こう!

今回は、鹿児島県から沖縄県へ行く場合のアクセス手段として、飛行機とフェリーではどちらがお得なのか?をご紹介します。飛行機には飛行機の良さが、フェリーにはフェリーの良さがあります。料金はどのくらい?時間はどう変わる?アクセス方法は?という疑問に、項目別にまとめてみました!

鹿児島から沖縄の距離は?

まず、鹿児島から沖縄の距離を飛行機とフェリーで比べてみました。結果、飛行機では、鹿児島空港から那覇空港間で691キロ。フェリーでは、鹿児島新港から那覇港間で735キロでした。地図上ではそこまで距離はなさそうに感じるのが不思議ですね。飛行機とフェリー、その差は44キロ。距離は意外と変わらないことが分かりました。

Kiji1img沖縄のおすすめ宿紹介!ビーチが目の前!一度は泊まりたい穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
一度は訪れたい国内リゾートの代表格、沖縄。せっかく沖縄に行くなら、宿選びにもこだわりたいです...

鹿児島から沖縄のアクセスは?

鹿児島から沖縄へのアクセスって、飛行機だけだと思っていませんか?鹿児島新港からはフェリーでも行くことができます。フェリーは現在、1日1回の定期便が就航しています。また、3隻で運営できる航路を4隻で運営されていますので、例えば前便のフェリーが天候等による遅延で海上に停泊してしまっていても、次便は遅延なく就航できます。

【フェリー豆知識】フェリーをもっと知ろう

1970年から80年代において、フェリーを含め国内の航路は最盛期を迎えました。しかし近年、高速道路網の発達やETC増加に加え原油高が進んでいることにより、自動車輸送を主としたフェリーの利用者が減少傾向にあります。特に関西から九州間では新幹線や飛行機の低価格が加速したことで料金差が縮まり、更なる苦境になっています。

全国の観光スポットでよく見られる遊覧船。実は観光専用の船のことはフェリーとは呼ばないんです。あくまで日常の交通手段として使われる客船・貨客船のことを指します。日本でのその歴史は意外と浅く、約83年前と言われています。

フェリーで行く沖縄への航路と距離

鹿児島から沖縄の定期便は2社が運営しています。「フェリーあけぼの」「フェリー波之上」がマルエーフェリー、「クイーンコーラルプラス」「クイーンコーラル8」がマリックスラインです。4隻全体で1日1便となります。航路図は、鹿児島-名瀬(奄美大島)-亀徳(徳之島)-和泊(沖永良部島)-与論(与論島)-本部(沖縄本島)-那覇(沖縄本島)です。

【フェリー】鹿児島新港へのアクセス

鹿児島を出航するのは、鹿児島新港です。フェリーチケットはエムオーフェリーサービスが販売しています。鹿児島新港へのアクセスは、鹿児島中央駅からは車で約10分、ポートライナーという路線バスだと約20分で到着します。また、鹿児島空港からは車で約1時間かかりますのでご注意ください。

鹿児島-那覇は735キロです。鹿児島から6か所目が終点の那覇港で、寄港先では1か所で30分停泊します。乗船時間はなんと25時間!1日以上海の上での1泊2日の船旅です!飛行機と違う点は、自分の意思で自由に歩き回れる点が大きいですよね。

例えば、赤ちゃんが泣き出してしまったりお子さんがグズっても、いつもと違う景色の甲板に出て気持ちの良い潮風に当たれば、気分も切り替わることでしょう。小さな子ども連れの旅行は移動時間をいかに楽しく早く過ごせるかが大切ですが、1泊2日の船旅をすることも、お子さんの素敵な思い出の1ページになること間違いなしです。

住所:鹿児島県鹿児島市城南町45-1
電話番号:099-226-4141

 e5 90 8d e8 ad b7 e5 b8 82 e6 b9 a7 e6 b0 b4 2沖縄名護市の観光スポット30をご紹介!人気のエリア情報が満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県の名護市は、山と海に囲まれた自然の魅力あふれる都市で、人気の観光スポットがたくさん存在...

【フェリー】鹿児島から沖縄ルート:マルエーフェリー

鹿児島から沖縄へのフェリー定期便1つ目は、マルエーフェリーです。「フェリーだと時間がかかってアクセスが悪いのでは?」と思いがちですが、せっかくの沖縄旅行です。たまには波の音をBGMに、ゆったり流れる時間に身を委ねつつの船旅に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

フェリーの料金は、燃料油の購入価格により3か月ごとに更新する可能性があります。ご予約時に必ず確認が必要です。鹿児島新港の那覇までの料金は、客室や割引によって変わるため、客室ごとの料金を紹介します。また、フェリー乗船には、旅客運賃の他寝台料金が発生します。

フェリーあけぼのは、特等(最上級客室)36,530円、1等29,220円、2等和室14,610円、学生割引11,690円です。すべて税込です。また、小学生は半額です。寝台料金は、A6,170円、B2,050円かかります。

客室は、個室にバス・トイレがあるツインの特等から、4名の1等、2段ベットの相部屋の2等寝台B、雑魚寝の2等と4タイプあります。2等には個人にロッカーがあります。

パブリックスペースは、レストランや売店など夜行フェリーにあるものは一通りありますが、本船には大浴場はなく、シャワールームのみになっています。ソファーなどのスペースも多めにあります。

【フェリー】鹿児島から沖縄ルート:マリックスライン

次にマリックスラインのフェリーをご紹介します。鹿児島新港-那覇までの料金は、客室や割引によって変わります。ここでは、県外からの利用を想定して客室ごとに料金を記載します。また、フェリー乗船には、旅客運賃の他寝台料金が発生します。

マリックスラインの特等(一番良いグレードです)は36,530円、1等は29,220円、2等和室は14,610円でした。全て税込価格で、小学生は半額です。寝台料金は、A6,170円、B1,020円となっています。

客室は、バス・トイレ付きの特等から、雑魚寝の相部屋の2等までひと通り揃っています。1等には1名個室もあり、沖縄航路の中では充実した客室構成です。パブリックスペースは、レストランや売店、ペットルーム、コインロッカーのほか、沖縄航路としては唯一大浴場があります。(クイーンコーラルプラスのみ)

【飛行機豆知識】飛行機をもっと知ろう

日本における飛行機(航空機)の歴史は古く、大正時代に遡ります。欧米に比べて遅れをとっていた日本は、第一次世界大戦をきっかけとして陸軍が製作に乗り出し国内生産をスタートさせました。しかし敗戦後、連合軍によって製作はおろか航空機の運航も10年間禁止されてしまいます。

飛行機チケットをお得にゲットする!

やっぱり目的地に早く着きたい!でもなるべく節約もしたい!そんな方にお勧めなお得な情報が2つあります。1つは、75日以上前に予約をすること。鹿児島から沖縄行きのソラシドエアでは各種割引が充実しています。旅行の計画の際には、まず出発日を決めてフライトを決定しましょう。

もう1つは、航空チケットを片道ではなく往復で購入することです。帰る日を決めずにのんびり過ごす旅行も捨てがたいですが、あらかじめ往復でチケットを購入することにより、片道分がおよそ15%の割引になります。

【飛行機】鹿児島から沖縄ルート

鹿児島空港は鹿児島県霧島市にある空港で、ここから多数の離島路線があります。空港内には、鹿児島県の有名な観光スポットの1つである桜島を模した無料の足湯と手湯があるので、少し余裕を持ったスケジュールを立てて足湯に浸かりながら疲れを癒すのもお勧めです。

アクセス:JRをご利用の際は、日豊本線「加治木駅」または「国分駅」が便利です。国内線ターミナルより各駅行きのバスが発着しています。その他空港周辺の駅については、車またはタクシー利用をお勧めします。

飛行機で行くといくらかかるの?

時期によっても異なりますが、最安値大人23,800円 最高値大人26,000円でした。所要時間は1時間20分です。さすがに飛行機は早いですね。

住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓822
電話番号:0995-73-3638

【飛行機/フェリー】荷物持ち込みについて

もちろん、大切な家族の一員だから一緒に沖縄旅行に行きたいですよね!鹿児島から沖縄の便があるソラシドエアではペット持ち込みのルールがあります。1ケージあたり1区画税込6,000円 ※ペットケージ貸与代を含みます。※機内持ち込みは出来ません。※ケージはワンちゃんやネコちゃんのサイズによって5種類あります。

自動車の持ち込みは飛行機よりフェリー!

なんと言ってもフェリーの醍醐味の1つ、自転車や自動車の持ち込み!沖縄の海をマイチャリで走りたい夢も叶います。自転車や自動車の持ち込みは大型客船ならではです。持ち込み料金は運航会社や大きさにもよりますが、自転車では2,850円から、単車(バイク)は7,120円から、乗用車では52,140円から104,280円となっていました。

フェリーと飛行機「鹿児島から沖縄」までお得に行けるのは?

今回は鹿児島から沖縄まで飛行機とフェリーではどっちがお得なの?という疑問に、アクセスや料金、かかる時間などを比較してご紹介しました。結果的に「フェリーがお得に行ける」ということが分かりました。楽しい沖縄の旅行の前には、必ず下準備をお忘れなく!良い旅になりますように。

関連記事

関連するキーワード

1351.thumb
この記事のライター
m_works
仕事をする→旅行へ行く→仕事をする→旅行へ行く・・を繰り返すおばちゃん。

鹿児島県の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

鹿児島県の新着のまとめ