地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ゴールドコーストの見どころや楽しみ方!旅行にも人気のリゾート地!

ゴールドコーストは、一年を通しカラッとした晴天が続く気候が特徴で、世界有数のリゾート地として有名です。多くの観光客を引き付けて止まないその魅力は、ゴールドコーストの見どころや楽しみ方に特徴があるはず!そんな世界中のツアー観光客が集まるリゾート地を徹底解剖です。

ゴールドコーストとは!?見出し

ゴールドコーストはオーストラリア人気No.1のビーチリゾートで、南北42kmの白い砂浜と金色に輝く海岸線はサーフィンのメッカでもあります。一年を通じ温暖な気候に恵まれ晴天が続く、世界的にも有名なリゾート地です。そんなゴールドコーストの見どころや楽しみ方をお届けします。

旅行の前に知っておくべきこと見出し

ゴールドコーストの気候

オーストラリアは南半球にあるため日本とは季節が逆になり、ゴールドコーストを旅行するなら、夏季にあたる12月から2月がいいでしょう。亜熱帯性気候のため年間を通じ晴天率も高いことは知られていますが、5月から9月は気候も寒くマリンレジャーは控えた方がよさそうです。

ゴールドコーストへの行き方

日本からゴールドコーストへは、成田と関空から直行便が出ています。航空会社別にみると成田からはジェットスター、関空からはエアアジアの利用が多いようです。飛行時間は約9時間、ブリスベン南80kmにあるので時間に余裕があればブリスベンからバスを利用するのもいいでしょう。

交通機関を上手に利用しよう見出し

ゴールドコーストの見どころを満喫するなら、バス・路面電車(トラム)・電車などの公共交通機関で利用できる「Go Card」が便利。Suicaのようなクイーンズランド州共通のICカードで乗車時にタッチするだけで利用でき、コンビニやニュースエイジェンシーで購入・チャージができます。

ゴールドコーストでの楽しみ方見出し

【ゴルフ】

ゴールドコースト周辺は、難易度の高いオーストラリア屈指のゴルフコースがあります。平原を切り開いて作った「Palmer Gold Coast(パーマーゴールドコースト)」やチャンピオンシップも開催される「RACV Royal Pines Resort(RACVロイヤルパインリゾート)」は特に人気で、カラッとした気候がゴルフにも最適です。

【マーケット】

ゴールドコースト周辺は晴天続きの気候の下、日常マーケットが頻繁に開催されます。ローカルにも人気のビーチの一つ「Burleigh Heads(バーレイヘッズ)」では、日曜日になるとヴィレッジマーケットが開催され、ヴィンテージもののアクセサリーや堀りだし物を目当てに多くの若者が集まります。

ゴールドコーストのテーマパークを遊び尽くす!見出し

【Dreamworld】

「Dreamworld(ドリームワールド)」は、ゴールドコースト中心部から車で30分程度の距離にあり多くの観光客で賑わうテーマパークです。絶叫マシーンなど乗り物がたくさんあり、園内にはオーストラリアならではの動物が飼育されています。コアラを抱っこしながら写真撮影(有料)もできます。

【Sea World】

「Sea World(シーワルド)」は、ゴールドコーストにある海と海の生き物をテーマにした人気のテーマパーク。園内では人気のイルカのショーや、スリル満点のウォータースライダーなど一日楽しめるスポットです。ショーやイベントは毎日開催されているので、チェックしてみてはいかがです!?

【Surfers Paradise Beach】ゴールドコースト観光の拠点見出し

「Surfers Paradise Beach(サーファーズ・パラダイス・ビーチ)」は、ゴールドコーストの代名詞とも言える代表的なビーチで、サーフィンやビーチバレー、ジョギングなどをする人たちで賑わう憩いのスポットです。南北に白い砂浜が続き、世界有数のリゾートの名にふさわしいビーチでもあります。

【Sky Point】南半球最高峰の見どころはゴールドコーストに見出し

「Sky Point(スカイポイント)」はビーチサイドにある、オーストラリア随一の展望台です。見どころは高さ235mから見下ろすゴールドコーストの街並で、南半球最高峰の美しさは言葉にできないほど。おすすめはドリンク片手にサンセットを眺めるツアーで、多くの観光客に人気となっています。

【Springbrook National Park】古代の息吹を伝える世界遺産見出し

「Springbrook National Park(スプリングブルック国立公園)」は、数億年前の貴重な動植物がほぼ原形をとどめたまま生息する世界遺産です。世界最古のシダ植物などを観察でき、雄大な景色を堪能することもできます。観光の際には交通機関が発達していないので、ツアーを上手に利用するといいでしょう。

【Natural Bridge】

「Natural Bridge(ナチュラル・ブリッジ)」は国立公園の中で最も低く小さなエリアで、その名のとおり自然の風化によってできた自然の橋です。滝の裏側が侵食して洞窟となっていて、辺りが暗くなると幻想的に光輝く土ホタル(ヒカリキノコバエ)の生息するさまは見どころです。

【Best Of All Lookout】

「Best Of All Lookout(ベスト・オブ・オール・ルックアウト)」はその名のとおり、壮大なパノラマ景色が望める場所です。公園内の展望台からはオーストラリアで最初に朝日が届く山として知られるマウント・ワーニングの頂きや、天気が良好であれば美しい砂浜が広がる海岸線まで見渡せます。

【Currumbin Wildlife Sanctuary】オーストラリアならではの動物園見出し

「Currumbin Wildlife Sanctuary(カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー)」はオーストラリアならではの動物が野生に近い状態で飼育され、ゴールドコーストからも車で20分程度行ける人気スポットです。さまざまなショーや餌付け、コアラを抱っこしながら写真撮影など楽しみ方は人それぞれです。

Currumbin Wildlife Sanctuaryへは、ゴールドコースト主要交通機関のサーフサイドバスを利用すると便利でしょう。英語に抵抗がなければ、街中にあるチケット売り場で購入すればかなりの割引率で購入できます。抵抗のある方は、日本の大手旅行代理店でも購入できるのでチェックしてみてはいかがです!?

【Broad Beach】オーストラリア国内の旅行者で賑わうビーチ見出し

「Broad beach(ブロードビーチ)」周辺は、大型のショッピングセンターやカジノ、コンベンションセンターなどがひしめく観光地。オーストラリア国内のライフセービング大会もここで開催され、外国人観光客よりも国内の旅行者が主流です。ビーチではマリンスポーツ施設も充実しています。

ブロードビーチは、サーファーズパラダイスビーチから車で5分程度。近年ビーチ周辺の開発が急速に進み、新しいレストランやショップが次々と誕生する注目スポットです。ここを訪れたらハンバーガーで有名な「Burger Trip」をお試しあれ!ボリューミーで新鮮な逸品はヤミツキになります。

【Harbour Town Outlet Shopping Centre】ゴールドコーストで安く買い物見出し

ゴールドコーストでショッピングを考えているなら、「Harbour Town Outlet Shopping Centre(ハーバータウンアウトレットショッピングセンター)」がおすすめ。敷地面積も広く、多くのブランド店が勢ぞろいしています。日本で買う方が安いアイテムもありますが、オーストラリア独特の雰囲気も味わえます。

ショッピングセンターへのアクセスは、旅行者専用の無料シャトルバスを利用すると便利です。ブロードビーチノース駅とハーバータウンを40分程度で結び、途中サーファーズパラダイスなど3ヵ所に停まります。ただし運行本数が少ないので、事前のチェックが必要です。

ゴールドコースト発人気ツアー見出し

【Moreton Island】

「Moreton Island(モートン島)」はブリスベンの沖合40キロに位置する、世界で三番目に大きい砂の島として有名です。4WDでの砂丘ツアーやブッシュウォーキング、砂丘を滑るサンド・ドボガンは特におすすめ。周辺ではイルカウォッチングも見どころで、野生イルカへの餌付けも人気があります。

ゴールドコーストからモートン島へは、日帰りでも十分満喫できるのでオプションツアーを利用するといいでしょう。ブリスベンからフェリーで約75分で到着するので、思いっきりアクティビティを満喫できます。イルカの餌付けに参加しても、ツアー代はA$200くらいで楽しめますよ。

【Great Barrier Reef】

ゴールドコーストを旅行する誰もが憧れる「Great Barrier Reef(グレートバリアリーフ)」。日本がすっぽりと入ってしまう程の広域にわたる珊瑚礁群は、世界遺産にも登録され多くのダイバーが集まる人気スポットです。大手旅行代理店を通じ、日本でも数多くのオプションツアーが申し込めます。

グレートバリアリーフで訪問すべき島と言えば、「Hamilton Island(ハミルトン島)」。ハートの形をした珊瑚礁「ハートリーフ」や、ホワイトヘブンビーチは見どころスポットです。他の島に比べアクセスも便利、ビーチクラブやリーフビューホテルも多く滞在中は快適に過ごせるのがポイントです。

グレートバリアリーフ!ダイビングツアーがおすすめのオーストラリア世界遺産! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
グレートバリアリーフ!ダイビングツアーがおすすめのオーストラリア世界遺産! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
グレートバリアリーフは、世界遺産にも登録されている世界最大のサンゴ礁です。ダイバー憧れのダイビングスポットとして人気があります。最ケアンズから日帰りツアーでダイビングを楽しむことができます。そこで観光地としても有名なグレートバリアリーフをご紹介します。

【North Stradbroke Island】

「North Stradbroke Island(ノースストラドブローク島)」は日本人にはあまり馴染みがなく、穴場スポットとしておすすめです。島の北東部に位置する「Point Lookout(ポイントルックアウト)」という町の周辺は特に美しい絶景ポイントが集まっていて、岬周辺は特に絶景の連続!ウミガメなども肉眼で見れますよ。

ノースストラドブローク島は日本人にはあまり知られていませんが、オーストラリア観光名所の一つとして有名です。この島を訪れるなら、アドベンチャーツアーがおすすめ。ビーチバギーで白い砂浜を駆け抜けたり、野生のイルカを探したり等、普段では味わえない興奮が待っています。

オーストラリア・ゴールドコーストのおすすめ観光スポット厳選11! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリア・ゴールドコーストのおすすめ観光スポット厳選11! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人に馴染みのある観光スポットであるオーストラリアのゴールドコースト。年間を通して気候もよく、海水浴、アクティビティ、買い物を楽しむために観光客が訪れます。そんなオーストラリアのゴールドコーストでおすすめの観光スポットをご紹介いたします。

ゴールドコースト人気ホテル見出し

【QT Gold Coast】

「QT Gold Coast(QTゴールドコースト)」は、サーファーズパラダイス地区にある最先端のデザイナーズホテルとして人気です。客室はゆったりとした開放感があり、館内にはスパやテニスコート等の施設も充実。日本の大手旅行代理店でも、このホテルを組み込んだツアープランも多く見られます。

【Watermark Hotel & Spa】

「Watermark Hotel & Spa(ウォーターマークホテル&スパ)」は、サーファーズパラダイス駅から徒歩2分、ビーチまで3分という絶好のロケーションにあるホテルです。ビーチ・ショップ・レストランなど観光の全てが徒歩圏内のため、外国人旅行者からも多くの支持を得ている人気ホテルです。

【Hilton Surfers Paradise Residences】

家族でゴールドコーストを楽しむなら、アパートメントタイプの「Hilton Surfers Paradise Residences(ヒルトンサーファーズパラダイスレジデンス)」がおすすめ。眼前に広がる温暖な気候のゴールドコーストの絶景は、まさにツアーパンフレットの光景そのもの。24時間無料でフィットネスジムも利用できます。

【Surfers Paradise Marriott Resort & Spa】

「Surfers Paradise Marriott Resort & Spa」はビーチまで徒歩3分という絶好のロケーションに建ち、専用の海水ラグーン・砂浜が利用者からも好評の5ツ星ホテル。ゴールドコーストのあらゆる見どころを満喫でき、日本でも多くのツアー滞在に盛り込まれるホテルの一つです。優雅なひとときを過ごしてみては!?

【Palazzo Versace】

高級ファッションブランド・ヴェルサーチの名声にもふさわしいホテル、「Palazzo Versace(パラッツォヴェルサーチ)」は外観から内装まで洗練された高級感そのものです。クラッシックで優雅な客室は他では味わうことのできない美しさがあり、ゴールドコーストの気候にもマッチしています。

ゴールドコーストおすすめレストラン見出し

【Fresh Garden Cafe】

「Fresh Garden Café」では、その名のとおり新鮮な野菜やフルーツをつかったスムージーやスイーツを味わうことができます。ゴールドコーストNo.1とも言えるフレッシュさは、ローカルだけでなくツアー観光客にも大人気!お店のオーナーは、サーフィン世界大会での優勝経験者だそうですよ。

【Bumbles】

「Bumbles(バンブルス)」は、カップルで訪れるのにぴったりな雰囲気バツグンのカフェ。店内は花畑をイメージした雰囲気で、ディスプレイにもこだわりぶりがうかがえます。ハンバーガーは定番の人気メニューで、ゴールドコーストの見どころを満喫しながらホッと一息つくのもいいですね。

【Elephant Rock cafe】

「Elephant Rock café(エレファントロックカフェ)」の魅力は、ゴールドコーストのビーチを眺めながら食事ができること。日中の心地よい気候のもとドリンク片手にまったりするのもいいですが、ここではサンセット時がおすすめです。地平線へと沈む太陽を眺めながら舌鼓を打つのもいいですよ。

【NightQuarter】

「NightQuarter」は、ゴールドコーストで最も注目が集まる夜間市場を備えたライブ会場です。見どころは何と言っても有名アーティストが出演するメインステージですが、小さなステージでも地元アーティストが演奏を披露しています。今宵はドリンク片手に音楽三昧もいいですよ。

温暖気候のゴールドコーストを旅しよう見出し

見どころ満載のゴールドコーストはいかがでしたか?一年を通し温暖な気候のもと、ビーチで楽しむアクティビティや観光スポットは目白押しです。世界有数のリゾート地でありながら、一歩賑やかな街並みを出るとそこには手つかずの大自然があり、正に驚きの連続ですね。

投稿日: 2017年8月2日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote