地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

天狗岳登山の日帰りルートや所要時間!利用できる駐車場情報や難易度も紹介!

天狗岳登山の日帰りルートや所要時間!利用できる駐車場情報や難易度も紹介!

皆さんは長野県にある「天狗岳」をご存知でしょうか。八ヶ岳の中央に位置する「天狗岳」は山々の景色が良く登山者に人気となっています。今回は「天狗岳」の日帰りルート情報や難易度、周辺の駐車場や観光スポット情報などをご紹介してまいります。

天狗岳を登山しよう!見出し

長野県の八ヶ岳連峰の一つとなっている「天狗岳」。「天狗岳」は東西二峰からなっており、八ヶ岳連峰の中では最高峰とされています。「天狗岳」は登山ルートとしても有名で多くの登山客が訪れる山となっています。今回は「天狗岳」を日帰りで行けるルートの難易度や所要時間、周辺の駐車場などについてご紹介してまいります。

天狗岳の概要見出し

八ヶ岳連峰の最高峰と呼ばれている「天狗岳」。「天狗岳」は東天狗と西天狗の2つの連峰からなっており、東天狗岳は標高2640m、西天狗が標高2646mあります。八ヶ岳の中央に位置しており、南アルプスや南八ヶ岳など眺めも良く登山者に人気のある山として知られています。

「天狗岳」を登山すると、八ヶ岳の中央に位置している為に、周辺の山々の景色を一望することができます。特に、南アルプスの三銃士とされる仙丈ヶ岳・甲斐ヶ岳・北岳の姿や南八ヶ岳のが展望することができる場所があるなどして、登山しながら景色を楽しむことができるのも「天狗岳」の魅力の一つでしょう。

天狗岳周辺の駐車場情報はこちら!見出し

「天狗岳」周辺にある駐車場のご紹介します。「天狗岳」を西側から登山される方は渋の湯や唐沢鉱泉近くに駐車場がありますので、そちらをご利用ください。唐沢鉱泉にある駐車場は、無料となっていますので、利用者には嬉しい限りです。一方の渋の湯は約30台が駐車できるスペースがあり、料金は1日1000円となっています。

「天狗岳」を東側から登山される方は稲子湯の駐車場をご利用ください。こちらの駐車場の料金は1日300円となっています。稲子湯は中山峠への登山口となっていますので、アクセスも便利です。また、稲子湯から車でさらに登るとみどり池入口にも無料の駐車場がございますので、そちらもご利用ください。

天狗岳の難易度はこちら!見出し

「天狗岳」の難易度はルートによって変化もありますが、1泊2日の日程で登山される方もいます。もちろん日帰りでも十分に登れる山となっており、難所も少なく登山としては難易度も高くないのが特徴と言えます。また、途中まで車で登れますので初心者の方でも安心して登山できるのが「天狗岳」です。

標高が高い「天狗岳」ですが、難易度が低い理由の一つが危険な箇所が少ないということが挙げられます。急な斜面を登るような箇所もなく、滑落するような危険な場所も「天狗岳」にはありません。その為、初心者の方でも登山を楽しめるような難易度となっていると言えるでしょう。

天狗岳の日帰りルートはこちら!見出し

「天狗岳」を登山するには様々なルートが存在しますが、日帰りで登山される方は西天狗を目指す西尾根ルートが良いのではないでしょうか。こちらのルートは初心者の方でも十分に登れるルートとなっており、途中の展望台からの景色も見応えがあります。今回は「天狗岳」を日帰りで登山できる西尾根コースをご紹介します。

車を唐沢鉱泉駐車場で停めて天狗岳を登山しよう見出し

「天狗岳」を日帰りで登山される方は、是非唐沢鉱泉駐車場をご利用ください。こちらの駐車場は無料となっており、利用者のは嬉しい限りとなっています。また、近くにトイレも完備されています。駐車場はこの場所以外にもありますが、有料となっている所もありますので、この「唐沢鉱泉駐車場」をご利用されてはどうでしょうか。

天狗岳日帰りコースは西尾根登山口から出発!見出し

それでは、いよいよ「天狗岳」を登山しましょう。「天狗岳」を日帰りで登山される方は「西尾根登山口」からスタートされることをおすすめします。このコースは標高2646mある西天狗が到着地点となりますが、「西尾根登山口」はすでに標高1800mの所にあり、難易度も高くなく、初心者の方でも楽に登山できるのではないでしょうか。

まずは「西尾根登山口」から景色が良いと言われる「第一展望台」を目指します。この間の行程はほとんど森の中を進んでいくことになります。やや急な登りが続きますが、しっかりと歩を進めていきましょう。この辺りは日差しが届かないこともあって夏場でも涼しく感じるはずです。この森林を1時間程行くとやがて景色が広がってきます。

眺めが抜群!天狗岳の第一展望台見出し

「西尾根登山口」を出発して約1時間、森林の道を進んでいくとやがて「第一展望台」に到着します。この「第一展望台」から中央アルプスや八ヶ岳、南アルプスなど周辺の山々を望むことができます。ここでしばらく休憩を取りつつ、素晴らしい景色を堪能されてはいかがでしょうか。

特に「第一展望台」は南アルプスの眺めが良いことで知られています。「第一展望台」からは南アルプスの三銃士とされる仙丈ヶ岳・甲斐ヶ岳・北岳の3ショットが並んでおり、眺めは抜群です。「天狗岳」は八ヶ岳の中央に位置しており、山々の眺めの良いのが魅力です。南アルプスの景色をご覧になりたい方はここにお立ち寄りください。

南八ヶ岳の眺めは抜群!天狗岳の第二展望台見出し

それでは、「第二展望台」を出発してさらに登っていきましょう。ここまで来れば山頂まではあと少しですので、頑張って歩を進めていきましょう。「第二展望台」は「第一展望台」から近い所に位置しております。「第二展望台」では南八ヶ岳の山々が姿を表してくれます。

「第二展望台」の見所は南八ヶ岳の赤岳・中岳・阿弥陀岳の3ショットを眺めることができます。残念ながら「第一展望台」ほど休憩できるスペースはありませんが、眺めは劣ってはいません。ここから山頂までは岩場を登っていくことになり、このコース最大の難所と言えるでしょう。頑張って制覇しましょう。

西天狗の山頂は絶景!見出し

「第二展望台」から山頂の西天狗までは岩場を登っていくことになります。登るには少々大変かもしれませんが、その分景色は良く登山者に勇気を与えてくれることでしょう。このゴツゴツした岩場を無事登りきれば、ついに山頂に到着です。ここでは東天狗と南八ヶ岳の稜線を目にすることができます。

西天狗の山頂は広くなっており、ここで景色を眺めながら休憩を取ることもできます。まず目にするのは南八ヶ岳を正面から眺めることができます。また、南アルプスも眺めることができ、景色は最高です。また、隣には東天狗がそびえ立っており、運が良ければ雲海を後ろに東八ヶ岳の姿を目にすることができます。

ここまで来たら東天狗にもいってみよう!見出し

西天狗から東天狗までは近く約20分程で到着できます。ここまで来たら是非東天狗も制覇してしまいましょう。ここには標識はなく、東天狗岳山頂と書かれた看板があるだけですので、お間違えないようにご注意ください。東天狗山頂は西天狗と違って岩の山頂といった感じとなっています。

東天狗の山頂からは南八ヶ岳の様子を眺めることができます。また、ここでは西天狗ではあまり見えない根石岳や硫黄岳を眺めることができます。天候が良ければ雲海を眺めることができ、遠くにそびえ立つ奥秩父を展望できます。隣には西天狗が位置しており、きっとここまで登ってきた達成感に包まれることでしょう。

ここまで「西尾根登山口」から「東天狗」までのルートをご紹介しましたが、このルートの所要時間は1周約7時間程となっています。このルートは難易度も高くなく、初心者の方でも十分に楽しめることもできます。また、北、南アルプスや南八ヶ岳なども展望できるので日帰りルートとして人気があります。

天狗岳を登山した時は黒百合ヒュッテで休憩しよう!見出し

さて「天狗岳」を登山していて、休憩したいな、という時に是非利用していただきたい山小屋をご紹介します。今回は「黒百合ヒュッテ」を皆さんにご紹介します。「黒百合ヒュッテ」は休憩ができる山小屋となっていますが、宿泊や周辺でテント泊も可能となっています。登山された際は是非お立ち寄りください。

「黒百合ヒュッテ」で宿泊される方は、お電話などで事前にご予約が必要となります。料金は素泊まりで5300円、1泊2食付きで8300円、暖房代が別途500円必要になります。「黒百合ヒュッテ」では安全に登山していただく為に午後4時までに到着してください。もし、時間に遅れそうになった時には必ずご連絡をお願いします。

また「黒百合ヒュッテ」では、月に1回程イベントが執り行われています。イベントではピアノ演奏やミニコンサートが執り行われており、イベントが行われる度に「黒百合ヒュッテ」を訪れる登山者もいらっしゃいます。是非、「天狗岳」を登山した後は素敵な演奏をお楽しみください。

住所:長野県芽野市宮川8065-1 電話番号:0266-72-3613

天狗岳周辺の観光スポットもご紹介!見出し

ここでは、「天狗岳」を登山される際に是非訪れていただきたい周辺の観光スポットをご紹介してまいります。温泉や「天狗岳」周辺のの見所や観光スポットなど魅力は沢山あります。「天狗岳」を登山される際や登山後にまだ時間がある時に参考にしていただければ幸いです。

渋の湯

まず、1つ目にご紹介する「天狗岳」周辺の観光スポットは「渋の湯」です。「渋の湯」は先述したように駐車場がありますが、日帰りで温泉を利用することも可能です。施設は新しいものとは言えませんが、泉質は単純酸性硫黄泉となっており、入浴後は肌がスベスベになるとあって人気の温泉となっています。

住所:長野県芽野市北山5520-3 電話番号:0266-67-2733

八ヶ岳名湯の宿唐沢鉱泉

次にご紹介する「天狗岳」周辺の観光スポットは「唐沢鉱泉」です。こちらも無料駐車場があることをご紹介しましたが、近くに宿があり、宿泊はもちろんのこと日帰りでの入浴も可能となっています。こちらの温泉は戦国武将・武田信玄の隠し湯とされており、知る人ぞ知る秘湯とされています。

「唐沢鉱泉」は日本では珍しい二酸化炭素冷鉱泉となっています。温泉に入ると小さな泡が身体中を包んでくれ、体内の老廃物を排出し、保温効果が期待できます。また、温泉に入りながら、季節の変化を楽しむこともできます。是非、春夏秋冬の季節を感じながら入浴されてみてはいかがでしょうか。

住所:長野県芽野市豊平4733-1 電話番号:0266-76-2525

唐沢ナメ滝

次にご紹介する天狗岳周辺の観光スポットは「唐沢ナメ滝」です。「唐沢ナメ滝」は「唐沢鉱泉」より所要時間で約30分の所に位置しています。こちらは高い位置から垂直に落下する滝ではなく、一枚岩をなめるように水が流れることから「唐沢ナメ滝」と呼ばれています。

八方台

次にご紹介する「天狗岳」周辺の観光スポットは「八方台」です。「八方台」は周囲の山々の景色を見たいけど、登山は嫌だ、という方におすすめの見晴らし良い展望台となっています。所要時間は「唐沢鉱泉」から広い林道を進むこと約40分で到着します。「八方台」の展望台からは南アルプスを一望できて眺めは抜群ですよ。

唐沢鉱泉源泉

次にご紹介する「天狗岳」周辺の観光スポットは「唐沢鉱泉源泉」です。「唐沢鉱泉源泉」は先程ご紹介した「唐沢鉱泉」の温泉の源泉となっています自然に湧き出る源泉は豊富で、苔と白い湯が何とも幻想的な雰囲気を醸し出しています。また、この周辺は季節によって違った姿を見せてくれますので、飽きることはありません。

諏訪湖

次にご紹介する「天狗岳」周辺の観光スポットは「諏訪湖」です。「諏訪湖」は「唐沢鉱泉」より車で1時間程度の所に位置しています。諏訪盆地の中央に位置する「諏訪湖」は信州一の大きさを誇る湖とされています。秋頃よりワカサギ釣りが解禁となり、また「諏訪湖」から八ヶ岳の景色を眺めることもできます。

諏訪大社

最後にご紹介する周辺の観光スポットは「諏訪大社」です。「諏訪大社」は「諏訪湖」周辺に4社あり、国内で最も古い神社として有名です。「諏訪大社」には本宮・前宮の上社と春宮・秋宮の下社の4社があり、それぞれに各御朱印がございます。是非、登山される際には安全を祈願して参拝されてみては。

天狗岳を登山する際の注意点見出し

「天狗岳」を登山する際の注意点ですが、日帰りで登山でき、難易度も高くないというのがここの魅力です。しかし標高は2600m以上と高く、山の天候は変化し易いので雨具や防寒具をお忘れなく登山してください。また、山は日が暮れるのも早いので時間に余裕を持って登山されることをおすすめします。

また、難易度が高くない「天狗岳」とはいえ登山ですので、必ず登山届を提出するようにしましょう。遭難した場合、登山届が提出されていれば警察も場所を特定して捜索できるのでその分早期に救助することが可能となります。「天狗岳」にも登山ポストがございますので、必ず登山届を提出しましょう。

初心者でも楽しめる!天狗岳を登山しよう!見出し

今回は八ヶ岳の中央に位置する「天狗岳」をご紹介してまいりました。「天狗岳」は難易度も高くなく、初心者の方でも十分に登山できる山となっています。また周辺のスポットや見所も多数あり、楽しみながら登山できる山となっています。是非、一度「天狗岳」を登山して、八ヶ岳の絶景をその目でご覧になってください。

八ヶ岳周辺の温泉のおすすめは?日帰りや宿など人気の秘湯を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
八ヶ岳周辺の温泉のおすすめは?日帰りや宿など人気の秘湯を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本百名山のひとつ八ヶ岳の麓には自然豊かな高原が広がり、夏は避暑地・冬はウィンタースポーツと日本でも有数の観光リゾート地となっています。また、八ヶ岳周辺には温泉も多く点在し、旅の疲れも癒してくれそうです!ここでは八ヶ岳周辺のおすすめ温泉をご紹介していきます。
八ヶ岳登山を楽しもう!初心者でも安心な難易度のコースで日帰りも可能 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
八ヶ岳登山を楽しもう!初心者でも安心な難易度のコースで日帰りも可能 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
暑い季節といえば八ヶ岳に登山。夏休みや休暇を利用して、自然に抱かれながら汗を流そう!という人も多いでしょう。山梨県・長野県の境にある八ヶ岳は2000m級の山々ですが、初心者でも登山できる天狗岳や北横岳などがあり、可憐な高山植物も多い山です。
投稿日: 2017年12月14日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote