地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

黒姫高原観光のドライブスポット7選!紅葉や湖など大自然を満喫しよう

スキー場で有名な長野県の黒姫高原は、冬以外にも美しい花や紅葉が楽しめる人気観光地です。黒姫山や野尻湖を望む雄大な自然の風景とおいしい空気でリフレッシュ。今回は、ドライブでぜひ訪れたい黒姫高原周辺のおすすめ観光スポット7選をご紹介します。

黒姫高原へドライブ観光へ出かけよう!見出し

長野県北端にある黒姫高原はスキー場として人気ですが、冬以外でも十分楽しめる観光スポットです。高原の緑や四季折々の花に紅葉など、年間を通じて美しい自然の風景が満喫できる黒姫高原。今回は、雄大な黒姫山に抱かれた黒姫高原周辺のおすすめドライブスポットをご紹介します。

黒姫高原へのアクセス方法見出し

黒姫高原は、上信越自動車道信濃町ICから県道119号線を5kmほど西へ進んだ場所にあります。黒姫高原周辺の県道沿いにはレストランはありますがコンビニはないので、買い物は事前に済ませておくのがおすすめです。信濃町ICを東へ出ると野尻湖方面へ出ます。なお、黒姫山は車の通行はできません。

1.人気観光スポット『旬花咲く黒姫高原』見出し

冬はスキー場として人気の黒姫高原スノーパークは、春から秋は『旬花咲く黒姫高原』として営業しています。黒姫山のふもと、原っぱと四季折々の花畑が広がる人気の観光スポットです。子供向けのアスレチックやクラフト体験もあり、大自然を満喫しながら子供から大人まででたっぷり遊べます。入園料は開催中のイベントによって異なります。

菜の花園は春の人気スポット

『旬花咲く黒姫高原』の春のおすすめは菜の花園。毎年5月には菜の花園がオープンし、リフトの下は一面菜の花のじゅうたんに!「金色リフト」と呼ばれる絶景が楽しめます。菜の花園開催中はリフトが大人800円、子供600円で乗り放題になるので、思う存分空中散歩を満喫できますよ。

夏休みの黒姫高原はダリアが満開に

7月下旬から8月にかけて、『旬花咲く黒姫高原』では大輪のダリアが咲き誇ります。50種類もの色鮮やかなダリアが2000株も植えられ、見応え抜群!写真愛好家たちの人気撮影スポットになっています。ダリア園開催期間中の入園料は大人600円、子供400円で、リフト券は別になっています。ダリアシーズン終了の頃には、ダリアの花摘みと球根掘り放題のイベントも開かれます。

黒姫高原の秋は一面のコスモス畑

ダリアの旬が終わる頃、今度は野原一面にコスモスが咲き誇ります。リフトの上から眺めたり、コスモス畑に分け入ってコスモス迷路を楽しんだり、写真を撮ったり絵に描いたり!コスモス園での過ごし方は様々です。コスモス園は10月上旬まで楽しむことができます。

子供たちはストライダーで疾走!

『旬花咲く黒姫高原』には、ストライダーのコースもあります。広々としたエンジョイパークと爽快なダウンヒルコースを疾走する子供たちはかっこいい!8月にはストライダーエンジョイカップが開催され、多くの家族連れで賑わいます。ストライダーエンジョイカップは事前のエントリーが必要なので、大会ホームページをチェックしてみて下さいね。

ドッグランでワンちゃんもご機嫌!

ワンちゃんとのドライブ観光も、黒姫高原なら安心です。『旬花咲く黒姫高原』にはドッグランがあり、リードを外して思い切り遊ばせてあげることができます。おいしい空気と土や草の感触は、ワンちゃんたちもきっと喜んでくれるはず。もちろん無料で利用できます。

ランチは『黒カフェ』がおすすめ

駐車場からすぐの場所にあるセンターハウス内にある『黒カフェ』では、軽食やランチがいただけます。おすすめは季節の食材をトッピングして窯焼きしたピザ。夏はバーベキューやチーズフォンデュのコースもあり、美味しいランチが楽しめそう。生ビールやワインもありますが、運転手さんは我慢して下さいね!

2.黒姫高原の癒し空間『黒姫童話館』見出し

『旬花咲く黒姫高原』の隣にあるモダンな建物は『黒姫童話館』です。ここには、世界から集められた名作絵本や信州に伝わる昔話などがたくさん所蔵されています。懐かしい絵本から初めて出会う絵本まで、時間を忘れて読みふけってしまいそう。「オオカミと7匹の子ヤギ」の振り子時計などの絵本の世界を再現したコーナーは、人気の撮影スポットです。

『黒姫童話館』には絵本の他に、ミヒャエル・エンデや松谷みよ子といった絵本の第一人者の資料も展示されています。他にも童話の1シーンを描いた絵画がある『童話の森ギャラリー』や、いわさきちひろのアトリエなど見どころいっぱい。『旬花咲く黒姫高原』から無料のシャトルバスならぬトラクターバスが運行しているので、アクセスも便利です。

3.黒姫高原の夏は『ブルーベリー園まつき』見出し

信濃町ICから『旬花咲く黒姫高原』に向かう途中の県道119号線沿いにある『ブルーベリー園まつき』はソフトクリームが大人気のお店です。ブルーベリーソフトにトッピングはブルーベリーソース、さらに冷え冷えの冷凍ブルーベリーの実と、ブルーベリーづくし!ドライブでの目の疲れも和らぐかも。ブルーベリー狩りは7月下旬から8月末頃まで体験できます。

住所:長野県上水内郡信濃町野尻2497-51 電話番号:026-255-5297

4.『一茶記念館』で俳句の世界に浸ろう見出し

信濃町ICから県道119号線を『旬花咲く黒姫高原』と反対方向に進むと『一茶記念館』があります。江戸時代の著名な俳人である小林一茶は信濃町の出身で、『一茶記念館』には小林一茶の作品や彼の生涯に関する資料の他、北信濃地方の生活が分かる資料が展示されています。館長が猫というのもまた風流!ぜひ挨拶してみたいですね。

紅葉シーズンはさらに風流な雰囲気に

俳句は季節を表現するものですが、秋の紅葉シーズンは一際風流な気分になります。『一茶記念館』のある小丸山公園は、赤いモミジなどが美しい人気の紅葉スポットです。黒姫高原エリアの紅葉は例年10月上旬から色づき始め、10月下旬頃までには見頃を迎えるそうです。

5.黒姫高原隣の『野尻湖』で絶景を見出し

信濃町ICを黒姫高原と反対方面に出るとすぐに野尻湖周辺です。野尻湖の西側と南側はキャンプ場やマリーナが集まり賑わうエリア。東側を通る県道96号線は湖岸近くにあるので、美しい景色を眺めながらドライブが楽しめます。東側は夕方が特におすすめ。野尻湖の向こうの妙高山に沈む夕日が見られるチャンスです。

野尻湖は人気の釣りスポット。バスやヒメマス、冬はワカサギが釣れます。釣りをするには1日700円の釣り券が必要です。近隣の旅館などでボートをレンタルして、野尻湖に浮かびながら釣りを楽しむのもいいですね。釣りをしない人には、遊覧船やスワンボートでのんびり周遊がおすすめです。

古代のロマン『野尻湖ナウマンゾウ博物館』

野尻湖はナウマンゾウの化石が発掘されたことで有名です。その歴史をたどることができるのが『野尻湖ナウマンゾウ博物館』。1960年代から野尻湖で盛んに発掘されたナウマンゾウやオオツノジカの実物大の復元模型を始め、一緒に出土した石器などが展示されています。なお『野尻湖ナウマンゾウ博物館』は、改修工事のため2017年9月4日から2018年3月19日まで休館となるそうです。

6.お土産と休憩に便利『道の駅しなの』見出し

『道の駅しなの』には、普段スーパーではなかなか手に入らない地元で採れた野菜や山菜がたくさん。苗も販売しているので、家庭菜園にチャレンジしてみては。おすすめは信濃伝統野菜の「ぼたごしょう」。ピーマンのような形をした唐辛子で、ぼた柚子胡椒やエスニック風のぼたソースなどに加工されて販売されています。

併設のレストランでは、黒姫山と妙高山を眺めながら食事や休憩ができます。毎朝手打ちされるそばや信州ハーブ鶏を使った鶏ハム丼など、こだわりの絶品メニューがたくさん。デザートには、黒姫牧場直送の牛乳を使ったソフトクリームが人気!地元産のルバーブやブルーベリーのソースをトッピングするのもおすすめです。

『道の駅しなの』では、スタンプラリーやイベントも行われています。地元の人気和太鼓グループ「黒姫龍神太鼓」の演技を見られるチャンスも。イベント開催日には、レストランで当日限定メニューをいただけたり出店も多いので、出かける予定のある人はチェックしてみて下さいね。水曜は定休日です。

7.『ホテルアスティくろひめ』で日帰り温泉見出し

『黒姫童話館』からすぐの場所にある『ホテルアスティくろひめ』では、妙高山を一望できる展望大浴場で日帰り温泉が楽しめます。黒姫山は火山なので、黒姫高原周辺は温泉地帯。『ホテルアスティくろひめ』ももちろん天然温泉です。料金は大人600円、子供400円とリーズナブル。食事と入浴がセットになった日帰りプランもあります。ドライブのリフレッシュにおすすめ!

住所:長野県上水内郡上水内郡信濃町野尻3884−298 電話番号:026-255-3181

見どころ満載の黒姫高原へドライブしよう見出し

上信越自動車道からのアクセスが良好でドライブにおすすめな黒姫高原。黒姫山や妙高山、そして野尻湖の雄大な風景が満喫できます。季節の花や紅葉など、どの季節に訪れても美しい黒姫高原へドライブに出かけてみませんか?ブルーベリーやおそばなどの地元産グルメも忘れずに。

清里高原のおすすめスポット!人気の観光地や温泉までご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
清里高原のおすすめスポット!人気の観光地や温泉までご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
八ヶ岳の南麓、山梨県側に広がる高原リゾート清里。冬はスキー、スノーボードが楽しめるスキー場、夏は避暑地としても人気です。そんなリゾート地として人気の清里高原にはお出かけスポットが沢山あります。自然たっぷりの清里を満喫するスポットをご覧ください。
乗鞍高原の観光名所8選!紅葉など自然豊富なスポットを満喫しよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
乗鞍高原の観光名所8選!紅葉など自然豊富なスポットを満喫しよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
長野県にある乗鞍高原を知っていますか?都心部からは離れた飛騨山脈の中央部にある高原で、とても自然が豊かな美しい観光スポットです。今回は、魅力溢れた乗鞍高原の観光名所を8箇所厳選してご紹介させていただきます。乗鞍高原観光の参考にしてくださいね。
投稿日: 2017年6月7日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote