地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ムジャラは京都のスパイスカレーの名店!一度食べたら病みつきになる美味しさ

京都でスパイスカレーが食べたくなったときにおすすめなのが「ムジャラ」です。開店後2時間で売り切れになることも多いほど人気のお店で、鮮烈な香りのスパイスがきいたカレーは他では食べられない美味しさです。そんなムジャラについてご紹介します。

ムジャラは京都のスパイスカレーの人気店! 見出し

Photo by ttanabe

京都のスパイスカレーの人気店であるムジャラ。オープン前から行列ができていることも多い名店であり、こだわりつくして作られたスパイスカレーは、一度食べるとやみつきになるというお客さんも多いです。辛くて元気が出るスパイスカレーをいただける京都でおすすめのムジャラについて、ご紹介していきましょう。

おすすめメニューや店舗情報もチェック!

ムジャラはランチタイムのみの営業であり、毎日その日によってメニューが変わります。そのため、何度通っても飽きることがなく、常連さんも多いお店です。そんなムジャラでぜひ注文してほしいおすすめのメニューや、ムジャラの店舗基本情報、口コミなど併せてご紹介していきましょう。

京都のカレーランキング21選!ナンが人気の美味しい店もご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
京都のカレーランキング21選!ナンが人気の美味しい店もご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回は京都の有名なカレー店をご紹介します。本格的で美味しい有名カレーが沢山あり、ランチなどで利用するのもおすすめです。またどれも美味しい人気店になりますので、京都で美味しいカレー店を探している方は、ぜひ一度立ち寄ってみて下さい。

ムジャラってどんなお店? 見出し

まずは、ムジャラの概要についてご紹介します。京都市の四条大宮にあるムジャラは、地元の方はもちろんのこと観光客も多く訪れているお店です。特に、スパイスカレーを食べ歩きしているという方は、遠方からでもムジャラを目的として京都を訪れることもあるほど、評判のお店となっています。

行列のできるインド式スパイスカレーの名店!

ムジャラといえばインド式スパイスカレーの名店です。カレーといえば一般的に昔から日本で食べられているルーカレーや、北海道のご当地グルメであるスープカレーなど多様な種類がありますが、このスパイスカレーは、ルーを使わずにスパイスから調合しているカレーです。

ムジャラで提供しているスパイスカレーは、南インド料理を基礎にしており、スパイスをホールで使用しています。カレーは当日に仕込んでいるため、非常に鮮烈な香りを味わうことができます。

インドカレーは非常に多くの種類のスパイスを使用しているイメージがありますが、ムジャラで使用しているスパイスは決して種類が多いというわけではありません。ムジャラでは厳選したスパイスを、他のインド料理とは比較にならないほど大量に使用しています。そのため、ムジャラ特有の絶品のスパイスカレーが完成するのです。

ムジャラで提供されるカレーは野菜がたっぷりで油分が少なめです。そのため、食べ終わったあとに胃もたれすることがありません。連日食べても胃に優しく、リピーターも多い理由がわかります。

オープン後2時間で完売も!売れ切れ次第お店も閉店

ムジャラはランチタイムのみの営業であり、週末などはお店のオープン前から行列ができていることもあるほどの人気店です。営業自体、カレーがなくなり次第終了となっており、オープン後2時間で完売することもあるほどです。

そのため、確実に食べたいという方は、オープン後1時間以内に来店することをおすすめします。ピーク時には満席になっており待つことも多い人気店です。

金曜のみ夜も営業!週に1度のビリヤニナイト

ムジャラはランチタイムのみの営業ですが、毎週金曜日のみはディナータイムも営業しています。ランチもいいけれど、ディナーもまた違った雰囲気で美味しい料理をいただくことができるためおすすめです。

金曜のディナーのみでいただけるメニューが「ビリヤニ」です。ビリヤニとは、インド風の炊き込みご飯のことで、パエリア・マツタケの炊き込みご飯と並んで世界三大炊き込みご飯の一つと言われています。

ビリヤニにはインドのお米であるバスマティライスを使用しており、バスマティライスとお肉、数種類のスパイスを重ねて炊き上げています。それぞれが層になっているため、食べるごとに味が変わっていきます。

スパイスを使用していますが、マイルドな味わいで初めて食べるという方でも受け入れやすいです。スパイシーなパエリアと表現する方もおり、辛いものが苦手だという方でも美味しくいただくことができると人気です。ビリヤニは炊き上がるまで時間がかかるのでご了承ください。

ムジャラでオープンしている金曜日のディナータイム、いわゆる「ビリヤニナイト」ですがビリヤニ以外にもアラカルトメニューもあります。

おすすめ料理は「チキン65」です。チキン65とは南インドでよく食べられているスパイスがたっぷりと使われている鶏のから揚げです。ムジャラで提供されているチキン65は、鶏肉を揚げ焼きしたものにココナッツ風味のタレを絡ませています。甘辛くてジューシーな味わいはお酒のおつまみにぴったりです。

サイケデリックな雰囲気が漂うムジャラの店内

ムジャラの店内は独特な雰囲気が漂っています。食器棚には多種多様な雑貨やスパイスの瓶が飾られており、不思議な空間となっています。壁は原色の赤と青、天井も青に塗られています。カウンター席とテーブル席3つとこじんまりとした店内で、BGMも独特なものが流れており雰囲気抜群です。

ムジャラでも人気のスパイスカレーとは?見出し

Photo bymonicore

京都のムジャラで提供されるのは「スパイスカレー」ですが、まずは簡単にスパイスカレーについてご紹介しておきましょう。スパイスカレーとはもともと大阪が発祥で、大阪や京都にスパイスカレーのお店が多数あります。関西以外ではまだあまりメジャーな存在ではないでしょう。

スパイスカレーは、 南インドやスリランカのカレーを元にして、それぞれが独自のスパイスの使い方をしているカレーです。スパイス自体をダイレクトに味わうことができ、ワンプレートに盛られているお店が多いです。

基本的にライスに合わせているカレーが多く、ナンに合わせているお店はほとんどありません。

大阪のスパイスカレー人気17選!おいしい有名店やおすすめスポットを紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
大阪のスパイスカレー人気17選!おいしい有名店やおすすめスポットを紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
暑い夏や、体が冷える夏はスパイスカレーのような刺激がある食べ物が食べたくなりませんか?ショッピングやグルメの中心的な大阪には、そんなスパイスカレーで有名なお店がいくつもあります。そんな大阪でスパイスカレーを食べてみたいと考えている方にお店17選をお届けします。

ムジャラのメニューと注文方法 見出し

続いて、ムジャラで提供されるメニューやその注文方法についてご紹介します。ムジャラでいただけるのはもちろんカレーですが、その日によってメニューが変わります。そのため、何度通っても飽きないという方も多く、ハマって連日通い詰めているという方もいるほどの人気店です。

メニューは「本日のカレー」3種類から選択

ムジャラでは、店舗の黒板にてその日のメニューが確認できます。また、入口の扉の隣にもメニューが書かれている黒板が立てかけてあるため、入店前にチェックすることができます。

黒板に書かれている「本日のメニュー」は主に3種類で、その日によっては4種類でありその中から選ぶこととなります。ムジャラのカレーは店主の経験とその日の気分と勘によってメニューが決まるため、唯一無二の味です。

メニューは、豚バラカレーやチキンカレー・サンバル・ポークヴィンダルー・豆カレーなど様々です。

欲ばりさんにおすすめ!カレーのあいがけメニュー

本日のカレーは3~4種類ありますが、どれも食べたくて選べないという方にはあいがけでの注文がおすすめです。ムジャラのカレーは、1種盛りで1050円・2種盛りで1200円・3種盛りで1400円で提供されます。

いずれのカレーも使用されているスパイスが違うため、全く違う味わいです。そこで、あいがけで注文すると同時に2つの味を楽しむことができるため非常にお得です。

カレーだけではなくご飯も大盛りで注文したいという場合には、プラス100円で注文が可能です。

ライスはバスマティライスと白米のハーフ&ハーフ

Photo byRepublica

ムジャラでは、ライスも日本のお米である白米と、インドのお米であるバスマティライスのハーフ&ハーフで提供されます。

白米は日本のお米で、もっちりとした甘い味わいです。日本人にあまりなじみがないバスマティライスは細長い形をしておりパラパラとしており粘度が高いカレーにぴったりです。ムジャラで提供しているスパイスカレーは白米でもバスマティライスでもどちらもぴったりで、二つの良さを一皿で一度に楽しむことができます。

せっかくなので、ハーフ&ハーフではなく全てバスマティライスで食べたいという場合には、プラス250円で変更可能です。

副菜やソースも色々乗った豪華なワンプレート

ムジャラで初めてスパイスカレーを食べる際に驚かれるのは、その種類の多さではないでしょうか。「カレーを注文したはずなのに」と感じるほど、多種多様な副菜やソースがワンプレートに乗っており、戸惑われる方もいらっしゃるかもしれません。

カレーの他に10種類以上もの副菜が乗っており、カラフルで見た目も美しいです。ライタや玉ねぎのアチャール・キウイのソースなど、なかなか普段は口にする機会が少ない珍しい料理がたっぷりとのっています。

これらの大量の副菜は、単品で食べても美味しいですがカレーと混ぜ合わせるとカレー自体が違った味わいになります。副菜とカレーの組み合わせは無限大。1種類ずつ混ぜても、数種類の副菜やソースとカレーを混ぜても美味しいと人気です。それぞれの副菜とカレーの美味しい組み合わせを見つけるのもおすすめです。

酸味がある副菜が多く、その酸味がスパイスの味とぴったりです。全て最初から混ぜて食べる人や少しずつ味の変化を楽しむ人など、それぞれ食べたいように食べてください。

ムジャラの口コミ・評判 見出し

それでは、実際にムジャラに行かれた方の口コミや評判はどのようなものなのでしょう。もともと大阪ではやり始めたスパイスカレーですが、京都でもスパイスカレーを提供するお店が増えてきています。そんな中でもやはりムジャラのカレーが一番だという方も多く、連日多くのお客さんが訪れている人気店となっているのです。

ムジャラのメニューに関する口コミ

まずはムジャラのメニューに関する口コミです。ムジャラのメニューは本日のカレーから選ぶようになっていますが、多くの方は2種盛りで注文しているようです。どちらのカレーも食べたい、という方が多くそれぞれの味を一度に味わえると人気です。

また、食事をしたらプラス200円でドリンクの注文が可能ですが、インド式の甘いミルクティーであるチャイもマサラチャイとカルダモンチャイの2種類があることに、スパイスへのこだわりが感じられます。辛いカレーの後にいただくチャイは、別格の美味しさでぜひおすすめです。

ムジャラのお店に関する口コミ

ムジャラのお店はこじんまりとしており、異国情緒あふれる店内は初めて行く方は驚かれることが多いです。様々な雑貨やオブジェ、フィギアなどが並んでおり、どれも不思議なことにお店にマッチしています。

サイケデリックな店内でいただくスパイスカレーは一際美味しいです。カウンター席もテーブル席もあるので、一人でもグループでもと様々なお客さんがいらっしゃいます。

ムジャラの店舗情報 見出し

それでは最後にムジャラの店舗基本情報についてご紹介します。京都で人気のスパイスカレーが食べられるムジャラ。オープン前から並んでいる人も多く、遠方からも食べにくるというお客さんの声も多数耳にします。そこで、ムジャラに行かれる前にぜひしっかりと店舗基本情報をチェックしてください。

所在地・問合せ先

Photo byFirmBee

まずはムジャラの所在地と問合せ先についてです。ムジャラの所在地は「京都府京都市下京区高辻通大宮西入坊門町832 イツワマンション1F」です。京福電鉄四条大宮駅からほど近い場所にあります。

問合せ先は「080-9161-1191」です。ただし、席の予約はできません。実際に店舗で並んでから入店という形になります。

営業時間・定休日

Photo byMonoar

続いてはムジャラの営業時間・定休日についてです。ムジャラの営業時間はランチタイムのみであり、11時半オープン、カレーが売り切れ次第終了となります。金曜日のみディナータイムも営業しており、営業時間は11時半から15時までと18時から21時半まで(ラストオーダーは21時)です。

定休日は毎週水曜日と日曜日です。臨時休業や売り切れ情報などは店舗のTwitterにて確認が可能です。少し遅い時間になってしまったというときなどは、Twitterで確認をしてから行くと、無駄足を踏まずにすむでしょう。

交通アクセス

Photo by Hyougushi

最後は、ムジャラの交通アクセスについてです。ムジャラは京福電鉄「四条大宮駅」から徒歩で5分ほどの場所にあります。四条大宮駅から南東方面へ6分ほど進みます。大宮高辻を西に入ったところにムジャラの店舗はあります。

ムジャラに車で行かれるという場合には、専用の駐車場はありません。そのため、近隣の有料駐車場をご利用ください。

ムジャラで絶品スパイスカレーを味わおう!見出し

Photo bynataliaaggiato

京都でスパイスカレーが有名なムジャラについてご紹介しました。一度食べるとやみつきになるスパイスカレー。その絶品のスパイスカレーが食べられるムジャラは、開店2時間で売り切れてしまうほどの人気店です。気になる方は是非オープンと同時に入店してみてください。普段食べているカレーとは全く別物の絶品のカレーがいただけるでしょう。

関連キーワード

投稿日: 2020年3月2日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote