タイガーエアの受託荷物や手荷物のサイズ・重量・料金まで詳しく解説!

2020年3月12日 (2020年3月14日最終更新)

台湾に拠点を置く「タイガーエア」は、日本と台湾を結ぶ航空会社です。国内各空港に就航しているタイガーエアは、手軽に台湾に行けると評判です。そこでタイガーエアの受託荷物や手荷物の取り扱いについてまとめました。受託荷物や手荷物のサイズや重量そして料金まで紹介します。

目次

  1. タイガーエアの受託荷物や手荷物の取り扱いの詳細を紹介
  2. タイガーエアの受託荷物や手荷物
  3. タイガーエアの受託荷物や手荷物1:受託荷物
  4. タイガーエアの受託荷物や手荷物2:手荷物
  5. タイガーエアの受託荷物や手荷物3:持ち込みができない手荷物
  6. タイガーエアの受託荷物や手荷物4:特別規制などのある手荷物
  7. タイガーエアの受託荷物や手荷物5:スポーツ用品など
  8. タイガーエアの受託荷物や手荷物制限を知って台湾を楽しもう

タイガーエアの受託荷物や手荷物の取り扱いの詳細を紹介

台湾旅行が楽しめる格安の航空会社があります。台湾に拠点を置くタイガーエアです。タイガーエアは、羽田空港を始めとした全国各地の空港から発着しています。

安くて便利で安心して利用できると評判のタイガーエアですが、旅行につきものの荷物やお土産など機内に持ち込める荷物の扱いが心配になります。そこでタイガーエアの受託荷物や手荷物のサイズ・重量・料金など調べました。その詳細を紹介します。

タイガーエアの受託荷物や手荷物

台湾旅行を楽しみたい。でも手荷物をどの程度まで機内に持ち込めるのかという心配が先に立ちます。行きの荷物や帰りの荷物の大きさや量など、そして料金が必要なのかなどです。更に、スーツケースなどどのくらいの大きさまで大丈夫なのかなどのこともあります。

そんな心配を解消するためのタイガーエア機内に持ち込みのできる荷物の種類やサイズ・料金と、搭乗前に預ける受託荷物や普通に機内に持ち込みのできる手荷物は何個まで持ち込んで大丈夫なのかなどの内容を調べました。

手荷物と受託荷物の違いは、日常的に持ち歩くバッグやノートPCなど身の回りに置けるものなどと総重量が10kgを超えない小さな荷物を一般的に手荷物として機内に持ち込みができます。

そして、受託荷物はチェックカウンターで預ける荷物のことを言いますが、基本重量・サイズなどで別途料金が必要になります。タイガーエアでは、手荷物の制限重量10kgを超える荷物は受託荷物として、チェックカウンターで預けることになります。

Original台湾の入国審査の質問内容・カードの書き方は?便利なオンライン申請も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本から人気のある観光地「台湾」。台湾に入国する際、必要なのが入国審査になり、国によって質問...

タイガーエアの受託荷物や手荷物1:受託荷物

まずは、タイガーエアチェックカウンターで搭乗前に預けなければいけないサイズの荷物があります。1個の荷物の重さが10kgを超える荷物は、機内に持ち込みができない受託荷物として別途預けることになります。

この場合受託荷物の重量で料金が設定されていますから、事前に荷物のサイズ・重量を確認してネットで航空券購入時などに予約しておくことがおすすめです。搭乗時に受託荷物になると、割高の料金を払い込むようになりますから事前予約がおすすめです。

タイガーエアの受託荷物のサイズ・重量・料金

タイガーエアの受託荷物は、1個につき30kgまでというルールがあります。そして、そのサイズが縦・横・高さの3辺の合計が203cm以下で、一番長い辺が102cm以下でなければいけないとされています。

そんな受託荷物の料金は、ネット予約が安くて15kg3000円・20kg3400円・25kg4100円・30kg5300円などになっています。また、予約した重量を超えてしまうと超過量が1kg当たり2000円の超過料金がかかります。因みに搭乗時の料金は1個につき3900円かかります。

受託荷物の料金は、ネット予約以外にも電話や空港で購入することができますが、ネットで購入するよりも割高になります。チケット購入後では、15kg3600円・20kg4100円・25kg5300円・30kg6500円の料金です。

そしてカスタマーセンター購入では、15kg4300円・20kg4900円・25kg6100円・30kg7200円の料金です。このように受託荷物の料金は、ネット予約購入が一番安い料金で設定されていますから、ネット予約時の購入がおすすめです。

タイガーエアの受託荷物や手荷物2:手荷物

タイガーエアで台湾に行くときの機内に持ち込みのできる手荷物は、規定のサイズ内の荷物と持ち運びのできるバッグやノートPCなどの小さな手荷物の2個まで持ち込みができます。

日常的に持ち歩くバッグなどは、小さな手元に置けるバッグなどですから問題はないのですが、規定のサイズにギリギリの荷物などは、サイズに注意しなければなりません。規定のサイズを超えると受託荷物として預けなければなりません。

タイガーエアの手荷物のサイズ・重量・料金

タイガーエアの機内に持ち込みができる手荷物は、重量10kgまでになっています。サイズは、縦54cm・横38cm・高さ23cm未満とされています。

基本、持ち込み料金はかからないのですが、このサイズを超えると当然受託荷物として別途料金がかかります。手荷物の機内に持ち込みができるのは、規定サイズ内の荷物と身の回りバックやノートPCなどの小物荷物2個までです。

Original悠遊カードの購入方法や使い方は?台湾旅行におすすめの交通系ICカードを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾旅行の際にとても便利に役立つ悠遊カードの使い方や購入方法についてご紹介します。悠遊カード...

タイガーエアの受託荷物や手荷物3:持ち込みができない手荷物

タイガーエアで台湾に旅行するときの受託荷物や手荷物の詳細を紹介しましたが、規定の範囲内であれば荷物の種類やその内容物などの全部を、持ち込みして良いと言うものではありません。ペットボトルの水に関して、持ち込んで飲んでみても大丈夫なようです。

当然にフライトの安全を阻害する可能性のある危険物や法律で禁止されている物など、制限されている手荷物があります。刃物や鋭利なものや障害を誘引するような鈍器などがあります。ことのほか違法薬物など明らかに犯罪性の強い手荷物などは絶対の禁止事項です。

機内持ち込みのできない荷物で、刃物など鋭利なものの様に見た目でもわかる危険性の高いものは、一般的にもわかりますが、鈍器的なもので機内に持ち込めないものがあります。

それは、スポーツ用品に多くありテニスケットやバットなどの野球用具やゴルフクラブなどの怪我を負わせる危険性のあるものやホッケーのスティックやスケートボードと言った物など、鈍器の危険性をはらんだスポーツ用品など持ち込みができない手荷物になっています。

タイガーエアの受託荷物や手荷物4:特別規制などのある手荷物

タイガーエアで台湾旅行するときに機内に持ち込みのできる手荷物で、液体・ゼラチン状のものや液化ガスなどは、コンテナに詰められて100ミリリットルを超えない場合には、機内に持ち込みができるという特別規制があります。

総容量1リットルを超えない透明の再封可能なビニール袋に入っていなければならないという条件があります。このような手荷物は、一人1個に限られています。このように特別規制対象のものもあります。タイガーエアへの事前の問い合わせをおすすめします。

医薬品や特別な食料品など

特別規制対象とは意味合いが異なりますが、医薬品や特別な食料品などの手荷物も機内に持ち込みができるものとできないものがあります。大概のものは大丈夫ですが、チェックカウンターで通常の手荷物とは別に申告する必要があります。

特に処方薬を手荷物で機内に持ち込みする場合は、本人の処方薬であることの証明できるもや医師の証明などある文書などを用意しておく必要があります。

持ち込みに注意する手荷物

タイガーエアで台湾旅行するときに、持ち込み制限のある手荷物が様々あります。刃物や鈍器いわゆる一般的に凶器と言われるものや、凶器になる可能性があるとみなされる物などです。野球のバットとかテニスラケットなどがその仲間です。

更に持ち込みに注しなければならない手荷物にライターやマッチがあります。引火しやすくて飛行機の運行に支障をきたすなどの危険性があるとみなされるものです。但し、カメラや本・衣類などは普通に持ち込みのできて普通に機内に持ち込みすることができます。

タイガーエアの受託荷物や手荷物5:スポーツ用品など

タイガーエアで台湾を旅行するときに機内に持ち込みのできる受託荷物や手荷物の中に、スポーツ用品や楽器などがあります。台湾旅行は、観光スポットを巡ることやゴルフなどを楽しむというツアーもあります。

通常の受託手荷物と統合して、スポーツ用品オプションなどを手荷物受託予約することができます。ゴルフ用品は、確実な梱包をして保護性のある容器に入れる。自転車は、輪行袋などに確実に収納するなどの注意事項をクリアすることで受託荷物の扱いができます。

Original台湾と日本の時差は約1時間!飛行時間や機内での過ごし方もチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾は東南アジアの中でも最も日本から近い国の1つで治安も安定していることから、台湾を訪れる日...

タイガーエアの受託荷物や手荷物制限を知って台湾を楽しもう

台湾に拠点を置くタイガーエアで台湾旅行を楽しむには、受託荷物や手荷物の制限をあらかじめ知っておくと楽しさが倍増すること間違いありません。2泊3日などの台湾旅行でも、着替えなどそれなりの荷物があります。

そして、帰りにはお土産などで更に荷物が大きくなるなどことが多々あります。飛行機には、荷物の持ち込みに様々な制限があります。タイガーエアも同様に受託荷物や手荷物制限などがあります。台湾前に受託荷物・手荷物の制限を知って台湾を楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

1688.thumb
この記事のライター
柄目木036
東京から西に約90km離れた場所に居を構える自由人です。今まで、全国各地を旅して様々な観光地などを見て回りました。その経験を活かしてレポートしています。実は、齢70なんです。経験則を活かした観光情報など、見る人の参考になればと孤軍奮闘しています。

台湾の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

台湾の新着のまとめ