沖縄の伝統工芸品を紹介!織物や琉球ガラスはお土産にも人気&おすすめ!

2017年6月7日 (2020年9月6日最終更新)

紅型や織物、琉球ガラスなど、沖縄には多種多様な伝統工芸品があります。海外との交易が盛んだったことから、その技術は中国や南方諸国などから渡来したものが多くあり、それが沖縄独自の伝統工芸を作り上げました。今回はその一部を紹介します。

目次

  1. 沖縄の伝統工芸品は魅力的
  2. 沖縄の伝統工芸品の特徴
  3. 伝統工芸品指定は15品目も
  4. 沖縄の伝統工芸品「やちむん」
  5. 沖縄の伝統工芸品「漆器」
  6. 沖縄の伝統工芸品「ガラス」
  7. 沖縄の伝統工芸品「織物」
  8. 沖縄の伝統工芸品「染物」
  9. 沖縄の伝統工芸品はどこで購入?
  10. 沖縄の伝統工芸品をお土産にしたい

沖縄の伝統工芸品は魅力的

18888926 1949223522026831 6729483419413118976 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nana.075

琉球王国の歴史を今に伝えるかのような、沖縄の伝統工芸。どれも沖縄らしい、明るさや素朴さを今に伝える工芸品がたくさんあります。そんな沖縄の伝統工芸品を紹介してみたいと思います。沖縄の魅力が伝わる一品が目白押しです。

沖縄の伝統工芸品の特徴

沖縄の伝統工芸品について調べると、やはり琉球王国時代の影響が大きいことがわかります。琉球王国時代、沖縄は中国や朝鮮、東南アジアなどの多くの国と海外交易をおこなっていました。その過程でいろいろな国が持つ、さまざまな技術や文化が多く伝来したのです。これらが沖縄の伝統工芸品の技術として今に伝わっています。

琉球王国ではそれらの技術を保護し、できあがった工芸品は交易の品となりました。そのためよりよい製品を作るためにさらに技術が磨かれていったのです。そして沖縄の植物や土などを材料やモチーフに使うことで、さらに沖縄特有の伝統工芸品となっていき、現在に至ります。

伝統工芸品指定は15品目も

21294939 293546377788734 6581015097299173376 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kaorio.kimono

一般的に「伝統工芸品」というと、国や都道府県より「伝統工芸品」として指定されている商品が知られています。国の場合は江戸時代や明治時代などに起原を持つもの、都道府県の場合はそれより少し新しい起源を持つもので、高い技術により作られた、日本人の生活に密着した品物が「伝統工芸品」と言われることが多いようです。

18444639 1309561019158368 912038925235650560 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
bingata_kunya_gibo

沖縄では、国の伝統的工芸品として指定されている品物が15品目、県指定の伝統工芸製品が26品目あります。特にの国の伝統工芸品指定の数は全国で4位にあたる数であり、いかに沖縄の伝統工芸が高く評価されているのかがわかります。

沖縄の伝統工芸品「やちむん」

壺屋焼

18948217 635889746617256 3512399395398090752 n
82love.sunshine

「やちむん」とは焼物のことで、壺屋焼がよく知られています。沖縄の焼物は約400年の歴史があると言われ、城の瓦などを作っていました。1682年、琉球王朝は工芸産業振興政策のため、当時複数あった窯場を壺屋に集め、技術の向上発展を図ります。作られた製品は交易などのほか、琉球使節の「江戸上り」の時に泡盛を入れる容器として使われ、本土にも流入しました。

明治になり、壺屋焼はいったん衰退しますが、大正期の民芸運動で高い評価を受けました。特にその鮮やかな発色は「用の美」を高く評価する民芸運動家によりこれほどの装飾性を兼ね備えたものは珍しいとされています。現在は沖縄県那覇市及び読谷村など約100の窯元があります。

18947615 153285425216235 3831184465246289920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ayukato178

現在、壺屋焼には14世紀から16世紀ごろにベトナムから伝わった「荒焼」と、17世紀以降、朝鮮の陶工などにより始められた「上焼」があります。「荒焼」は生地土を高温で焼き締めたもので、素朴さが魅力ですし、「上焼」は釉薬を使い、美しい絵付けがされた、装飾性の高いものです。

沖縄の伝統工芸品「漆器」

琉球漆器

漆器は日本各地の伝統工芸品として名前があがるもので、和食の汁物などの時には欠かせない食器の一つです。実は沖縄にも琉球漆器があり、さまざまな商品が作られています。琉球漆器も、琉球王国時代の交易により、中国から高度な技術が流入したことに始まるとされます。

18443548 1750514881913042 5036357064507523072 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nakaza_yoshino

もともとはおめでたい行事の際に多く使われ、米軍統治下の時代には、軍人たちが土産として購入することも多かったと言われます。琉球漆器は明るい朱色のものが多いという特色があるほか、堆錦と呼ばれる特殊な技法が使われます。堆錦とは、漆に顔料を混ぜて作った「堆錦餅」を薄くのばして文様に張り付ける技法で、立体的な模様を作り出すことができます。

10617165 1485716701690752 97044850 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
naholotus

沖縄は一年中気温が高く、多湿ですが、この気候は漆にはとても適した気候とされ、その強い日差しが漆器の朱色を鮮やかに映えさせます。いわゆる食器だけでなく、アクセサリーなど、種類は豊富。いろいろ見て、お気に入りの一品を手にしたいものですね。

沖縄の伝統工芸品「ガラス」

琉球ガラス

11325442 1594293774169097 1295772439 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yakabu.yuu

琉球ガラスは他の伝統工芸品に比べ、歴史が浅い工芸品です。もともと明治中ごろには海外貿易などによりガラスの技術は入っていたとされていますが、第二次世界大戦後に大きく発展しました。沖縄は米軍の統治下にあったのですが、基地で廃棄された飲み物の瓶などを溶かしてリサイクルすることで、琉球ガラスが作られたのです。

特に初期の琉球ガラスは、強度が低く、厚みがあるものでしたが、軍人の注文に応える形で技術が向上し、現在に至ります。また、再生の過程で気泡が混じったものは、始めは失敗作とされていましたが、現在ではその気泡が琉球ガラスの特徴と評価されるようになっています。カラフルで涼やか、美しい琉球ガラスは自分使いにも、またお土産にも人気の一品です。

沖縄の伝統工芸品「織物」

14596742 221209375019777 6189557041908940800 n
mmaamiiiii_35

先ほど、沖縄の伝統工芸品の中で国から指定を受けているものが15品目あると書きましたが、実は前述した琉球漆器と琉球ガラスを除く13品目が染物と織物なのです。衣類は日常はもちろんですが、神事や祝いの時の衣装など、多様なものが必要とされたからでしょうか。ミンサー織や紬、花織など、その種類も多種多様です。

首里織

17596478 1857081077897381 8173511021294518272 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
mic0tan

琉球王国の古都である首里を中心に栄えた織物。交易により交流があった中国や南方諸国の影響を受けた独特の織物が多く見られます。花織やミンサー織など、さまざまな種類があり、王朝に近いことから士族階級も着用したという、洗練されたデザインと手織り特有の温かみのある肌触りが人気です。

喜如嘉の芭蕉布

13355569 1737421963195055 486520140 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
rokka3159

芭蕉布とは、イトバショウという植物から取った繊維を使って作った織物で、沖縄固有のものです。大宜見村喜如嘉の芭蕉布が有名で、繊維は植物の染料で染められて、織物になります。薄く張りがあり、軽くさらりとした風合いを持つことから、夏の着物や蚊帳などに使われます。

ミンサー織

18011811 217937535362585 8977143065013649408 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hicondition

ミンサー織はアフガニスタンを起源とすると言われ、チベット、中国を通って沖縄で発展しました。読谷山、首里、八重山諸島、与那国島などで作られています。木綿をたて畝織りにすることから、厚みがあり、素朴な風合いが人気です。「ミンサー」とは細帯の意味であり、帯にすることが多いです。

そのうち読谷山ミンサーは織り地から竹串で糸を拾うことで文様を織り出すのが特徴で、一時生産が途絶えたものの、復活したという歴史を持ちます。また八重山ミンサーは藍色の地に絣模様が特徴で、後に本州に入り真田紐の元になったとされています。

花織

13391113 144564402628085 1391747848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yokoyoko_38

花織は読谷、首里、与那国、奄美など、沖縄の各地で作られている織物です。織る時に糸を外すことで模様を作る浮織の技法が使われていて、模様に色糸を使うことで花のような模様が浮き出てきます。もともとは上流階級の着物に使われており、特に読谷山花織は琉球王府の御用布として扱われました。

上布

18580408 211345136040761 7844875680176144384 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
aoyama_yagi

宮古や八重山で作られる麻織物で、特に宮古上布は「東の越後、西の宮古」と呼ばれる最高級品として扱われています。16世紀後半に自生していた苧麻を使って作り始めたとされ、細かい糸で精緻な絣模様が織り出されています。琉球王府への献上品、薩摩藩の支配下にあった時代には人頭税の品ともなりました。

久米島紬

18299445 1950772965154270 3832127867697758208 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
photographer_naomi_muto

久米島で作られる織物で、14世紀末、当時の中国から養蚕の技術を学んだことが始まりとされ、沖縄最古の紬織物とされています。後に越前や薩摩から招へいした技術者により染色や真綿の生産などの技法が取り入れられたことで飛躍的に技術が発展しました。

草木染、泥染、きぬた打ちといった古来の技術が今でも生きており、模様選定から織りまでの全工程を一人で行うことが基本とされています。丈夫さと着心地のよさが高い評価を受けています。

沖縄の伝統工芸品「染物」

紅型

18878946 182075785655204 2966504477936320512 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hanawanaoya

琉球の伝統工芸といって多くの人の頭に思い浮かぶのが「紅型」。沖縄の唯一の伝統的染物で、琉球王朝の王族や士族、そして神事の際の衣装として使われました。型染めと筒染の二つの技法があり、カラフルな染物である「紅型」と藍色の濃淡による染物である「藍方」があります。

紅型は他の染物と違う点がいくつかあります。ふつうの染物は型を置き、その部分に色を入れますが、紅型ではその部分に防染糊を置きます。また使われる染料も顔料を使うことで、より鮮やかで、太陽の光にも強い染物となります。色を差した後で隈取りをし、さらにくっきりさせるのも、紅型特有の技法です。

沖縄の伝統工芸品はどこで購入?

18812930 537706769952731 4559137849475072 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
marukinsyukuya

これらの伝統工芸品ですが、小物などは土産物店などで購入することができます。また、それぞれの伝統工芸品はそれを専門に扱う工房などがあるため、とくにほしいものがあるときはそういったところを見に行くのもいいでしょう。

14374254 928048390672469 8835834814159388672 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
_nn0122

また、那覇にある那覇市伝統工芸館では、これらの工芸品を購入するだけではなく、体験することもできます。琉球ガラスでグラスなどを作ったり、シーサーなどの焼物を作るほか、紅型の色差し、織物体験などもあります。これらは工房などで受けつけているところもあるので、確認してみてください。

沖縄の伝統工芸品をお土産にしたい

18443836 423535884697180 580799489611137024 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kanae3_

紅型やミンサー織り、琉球ガラスにやちむんなど、沖縄の伝統工芸品は沖縄特有の魅力あふれる製品がたくさんです。お土産として購入するのもいいですし、工房などで製作を体験するのもいいですね。世界に一つだけのオリジナル工芸品を手にするのも、きっといい思い出になるでしょう。

158068?1495078213沖縄の国際通りおすすめグルメまとめ!人気のお土産も紹介!観光で行きたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
首里城や沖縄美ら海水族館など、たくさんの観光スポットがある沖縄の大人気観光スポットと言えば、...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
よしぷー

沖縄の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

沖縄の新着のまとめ