地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ!旅行でもすぐ使える!

イタリアは美味しい食べ物や美しい観光地が沢山あります。そんなイタリアに行ったら美味しい食事とともにイタリア語もマスターし、挨拶くらいイタリア語で出来るようになりたいですよね。そんな旅行に使える挨拶やフレーズをご紹介します。

旅先でのあいさつや役に立つフレーズをご紹介!見出し

イタリアは空港やホテルなどでは英語が通じますがローカルになればなるほど、イタリア語が必要になります。またせっかくイタリアを旅行するなら、「おはよう」や「こんにちは」を覚え、帰る頃には自己紹介出来るようになって、できればイタリアのお友達も作りたいですよね。そんな旅行で使えるイタリア語フレーズを紹介します。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ1:はじめまして見出し

イタリアで出会い期待!

やはり始まりはこの言葉「Piacere」(ピアチェーレ)でしょう。このフレーズは日本語で、はじめましてという意味です。初めてあった人への自己紹介の時に使ってくださいね。ちなみに「Nice to meet(know) you」と言いたい時は「Piacere di conoscere(ピアチェーレディコノシィーレ)」です。ちょっと発音が難しいのではじめはピアチェーレだけでも十分でしょう。

ちなみにPiacereという言葉は好きという動詞でもあります。そのため会話でもよく出てくるので覚えておくと良いですよ。例えば「Mi piace l'Italia」とは「ミピアーチェリタリア」と発音し、私はイタリアが好きですという意味です。イタリア人は特にイタリアのことを褒めると喜びますので、一緒に覚えて、イタリア好きをアピールすると良いことがあるかも!

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ2:おはよう(こんにちは)見出し

万能にいつでも使える挨拶です

日本でもおなじみのこの一言、Ciao(チャオ)は万能なイタリア語です。おはようにも、こんにちはにも使えます。とにかく人に会ったらチャオ(こんにちは)といえば大丈夫。英語でいうHiやHelloといった感じです。そしてこの言葉は帰る時にも使えます。バイバイというように、チャオチャオと言って離れて行くイタリア人の姿をよく見かけると思います。

日本人はとってもシャイですが、大抵の場合は海外で損することはないかと思います。しかしイタリアでは特にお店に入ったら、せめて店員さんにチャオくらいの挨拶をしましょう!お辞儀は日本でないので通じないですよ。おはようやこんにはの挨拶をしてお店に入るのはとっても礼儀が良いですし、朝から良いスタートが出来ます。是非習慣にしたいですね。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ3:おはよう(こんにちは)見出し

夕方以降は使わないのでご注意を!

チャオよりもフォーマルな挨拶でおはようやこんにちは、と言いたい時は、Buon Giorno(ボンジョルノ)です。チャオより長いですが、年配の方はこちらを使う方がおすすめです。こんにちはとおはよう両方で使えます。ちなみに夕方以降は「Bouna Sera」(ボナセーラ)になりますので注意してくださいね。ボンジョルノと言われたら、ボンジョルノと言い返すのが一般的な会話です。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ4:ありがとう見出し

ありがとうは大切なコミュニケーション

挨拶に次いで覚えたいのはやはりこの言葉、Grazie(グラツィエ)「ありがとう」でしょう。海外で言葉の通じない国に旅行に行くと、色々な場面で誰かに助けてもらうことが多いかと思います。そんな時にはナチュラルにGrazie(グラツィエ)と言ってイタリア語で感謝の気持ちを表現しましょう。日本にくる外国人もありがとうは日本語ですよね。

応用で、本当にありがとうと言いたい時に使えるフレーズが「Grazie Mille」(グラツィエミッレ)です。英語で言うThank you so muchです。Mille(ミッレ)とはイタリア語で1000と言う意味で、1000回分ありがとうと言いたいくらい感謝してますと言う意味でしょうか。とっても素敵な表現ですね。

ありがとうと言われたら、どういたしましてと言いますよね?どういたしましてはイタリア語で「Prego」(プレゴ)と言います。この言葉は他にもウェイターさんが食事を持ってきて「はい、どうぞ」と言うときや、よく話が聞き取れないときに「え?」なんて時にもプレゴ?というので、イタリアにいるとプレゴはよく耳にしますよ。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ5:すみません見出し

どんなシチュエーションにも使えます

席について食事を決めたら、オーダーをしたいので、ウェイターを探しますよね。そんな時に使えるのがこの言葉Scusi(スクーズィ)です。すみませんと言う意味で大声でこのフレーズを言えば、ウェイターさんがきっと来てくれますよ。ちなみに、「Cameriere」「カメリエーレ」と叫ぶ人がたまにいますが、失礼なのでやめましょう。意味はウェイターという意味です。

スクージ(Scusi)はその他のシーンでも使えて覚えておくと便利なフレーズです。例えば、飛行機や電車などで、人ごみの中を歩くときの「すみません」と言う意味でも使えます。また人に何か尋ねる時に、声をかける際「スクージ(Scusi)」といえば立ち止まってくれますよ。英語でいう「Excuse me」ですね。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ6:お願いします見出し

頼みごとをするならこのフレーズ

レストランでオーダーするときでも、カフェで一杯のカプチーノを頼むときも、最後にPer favore(ペルファボーレ)を言いましょう。英語で言うPleaseですね。なかなか文章を作れない時は名詞の後にこれをつければだいたいオーダーできますよ。ぜひ活用してくださいね。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ7:美味しい見出し

イタリアに来たら絶対口にするフレーズ

日本人には定番のイタリア語Buono(ボーノ)ですが、美味しいという意味で確かに正しいイタリア語です。強いて言えば発音がブオノに近く「ウ」と「オ」を少し発音するとイタリア語っぽい発音になりますよ。美味しいものに出会ったらどんどん使ってマスターしましょう。

すごい美味しいものに出会ったら、ブオノではなく「ボニッシモ(Buonissimo)!」を使ってみましょう。とっても美味しいという意味です。また同じような表現で「モルトボーノ(Molto Buono)!」というフレーズもとっても美味しいですという意味です。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ8:最高に美味しい!見出し

感動的に美味しい食事をした際のフレーズ

美味しいのイタリア語はいくつかありますが、ボーノの最上級のこの言葉、ottimo(オッティモ)は感動的な味に出会った時に使えます。「オ」が強く発音されます。最高に美味しかったですと言いたい時は是非使いましょう。レルトランの方もこの言葉を聞くと大変喜びますよ。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ9:いいですか?見出し

知っていると便利なフレーズ

単語が出てこなくてもこれさえ知っていれば伝わるフレーズがこのPosso(ポッソ)です。意味としては「できますか?」や「良いですか?」で使います。通常はPssoの後に動名詞などをつなげるのですが、例えば、タバコを見せて「Posso?」っといえばタバコを吸っても良いですかとなりますし、カメラを見せて、「Posso?」といえば、写真をとっても良いですかと言う意味で伝わります。知っていると役立ちますよ。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ10:私の名前は佐藤です見出し

まずは自己紹介で自分の名前は伝えましょう

さていよいよ、旅を続けて、イタリア語が耳に入ってきたら、自己紹介に挑戦してみましょう!まずは定番の名前です。例えば「私の名前は佐藤です。」と言いたい時は「Mi chiamo Sato」(ミキアーモサトウ)これだけです。簡単ですね。ぜひ自己紹介も恥ずかしがらずどんどんトライしてみてくださいね。

名前をいう時にも使える万能イタリア語に「Io sono」(イオソノ)という表現があります。例えば、「私は日本人です」と言いたい時は「Io sono japponese」(イオ ソノ ジャポネーゼ)と言います。これを使って「私は佐藤です」という意味で「Io sono Sato」(イオ ソノ サトウ)とつかえるのです!知っていると単語と合わせてつかえるので便利ですよ。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ11:東京から来ました見出し

自己紹介では必須フレーズ

自己紹介で定番な質問は、「どこから来たの?」ですよね。「東京から来ました」の一番簡単な言い方はこちら、「Sono di Tokyo」(ソノディトーキョー)です。「Vengo da Giappone.」(ヴェンゴダジャッポーネ)というのもあります。少し発音が難しいので、最初のうちは難しいかもしれません。

イタリア語の挨拶や美味しいのフレーズ12:さようなら見出し

旅立ちの最後に覚えたいフレーズ

ディズニーシーに行くとゴンドラのおじさんが最後に大きな声で言っているフレーズがこちらです。飛行機から降りる時もフライトアテンダントの方が「Arrivederci!」(アリヴェデルチ)って言ってくれるとイタリアを感じます。「R」が二つあるので巻き舌の発音です。苦手な人と得意な人といるかと思います。お元気でという意味合いもあり、頻繁に使われていますが、発音が難しいので、最初はチャオが良いでしょう。

これでイタリア語で挨拶も完璧!イタリア旅行を満喫!見出し

いかがでしたか、イタリア語でおはようやこんにちはと言えるようになりましたか?自己紹介はできるようになりましたか?これだけ覚えれば、あとは実践あるのみ、シャイにならずにどんどん使ってイタリアを満喫してくださいね。イタリア人とお友達になるのもとっても楽しい旅行の思い出になりますよ。

イタリアの観光地20選!名所として外せないスポットが満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イタリアの観光地20選!名所として外せないスポットが満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ローマ帝国から中世都市国家と歴史あるイタリアには旅行で訪れたい多くの観光地や名所である建物があります。またアルプスなどの自然豊かな観光地もあるため、幅広い観光地があるのも魅力です。そんなイタリアのおすすめの観光地と名所をご紹介します。
イタリアの食べ物と料理のおすすめBEST15!その種類や名前は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
イタリアの食べ物と料理のおすすめBEST15!その種類や名前は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ピザやパスタにジェラートなど、イタリアを発祥とするグルメは世界中で愛されています。ところで本場イタリアの方に人気の料理や食べ物はどのようなものなのでしょうか?今回は本場イタリアで食べるおすすめ料理をご紹介します。旅行の際の参考にしてください。
投稿日: 2017年8月6日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote