地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

グルノーブル観光はスキーだけではない!夏はロープウェイでアルプスの絶景を!

グルノーブルはフランス南東部にある都市です。1968年2月に冬季オリンピックが開催された事でも有名な都市です。そんなグルノーブル観光の見どころや絶景が拝める場所などを魅力的に紹介させて頂きます。是非とも楽しみながら読んでくださいね。

グルノーブルは魅力的な観光地見出し

冬季オリンピックが開催された事でも知られるグルノーブル。アルプス山脈の麓に位置し絶景などの見どころが多くある都市でもあるんです。アルプス山脈など大自然が感じられる観光スポットや美術館などの観光スポットなどを紹介させて頂きます。これを読んでグルノーブル観光の準備は万端ですよ。

グルノーブル観光の見どころ1:シャムルーススキー場見出し

冬季オリンピックが開催されるだけあり、グルノーブルと聞くとスキー等のウインタースポーツを想像する方も多いと思います。山岳都市の為、グルノーブル周辺にはスキー場が複数あるんですよ。その中でもアクセスがし易く、ゲレンデが広くて人気があるシャムルーススキー場を紹介させて頂きます。

観光客にも嬉しいポイントはグルノーブル駅からスキー場への直通バスが出ているので車が無くても安心なんですよ。また、冬場にはスキーウェアで街中を歩いている方も多いので、そのままの服装で気軽にスキー場に行けるのもグルノーブルならではですよ。スキー好きには堪らない都市ですよね。

シャムルームスキー場の魅力は初心者から上級者まで楽しめる様々なコースがある事。なので、誰もが自分に合ったコースで思い切り楽しめるんです。ゲレンデからはアルプスの山々が見渡せる絶景も見どころの1つなんです。スキーとアルプスの絶景と全てを一気に思う存分満喫して来てくださいね。

グルノーブル観光の見どころ2:グルノーブル美術館見出し

グルノーブルはウインタースポーツ以外にも魅力的な観光場所がまだまだあります。フランスの地方美術館の中でも規模と展示内容がトップクラスと言われている美術館がグルノーブル美術館なんですよ。美術に興味がある方に取ってはグルノーブル観光では欠かせない見どころになると思いますよ。

グルノーブル美術館には遡るとイタリアルネサンス時代の絵画から展示されており、そこから現代美術に至る幅広いジャンルの作品の数々が展示されているんですよ。そんな展示の中でも見どころなのは現代作品です。ピカソを始め、ゴーギャン、モネ、シャガールなど名高い画家によって描かれた作品が並びます。

グルノーブル美術館自体は白色を基調とした建物となっており、遠くからでもその姿が目立ちます。またガラスを多く使用している為、館内は自然の光が入る温かくそして明るい館内となっていて、気持ちが良いのも嬉しいところです。名作が揃っているグルノーブル美術館で名作を心行くまで堪能する優雅な一時を過ごしてみては如何ですか。

グルノーブル観光の見どころ3:バスティーユ要塞見出し

アルプス山脈の麓を流れるイリーゼ川の直ぐ横に小高い丘があります。そこにある建物がバルティーユ要塞です。丘の上にある為、バスティーユ要塞からはグルノーブルの街並を見る事が出来ます。バスティーユ要塞を訪れるときは晴れの日が特におすすめです。天気が良い日には是非とも観光ルートに組み込んでくださいね。

バスティーユ要塞を訪れる際にセットと訪れて欲しいのが展望台です。要塞からは徒歩1時間程の距離ですが、次に紹介するロープウェイを利用すると便利ですよ。展望台からはアルプスの山々の絶景はもちろん、モンブランまで見る事が出来ます。絶景の見どころを求めるなら、展望台も必須の観光スポットです。

バルティーユ要塞は16世紀に建てられた歴史長い要塞なんです。ただし、現在は19世紀に再建されたバルティーユ要塞を見る事が出来ます。歴史を感じられるバスティーユ要塞と絶景の大パノラマが楽しめる展望台のセットで観光して欲しいスポットです。何度も言いますが、天気が良い時は特に訪れて欲しいです。

グルノーブル観光の見どころ4:ロープウェイ見出し

バスティーユ要塞から展望台まで向かう際に特に便利なのがロープウェイです。ただ、グルノーブルのロープウェイは観光スポットとしても有名なのをご存知でしたか。実はグルノーブルの街のシンボルにもなっているんです。展望台に向かうときにはグルノーブルのシンボルロープウェイを是非ともご利用ください。

ロープウェイ自体は1934年に営業が開始されました。リオデジャネイロやケープタウンに続いて世界でも歴史ある都市型観光用ロープウェイの1つとして知られています。ロープウェイを利用する場合は、イリーゼ川近くのサンタンドレ教会付近にロープウェイ乗り場がありますので、そこから展望台を目指してくださいね。

グルノーブルのケーブルカーの特徴は可愛らしい形です。6人定員の透明な球形のゴンドラが5つ連続しているんです。その動きと形状から地元ではシャボン玉の愛称で親しまれているんですよ。1976年にリニューアルされこの形になりました。ゴンドラ内からもアルプスなど絶景などの見どころが満載なので、空中散歩を楽しんでくださいね。

グルノーブル観光の見どころ5:ドーフィノワ博物館見出し

観光に来たからにはその地方に関しての見聞も広げたいところですよね。そうする事でより観光で得られる情報も増えると思います。グルノーブルに関して知りたいのであれば、ドーフィノワは器物間がぴったりですよ。グルノーブル地方の暮らしや歴史に関して知る事が出来る博物館なんですよ。

博物館の名前にもなっているドーフィノワはグルノーブルを中心とする地方の名称なんですよ。グルノーブルは山岳地方の為、博物館内にはスキーに関する展示も充実しているのも興味深いポイントです。昔から、雪と一緒に生活し暮らしてきた背景を感じますよね。スキー好きの方にとっても魅力的な観光スポットだと思いますよ。

ドーフィノワ博物館の建物自体は17世紀頃に建てられた修道院内にあります。先程紹介したバスティーユ要塞の中腹辺りになる時期ですね。博物館に言った際には庭に出て外の景色を見に行ってください。グルノーブルの街並やアルプス山脈が目の前に広がっており見どころある絶景が待っています。記念写真を取ってみては如何ですか。

グルノーブル観光の見どころ6:スタンダール記念館見出し

実際に起きた事件などに題材をとって作られた長編小説の赤と黒という本をご存知ですか。日本でも良く知られている小説の1つです。その著者がフランス作家のスタンダールなんです。既にお気付きとは思いますが、作家スタンダールを知る事が出来る記念館がグルノーブルにあるので、足を伸ばして観光に行ってみませんか。

スタンダールはグルノーブル出身のフランスを代表する作家です。そんなグルノーブルが作家としての才能が開花する背景も見る事が出来ます。もちろん、グルノーブルが当時どのような暮らしをして過ごしていたか、彼に縁のある人物達の肖像画なども飾られており、スタンダール好きには堪らない展示物の数々が待っています。

スタンダールはグルノーブルを離れパリに移るのですが、その際にパリには山がないと嘆いたと言われています。記念館を出たら少し目線を上げて遠くを見てください。アルプス山脈などの雄大な自然が広がっております。その景色をみればスタンダールがグルノーブルを思い出し、嘆いた気持ちもきっと理解できると思いますよ。

グルノーブル観光の見どころ7:国立現代美術センター見出し

グルノーブル屈指の観光スポットとして知られているのが、グルノーブル国立現代美術センターなんですよ。建物を見るだけでも行く価値があると言わしめているから驚きですよね。地元ではLeMAGASINルマガザンの愛称でも知られています。どんな見どころがあるのかを簡単に紹介させて頂きますね。

なぜ建物を見るだけでも価値があるのかと言うと、あの有名なエッフェル塔を設計したギュスターヴエッフェル工房が同様に設計した建物だからなんです。この建物は1900年のパリ万国博覧会の際に産業ホールとして使用された建物だったんです。あの有名なエッフェル塔と設計工房が同じと聞くと一層輝いて見えそうですよね。

万博終了後には軍事工場や倉庫として使用されるようになりました。愛称のルマガザンはフランス語で倉庫の意味なので納得の愛称ですよね。現在は国内外の芸術家による展示物やイベントが多く行われているので、建物に負けず劣らない素晴らしい展示物を見る事が出来ます。グルノーブルを代表する観光スポットの1つですよ。

グルノーブル観光の見どころ8:レドゥザルプスキー場見出し

最後にもう1つ別のグルノーブルでおすすめのスキー場を紹介させて頂きます。それがレドゥザルプスキー場です。このスキー場はグルノーブルから車で45分程の場所にあります。先程のスキー場よりも距離が遠いにも関わらず、何故おすすめなのかがこのスキー場の魅力に隠されているんです。

このスキー場の魅力は必ず滑る事が出来る所なんです。ゲレンデの最も高い標高は3600メートルにもなります。その為、常に積雪されているんです。他のスキー場がオープンしてなかったとしても、レドゥザルプスキー場ではスキーを楽しむ事が出来るんです。絶対スキーがしたい方には心強いゲレンデなんですよ。

レドゥザルプスキー場は斜面がなだらかで滑るエリアが広い事も魅力的な特徴なんです。その為、初心者の方でも安心して楽しむ事が出来ます。標高が高い為、見える景色にも違いがあります。山頂からは雲海とアルプス山脈という絶景が見渡せます。最高の絶景と最高のスキー体験が出来るおすすめのスキー場なんですよ。

見どころ満載のグルノーブル観光へ行こう!見出し

グルノーブルの観光スポットを紹介させて頂きました。街のシンボルのロープウェイやスキー場など幅広く見どころ満載なグルノーブル。観光に行けばきっと最高の体験と一生色褪せない想い出が沢山出来ると思いますよ。少しでも興味が沸いた方は膳は急げなので、観光計画を立て始めてみては如何ですか。

フランスの観光名所ベスト21!人気おすすめスポットの魅力をもれなくご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
フランスの観光名所ベスト21!人気おすすめスポットの魅力をもれなくご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
観光大国フランスには多くの名所と観光スポットが多くあり、世界遺産も42と世界第4位です。人気で定番の美術館や建築物以外にもたくさんあるので何かと私たちを楽しませてくれます。そんなフランスの観光名所と観光スポットのおすすめをご紹介します。
フランスの時差や気候について解説!旅行のベストシーズンはいつ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
フランスの時差や気候について解説!旅行のベストシーズンはいつ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
フランスへ旅行する前に知っておきたい時差や気候について解説します。日本とフランスの時差は何時間?フランスの気候って?意外と知らないフランスに関する基本情報を頭に入れて、ベストシーズンにフランスへ旅行し最高の旅にしましょう。
投稿日: 2017年8月16日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote