琉球料理と沖縄料理の違いを知ろう!特徴や材料・代表的なメニューをチェック!

琉球料理と沖縄料理の違いを知ろう!特徴や材料・代表的なメニューをチェック!

日本有数の観光地である沖縄で歴史ある料理「琉球料理」。琉球料理は沖縄料理と少し違い、沖縄県で今でも食べられている料理でもあります。琉球料理と沖縄料理の違いは意外と知られていないので、沖縄観光の前にチェックしておきましょう。

記事の目次

  1. 1.沖縄料理と違う「琉球料理」についてご紹介
  2. 2.琉球料理と沖縄料理の違いって?
  3. 3.琉球料理と沖縄料理の材料の違い
  4. 4.琉球料理と沖縄料理のメニュー違い<代表的な琉球料理>
  5. 5.琉球料理と沖縄料理のメニュー違い<代表的な沖縄料理>
  6. 6.沖縄ならではの独自の食文化を紹介
  7. 7.琉球料理と沖縄料理の違いを知って沖縄グルメを満喫しよう!

沖縄料理と違う「琉球料理」についてご紹介

Photo by nekotank

日本有数の観光地、沖縄県で味わえる料理「琉球料理」。琉球料理と沖縄料理は違いがあり、メニューも豊富にあることで知られています。沖縄料理と琉球料理の違いは意外と知られていないので、初めて沖縄へ観光する方は目を通しておくのがおすすめです。今回はそんな琉球料理と沖縄料理の違いや特徴、材料についてご紹介していきます。

琉球料理と沖縄料理の違いって?

Photo by nekotank

きれいな海に囲まれている観光地、沖縄の別名は「琉球」になります。そのため、琉球料理は沖縄料理と同じと思っている方も多いと思いますが、実は琉球料理と沖縄料理には決定的な違いがあることで知られています。

今回はそんな琉球料理と沖縄料理の違いについて詳しくご紹介していきます。琉球料理と沖縄料理は特徴の違いを知っているだけで、沖縄で料理を味わうときの参考になります。日本でも独自の文化を歩んでいる沖縄ならではの違いです。

琉球料理の特徴

Photo by ural_8_low

琉球料理の最大の特徴は、昔から沖縄で歴史的に受け継がれている調理法で作られていることです。琉球料理の材料はすべて沖縄県産を使用しており、沖縄独自の調理法で作られているので他県では味わうことのない料理でもあります。

かつて沖縄は中国との交流が深かったため、琉球料理は中国料理と似ていると言われています。琉球料理の特徴として脂が多く、豚肉を多く使用しています。沖縄県内でも琉球料理を味わえる店舗が多く点在しています。

琉球料理には「宮廷料理」と「庶民料理」がある

Photo by othree

琉球料理の中でも宮廷料理、そして庶民料理とわかれています。お店で食べられる琉球料理は基本的に宮廷料理となっており、沖縄でも宮廷料理は琉球王朝時代に中国の使者をもてなすための料理として言い伝えられています。

日本でも沖縄は亜熱帯気候になっており、その対処として誕生したのが庶民料理です。琉球料理の庶民料理の特徴は栄養価が高く、ヘルシーな料理になります。沖縄は高温多湿で食べ物が腐りやすいので、さまざまな工夫が施されています。

沖縄料理の特徴

Photo by jetalone

琉球料理とは違い、沖縄料理の特徴は戦後にアメリカの影響を深く受けて作られた料理になります。沖縄料理は主にタコライス、ポーク卵などのメニューがあり、チャンプルーに使用されているポークランチョンミートも沖縄料理になります。

沖縄料理の特徴として、琉球料理とは違って県外の食材も多く使用しています。そのため県外で食べられる沖縄料理はアメリカの影響を強く受けているメニューになります。沖縄県でも食堂では多く沖縄料理を提供してくれます。

琉球料理と沖縄料理の材料の違い

Photo by is_kyoto_jp

琉球料理の沖縄料理の違いには、材料の違いに大きな特徴があります。普段何気なく食べている料理のほとんどは沖縄料理となっており、提供されるメニューに使用されている材料によって違いをわけるのがおすすめです。

今回はそんな琉球料理と沖縄料理の材料の違いについて詳しくご紹介していきます。知っているだけで、今自分が食べているのは琉球料理なのか沖縄料理なのか把握することができます。初めて知る方は事前に確認しておくのがおすすめです。

琉球料理に使われる材料

Photo by is_kyoto_jp

琉球料理は歴史の古い料理でもあり、沖縄県内で受け継がれてきた料理でもあります。そのため、昔から沖縄で採れる材料だけを使用しているのが特徴的であり、他であ味わうことのできない料理や材料を楽しむことができます。

首里城などで食べられていた宮廷料理はもちろん、庶民料理でも沖縄県産の材料だけを使用しています。中国の影響を強く受けている琉球料理は、ほとんどの料理に豚肉を使用しており、余すことなくすべてを食べていることでも知られています。

沖縄料理に使われる材料

Photo by jetalone

琉球料理と違って、沖縄料理はアメリカの影響を強く受けた料理になっています。そのため、アメリカで作られる材料を使用している傾向があり、琉球料理は塩分が少なく医食同源の考え方とは全く違う材料で作られています。

沖縄料理はアメリカの影響が強いので、琉球料理よりも高カロリーな材料が使用されています。ソースに関しても味が濃いことで知られており、ソーキそばで茹でた沖縄豚ではなくランチョンミートを使用しているのは沖縄料理になります。

琉球料理と沖縄料理のメニュー違い<代表的な琉球料理>

Photo byPublicDomainPictures

琉球料理と沖縄料理には、材料はもちろんメニューにも違いがあることで知られています。琉球料理のメニューは主に沖縄県内で味わうことができ、メニューの中でも宮廷料理と庶民料理にわかれています。

今回は琉球料理のおすすめメニューをご紹介していきます。数ある琉球料理のメニューの中でも有名な料理となっているので、ぜひ1度味わってみてください。沖縄県内ではお土産としても購入できるメニューがあります。

ソーキそば

Photo by kazuh

琉球料理で定番のメニューと言えば「ソーキそば」になります。先ほど紹介した通り、琉球料理のソーキそばはソーキの由来である「豚の骨付きのあばら肉」を使用しており、お店によってトロトロになるまで煮込んでいるお店もあります。

琉球料理のソーキそばは茹でた豚肉を使用しているのが特徴的です。出汁がしっかりと出ていますが、塩分が控えめで身体のことを考えて作られたメニューでもあります。琉球料理の庶民料理として沖縄では今でも食べ継がれています。

チャンプルー

Photo by naotakem

ソーキそば同様に琉球料理の庶民料理となっており、アメリカから輸入されているポークランチョンミートを使用していないのが特徴的です。茹でた豚肉を使用したチャンプルーが琉球料理になり、家庭やお店によって味わいが変わっていきます。

チャンプルーとは沖縄の言葉で「混ぜこぜにしたもの」という意味があり、あらゆる沖縄県産の材料を使用しています。定番の材料となっているのが「ゴーヤ」になり、チャンプルーが全国のゴーヤを広めたと言われています。

テビチ

Photo by Hyougushi

琉球料理のメニューの中でも宮廷料理として知られるのが「テビチ」です。テビチとは豚足を柔らかくなるまで煮込んだ料理になり、古くから宮廷料理として親しまれています。余分な脂を落として、コラーゲンを摂取できるので女性におすすめのメニューでもあります。

琉球料理の宮廷料理は豚を頭から足まで余すことなく食べるのが特徴になり、その名残があるメニューでもあります。お店によって変わりますが、刻んだネギや生姜をトッピングして食べるのもおすすめです。

トッピングの仕方によって風味も変わっていきます。沖縄のホテルでも味わえる料理になっているので、食べ比べてみるのもおすすめです。

豆腐よう

テビチ同様に琉球料理の宮廷料理になり、豆腐を使用した沖縄独自の発酵食品になります。沖縄の島豆腐を使用しており、泡盛や米麹で発行させていきます。栄養価がとても高く、宮廷料理として祝いの場によく出されるメニューです。

琉球王朝時代から食べられている宮廷料理になり、当時は上流階級の人々しか口にすることができませんでした。中国の「豆腐乳」がモデルとも言われており、今ではビールなどお酒のおつまみとしても用いられています。

楚辺そばは沖縄グルメを堪能できる人気店!おすすめメニューや営業時間は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
楚辺そばは沖縄グルメを堪能できる人気店!おすすめメニューや営業時間は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県那覇市にある人気のお店、楚辺そば。沖縄そばと地元近海で採れた新鮮な魚介類を使った海鮮料理が味わえるおすすめのお店です。沖縄観光の合間の食事や休憩にぜひ立ち寄りたい楚辺そばのメニューや営業時間、駐車場の有無など必要な情報をまとめてご紹介致します。

琉球料理と沖縄料理のメニュー違い<代表的な沖縄料理>

Photo by nekotank

琉球料理とは違って、アメリカの食文化が色濃く残っている「沖縄料理」。沖縄料理は若い世代からも親しまれており、琉球料理よりも濃い味付けが特徴的です。沖縄料理は沖縄以外の材料も使用しており、新しい感覚のメニューばかりです。

今回は沖縄料理を代表するメニューを2種類紹介していきます。沖縄県でも味わえるのはもちろん、全国に沖縄料理店が多く点在しているので、いつでも気軽に味わうことができます。ぜひ注文する際の参考にしてみてください。

タコライス

Photo by k14

沖縄の定番料理と言えば、タコライスになります。タコライスはメキシコ風のアメリカ料理として知られており、辛味のあるサルサソースが特徴的です。シャキシャキの野菜、そして味のついたひき肉をチーズでまろやかにしています。

沖縄で定番の料理でもあり、今では全国的に食べられている料理でもあります。現在のタコライスは目玉焼きを載せたりとそれぞれでアレンジを効かせており、沖縄でも定食屋やカフェによって作り方も変わっていきます。

ポークたまごおにぎり

沖縄料理の定番食材でもある「ポークランチョンミート」を使用した沖縄料理になります。ケチャップやマヨネーズで味付けされているケースが多く、最近ではおにぎりの具として若い世代からも人気を集めています。

沖縄ではポークランチョンミートの缶詰を簡単に入手することができ、家でも手軽に作れる沖縄料理になります。ポークランチョンミートの缶詰によって味わいが少しずつ変わっていくので、食べ比べするのもおすすめです。

沖縄料理おすすめランキングTOP10を紹介!定番から本場の人気店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄料理おすすめランキングTOP10を紹介!定番から本場の人気店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県には美味しいご飯、お酒が沢山あって、沖縄旅行へ行く際の醍醐味でもありますよね。今回は沖縄料理のおすすめランキングをご紹介します。定番の沖縄料理から、人気の地元のお店も紹介をしますので、沖縄旅行へ行く際の参考になさってくださいね。

沖縄ならではの独自の食文化を紹介

Photo by othree

日本でも独自の文化を歩んでいる沖縄県では、食文化も独特の文化を歩んでいることで知られています。沖縄県ならではの食文化だからこそ、今でも大切に琉球料理が残されているので、琉球料理の歴史についても知ることができます。

今回はそんな琉球料理、沖縄料理の食文化についてご紹介していきます。独自の食文化なので、沖縄観光に訪れる際は初めに把握しておくのがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

沖縄県外に持ち出しNGの野菜

Photo by pelican

沖縄県には沖縄県外に出してはいけない野菜が種類豊富にあります。沖縄ではゴーヤやヘチマなど古くから栽培されている野菜も多いですが、現在では全国に配送されています。しかし、未だに沖縄県以外では食べられない野菜が多くあります。

主にNGになっている野菜は、紅イモ、ウンチェー、カンダバーになります。加工品は全国に出回っていますが、野菜としては植物防疫法があるので沖縄県外には出されていません。沖縄に訪れた際は、ぜひ味わってみてください。

沖縄独自の調理法「ンブシー」

沖縄で定番のゴーヤを使用した料理といえば「ゴーヤチャンプルー」が有名ですが、琉球料理として沖縄県民から愛されている料理が「ゴーヤンブシー」になります。ンブシーとは琉球料理の調理法になり、味噌煮を意味しています。

豚肉を使用するのが一般的になり、ゴーヤの苦みはもちろん、味噌の旨味が口の中に広がっていきます。家庭でよく出される料理でもあり、食欲を促進させるので、夏場によく食べられる料理でもあります。

スーパーに並ぶ「EM」と書かれた食品

Photo by jetalone

沖縄県のスーパーでよく見られる文字が「EM」になります。卵やお肉、野菜などに記載されている文字になり、沖縄では有名な言葉でもあります。EMとは「Effective Microorganisms」の略になり、日本語訳にすると「有用微生物群」になります。

有用微生物群とは生物が活き活きと育つために必要な微生物相になります。EMが含まれていると通常の倍以上の栄養素が含まれるとも言われており、日本では今でも改良が進められています。スーパーではぜひ「EM」を探して購入してみてください。

真っ白に泡立ったお茶「ブクブクー茶」

琉球料理でも見た目が面白いと観光客から注目されているのが「ブクブクー茶」になります。沖縄県でも伝統的なお茶になり、真っ白な泡が特徴的になります。昔から沖縄ではちんすこうと一緒に味わうのが定番です。

ブクブクー茶は煎り米湯とサンピン茶、番茶をブレンドさせたものになります。茶湯を茶せんで泡立てていくので、ブクブクと白い泡が出来上がります。風味が高いので、幅広い年代から注目されています。

冬至に食べる餅「ムーチー」

沖縄県では昔から冬至に食べる餅「ムーチー」が注目されています。沖縄ではムーチーを作ることによって悪鬼悪霊の退散を祈る伝統があります。家庭でも作られている伝統的な料理でもあり、サンニンと呼ばれる葉で包んだ料理になっています。

平たい長方形のお餅になり、サンニンの葉によって甘い香りを楽しむことができます。甘い香りは葉を開けた瞬間に広がっていき、南国の沖縄県ならではの風味を楽しめます。レストランなどでも味わえるので、ぜひ試してみてください。

琉球料理と沖縄料理の違いを知って沖縄グルメを満喫しよう!

Photo by pelican

沖縄には伝統的な食文化が残されており、琉球料理や沖縄料理を味わうことができます。琉球料理は昔からの伝統を色濃く残しており、沖縄の食材だけを使用したメニューが豊富にあります。琉球料理と沖縄料理の違いは沖縄の歴史に大きく関わっており、歴史を学びながら琉球料理について知ることができます。ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

mdn
ライター

mdn

一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

関連記事

人気記事ランキング